昨日は「モンちゃん」を連れて西宮の娘の婚家へ。
a0052666_1612793.jpg

独身時代も、私が海外などへひとりで旅行をすると
いう時には、たいした給料でもなかったのに、いつも
『お餞別』として、2-3万円をくれていたが、今回
“北海道旅”にも「気持だけ・・・」と餞別を用意して
くれていた。
a0052666_1621265.jpg

わずかでも、親としてはありがたくて嬉しいことで、
「あげよう」という余裕があることだろうと、謹んで
頂戴する。


今回は「モンちゃん」という付属がいて、伯母さんと
しては、可愛い姪っ子にも何かあげたかったのだろうが
千円の『お餞別』を手渡された「モンちゃん」にとっては
“お札”はチンプンカンプン
それでも嬉しそうに受け取っていた。
a0052666_1625495.jpg

転勤族のわが家は、引越しの時にも友人・知人からいつも
多くの金品をよく頂いたが、出費の多い時だけに、大いに
ありがたく助かったものだ。


『お餞別』
というこの風習は日本だけのものだろうか
人それぞれ、派手にならないようにして今後も残して
おいてもよい風習かもしれない。
a0052666_1632792.jpg
by kokko48513 | 2007-05-30 16:10 | 孫 5人 | Comments(0)

「リュック」完成!

久しぶりの“お裁縫”!

5/31から「モンちゃん一家」と私の4人北海道
4日間の旅を予定していて、そろそろ「モンちゃん」にも
お出かけ時にはハンカチやエプロン等自己管理して
貰おうかと、買うと結構のお値段なので、昨日と今日の
二日がかりで“おばあちゃん”頑張りました!
a0052666_11262253.jpg

デザイン、制作とも『おばあちゃん』
「モンちゃん」の大好きな犬“ワンワン”をアップリケ
して、身体が大きくなってもしばらくは使えるように
紐を長めにして、金具で調整できるようにしました。
a0052666_11271674.jpg

「肩凝り症」の私だが、作っている間は不思議と気に
ならず、出来上がりを想像して楽しい時間が過ぎていく。

わが子の時にもせっせと手作りに励んで、子どもたちは
喜んでくれたが、67才の私、「モンちゃん」がいくつに
なるまで作って上げられるだろう・・・
a0052666_11302913.jpg

喜んでくれるだろうか・・・ちゃんと使ってね「モンちゃん」
a0052666_11313794.jpg
by kokko48513 | 2007-05-28 11:33 | 孫 5人 | Comments(0)

今日の日曜、お出かけの予定はありますか?

あいにく黄砂の予報が出てますが、伊丹・宝塚近辺に
お住まいの皆さん、よかったら是非とも荒牧バラ園
いらっしゃいませんか?
a0052666_013443.jpg

24日、「モンちゃん」を連れて夕方のバラ園に
行ってきたのですが、真っ盛りで、それは見事に
咲き誇っていました。

a0052666_0141544.jpg

「モンちゃん」が隣接の公園にすっ飛んで行って
しまって、肝心の“バラ”の写真は例年のように
撮れなかったのですが、2-3日中にじっくり写真を
撮りに行くつもりです。
a0052666_0145436.jpg
『伊丹空港』を飛び立った大きな、大きな飛行機が
真上を旋回していきます。
「モンちゃん」も大好きですが、飛行機好きの人には
たまらない“ポジション”です。

a0052666_11411056.jpg

伊丹市営入場無料、9時から18時まで。
(近くに駐車場完備、1台500円)
広い芝生もあり、すぐ隣には「モンちゃん」が気に
いった児童公園と「みどりのプラザ」もあって、どうぞ
夫婦・友人・恋人同士、ひとりでぶらりも又良しで、
親子連れでたっぷりと遊んで、
楽しんでください!

a0052666_0154438.jpg
by kokko48513 | 2007-05-27 00:15 | 季節の話 | Comments(0)

昨日、お母さんと散歩に行って、私はまだまだ遊んで
いたかったんだけど、夕方で仕方なくおうちへ帰った
途端、おばあちゃんから「お墓へお花を替えに行く
のにモンちゃん連れて行ってもいいかな?」って
電話が入り、ラッキー!!
a0052666_1330124.jpg

お母さん「今から夕食の準備をするから、長く
連れ出して貰っていいけど・・・」って。
うん、うん、益々いいね!!

車で10分余りの霊園へ。
前に来た時は、じっとしてないで好き勝手動いて
危ないとこにも近寄るので、お線香を上げる暇も
ないっておばあちゃん大変そうだったけど、今回は
お手伝いもできて、聞き分けも良くなって、
「すっかり楽になった!ありがとうね」って。
a0052666_1331677.jpg

お水で遊びたいだけなんだけどね。
水道があるたびに「お手々洗って」って近寄って、
夕方でも今日は暑くて気持ちよかった!
a0052666_13315243.jpg

事務所のおばさんが犬と猫を飼っていて、伯母ちゃん
とこの「ペペ」みたいな犬とは仲良くなったんだけど、
猫は近づこうとすると逃げて3メートル位のとこに
座ってはこちらの様子を見て、近づくと逃げる・・・の
繰り返し。どこかへ行ってしまった!
a0052666_13322689.jpg

「ペペもどき」になめられたお手々はちゃんと洗った
からね。恥ずかしながら、私、“指しゃぶり”をする
もんだから、おばあちゃんゴシゴシ洗ってくれたよ。
a0052666_13332387.jpg

この頃、私、すぐにお手々広げてバンザイ姿勢で
「こ(か)ぅこ(抱っこの意)!」って要求するのが
「困った、困った」なんだって。

おばあちゃん、持病の“膝と腰痛”大丈夫?
気をつけてね!!
a0052666_13335266.jpg
by kokko48513 | 2007-05-24 13:34 | 孫 5人 | Comments(0)

「すみません」「ありがとう」「こんにちは」を言えない
人がどうしてこんなに増えているのだろう。
a0052666_1541799.gif

今日は病院ボランティアで、赤ちゃん連れの若い母親
が、ロビーの椅子にずり落ちるような姿勢で座って、
携帯で通話を始め、バギーも通路をふさぐ様に置いた
ままだったので、しばらく様子を見ていたが平然と
この状態が続くので、ひと言『ご注意』を申し上げ
ようと、まずは、「携帯電話」のことにふれた途端、
逆切れ状態で言葉は一切発せず、猛然とバギーを
押して入口から飛び出して行こうとしたが、外側の
ドアに遮断され、夜叉のような空恐ろしい顔のまま
再度飛び込んできて出口から出て行った。

その場にいた人は「口、あんぐり!」で、眉根を寄せるだけ。
a0052666_1574437.gif

こんな親に育てられた「子」はどんな大人に成長
するのだろう・・・
この母親を育てたその“親”もこんな風な
「子育て」しかしてなかったのだろう・・・か。

昨今の事件を見ていても、『親』になってはいけない
『親』が今、氾濫しているように思えるのは私だけ
ではないだろう。
a0052666_14571813.gif


“子”“親”の背中を見て育つという。
日頃の言葉、行動いずれも大人の責任は重大!

せめて、「挨拶」と「すみません」「ありがとう」
三つの言葉を素直に言える人間に育ててほしい。
a0052666_21545764.jpg

by kokko48513 | 2007-05-23 14:57 | 雑記帳 | Comments(0)

いよいよ交流戦・・・

わが『巨人軍』が昨年つまずいた交流戦。
a0052666_2361489.gif

今年もまた、どのチームも「エース」をぶつけて
来るだろうが、ひと味もふた味も違った陣容
なっていることは皆さん先刻承知だろう。

首脳陣にしても同じ轍は踏むまい。

最後まで試合を捨てないしぶとさ、ひたむきさ・・・
去年までのチームとは大きく違った点。

しびれるような試合を開幕以来再々見せてもらって
どんなに感動を与えていただいていることか。
a0052666_2374388.gif

今夜の相手は「小笠原さん」が在籍した“日本ハム”
さぁ!GIANTS流に料理させていただこう!!

選手の皆さん!怪我のないように気をつけて頑張って
ください!!
a0052666_2371466.gif
by kokko48513 | 2007-05-22 01:52 | スポーツ関連 | Comments(0)

昨日、おばあちゃんとふたりで、西宮の伯母ちゃん
とこへ午前中から行って、伯父ちゃんに船がイッパイ
繋いである浜町に連れて行ってもらって、誰もいない
船にこっそり乗せてもらって、お昼ご飯をごちそうに
なって、楽しくて、おいしかった!!
a0052666_23314691.jpg

お昼からは近くの戎神社におばあちゃんと伯母ちゃんと
三人で行って、池の鯉や亀さんに50円で売ってある餌
を買ってあげたら、ものすごい勢いで集まってきて、
パクパク取り合いをして食べるのよ。
a0052666_23324353.jpg

その餌を「鳩も食べるかな?」「材料どうせ麩みたいな
もので作ってあるんじゃない?大丈夫よ」って、おとな
二人の会話
で、パンくずをあげて鳩を集めていた人たち
のそばに行って、緑色の餌を上げたら集まってくること、
集まってくること・・・
a0052666_23332813.jpg

パンくずも分けてもらったのよ。
よそのお爺ちゃん、「どうもありがとう!」
a0052666_302514.jpg

私、犬も平気だけど、鳩も平気よ!

a0052666_15142925.jpg
a0052666_23344818.jpg

おばあちゃんが茶店のおばさんにお願いして、入口に
置いてあったスーパーボール、本当は100円なんだけど
タダでイッパイ遊ばせてもらった!!
いくつすくえても2個だけ貰えて、すくえなかったら
1個だけしか貰えないんだって・・・
a0052666_23355485.jpg

伯母ちゃんに甘酒とわらび餅ご馳走してもっらたの、
おいしかった!(甘酒は大人だけだって・・・つまんない!)
a0052666_23424656.jpg

結婚式もあって、きれいなお嫁さんも見られたし、
お宮参りの赤ちゃんも見られたし、「えべっさん」は
私の遊び場所の“ひとつ”にランクインよ!

a0052666_257162.jpg
a0052666_2575269.jpg

もっと遊んでいたくて、「さぁ!お父さんとお母さんが
待ってるから帰るわよ!」っておばあちゃんが叫んで
いたけど、私「バイバイ!!」って大声で言って無視。
a0052666_23492393.jpg

でも一日遊んで疲れていたのね。車が走り出して、2-3分
もしないうちに寝てしまった・・・・って、おばあちゃんに
笑われた! 
a0052666_33281.jpg





a0052666_0103957.jpg

帰ってきたらもう5時過ぎだった。
「今日も楽しかったな!」
また連れて行ってね!

a0052666_0224942.jpg

by kokko48513 | 2007-05-20 23:44 | 孫 5人 | Comments(0)

トート役『水夏希』さん、エリザベート役『白羽ゆり』さん
男女新トップ大劇場お披露目、新生雪組公演の
「エリザベート」を昨日拝見。
千秋楽は6/18(月)、日によってチケット購入可能。

1996年雪組初演で始まり、今では“タカラヅカ”
代表するこのミュージカルも5組一巡して、再び雪組
6回目の公演となる。
a0052666_22424234.jpg

水さん、堂々の“トップ”ですね。
5/4から始まり、まだまだこれから自分のものにして
いかれるのでしょうが、大したもんです!!
素晴しい歌唱で、うまくなられましたね。
以前の声と違って聞こえました・・・

勿論、白羽さん、彩吹さん他の皆さんも大熱演で、
“雪組”の「エリザベート」に充分消化されて
いて、安心して、感動したり、楽しんだり、他の
組の公演時の時をチラッと思い出したりしながら
堪能させていただきました。
a0052666_2246487.gif


組のまとまりも良さそうで、皆さんの息もすでに
ぴったり・・・と見えました。

お披露目公演がこういう大きな演目にあたるという
ことはとても幸せなことですね・・・水さん!!
タカラヅカの歴史に名の残る「トップ」へ、身体に
気をつけて日々ご精進を・・・

by kokko48513 | 2007-05-19 22:46 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

昨日3階から拝見。
相変わらずの「きれいな玉三郎さん」でした。

師匠猿之助さんの病、いまだ癒えず、応援している
澤瀉屋の若手の皆さんは玉三郎さんに手を差し伸べて
いただいて昨年7月の歌舞伎座、今年3月国立劇場、
そして今回の南座とご指導頂き成長を続けている。

若手の指導に最も熱心な役者のひとりと言われる
玉三郎さん。
今回は表題どおり玉三郎さんの独壇場
a0052666_16405068.jpg

『阿国歌舞伎夢華(おくにかぶきゆめのはなやぎ)』
花の盛りの京の都を舞台に、阿国(玉三郎)と名古屋
山三(段治郎)の再会を軸として、女歌舞伎の一座や
かぶき者の男たちをからめた、華やかで幻想的な舞踊
絵巻。

衣裳は勿論豪華絢爛、玉三郎さんがとにかく綺麗!!
澤瀉屋猿弥さん以下20名の皆さんも頑張っている。

『蜘蛛の拍子舞(くものひょうしまい)・花山院
空御所の場』

女形の美と妖気が存分に発揮される、歌舞伎味に
溢れた舞踊劇。

白拍子妻菊実は葛城山女郎蜘蛛の精、玉三郎さん
演じる両極端の役。
前半綺麗な白拍子、後半「これが玉三郎さん?」
と、これはこれで楽しみな化け方・・・の蜘蛛の精
a0052666_16423439.jpg

千秋楽は5/23(水)。当日券の残っている日も
あるらしく、今からでも間に合う。

歌舞伎を見たことのない方も、一度覗いて見られ
たら・・・?
“命の洗濯!心の洗濯!!”

周りの皆さんも終演後、異口同音、大感動で南座
後にされた。

昨日は一部、不埒なグループ客がいて、静かな場面で
大声で私話を交わし、周りの顰蹙をかっていた。

「歌舞伎鑑賞はどうぞお静かに!!」a0052666_1644572.gif
by kokko48513 | 2007-05-16 16:48 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

今日、大阪からJRで帰着し、駐輪場へ横断歩道を
渡っている時、“大変な場面”を目撃してしまった。

交番、喫茶店の並ぶ歩道で2-3歳の女の子、5歳位の
男の子の兄妹を連れたお母さんが、その場に座り
込んでいるお兄ちゃんをいきなり両腕で抱えて
持ち上げたと思ったら、そのままの形で歩道へ
たたきつけた!

a0052666_22551366.gif

店の中から目撃していた人も、歩道上の私もビックリ
して目を合わせて固まってしまった状態。
この『親子』だけの世界が出来上がっている。

それでも、母親に注意を促す声をかけようと思ったが
神経質そうで、小さい子を前に逆上している恐い顔。
きれいで、品の良さそうな『お母さん』なのに
何が“彼女”をこうさせてしまっているのか・・・

通りすがりに聞こえた言葉から推察すると、目の前の
郵便局のポストへ封書を投函するのを競った兄妹を
母親が一方的に兄を叱っているらしい。

「ふたりで一緒にポストに入れようね・・・」とか、
「今日はお兄ちゃん(妹)にいれてもらおうね・・・」
とか穏便に済ます方法はいくらでもあるだろうに・・・
a0052666_22595516.gif

振り返って成り行きを見ていたら、妹は手が届かず、
兄は届くのに、結局母親が何やら甲高く叫びながら
封筒を放り込んでいた。

このお兄ちゃん、何につけてもいつも「叱られ側」
なのでは・・・?
ひと前でこれだけのことをやる母親は、第3者が注意を
したら、家に帰ってから、この「兄」にどれだけの
“折檻”を加えるだろう・・・と、瞬時に考えてしまって、
言葉をかけられなくなってしまった。
a0052666_23285536.gif

今、これを打ち込みながら、どんなことにでもすぐに
口出しをする私が、そんな態度しか取れなかった自分に
もの凄い嫌悪感と、『反省』と『後悔』で“あの子”のこと
を思うと自然に涙が出てきて仕方ない。

『正義の味方』を自負しているが、駄目だなぁ!!

気丈に泣きもせず、すぐに立ち上がったあの子は、
あの母親からどんな仕打ちをあれから受けただろう。
あの子はいつもどんな日々を送っているのだろう。

わが家の「モンちゃん」が幸せに成長しているだけに、
尚更ああいう子どものことが気になってしまう。
a0052666_2334474.jpg

あんな時こそ、躊躇せずに“声かけ”をしなければ・・・
と思う。が、普通の人間には難しいことだ・・・

どうか、たくましく明るく育てよ!!「お兄ちゃん」!
と、祈るしかない情けない“私”である。

“世のお母さん”! 子どもたちには常に『公平』に・・・!!
a0052666_2250837.gif
by kokko48513 | 2007-05-14 22:44 | 雑記帳 | Comments(0)