<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

始まったばかりの“ゴールデンウィーク”、高速料金も
うまく走れば往復2000円

「どこへ行こうか・・・」とお考え中の方も多いだろうが、
近場で結構いい所がある。

昨日、「ブンちゃん親子」と春の花が咲き乱れる「西宮
北山緑化植物園」へ『GO!』

a0052666_3404422.jpg

「ブンちゃん仲間」のSさん親子とご一緒する予定が、
2ヶ月お姉さんの「アンちゃん」が、朝から風邪気味で
遠慮されて、「我ら3代」3人水入らずで車を走らせた。

お天気もよく、園内は大賑わい。
駐車場も15分ほど待ったが苦にならない。中に入れば
綺麗さ、見事さに待たされた事など吹き飛んでしまう。

ただ、ひどい時は40-60分待ちの時もあるらしい。
a0052666_3542334.gif

売店の花々もよく売れている。市価より少し安め。

5/11.12には春にピンクの花を咲かす、園内でも人気の
「シレネ・ディオイカ」の苗のプレゼント!がある。

緑の相談所と温室は水曜定休(5/6は開館、翌日が閉館、
4/29の振り替えで30日は閉館)だが、公園は年中無休。
駐車場は有料だが、入園は無料。
a0052666_3481287.jpg

芝生広場もベンチもあり、お弁当もちでゆっくりと過ごす
のも良いかもしれない・・・
『自分のゴミはおうちへ持って帰りましょう!!』

「ブンちゃん母さん」気にいったらしい。
「ブンちゃん」も小川の流れに足をつけてもらったり、芝生や
花や葉っぱに触れて“ご機嫌!!”だ。

お友達を誘って度々足を運ぶことだろう・・・
a0052666_3564237.jpg

自然の中での子育ては情緒的にもなかなかよろしい!!
by kokko48513 | 2009-04-30 03:48 | 孫 5人 | Comments(0)

「孫」模様・・・

ブンちゃん5ヶ月と3週間。
先日より本格的な“離乳食”が始まり、娘の「母さん」
頑張っているらしい。

「父さん」の写した写真がメールで送られてきたが、
早々とスプーンを持って自分で口に入れている。

「生意気だぞ!ブンちゃん
a0052666_1353575.jpg

この凄まじい様子を「父さん」「母さん」楽しみながら
子育てしているようだが、まだまだ序の口。 
「もっと凄まじい状態になるわよ!」とメールで返事を
返した。

「父さん」良いレンズで、もっと完璧な写真を撮りたい
らしいが、私の写真なんかに比べたら「完璧、完璧!」

見ているだけで楽しいといったらない。
19日から会ってないが、次に会うのがとても楽しみ・・・!
a0052666_339076.jpg

一方モンちゃんカンちゃん「母さん」に「私」
四人で25日の午後、伊丹市のいたみホールへテレビで
おなじみの「“しまじろう”とゆうえんちへいこう」
劇場公演を観るために車を走らせた。

私か父さんどちらかが行く予定が、「父さん」仕事多忙で
不参加。 
私がドライバー。
a0052666_1363888.jpg

モンちゃん相変わらずの“こわがり”状態で、場内暗くも
ないのに最初15分ほど、「帰ろう・・」「恐い、いやや」など
落ち着かない。

他にも同じような子がいるようで、泣き声も聞こえてくる。

かたやカンちゃん最初から平気でみんなと一緒に手を
たたいたり、身体をゆすってテンポに合わせ“ノリノリ!”だ。

『USJ』の私の大好きな“ロックンロールショー”
カンちゃんなら平気で見られそう・・・

途中からモンちゃんも何とか乗っていけてたが・・・
a0052666_13562750.gif

8月の「コルテオ」のチケットを買ってあるが、モンちゃん
大丈夫かね・・・本人は「行く!」と言ってるが・・・
by kokko48513 | 2009-04-28 01:36 | 孫 5人 | Comments(0)

4月25日、早いものであの事故から丸4年。

あの朝、事故電車のすぐ後の快速に乗っていて、運良く
命びろいをしたことを今も忘れない。

梅田のNHK文化センターへ通うために家からバイクで
出かけ、駅の駐輪場に預けてJRの駅に急いだ。

たまたま来合わせた電車が1台後の大阪方面に行く快速。

途中の「川西池田駅」でなかなか発車せず、あげく「前の
電車が踏切事故のため運行を取りやめます」
のアナウンス
に、陸橋続きの阪急電車の駅へ他の乗客の皆さんと急いだ。
a0052666_23481527.jpg

あんな大事故になっている事など予想だにしなかった。

授業が終わった後、文化センターのロビーのテレビ画面
映し出される大惨事にガタガタ足が震えだし、背筋を
“ゾゾッ”と寒いものが走った
のを今も昨日のことのように
思い出す。

子供たちが心配をして携帯に電話をかけてきてくれた。

あの時あの電車に乗っていたら、一番被害の多かった場所に
乗っていた私
、今3才の「モンちゃん」にも、ましてや、
「カンちゃん」「ブンちゃん」とも多分会えなかったわけで、
亡くなられた方々、今も後遺症で苦しんでおられる方々には
申し訳ないけれど、なんと“運の良かったこと!”と感謝
している。


テレビのニュースや新聞記事などを目にすると、涙が溢れて
止まらない。
a0052666_2352177.jpg

心からご冥福をお祈りいたします。  合掌
by kokko48513 | 2009-04-25 23:52 | 季節の話 | Comments(0)

そこが自分の部屋だったら・・・そこが仲間内の宴会場だったら、
そこが銭湯や温泉だったら・・・

剛くん、ミスったね・・・

屋外、公園という場所がいけなかった。
a0052666_15153976.jpg

あなたらしく衣服や持ち物をキチンとひとまとめに置いて
胡坐をかいていたというのは、自分の家に帰っていた
つもりだったのでは・・・?


昔、子どもの頃には近所のおじさんが酔っ払って○○○○
丸出しで夕涼みに出てきたり、近所の綺麗なオネエサンを
からかったりしていたが、「公然わいせつ罪」とかも無かった
し、「法」も今より大らかだった。

こんな人イッパイいたけれど、周りは笑って済ませてたな・・・
近所の交番のお巡りさんも笑って注意していたっけ・・・
a0052666_15172549.jpg

今は、何でもかんでも「法」でがんじがらめの時代。

『SMAP』という国民的アイドルのメンバーのひとりで
あるための“良い子”でいなければならない「窮屈さ」
たまには“爆発!”も したいわよね・・・

わかるよ!!
でも、それだけに常に世間の目がある・・・という事だけは
意識していないといけないと思う。
a0052666_15183940.gif

私も「お酒」は大好き!
でも、自分の適量、限度というものは、解っているつもり・・・

一日も早く立ち直って、出ていらっしゃい!
これからは、「お酒」の量に気をつけようね!
「お酒」に呑まれてしまってはダメよ!!いい大人なんだから・・

ご近所の人には“大声”あげて迷惑だっただろうけど、他人を
殺めたわけでも、怪我させた訳でもない。

世間が大騒ぎのしすぎ! 警察も大げさすぎる!
大臣まで出てくることか!?
a0052666_16244343.gif

『SMAP』の大ファンというわけでもないけれど、嫌いじゃ
ないよ。 
「好感」は持ってるもうすぐ70才の“ばあさん”よ。

全面肯定はしないけれど 「ドンマイ、ドンマイ!」
出てくるのを「待ってるよ!!」

これ、今の私の率直な気持・・・
by kokko48513 | 2009-04-24 15:17 | 雑記帳 | Comments(0)

市の「健康センター」で20日に“子宮頸がん検診”
昨日23日“乳がん検診”を受診。

自治体によって異なるが、宝塚市の場合、“子宮頸
がん”は20才からの受け付け
ということで、結構若い
方も見受けられた。

30-40代に多いらしいが、最近は20代にも増えて
いる
という。

医師の内診と子宮頸部の細胞を取って検査してもらい
1ヵ月後くらいに結果が出る。
a0052666_0492179.jpg

宝塚の場合、費用は700円。国保加入者や70歳以上
の者など、無料で診ていただける処置もある。

“乳がん検診”40才代2000円、50才代以上は1500円
こちらも無料になる場合が同様にある。

結果はこちらも1ヵ月後くらいに出る。

医師による視診・触診と【マンモグラフィ】
乳房専用のX線撮影で乳房を板のような物で挟んで
撮ってもらう。

挟む時に「痛いですよ」と言われたが、今日の女性技師
さんはお上手だったのか、大して痛くは無かった。
a0052666_055016.jpg

1年に1回はがん検診を受けましょう(乳がんは2年に
1回)・・・と提唱している。

「何才になっても、この年なら安心・・・と言うことは無い
ですから必ず受けてください」と係りの方の言葉。

「健康センター」の集団検診は予約も必要で、定員もある。
街の医療機関なら、若干費用は高くなるが、個別検診で
いつでも受けられる。

私は今年の誕生日で70才になるということで無料
診ていただけた。
「これからは無料ですよ」 有難いこと・・・!
a0052666_141039.gif

皆さん、恐がらず、恥ずかしがらず、「定期健診」
受けましょう。


早期に見つかれば、『癌』は怖くありません!
「自分の命」は「自分」で守りましょう!!
by kokko48513 | 2009-04-24 00:32 | 雑記帳 | Comments(0)

4/19(日)昼下がりの阪神西宮駅前、『えべっさん』「西宮神社」
東にある戎参道「西宮中央商店街」、もみじ通り、やなぎ通り
近辺にブンちゃんの大きな泣き声がとどろき渡っていた。

11/5のブンちゃん出産前に美容室に行ったきりのブンちゃん
母さん」
“母親っ子”のブンちゃんの子育て、家事・家業に
追われ、半年間、ヘアーサロンから全く遠のいていたと言う。
a0052666_18345424.jpg

前々日電話が入り、姿が見えないと泣くのは解りきっているので、
「抱っこしてすぐそばにいてほしい」と、子守の依頼。

商店街の中の美容室で、抱き取ったブンちゃんすぐに泣き出した。

たまらず、「母さん」髪を切ってもらいながら抱っこするが、カット
された髪の毛が飛んでくる。

ブンちゃん髪まみれになるぞ!

仕方ない!『荒療治!!』

泣いているブンちゃんを抱っこして表に出る。
可哀想だけどしかたない。

「よし、よし、よし・・・」と、あやそうが、“子守唄”を歌おうが、
散髪屋さんの“クル、クル、クル”を見せようが、花屋さんの店先
「お花きれいね・・・」とか、「自動車、ブーブーだよ」と機嫌を
とろうが泣き止まない「ブンちゃん」
a0052666_21463964.jpg

当たり前!まだ5ヶ月だもんね・・・

「誘拐犯に間違われるかもね・・・」「誘拐犯なら脱兎のごとく逃げるでしょう」なんて話していたが、通りかかる皆さん「右往左往して
いるばあちゃん」
をニヤニヤ、ニコニコしながらご覧になっている。

こんな光景、最近なかなか無いかも・・・

その間、何回も美容室に戻ったり、「戎座」の床机でひと休み
させて貰ったり、マンションの階段に腰掛けたり、その内 泣き
くたびれたか寝だしたが
、自分のしゃくりあげる「ヒクッ」や、
角を曲がるトラックの「ピ、ピ、ピ、左に曲がります」で目が
覚めてまた泣き出したり・・・

「戎座」から出てきたご婦人が“ネンネ”に気づかず、「可愛い
ね!」
と相手になってくださって起こされたり・・・

ブンちゃん人生は長いぞ!
まだまだいろんなことが待ってるよ!

幼稚園に通いだして「二人旅」もままならなくなったモンちゃん
これまた“母親っ子”でまだ言葉も歩くのも未完成のカンちゃん
共々「ばあちゃん」も大いにお父さんやお母さんと一緒に楽しま
させてもらうわね。
a0052666_21472280.jpg

そのためにも、いつも「元気」に頑張らなくてはね!!
by kokko48513 | 2009-04-22 21:49 | 孫 5人 | Comments(0)

帰国すると、すぐにまた行きたくなるのが「海外旅行」

今回の旅は3カ国の内2カ国、チェコとオーストリア
以前に足を踏み入れたことのある国。

ハンガリーは全く初めての国だったが、何か人懐こくて
すんなりととけ込めたブダペストの街。
a0052666_110681.jpg

帰って来てから「ガイドブック」をじっくりと読み直したら、
巻末の「遊ぶノウハウ」の中の見過ごしてしまいそうな
“ナイトライフの注意点”に・・・

【ナイトスポットからの帰途は、必ずタクシーや深夜
バスを利用しよう。(中略)特にブダペストのナイト
スポットは治安がよくない一人歩きは絶対避けること
a0052666_1112910.jpg

ひとりで歩き回ってたわよ! 危険地域に踏み込んでは
いなかったと思う。全く危険は感じなかったもんな・・・

あまりに堂々としてて、「在住日本人」にでも見えていた
のかな? 
でも、次からはどこの国でも気をつけましょう!
a0052666_1123293.jpg

ガイドのエリザベートさんが、ヨーロッパで「付加価値税」
が一番高くて、ホームレスが急激に増えていて、入場料などが、
ここ1年以内に2度も値上がりしている国は「ハンガリー」
以外にないでしょう・・・とおっしゃっていたな・・・

今から大きな変貌を遂げるのが「ハンガリー」という国で、
今が一番大変な時なのだろう。
a0052666_1153289.jpg

チェコ・オーストリア・ハンガリー共に、他にも行きたい場所が
まだまだあって、今回のそれぞれの街もいまだに網羅できて
いない。


「もう一度訪ねたい街リスト」に入れておこう!!

『楽しい旅』をありがとう!! 感謝、感謝!! またね!
by kokko48513 | 2009-04-21 01:14 | 旅のつれづれ | Comments(0)

今日は朝から「子宮頸がん検診」と先日の「健康ドック」
引っ掛った「循環器科の受診」に出かけていて、先程帰宅して
パソコンのスイッチをオン。

Yahooのニュースで目にとまり、「YouTube」で何回見せて
もらったことか・・・
a0052666_168580.jpg

見るたびに自然に涙が出てきて頬を伝う。
先日の「旅」でも感動する場面は度々あったが、テレビで、
人の歌声でこんなに感動させてもらったのは久しぶり・・・

〈抜粋引用〉
【ロンドン16日AFP=時事】英国のオーディション番組に
出た47歳の冴えない感じのスコットランド人女性が、見事な
歌いっぷりを披露して世界中にセンセーションを巻き起こした。
a0052666_1684542.jpg

動画投稿サイト「ユーチューブ」では16日までに、この女性
のビデオクリップが1200万回以上も再生され、クリップを
見た米女優デミ・ムーアは感動のあまり涙したほど。さっそく
録音契約の話が持ち上がっているという。
 
この女性はスコットランドのウェストロージアンで慈善事業の
ボランティアをしているスーザン・ボイルさん。
a0052666_1692122.jpg

先週、グラスゴーの会場で行われた番組では、歌う前に舞台裏で
「『ペブルズ』という名の猫と暮らしているの。結婚したことは
ないし、キスしたこともないわ。大勢の聴衆の前で歌いたいと
思っていたの」と話したボイルさんだが、いざステージに登場
すると、その冴えない様子に客席からは忍び笑いが漏れた。
(中略)
審査員のピアース・モーガン氏は「この番組を3年やっているが、
疑いなく最大の驚きだ。歌う前はみんながあなたのことを笑って
いたが、今はもう誰も笑っていない。すごいことだ
」と絶賛。

PA通信によると、別の審査員サイモン・カウエル氏は録音契約に
向けて動いているという。

a0052666_1695121.jpg
 
番組が民放テレビのものだったためか、英国ではライバルのテレビ
局がボイルさんのことをあまり取り上げなかったのに対し、米国の
CNNテレビやサンフランシスコ・クロニクル紙、オーストラリアの
ヘラルド・サン紙などはこぞって報道。また、映像クリップを見た
デミ・ムーアは「涙が出た」とネット上にコメントを寄せた。

ボイルさんが歌ったのと同じ歌は英国でシングルのヒットチャート
入り
をしたそうだ。 〔AFP=時事〕(2009/04/17-01:47)
(後略)
a0052666_2055345.jpg

と、ある。
先程覗いた時は、再生回数はすでに3200万回以上になっていた。
今も増え続けていることだろう・・・

テレビ報道番組でもやりだした。
もっと凄いことになりそう・・・
a0052666_16101877.jpg

「人を見た目で判断してはいけない」と、いうことだろう。

世界の人たちを目ざめさせたスーザン ボイルさん
あなたは素晴しい!  ありがとう!!

【画像は〈YouTube〉よりWinShotで借用】

まだの方、「YouTube」を一度覗いてみてください・・・
素晴しいですよ!!

《蛇足ながら、胸部レントゲン、丁寧な超音波・心電図と先生の
診察の結果、循環器科受診は“通常の生活に何ら支障なし”で、
ホッ!》

by kokko48513 | 2009-04-20 15:56 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

18日土曜日、病院ボランティア仲間3名とパソコン仲間
レディスABC3名に私、プラスで二組ご主人が加わって
計9名で読売旅行の日帰りバスツアーに参加。

中型マイクロバスで総勢19名プラス添乗員Uさん。
私たち以外はすべて“二人組”

行き先は、まず刈谷市の「スタミナ刈谷」でランチバイキング
の食べ放題。
蚕小屋を移築、改修した建物という。
a0052666_1026287.jpg

焼肉・寿司・麺類・お好み焼・サラダやお惣菜・デザートもタップリ。

焼肉も焼き野菜が種類も量もふんだんに用意されて、1時間と
いう制限つきだが、少食のAさんやYさん共々お腹イッパイ
頂いた。

お腹イッパイ状態で、次の半田市・市野園芸へ「イチゴ狩りの
食べ放題」


さすが、大食漢の私もちょっと「まいった、参った」
立て続けにそうそう食べられるものではない。

イチゴ「章姫」の甘味が期待はずれで、大きくて赤いものも
「どうも・・」といったところ。
早々にバスに戻る。
a0052666_10271831.jpg

次は30年ほど前に亡夫の親兄弟親族で出かけたことのある
「常滑(とこなめ)陶磁器会館」へ。

街の地図を片手に、煙突や土管・壷が自然に街にとけ込んでいる
窯元の点在する散策路の坂を上がったり、下りたり・・・

ツアーは時間に追われるところがあり、1時間ではゆっくり
立ち並ぶ店を覗くこともままならない。

あっという間に出発時間。
a0052666_10301644.jpg

最後、今日の一番の楽しみにしていた三重・長島町なばなの
に4時到着。

滞在時間は1時間半。 忙しいぞ!

壮大な「ベゴニア館」だけで1時間程かけてしまって、メイン
イベント「花ひろば」のチューリップを“見て撮って”は
駆け足、駆け足!
a0052666_1031387.jpg

お見事というほかなし!! 展望台からの眺めが
素晴しい!!

「ちびまるこちゃん」もチューリップと他の花の色を使って、綺麗に
描かれている。
a0052666_1038589.jpg

ベゴニヤ館の“喫茶コーナー”“お花の売店”が閉店していた
のが、とても残念! 読売さん、コース見直して・・・!!

まだまだ見頃。
日曜・ゴールデンウィークは大変な賑わいになるだろう。
a0052666_1032997.jpg

予想通り「1000円“悪”効果」で渋滞にも巻き込まれたが、暑い
くらいの上天気
に恵まれ、怪我もなく無事に20:30すぎ宝塚
駅前に帰着。

また、“良い旅”を見つけて行きましょうね!!

「ひとり旅」も良いけれど、みんなで「ワイワイ、がやがや」
もまた楽しい!!
a0052666_10325636.jpg
by kokko48513 | 2009-04-19 10:35 | 旅のつれづれ | Comments(0)

4/1(水)モーニングコール 7:00、ホテル 8:30出発。

今日が観光をする最後の日。
昼食後には「ブダペスト」での自由行動が待っている。
a0052666_14333390.jpg

まずは「英雄広場」へ。
「国立西洋美術館」もあるが、まだ開館前で広場は閑散
としている。

ツアーとしての集合写真を撮る機会はないので、皆さんに
相談して、折角の“一期一会”、ガイドのエリザベート
さんにも入ってもらって、12名で記念写真撮影

添乗員のMさん、みんなのカメラを一手に預かり大忙し。
a0052666_14411084.jpg

次は「聖イシュトヴァーン大聖堂」へ。
入場前に近くのギフトショップに案内され、30分ほどの
買い物時間。

綺麗な刺繍の民芸品や陶磁器ほか、ほしいものはイッパイ
あるが、お値段が結構高くて手が出ない。
これ以上、荷物が増えるのもいやだし・・・
a0052666_14425077.jpg

“記念”娘・息子・自分用に1枚ずつ、刺繍と縁にレース
編みを施した25センチ四方の小さなのを購入。
1枚 8.2ユーロ。 今、壁に貼り付けて飾っている。
a0052666_14441059.jpg

賑わいだしたブダベストで一番大きな大聖堂へ。
ハンガリー建国1000年を記念して、約50年の歳月をかけて
造られたネオルネサンス様式の教会

「聖なる右手」と呼ばれる初代国王、「聖イシュトヴァーン」
の右手のミイラ
が祀られているが、撮影は遠慮する。
a0052666_14451782.jpg

いよいよ「ドナウ川」を渡って“ブダ地区”へ。
a0052666_1447533.jpg

まずはレースのベールをまとったような、ネオゴシック様式の
「マチャーシュ教会」
へ。
残念なのは現在“改装工事中”で、全貌を見られなかったこと。

1867年、ハプスブルグ家のフランツ・ヨーゼフ1世と皇妃
エルジェーべト(エリザベート)の戴冠式
が行われたところ。
祝典で演奏されたのは、リストが作曲した「戴冠ミサ曲」
a0052666_1447567.jpg

続いて、「漁夫の砦」へ。
ハンガリーの遊牧民族のテントに似たとんがり屋根が特徴で、
名前の由来は、以前“魚市場”があったとか、漁師が街を
守っていたとか・・・諸説あるらしい。
展望台からの眺めは素晴しい。

最後にドナウ川の眺めの中でここからの眺望が一番!と言われる
「ゲッレールトの丘」へ。標高235メートル。

道端でカードを使って“トトカルチョ”をやるおじさん3人
a0052666_14505459.jpg

あろうことか、淡路のMさん(妹)が首を突っ込んで行こう
したらしく、添乗のMさん「お願い!やめて!!」と必死で
止めている。

私もひと言。「あなた海外初めてじゃないでしょう? ネギカモ
じゃない。心配かけたらダメよ!」
「ごめんなさい」って。

街中へ戻り、最後の〈ランチ〉。 このあと解散!!

いつものように、地下鉄で『一日乗車券』1550フォリントを購入。
日本円で800円ほど。これでバスやトラム、トロリーバス・郊外電車
(市内のみ)乗り放題。

検札をしていたいかつい男性が、親切に「自販機」の使い方を
手伝ってくださる。 感謝、感謝!

日本と違い、買った時間から24時間使用可能で、私のは明日4/2
の13時過ぎまで使える。 その時分、私はもうここにはいない。
a0052666_1457324.jpg

「リスト記念博物館」「工芸美術館」「国立西洋美術館」
17-18時には終わるので、この3ヵ所を先に済まそう・・・と右往
左往。

「西洋美術館」のとてつもない広さ。
入館料が何段階にも設定されていて、全部回るチケットを購入

どの館でも設定されていたのが、入館料とは別に【撮影】をしたい
場合のチケット。


「リスト」など入るのが800フォリントなのに【撮影代】は1000
フォリントも取られる。 

今回はどこも頭と心にとどめて、自分だけの『思い出』にする。
a0052666_1522841.jpg

あとは地下鉄とトラムで縦横無尽に20回近く乗っただろうか・・・

街の広場に賑やかに繰り広げられる“露店”や“カフェ”
“ショップ”
を楽しみ、フォリントが足らなくなって街角の両替所へ飛び
込んで、2000円だけ交換してとってかえしたり・・・とか。

夕焼けに映える「王宮」「くさり橋」を脳裏とカメラにおさめて
おきたくて、トラムでポイントへ。
a0052666_14583389.jpg

その後もあちこちの繁華街を楽しんで、ホテルへ帰り着いたのは
21:30過ぎ。


添乗Mさん始め、皆さんにご心配をかけたらしい。
ごめんなさい。 ありがとう!

この街、元気な間にもう一度“ゆっくり”来よう!!
by kokko48513 | 2009-04-17 15:02 | 旅のつれづれ | Comments(0)