ボラ仲間7人“飛騨高山冬の旅”

2/25-26の二日間、病院ボランティア仲間7人で
下呂.飛騨.高山.白川郷への1泊二日の
老若男女43名の“バス旅”
に参加。

1日目はどこへ行っても雲ひとつない快晴
2日目は地元の人に「雪が少ない」と嘆かせて
いたらしいが、夜からの大雪で、峠をこすには
チェーンが必要・・・というくらいの大雪。
a0052666_2353080.jpg

チェーンがちゃんと装着できていないのでは?
という床下からの大音響で「ハラハラドキドキ」
させてもらったが、良い経験をさせていただいた。

まずは下呂温泉を、3店舗で“おやつ”を頂き
ながらのそぞろ歩き。
a0052666_23535890.jpg
a0052666_052921.jpg

足湯も無料であちこちで楽しめるが我々はパス。
河原の無料天然温泉の人たちに声をかけての『入浴の図』
a0052666_17534925.jpg

夕暮れ迫る頃、秋神温泉の氷点下の森へ。
a0052666_17543511.jpg

1軒ある宿の主が昭和47年から始められた“冬の寒さ”
を逆手に取っての、前年10月から作業が始まるという。
お金も人手もかかるという文字通り『ご苦労の結晶』
a0052666_1755286.jpg

6時点灯前を特別に一部を“ライトアップ”して下さった。
昨夜からの雪に覆われていたが、見事というほかない!

最後は今日のメイン「ライトアップの飛騨の里へ。
池は真っ白。何色にもライトの色も変わり、綺麗!!
途中でご馳走になった“甘酒”の美味しいこと。
寒くて、お腹も空いている時間の“施し”のありがたい事。
a0052666_17553487.jpg

宿は高山グリーンホテル20時過ぎに無事到着。
館内も部屋も広々綺麗な上にバリアフリーが整い、
大浴場・露天風呂も大満足
a0052666_0485888.jpg
a0052666_0482019.jpg

夕食は「飛騨牛のしゃぶしゃぶ食べ放題(90分)」
どんなお肉が出るのか・・・という思いとは裏腹に、
“霜降り”とまではいかないが、柔らかい
少し厚めにスライスした美味しいお肉に皆感心!


「白菜・水菜・ねぎ・えのき・しいたけ・豆腐・葛きり」
の野菜皿も肉皿も次から次と係りのメイドさんが
テーブルに運んでくださる。
a0052666_1815299.gif


7人の中で呑めるのは二人
それもNさんはコップ2杯だけで満足。
2本のビールのほとんどは私の胃袋へ。

二日目、こんなに違うか・・・というくらいの雪・雪・雪
良い塩梅にまつりの森」高山祭りのミュージアム
a0052666_17571163.jpg

館内の見学は暖かい中でゆっくりと祭り屋台7基の
“からくり”の上演を順ぐりに見せてもらい、次の
高山市は雪の中を、朝市・上三之町・陣屋・中橋を
自由散策。
a0052666_17575028.jpg

高山初めての人もあり、時間が足らない。
a0052666_148279.jpg

最後は以前にも行った事のある白川郷へ。
つるつる滑る路面に足を取られている人がいる中、
滑り止め用具、準備万端調えていて余裕で散策。
和田家を見学。
以前は4階まで上がれたのが今は3階まで
さもあらん
a0052666_1759958.jpg

いついつまでもこの『日本の風景』が無くなりません
ように・・・

帰り着いた大阪は雨も止み、お土産の大荷物のある
人はほっと安堵。
a0052666_1352138.jpg
a0052666_0231996.jpg




ひとり15,800円(基本コース)「JTB旅物語」の格安の
コースだったが、全員“大満足の旅”だった。
また、秋の紅葉の頃に“安くて良いツアー”を見つけて
行きましょうよ・・・という話で「解散!」
a0052666_18141731.jpg
by kokko48513 | 2008-02-28 17:59 | 旅のつれづれ | Comments(0)