昨日28日は妹「カンちゃん」の“お食い初め”だったの。

バアチャンに「“お食い初め”ってなーに?」って聞いたら
「カンちゃんがご飯をいっぱい食べて元気に大きくなれます
ように・・・って、お祝いするんだって。」
a0052666_2513157.jpg

お膳を頼もうか・・・ってお母さんたち相談してたんだけど、
「手作り」でやろう・・・って、バアチャン、朝から“ひじきの
煮物”と“小松菜とえのきの胡麻和え”を作って、お昼から
“小鯛の姿焼き”と格闘してたんだって。

百貨店やスーパー、お店に売っている「姿焼き」は、ナマで
800円位で売っている「小鯛」が2500円も3000円もするって

a0052666_3372144.jpg

「そんなの買ったら勿体ない!私が焼くわ!」って、買って
きた小鯛に“金串”を刺してお皿や小鉢で、ガスの火が
うまく当る様に工夫して、大奮闘だったんだって。

なのに、尻尾と胸鰭が、「飾り塩」をつけて、ちゃんと
アルミ箔で包んで、焦げないようにしていたのに、
先っちょがとんでしまっていて、“ごらんの通り”って、
ちょっとションボリ。
a0052666_2563100.jpg

でもバアチャン、上出来だよ!

お母さんも煮物や吸い物を作って頑張ったんだよ!
a0052666_2565617.jpg

私、お赤飯もお寿司もイッパイ食べたよ。おいしかった!!
主人公の「カンちゃん」はお父さんに食べる真似だけして
貰っていたよ。
a0052666_2573297.jpg

今日29日は、バアチャンが名古屋のお土産の「大須ういろ」
西宮の伯母ちゃんに届けに行くって、一緒に連れて行って
もらったの。

歌を歌ったり、音楽に合わせて踊ったり、汗イッパイかいた
けど楽しかったよ。
これが今の私の『マイブーム』
みんな、上手、上手って誉めてくれるのよ。
a0052666_2581883.jpg

雨上がりの水たまりにも長靴で“バシャバシャ”入って、
満足、満足!

もっと居たかったけど、遅くなるから「また、おいで!」って
言ってもらって帰って来たの。
a0052666_2592017.jpg

バアチャン、また連れて行ってね!!
a0052666_323722.gif
a0052666_3374962.jpg

by kokko48513 | 2008-06-30 03:02 | 孫 5人 | Comments(0)

久しぶりの名古屋。

3月新橋演舞場から始まり、4月博多座、5月大阪
松竹座、昨日27日が千秋楽だった名古屋・中日劇場
4ヶ月に及ぶ長期公演のスーパー歌舞伎「ヤマト
タケル」
が無事に終了した。
a0052666_221240100.jpg

幕間を入れて4時間余りの舞台。
全く退屈をさせない素晴しい舞台だった。

昨日は、ダブルキャストのヤマトタケルは段治郎
さん、ヘタルベは猿紫さん。

1回目のカーテンコールはタケヒコ役だった右近
さんもタケルの扮装で登場、「二人タケル」の
勢揃い。


兄橘姫(えたちばなひめ)役 笑也さんが下手
舞台袖に迎えにいって、原作者・梅原猛先生が登場。
a0052666_2221331.jpg

2回目のカーテンコールは舞台中央1点にスポットを
浴びて、師匠市川猿之助さん〈澤瀉屋〉がひとりで
客席に手を振りにこやかに応えておられる。
観客席は感動の渦!

3回目は再び全員勢揃い。
笑也さんの影からもうひとりの「ヘタルベ」弘太郎
さんが飛び出して猿紫さんと抱き合う様に跳ねている。

二人の「ヤマトタケル」が「帝」に最後にしたように
師匠の両脇にひざまづき手を取ると、師匠が「うん、
うん」といとおしそうに、「よくやったね!」
言わんばかりに慰めておられる。
そんな風に見えたのは私だけではないだろう。

観客の「有難う!」「ブラボー!!」に皆さんで
大きく応えてくださって、大団円。
a0052666_14345270.jpg

折角名古屋に来ているんだから、うなぎ「ひつまぶし」
を食べて帰らなくては・・・と、幕間の食事もひかえて
おいたので、久屋大通を挟んですぐそばの「松坂屋本店
南館10階にあるあつた蓬莱軒へ直行。
a0052666_22151092.jpg

前回より若干値上がりしていて、2,730円
量もタップリ、鰻もタップリ乗っている。
熱田の本店に行ったことはないが、「ひつまぶし」
やはり、「蓬莱軒」に限る。

夕方までにはまだ間のある4時頃なのに、いつものように
並ばなくてもよかったが、お店は結構賑わっていた。
a0052666_2222719.jpg

大須ういろを土産に買って、近鉄特急で一路大阪へ。
早朝出立の日帰りで慌しかったが、楽しい一日だった。

「味噌煮込みうどん」を食べられなかったのが、ちょっと
心残り・・・かな?

by kokko48513 | 2008-06-28 22:15 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

何年も続いていた、日に何回か咳き込んでいた
エヘン虫状態の咳と痰。

観劇中にも苦しい思いをしていたが、“のど飴”などで
治まるので、「また、エヘン虫が暴れて
いるな・・・」
で済ませていた。
a0052666_11345299.jpg

お布団に入ってからも何回か顔を出す。
暑くなってきて、ガラス戸を少し開けたまま寝る最近は、
この“大きな音声”はご近所迷惑ではなかろうか・・・

と、思ったりしていた矢先、昨日は丁度市立病院
ボランティア」
の日。

いつも診ていただく呼吸器科 T先生に相談したら、
『肺機能検査と胸部レントゲン』を撮っていただき、
結果、「肺や心臓は大丈夫です!ただ、気管支の裾の
方が狭くなっていて、一応“正常範囲”ギリギリと
いう数値なので、一度『ホクナリンテープ』を貼って
みますか・・・」
と、次回の診察日までの分をいただいた。
a0052666_1128014.jpg

湯上りに上腕部や胸・背中などどこに貼っても良いという。
効力は24時間持続するというので、これは続けられそう。

日に二回、朝夕に吸入する「パルミコート タ―ビュ
ヘイラー」
という吸入薬も共に頂いて、昨夜から
使用開始!
a0052666_1130412.jpg

“不思議!不思議!!”これをUPしようと準備している
この時点まで、昨夜からまだ一度も“咳き込む”ことなく
無事に来ている。

「どこかおかしいぞ?」と思ったら、躊躇しないで、
診察を受けることをおすすめ致します。
a0052666_11362655.gif

そして、『治療費』はちゃんと払いましょう!!
それが“患者”の義務です!!
a0052666_11373547.gif
a0052666_11462270.gif

by kokko48513 | 2008-06-26 11:47 | 雑記帳 | Comments(0)

「伯母ちゃんとバアチャンはエスカレーターを
上がりなさいよ!」
と、言いおいて、自分は
トットコ、トットコ横の階段を上がって行く。

最近「命令口調」「指令口調」が多くなってきた
のも、なんとも“可愛い!” でも“偉そう!”
a0052666_14252791.jpg

昨日、西宮の『伯父ちゃん』「遊びにおいで」
のお誘いにお邪魔して、電子ピアノを購入すると
いう娘の付き合いで新響楽器へ行き、すぐ近所の
ララポートへ。
a0052666_1426275.jpg

相変わらず、“階段”の上がり降りが最優先。
ちゃんと、「ララポート」の名称もおぼえていて、
テナントの場所も記憶にあって、先導して行く。

時間の関係で、今日は“アイス”を食べるだけで
「次、来たときね・・・」の約束が“てんこ盛り!”
a0052666_14263120.jpg

以前と違って、言って聞かすと『聞き分ける』
いうことも少しは出来る様になってきた。 進歩!

先日、図書館の奥の公園を見つけて、初めて遊ばせて
貰ったが、ベンチに置いてあった『シャボン玉セット』
a0052666_14274590.jpg

持ち主の親子さんがおられるのに、まるで自分の物を
使うがごとく手にしようとする。
“あつかましいよ!モンちゃん!!”
「“貸してください”と言わないと駄目よ。」

「どうぞ・・・」と言ってもらって嬉しそうに、持ち主
よりも吹きまくっていた。
どこでも皆さんに優しくしていただいて、有難いこと。
a0052666_1428426.jpg
a0052666_14291854.jpg

砂場のおもちゃも同じ調子で“お友達”のを拝借。

「あやちゃん」という5才のお姉ちゃんに付いて回り
2才半とは思えない活発な動きをする。
a0052666_14302877.jpg

すぐに「お友達」になれるというのは“いいもんだね”

西宮から宝塚までの帰り道も、ずっと話しかけてくる。
騒音で聞こえないこともある。返事をしないと催促が来る。
a0052666_143115100.jpg

最近、話の中に「ん・・・ん・・・ん・・・」と考えたり、思い出
したりの動作がでてきたのも面白おかしい。
a0052666_14495523.jpg

“タバコの吸殻”が捨ててあるのをどこで見つけても
『仇』に出会ったかのように、「ダメね!」の様相で
指摘する。

「しゃべり」も活発。「動き」も活発。
勝気でおしゃまな「オネエサン」
元気が何より。これからもその調子、その調子。

妹の「カンちゃん」のことも可愛くて仕方ない・・・という
のも、なにより、何より・・・

a0052666_14414212.jpg
a0052666_14422051.jpg

a0052666_14341922.jpg
a0052666_14503457.jpg

by kokko48513 | 2008-06-22 14:42 | 孫 5人 | Comments(0)

大雨雷雨予報の出ていた中、今日20日パソコン仲間
6名で、読売旅行の日帰りバスツアーに参加。
a0052666_23475611.jpg

長ーいタイトルは「初夏の大収穫祭・近江水郷めぐりと
花菖蒲園・鮎の炭火焼食べ放題と名物ステーキの昼食」


降雨100%・・・覚悟の上の傘とレインコート持参の旅
a0052666_2348427.jpg

が、良い塩梅に水郷めぐりの船の上は薄日もさして
水面を渡ってくる風が心地良い。

日陰を作る「よしづ」の材料“葦(よし)”は“葦(あし)”
漢字で書くと全く同じ。
“あし”は“悪し”に通ずるため、“よし(良し)”
呼ぶようになったと言う解説に、『目からウロコ・・・』
a0052666_2349104.jpg

岸辺や貸し舟の釣り人も多く、のどかな風景に心が和む。

昼食の為に岐阜「レスト関ヶ原」へ。

200gの特大ステーキ、鮎の塩焼きとデザートのメロンは
食べ放題。


少食のYさんとAさんの余ったお肉も仲間で頂いて、
よく太った“鮎”を3匹。 鮎はこれが精一杯。
勿論、Iさんと私はビールがお供。
a0052666_124059.jpg

「もう、満腹!」状態。
なのに、「デザートは別腹」とは良く言ったもので、
「メロン」を食べだしたら、入る、入る・・・
a0052666_0591193.jpg

かえって、お腹が食べるほどにすっきりしてくる。
お店のお姉さんの“進め上手”もあって、食べも食べたり
14切れ。メロン1個と3/4をペロリ!!
a0052666_23523763.jpg

これに驚くなかれ!
私の上をいったのが、YAさんの16切れ。
若いだけのことはある。丸2個分。

早々と「メロン」を食べだした他のテーブルの“てんこ盛り”
皮の残骸を見て、「食べすぎじゃない!」と批判していたのに、
なにが、何が、『その上』をいってそう・・・
「お恥ずかしい・・・!」 でも、おいしかった!!

「レスト関が原」さん、太っ腹!!
メロンやパイン、ステーキ肉ほか合計9品のお土産つき!
a0052666_23515087.jpg

鮎もステーキも、勿論、メロンも美味しかったのは
言うまでもない!!


胡麻の郷・胡麻博物館」に立ち寄って、滋賀・高島町の
道の駅しんあさひ風車村・花菖蒲園へ。
a0052666_23511240.jpg

途中、バケツをひっくり返した様な土砂降りの雨が
降りだし、バスの屋根や窓を打つ。

合羽と傘を準備して駐車場に降り立ったら、雨はやんで
いて、カメラを片手に満開の「菖蒲」と今からが盛りの
「あじさい」ほか、雨に洗われた緑も美しく、傍らには
「足湯」もあって、ほっこり、ほっこりの1時間余り。
a0052666_23503590.jpg

走り出したらまたポツポツと降り出した雨が、途中は
予報どおりの大雨があったりで凄かったが、降車場所の
池田、川西、宝塚ではほとんど肌に感じない程度の
状態で、皆さんの日頃の精進の賜物か、はてさて、強力な
「晴れ女」を自認する私、他にも同様の方がおられたのか、
まずは「満足!満足!!」の旅だった。
a0052666_23525742.jpg

a0052666_12562510.jpg




次の機会には是非、「近江八幡のまちなみ」も散策しよう・・・
by kokko48513 | 2008-06-20 23:53 | 旅のつれづれ | Comments(0)

毎週水曜にボランティアで入っている宝塚市立病院

産婦人科“産”が今春から無くなって、婦人科外来
月と木曜だけになっていたのが、ついに、この2日の
診察日も『完全予約制』となってしまった。
a0052666_14595497.gif

前もって“電話”で予約するか、来院時に空いている
日時に予約して帰ることになる。

『命を生み出す大事な産婦人科』いつになったら
「医師不足」を嘆かなくていい日が来るのだろう。
a0052666_150472.jpg

「医師」になりたい人はイッパイいるのに、これも
長年の“政策”の誤りか・・・

何でもすぐに『裁判沙汰』にする我われ“患者側”の
「責任問題」でもあるのかも・・・

a0052666_1533176.jpg
by kokko48513 | 2008-06-18 15:03 | 雑記帳 | Comments(0)

昨日15日は久しぶりの京都行き

南座で公演中の「藤山直美さん」の舞台を拝見
する為に、WEBで買っておいた3階席のチケットを
引取り機で受け取り、夜の部に入場。

昼・夜合わせて4本にすべて“主演”で、出ずっぱり。
a0052666_22572443.jpg

慶四郎さん、秀哉さんの『両小島』とのやり取りが
相変わらず、「アドリブの百貨店」状態でついつい
吹き出してしまう。

他の方との“掛け合い”もどこまでが台本どおりで、
どれが“アドリブ”なのか・・・

「顔をそんなに近づけるな!おとっつぁんとそっくり
じゃ!!」
と叫ぶ慶四郎さん。

草葉の陰から、お父さんの「寛美さん」もさぞかし楽しんで
おられることだろう。

幕間の30分で、まずは東隣にあるちりめん細工館
飛び込み、何か新しいものはないか・・・と、見つけた
のが写真の『吊り飾り』

“金魚・おたまじゃくし・蛙”がかわいくユーモラスに
ぶら下がっている。
「玄関扉にぶらさげよう!」
a0052666_22581558.jpg

娘と息子宅にもまとめて購入。
こういうものは見つけたときが『買い時』だ。

次に、もう少し東へ急いで、鍵善さんへ。
“葛きり”が食べたいけれど、今日は時間の都合で
涙を呑んで、干菓子「菊寿糖」の小さいのを、近い
うちに訪問予定の義父の分も合わせて購入。

急いで劇場へ。
丁度、二本目の始まる3分前。

いつもながら、本当に楽しかった!おもしろかった!!
「満員御礼」状態で、館内は笑いの渦、渦、渦!

千秋楽は6/27。

終演後、ここへ来たらはずせない、角の松葉さんの
『にしん蕎麦』を夕食にいただき、帰りの電車に乗る前に、
南座斜め前の「みよしや」さん(看板は出ていない)で、きな粉を
タップリかけてもらった“都のだんご(みたらし)”を買い求める。

夕方5時からしか店は開かないが、これも京都に行ったら
はずせない「美味しいもの」 1本90円也。
相変わらず、長い行列が出来ていた。

宝塚に帰り着いたら、朝の晴天が、やはり『梅雨』
“土砂降り”になっていた。
a0052666_22594633.jpg
a0052666_238441.gif

by kokko48513 | 2008-06-16 23:00 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

「岩手・宮城内陸地震」

つい3週間前にお邪魔していた「岩手・宮城・秋田・青森」

仙台空港、濃霧で飛行機が飛び立てず、大騒ぎしていた
私たち・・・ “小さい!小さい!!”

テレビで流れる情報画面に「あそこ、走っていたぞ
・・・」
と思える場所がある。

孤立する町、断絶した幹線道路、亡くなられた方も
あり、怪我で病院へ搬送された方も多数・・・
a0052666_14154636.jpg

最近、各地で頻繁に起こる地震発生のニュースが
伝えられていたが、『地震列島』日本、またもや
被害甚大な恐ろしい事態になってしまった。

まだはっきりしない部分もあり、被害状況は今後
刻一刻と変わっていくことだろう。

ずっと続いて頻発している『余震』
どうかご無事で・・・・と祈るばかり。
謹んで、心からお見舞い申し上げます。
a0052666_14172975.jpg
by kokko48513 | 2008-06-14 14:17 | 雑記帳 | Comments(0)

「花菖蒲」はいかが?

シニア・パソコン仲間の全国ネットメロウ倶楽部

今日12日は大阪勉強会で、大阪市旭区にある城北公園
“回遊式・花菖蒲園”でのデジカメ撮影会。
a0052666_1193986.jpg

数日前までは雨予報だったのが、我ら日頃の精進の
賜物か、暑い位の晴天に恵まれ、20名ほどが午前10時
大阪駅前に集合。

市営バスで渋滞もなく、順調に20分足らずで到着。
各自調達した「昼食」持参。
a0052666_2405285.jpg

250品種、約13,000株の「花菖蒲」は今が盛りと、
所々に「紫陽花」も取り混ぜて園内所狭しの感じで
咲き誇っている。
a0052666_2412734.jpg

見事という他なし!

ウイークデーにも拘らず、それに負けないくらいの
凄い人出・・・

広い東屋や各所にベンチが設けてあり、皆さん三々五々
お弁当を広げて楽しんでおられる。
a0052666_2422050.jpg

私たちも園内で昼食をとり、すぐ裏側の淀川の河川敷
にも降りて、ワンドの野鳥の声に心和ませ、清清しい
気分になれたひと時に感謝!!

a0052666_310177.jpg

園内では、メダカやおたまじゃくし、水澄ましに心和ませ、
淀川では石にはり付く「たにし」や青緑の「糸トンボ」に
出会えたなんて何十年ぶりだろう!!

菖蒲園は6/22まで開園。駐車場は無い。
入園料は200円
中学生以下と大阪市在住の65歳以上・身障者手帳のある
方は無料。
a0052666_243899.jpg

下見その他大変なご厄介をおかけした、「お世話役」
感謝!感謝!!

皆さまも、どうぞお運びを・・・
a0052666_2434319.jpg
by kokko48513 | 2008-06-13 02:43 | 季節の話 | Comments(0)

冊子“ブログこっこ亭の中の「モンちゃん」”
ブログの投稿文をそのままに、写真はJTrimで加工しなお
して挿入していくもの。ブログよりも写真は“タップリ”と。

誕生から1才の誕生日までの1年目は丁度、パソコン教室
に通っていた2006年冬に『製本』を教えてもらっていて、
何とか仕上げることが出来た。

「モンちゃん」2才の誕生日は昨2007年10月
すでに9ヶ月を過ぎようとしている。
a0052666_20392280.jpg

その間、ブログのコピーは取っているし、「作ってあげ
たい・・・」
という気持はあっても、大変さを思うと『本を
作ろう!』
と言う気持がなかなか起こらなくて、腰の重い
こと重い事。

今まで手付かず状態が続いた。

が、妹の「カンちゃん」も生まれたことでもあり、「ここは
一番!!」と一念発起
、やっと編集に取りかかった。
a0052666_2040291.jpg

『1年分』思うと気が遠くなるが、“折角、パソコンが好き
なんだから・・・”
と。
元気な今の内に作ってあげるのも「祖母」のひと役

一日最低1ページの“ノルマ”を自分に課して、現在13頁目
編集完了。

いつ出来上がるか?
8月お盆休みに、北陸のイナカ(実家)へ帰省する時には、
おみやげに持たせてあげたいと思っている。

今はわからなくても、「モンちゃん」楽しみにしておいて!!
a0052666_20341496.gif
by kokko48513 | 2008-06-11 20:39 | 孫 5人 | Comments(0)