10/10で3才になる「モンちゃん」
来春から3年保育の地元のすぐ近所にある私立幼稚園に
“合格すれば”入る予定。

9時頃、「モンちゃん父さん」からの電話で、明10/1から願書
受付開始の「幼稚園」の順番取り
に、すでに早朝6時過ぎから
並んでいる人がいるという情報が「モンちゃん」仲間のお母さん
から届いたという。
a0052666_1871695.jpg

誰かが並んだら「並ばんならん!」というのが人情、親の情
「父さん」が椅子を置きに行って、まずは「母さん」が並んだ。

父さんは仕事あり、母さんは先日から風邪気味の「モンちゃん・
カンちゃん」
の世話のため、9:30頃私がバトンタッチ。

見てる間に100メートルほど先の小学校の角まで並ぶ。
a0052666_18104644.jpg

ひと言じかに私は言わずにいられない。
幼稚園にも、一番前に並んだ「爺」にも。

一番前に並んだこの人が何よりいけないのだけど、“先着順”
決めているなら、整理券発行を考えて下さいナ!バギーや抱っこ
の赤ちゃん、妊婦さん、ご老人(私も)その内、病人も出ますよ!

通行人にも迷惑で警察も出てくるでしょうし・・・来年からは“抽選
方式”
を導入するとか最良の方策を検討
してください!!」
と大声で申し入れしていた。

やはり、しばらくするとお巡りさん、パトカーも出動してきた。
a0052666_18132540.jpg

去年から始まったという異常事態・・・エスカレートするばかりだろう・・・
幼稚園ごときで、異常も異常!!馬鹿げている!!

台風接近の中の悪天候、低温、妊婦、赤ん坊連れ・・・。
幼稚園も考えざるを得ないだろう・・・


結局、11時から整理券を配ることになり、12時過ぎに手にした順番は
3年保育定員75名のところ『68番』。危ないとこだったが、うしろには
まだ50~60人くらいが残っていた
気の毒なこと・・・
a0052666_18194347.gif

整理券さえ手にすれば、明日の午前中に願書を出して面接の上、『合格』となれば、手続きをして“入園OK”となる。

それにしても、何にしても「幼稚園ごとき」でこの事態はおかしすぎる。
わが子を育てる段階でも、こんなことはやったことがない!

「モンちゃん」!、腹を立てながらでも「ばあちゃん」あなたのために
頑張ったんだよ!!
a0052666_1894098.jpg

by kokko48513 | 2008-09-30 18:26 | 孫 5人 | Comments(1)

9/27(土)前日までの雨天とはうって変わって、快晴の
空の下、午前7:40宝塚駅前出発、13時間半の行程で
『越前地魚!にぎり寿司食べ放題』クラブツーリズム
日帰りバスツアーに参加。

福井・敦賀も“曇り”の天気予報ながら、青空も顔を見せる
暑くもなく、寒くもなくの絶好の行楽日和。

私だけのせいではないが、“晴れ女”の面目躍如!!
a0052666_938265.jpg

今回はパソコン仲間3名が西宮から、病院ボラ仲間Yさん
ご夫婦と私の計6名での参加。

総勢80名、バス2台口での移動。
最近には珍しく、男性客が多い。
a0052666_13364555.jpg

メインは敦賀『やべ清での昼食のにぎり寿司・ネギトロ丼・
三大蟹汁・フルーツ・ケーキ&ゼリーのデザート・ソフトドリンク
この“六つの食べ放題飲み放題”と甲子園の約12倍の広さを
誇る『福井・宮ノ下コスモス広苑』の散策。

あとは小牧かまぼこ』『ヤマトタカハシ昆布館』『福井・
羽二重餅の古里
への立寄り。

これが安いツアーの宿命で仕方の無いことだろうが、楽しみに
していた「コスモス畑」での時間が削られていく!!
a0052666_9405196.jpg

『やべ清』では、食後に海産物の“素人セリ市”も体験して、
サザエや甘エビ・イカ・鯛や鰈の干物ほか各店からのお土産10品
のお楽しみつき。
これにも釣られて“参加”のむきもある・・・

10/12から「コスモス祭り」開催予定の『宮ノ下広苑』はまだ
4~5分咲きといったところだったが、初めてや珍しい品種
あってなかなかの風情、圧巻だった。
a0052666_942059.jpg

夕方5時前、会期前というのに個人客も含めて多勢の客
三々五々花を楽しんでいた。
期間中は大変な人出になることだろう・・・
a0052666_942478.jpg

“バスガイド無し”JTB読売のツアーにもよく参加するが、
最近の添乗員さんは感心するくらい勉強されていて、道中の
要所要所の案内や、目的地の紹介、帰りの道中用に映画ビデオ
なども用意され、サービス精神旺盛だが、今回の男性添乗員は、
ただ乗っているだけ・・・の方で、周りからもフツフツと『不満の
声』
が出ていた。
a0052666_9434689.jpg

せめて、ほとんどの人が気にしていた甲子園での「巨人VS阪神」
の直接対決のラジオ放送でも流してほしかった!!
『贅沢』というものだろうか・・・・

これさえ、ガソリン代節約で、契約除外の項目なんだろうか・・・
“セチガライネ!!”

“走って、走って!”で疲れたが、気のおけない仲間との楽しい
一日だった!

a0052666_109064.jpg

また、行こう!!
by kokko48513 | 2008-09-28 09:43 | 旅のつれづれ | Comments(0)

一昨日までタオルケット一枚で寝ていたのに、昨夜はそれでは
寒くて、普通にお布団を着ていた。

宝塚でも山際のせいか、街中と比べて気温が低い

一足飛びに「秋たけなわ」の感。
a0052666_11365452.gif

昼間と夜との寒暖の差が激しく、油断をすると風邪をひく。
孫たちも順番に風邪気味で「モンちゃん」微熱が続いている。

先日旅行した「北海道」も零下になった地域があるそうで、
「冬」にまっしぐらなのだろう。
a0052666_1155692.jpg

今年の“紅葉”状況はどうなんだろう?

「娘の出産」まであとひと月。
そろそろ秒読みに入る。

今年は遠出の「紅葉狩り」は無理かもな・・・

前の街路樹も色づきだしている。
近場の“紅葉”を楽しんでおきましょう・・・
a0052666_11482128.jpg

by kokko48513 | 2008-09-25 11:48 | 孫 5人 | Comments(0)

利尻・礼文・稚内の旅“あっという間”の最終日。

礼文島唯一の出入り口「香深港」から8:45発の
ハートランドフェリーで稚内へ、1時間55分の船旅。

利尻へ渡った時と同じ“最新豪華船”
ちょっとホッとするが、乗客の多いこと・・・
a0052666_2228292.jpg

下船して、まずは昼食場所と海産物などの買い物も
兼ねての店北市場へ。

最南端・指宿枕崎線「西大山駅」から北へ延びるJRの
線路、最北端の宗谷本線「稚内駅」のすぐお隣り。

次は夕陽の名所ノシャップ岬
「納沙布岬」と混同するむきがあるが、あちらは道中
根室湾。
a0052666_22291942.jpg

ノシャップ岬灯台北海道では一番、日本では島根県の
日御碕(ひのみさき)灯台に次いで二番目の高さを誇る灯台

赤と白のコントラストが可愛いが、他の灯台のように
“真っ白”でないのは、雪のシーズンの長いこの地で
「雪の白」がバックでも目立つように・・・ナールホド!!

すぐそばに水族館もある。“フウセン魚”が見たかった!

「宗谷岬」に向かう前に、晴れた日には“サハリン”を望む
ことが出来る稚内公園へ。
a0052666_22302543.jpg

異国となった樺太への望郷の念をこめて1963年に作られた
“氷雪の門”

「皆さんこれが最後です。さようならさようなら」の碑は
電話交換手の乙女9名が大戦時、最後の最後まで死守し、
自決して果てた慰霊の碑。

他、数々のモニュメントをめぐる。

いよいよ「最北端・宗谷岬」へ。
a0052666_22314830.jpg

途中、日本一の牧場、宗谷黒牛の宗谷岬牧場を走り
抜けて、気分爽快なこと! ドライバーさんのサービス。

2008.9.13 14:30 北緯45度31分22秒、日本最北端
「宗谷岬」に立つ!!


「日本最北端の碑」、間宮林蔵の立像や宮沢賢治の文学碑、
入場無料の流氷館などがある。
a0052666_22331339.jpg

バス移動中には車窓から浜辺近くに頭を出して群れる
「ゴマフアザラシ」の姿も見られ、漁師の皆さんにとっては
“天敵”で、ガイドさん「よかったら、首に縄付けて1頭づつ
お持ち帰り下さい」
なんて冗談も・・・漁業の方には切実かも。

稚内空港16:30発、ANA1798便で19:00関空無事帰着。
機内から見えた「利尻富士」と真っ赤に燃えていた太陽
神々しいこと。
a0052666_010623.jpg

何といっても団体旅行、どの場所も時間に追われる日程で、
忙しい3日間だったが、生きてる限り「いつかは行きたい!」
と思っていた利尻・礼文。

叶うならもう一度、花の真っ盛りにふたつの島内で宿泊して、
ゆっくりと自分の足(車)で巡ってみたい!!

でも、いくらかかるだろう・・・クワバラ、クワバラ・・・!
a0052666_22343266.jpg

by kokko48513 | 2008-09-23 22:34 | 旅のつれづれ | Comments(0)

9/15、親子4人揃って初めての“USJ”
折角の日が途中から雨になって、楽しみにしていた
「パレード」や、屋外でやるショーがすべて中止で
ちょっとガッカリだったようだ。

でも、「モンちゃん」の大好きな「スヌーピー・プレイ
ランド」
など、雨天用のテントの屋根を張って貰ったり、
今まで入ったことのないショーやアトラクションにも
入って楽しい一日だったようだ。

a0052666_21455026.jpg

顔を出したら、達者なお喋りで報告する、報告する!!
こまっちゃくれた言葉がほとばしる、ほとばしる!

モンちゃん、“トトフレンズ”みられたよ。
でもね、やっぱり木のお顔が恐いの

セサミストリートも見たよ。ウッドペッカー
見たけどね、あのおじさん恐いからきらい
a0052666_21471334.jpg

「こんど行ったらおばあちゃん、スパイダーマン見ようよ!」

「おばあちゃん、キティちゃんのパレード見られ
なかったからUSJにも連れて行って。伯母ちゃんとこも
また行きたいな・・・」

a0052666_2151263.jpg

一昨日20日は、私と「モンちゃん」二人で“ガーデン
フィールズ”の『庭園』『ペット・ショップ』『ベビー
ザラス』のはしご
と、阪急百貨店で買い物もして3時間。
a0052666_2148241.jpg

背が伸びて「大きくなったね」と誉められることや、
どこにでも手が届くようになってきたのが嬉しくて、
自販機、エレベーター、マンション入口や玄関の鍵、
車の乗り降り、電車の改札の出入り他
、何でも自分で
やらないと気がすまない。
a0052666_21485019.jpg

私の電話には「モンちゃん」が直接出ることも多く、
すぐに『会話』が始まる。

間もなく3才。
子供の成長の早いこと、はやいこと!!
a0052666_21494943.jpg


















a0052666_21514972.jpg
by kokko48513 | 2008-09-22 21:51 | 孫 5人 | Comments(0)

には「今年のシーズンは終わった!」とか、「何よ!
この様は!!」「ピッチャーちゃんと使えよ!」「ここ
で打てなくてどうするの!!」なんて怒り心頭に達して
いたこともありました。

阪神との3連戦でついにトップに並びました!
16年ぶりの“破竹の10連勝!!”
a0052666_10482890.jpg

東京ドームの試合では『テレビ観戦』しか出来ないのが残念!
ケーブルテレビで試合前からかじりついてますが・・・

投打がかみ合った昨日や一昨日の試合の痛快なこと!
ナマで見たかったな・・・!

今のこの勢いで日本シリーズの
最後まで行きましょう!!

a0052666_10473781.gif

by kokko48513 | 2008-09-22 10:48 | スポーツ関連 | Comments(0)

タカラヅカ“雪組”公演

宝塚大劇場、千秋楽3日前の9/20に拝見。
ショー「ソロモンの指輪」とミュージカル「マリポーサ
の花」


30分で終わる“ショー”は初めてではなかろうか・・・
a0052666_21235878.jpg

衣裳の綺麗さ、カラフルで豪華なこと・・・はいつもながら
大いに楽しませてもらったが、ストーリー性、テーマ等
がいつもに比べてちょっと・・・というのが私の感想。

2時間に及ぶミュージカルは、今も、地球上のどこかに存在
するいくつもの“乱れた国々”
a0052666_21252574.jpg

その「とある小国」が舞台。アウトロー的な生き方を表面では
見せながらも、実は世の中の不条理に闘争心を燃やす男
(トップ水 夏希さん)と彼を慕う娘(白羽ゆりさん)との
ラブロマンスの物語。

当日B席を買って入ったが、2階席に空席が目立ったのが
ちょっと気になった。
by kokko48513 | 2008-09-21 21:25 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

〈J〉さんの結婚が決まり、大喜びで作り始めた「マグカップ」
やっと“完成!”

だが、9/16のブログにUPしたような事情で、今、素直に
「あげよう!上げたい!!」という気持が萎えている。

挙式は10/5予定。このまま突入するのだろうか・・・

「マグカップ・サラダボール」共に冷却還元で焼き上げてもらった。
a0052666_1341117.jpg

サラダボール赤土をタタラに延ばし、型にはめて縁は撥水剤を
塗って釉薬をかけず、『あめ』と『白マット』を半々にツートン
にかけて、その上に刷毛で逆の釉薬を流しつけたもの。

マグカップ白土を“手びねり”で積み上げて、部厚くならない
様に削って修正して、表面白い部分の細かい糸状の模様は、
“糸鋸”の歯でつけたもの。

素焼きの段階で、「白化粧」して、スポンジでさっと拭き取り
溝に残った状態で、この部分には釉薬はかけずに焼きしめる。
a0052666_13393931.jpg

縁と内側の釉薬は『黒天目』
縁がはみ出さないように、境目にテープを貼り、撥水剤をタップリ
使って、歯模様に釉薬がかからないように気をつけた。

「おめでとう!!」の心からの言葉と共に、私からのこのお祝いを
渡せる日は来るのだろうか・・・

中途半端な気持では『上げたくない!』
by kokko48513 | 2008-09-21 13:41 | 陶芸とその仲間 | Comments(0)

「花の島・礼文島」
利尻から穏やかな海を渡り、予定通り13:15香深港へ入港。

船は利尻までのものと違って、古くて設備も格段の差が
あり、文句を言う人あり。
a0052666_18233176.jpg

“人間”とは厄介な動物で、贅沢になれるとそれ以上の
ものを要求し、私など、トイレは水洗であれば『上等!』だが、
自分の操作が悪いのを棚に上げて「ウォシュレットが出ない!」
と大騒ぎしている人がいる。

この船には、そんな設備はない。
こういう人、海外旅行はできないぞ!特に後進国へは・・・
a0052666_17594345.jpg

礼文島の第一歩は、元地海岸へ
地蔵岩と、「メノウ」の原石がワンサカ流れ着くという
“メノウ浜”へ。

ガイドさん「ここで一財産作って帰ってくださいな!」
おっしゃるが、探せど、ほじくれど5―6ミリ程度のかけら
があるだけ。
a0052666_1814625.jpg

お金になるもの、地元の人が放っておくわけないわな・・・
でも、童心にかえって楽しいひと時でした!

次がいよいよ「桃岩展望台」までの往復1時間ほどの山歩き。
a0052666_18401490.jpg

シーズンに来ると一面の花盛りなのだろうが、今もまだまだ
いくつもの種類の花が咲いていて、ガイドさんが一つ一つ
説明してくださり、展望台では疲れた身体に心地よい風を
受けて『爽快、爽快!』
a0052666_18391881.jpg

次は「うにむき身体験センター」で全員初体験の“雲丹むき”
(1個500円らしいが旅費に込み)
うにと道具が揃えてあって、職員さんの言うとおりに、まず
お尻中央に一撃を加える。

あの針が「うごめく!うごめく!!」
断末魔の動きだろう。気持悪がる人もあり。
が、それを綺麗に洗って食べる段には、そんなことはどこ吹く
風・・・「おいしい、美味しい!!」とみんな大喜び!!

舌の上に雲丹の香りを残して、透明な海に続く断崖「澄海岬」から
礼文島最北端「スコトン岬
へ。
「地球は丸い」を実感。素晴しい展望!

「スコトン岬」今は無人島となっている沖の海馬島(トド島)
バックに集合記念写真をパチリ!
a0052666_18215023.jpg

“ケチなおじさん”がいて、「買うのは勿体ない」と、どの場所
でも自分のカメラにこれをおさめる人がいる。
あちこち行っているが、こういう人は初めてだ。
“奥さん”が身の縮む思いで、恥ずかしそう・・・

あとは、今夜の宿「ホテル礼文を目指すだけ。
行き届いた館内と人、疲れを流す露天風呂・大浴場、料理長の
心のこもった『大ごちそう』が待っていた。
a0052666_18244468.jpg

来年には、島内ですでに湧出ている「天然温泉」がどの宿にも
お目見えとか・・・
a0052666_18261413.jpg

by kokko48513 | 2008-09-19 18:33 | 旅のつれづれ | Comments(0)

9/17 京都行き

昭和33(1958)年3月、京都女子高校卒業。はや50年。

10年に一回予定の合同同窓会、現在68―69才。
年齢を考えて、今回が全体でやるのは最後と打ち出した
10/14の開催日まで、ひと月をきった。
a0052666_14163776.jpg

昨日、岡崎・国際交流会館で3回目の打合せ。
すでに〆切は過ぎているのに、出欠のハガキを返送
しない人がいる。
この年になっても、まだまだ無礼な人間がいる。

午前中に終わり、級友Sさんと「お腹すいたね。今日は
何を食べようか・・・!」
これが楽しみのひとつ。
a0052666_15241057.jpg

折角だから、京都駅「伊勢丹」で開催中の“ピサロ展”
を見ていくつもりと誘ったら、Sさんも「それは良い!」と乗ってきて、彼女の誘導で駅前ルネサンスビルのチャイニーズレストラン
福幸」へ。

a0052666_14175086.jpg

二人とも呑める口。 
『バラエティ豊かな点心セット』と昼間からのビール一杯。
上品で、見た目も美しくとても美味しかった。
a0052666_14183399.jpg

美術館「えき」は初めてだが、ピサロ親子・孫とその仲間や
友人ミレー、コロー、ルノワール、マネなどの90点の絵
鑑賞。

「食欲の秋、芸術の秋」
「美術堪能」と「美食堪能」満腹満腹の午後のひと時だった。
a0052666_14515978.jpg
by kokko48513 | 2008-09-18 14:52 | 雑記帳 | Comments(0)