「ルーマニア」こぼれ話・・・ドキッ!!

海外旅行というと、いつもなにがしかの失敗や
アクシデント
を起こしている私。

今回も何人かの友人から、「何もなかったの?」
と尋ねられて、「ちょっとだけ・・・あとでね」
と、答えてきた。
a0052666_122817100.jpg

“その9”でも書いたが、添乗員のOさんは配慮が
細やかで、毎朝、ホテル出発してバスが走り出すと、
「目で見て必ず手で触ってください。」と、パスポ
ートのチェック
から始まり、上から順番に最後は
「スリッパのままではなく、靴を履かれてますね?」
までを繰り返されていた。

今回は、皆さん旅慣れた方が多かったが・・・
a0052666_1228441.jpg

5日目の6/12(火)、いつものように、「リング
やアクセサリー」
まで順番に来て、いつもはめている
左右のリングの内、右手薬指にはめたはずの金とプラ
チナのコンビの指輪をはめていない!に、気づいた。

「えらいこっちゃ!」
a0052666_1230241.jpg

ホテルでは喫煙はしないので、灰皿に時計やリング
アクセサリーを入れておくことにしている。

「朝食に行くときにはめて、チェック・アウトの時も
見回したけど、何もなかったよな・・・」と、考えを
めぐらす。
a0052666_12303119.jpg

すでにバスは10分近く走っているから、ここから
戻ってもらうのは皆さんに迷惑をかけてしまう。
「戻って、見つからなかったらどうしようもないし」

今日は長距離走行の日だし、リサイクルショップで
買ったものだしあきらめよう・・・
a0052666_12313152.jpg

スイスの時には、独身時代の娘が奮発して誕生祝いに
くれたリングを、マッターホルンの雪の中に“寄付”して
きたものな・・・

黙ったまま、ブゴヴィナ地方からマラムレシュ地方
移動。
a0052666_12321870.jpg

このリング、ありました!
一緒に入れていたイヤリングをしまって、別のものを
12日はつけたのだが、バッグの内ポケットに、11
日に付けていたイヤリングにくっついて入っていた。
大騒ぎしないで良かった!!

こういう時は飛び上るほど、嬉しい!!
a0052666_12485411.jpg

あと一件はデジカメ・・・

チュニジアでの「トイレ落下」以来、絶対に首からぶら
下げることにしているが、13日6日目のランチタイム
クルージナポカのホテル チューリップで「わっ!やっち
ゃった!!」
の肝を冷やすことが起こった。
a0052666_12343137.jpg

食事は1階でとり、トイレは地階で、新しいカメラを首
から下げたまま階段を下りだした。

と、カメラがスルッ!と落下、階段を5~6段落ちて行く。

あわてて拾い上げ、電源を入れたり、モニターをつけたり、
シャッターを押したり・・・ちゃんと動く!!
a0052666_1236756.jpg

「助かった!」
ストラップの細い紐を押し込んである金具から、見事に、
結んでいた輪にした紐が抜けていた。

古いカメラは上新電機で買ったまともなストラップだが、
これは百均ショップで買った「熊のプーさん」だった。
100円は100円か・・・と、思いたくないんだけど・・
a0052666_12365919.jpg

2台のカメラは最後まで活躍してくれたが、新しいデジカメ
バッテリーの消耗が以前のものに比べて早すぎる。
スペア持参していたが、バッテリー2本で1日もたなかった。

キャノンさん、これどういうことなんでしょうね?」
a0052666_12372960.jpg

「ルーマニア」 
子供のころを思い出す風景。
長い柄の鎌や草を集める農具で仕事をする人たち。
子供たちも一緒に家族で作業をしている。

煙突のある家、薪を焚く煙が立ち上り、家の前に薔薇や畑があり、
鶏が放し飼いで餌をついばみ、山羊や馬、牛ものんびり草を食む。
a0052666_12382250.jpg

首都ブカレストこそ、2人に1台の車を所有するというが、地方
ではまだまだ馬車が重要な交通手段・運搬手段で「のどかな生活」
を、いたる所で見せてもらった。
a0052666_12391261.jpg

まだこんな生活をしている国がある。
きっと他にもまだまだこういう国は存在するだろう・・・

これはこれで素晴らしいこと
そこに住む人たちの表情を見ているとそう思えた旅だった。
a0052666_1239456.jpg

人間、背伸びをすることはない。急ぐことはない。焦ることもない。
ゆっくり、のんびり参りましょう!!

中央部分だけを南から北へ、再び南へと駆け抜けた旅
将来、どのように変貌していくか・・・
また行ってみたい国の一つに「ルーマニア」は入る。
a0052666_1240107.jpg


≪今回の旅物語はこれにて終了≫
a0052666_20474212.jpg

Commented by takanoemi at 2012-07-04 09:48 x
こっこさま

おかげさまで、アルバムが完成しました。
こっこさんのブログなしには、無理でした。
聞きもらしていたことが多くて我ながら驚きです(ホントに次からはもっと気合を入れなくちゃ!)。
写真も素晴らしく、これからもブログを拝見させていただきます。
お元気で、次の旅もお楽しみください。
(こんなハプニングにあっていらっしゃったなんて、知りませんでした)
by kokko48513 | 2012-07-03 12:40 | 旅のつれづれ | Comments(1)