<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨日30日は息子「モン・カン父さん」の誕生日。

わが家の定番、いつもの焼肉「あしん花の道店」に予約。

18時からの予定で、産科医から安静指示の出ている「ブン母さん」ひとり
置いてけぼりで行くつもりが、「モン・カン父さん」建築設計の仕事の関係で、
日曜も打ち合わせが2件入り、19時からに変更で、この時点で20時すぎには
“おねむ状態”になる「ブンちゃん」も置いてけぼり決定。
a0052666_23491862.jpg

「ブン母子」の食事を早い目に作り、私はバスで宝塚駅まで。
少し早めで『阪急百貨店』をブラブラとウインドウ・ショッピング・・・

マンションからの近道を、運動がてら、いつものように30分余りを歩いて
降りてくる「モン・カン一家」を待つ。

19時5分前、車で仕事先から帰る途中の息子から緊迫した声の携帯電話。

『母子3人』で、マンションを一緒に出て、「カンちゃん」を乗せたバギー
を押して、下の道まで斜行エレベーターで降りるという「母さん」に、
「階段でおりる!」と、いつもよくやるように、今日は真っ暗なのに横の階段を
ひとりで降りた「モンちゃん」。
a0052666_23502788.jpg

「モンちゃん」の方が下へ先に着いてしまって、遅いエレベーターが後になり、
待っていられなくて、「お母さんがいない。」で、歩きだしてしまったらしい。
これは、あとでわかったこと・・・

「母さん」、バギーを押して下に着いたが、そこに待っているはずの「モン
ちゃん」
がいない。呼べど叫べど応答がない・・・という状況で息子
(父さん)に電話が来て、息子がその状況を私に電話をしてきた次第。

真っ暗な階段の途中で誰かに誘拐されたのか・・・「モンちゃん」今頃
どうしてる・・・悪いことばかりが頭に浮かぶ。

息子も急いで帰り、夫婦で探すがいない。
a0052666_23515484.jpg

私「警察に届けなさい!」、息子「わかってるわ!」

胎教に悪いと思いつつ、わが家にいる娘(ブン母)にも報告。
「警察に届けたの?すぐに届けないと・・・!!」

わが家から息子宅(いずれもマンション)は眼下に望める位置。
ベランダから娘が見下ろしたら、公園や周りの木立、建物周りに、すぐに
いくつもの懐中電灯が右往左往していたらしい。

「あしん」さんには事情を言ってキャンセルをして、私もすぐに帰ろうと
ただ、しっかり者の「モンちゃん」のこと、考えられないことだけど、万に
ひとつ、ここまで辿り着くことも考え、しばらく店前で待機・様子を見て、
顔を知ってもらっているお店の方に「モンちゃん」確保と私の携帯への
連絡
を頼みきびすを返した。

駅のタクシー乗り場に行こうと、店前で待ち合わせの時にいつも現れる宝塚
駅側のエスカレーター
で下へ降りようとして一歩踏み出しかけて、ひょっと
して・・・と見下ろした向かい側の歩道に、3-4人の大人に交じって、
信号待ちをするどう見ても「モンちゃん」、まぎれもなく「モンちゃん」
姿を発見!!
a0052666_23531252.jpg

大声で「モンちゃん!、モンちゃん!!エスカレーターで上がってきなさい!!」
と叫んでいた。

「モンちゃん」泣きもせず、「お母さんにはぐれたから歩いてきたの。」
泣きながら抱き締めていた。
「暗いのに、遠いのに一人できたの?ちゃんとここ迄来られたの偉いわ!」

下り坂だが、大人でも20-30分はかかる距離、人家の無い暗い道、中国道
の下の暗いトンネル、国道176号線を跨ぐ陸橋。いくつかの信号もある。

「5才で夜道を一人で歩いてきたのもすごいし、道を覚えているのも凄い。」
と、「モンちゃん」の0才からの成長を見て下さっている“あしんのお兄さん”
にもおほめの言葉を頂いた。

「怖くなかったの?」
「ちょっと怖いとこあったけど、大丈夫だったよ」
「誰か、何か言ってこなかった?」
「後ろから一回だけ何か言われたけど、一生懸命歩いてきたの」
悪い人に出会わなくて、本当に良かった!

ただし、親の到着を待つ間、「あなたのやったことは凄いけど・・・」と、どん
なに皆が心配したか、「あなたのことを大好きで、大事、大事と思っている者が、
万一の時、どんなに悲しいか・・・」
を順々と諭す。変な自信にならないように。
a0052666_23555037.jpg

夜中、お風呂に入りながら、「ありがとうございます。」をくりかえしていた。
神仏のご加護か。もしもの時、こうはしていられなかったもの。

この40分ほどで、どれだけ命の縮む思いをしたことか・・・

いまだに解決しない『いくつもの誘拐事件』、ご家族の心境をこんなに身近に
感じた事はない。
ご心中お察しいたします。いつの日か無事に解決しますように・・・

「あしん」まで、二人のお巡りさんが出向いて下さって、詳細調書をおとりになり、
「捜査のために、手すきな署員に総動員をかけて全部集めました。」と、
ありがたいお言葉。 感謝!感謝!!

恐るべし5才3か月!
無事だったから良いけれど、「モンちゃん」もう懲り懲りだよ。
by kokko48513 | 2011-01-31 23:54 | 孫 5人 | Comments(1)

昨日27日は、私達の幼稚園の“音楽発表会”

宝塚・阪急清荒神駅の前にある『ベガ・ホール』でやったのよ。
大きな舞台で本格的よ!!

12:00からと14:45の二組に分かれて、私達は12:00から。
a0052666_1101044.jpg

おばあちゃんも「ブンちゃん」を連れて来てくれたの。
【E-14】の前の席の良いところへおばあちゃんが坐って、お仕事の
合間に来てくれたお父さん、お母さんと「カンちゃん」は自由席の後ろ
の方の席に並んで座って観たの。

「ブンちゃん」もおばあちゃんと離れて「カンちゃん」と一緒に座って
いたんだって。
「おばあちゃんば(は)?」て何度も聞いたらしいけど、その声が前の
おばあちゃんに聞こえて、前から手を振って、見えたら安心してちゃん
と最後まで「カンちゃん」達と見ていたんだって。 かしこいね!

年中組“あじさい”の私達は“ひまわり組”と一緒に、最初は合唱で、
「ヤッホー・ホー」と「君を乗せて」、2回目はピアニ―奏で「ミッキー
マウスマーチ」、合奏で「DAYDREAM BELIEVE」、全部で4曲やったのよ!

a0052666_11914.jpg

毎日一生懸命練習してたから、「とっても上手にできたね!」って誉めて
貰ったの。 嬉しかった!!

終わった後、清荒神から電車で宝塚駅まで行って、「ソリオ」の“グルメ・
ロムレット”
で遅めのランチをみんなで食べてバスで帰ったの。

ベガホールでも、駅でもソリオでも「カンちゃん」「ブンちゃん」の面倒
をよく見たねって、また誉めて貰ったのよ!
a0052666_21535345.jpg

「ブンちゃん」バスに初めて乗って大喜びしていたのに、途中でネンネして
しまったの。 小さいから疲れたのよね、きっと。

私たちはおばあちゃんより、ふたつ手前でバスを降りて、「バイ、バイ!」

「ブンちゃん」起きなくて、バスを降りる時、高校生のお兄さんにバギーを
持って降りて貰ったり、降りたところで、通りがかったおばあさんにバギー
を開いて助けてもらったり、「感謝、かんしゃ!」「有難いね!!」って、
おばあちゃん。

私は全然疲れなかったわよ!!
緊張したけど、じょうずにできてとっても楽しかったよ!!
a0052666_21542446.jpg

by kokko48513 | 2011-01-28 21:56 | 孫 5人 | Comments(0)

16日、三重・「なばなの里」からの帰り、伊勢湾岸高速上で雪による7時間の
立ち往生から、17日の朝に帰り着いて宝塚駅前「ワシントンホテル」でIさん
と朝食を摂ったまでは良かったが、2/24出産予定の娘が体調を崩して、
「ブンちゃん」のお守りに。

その日の受診で、切迫流産の危険があり、即、“入院”か“自宅での絶対安静”を指示
され、その足で「ブンちゃん母子」を自宅へ連れ帰った。

あと10日~2週間前後は持ちこたえてほしいが・・・
a0052666_010525.jpg

いろいろ目白押しだった予定は次々とすべてキャンセルして、あちこちに迷惑も
かけているが、これも致し方のないこと、お許しあれ。

2/4は仁左衛門さんが見たくて松竹座のチケットを買ってあるが、これも多分
行けそうにない。この辺りなら大丈夫だろうと手配したんだけど・・・
a0052666_10164100.jpg

2才2か月の「ブンちゃん」、まだまだすぐに母親に「だっこ」を要求するし、
甘えもする。

すぐに「ブンちゃん、もうすぐお姉ちゃんになるのよ」が口癖だがまだまだ幼い。
おしゃべりは達者、大人顔負けのことも言う。
a0052666_011687.jpg

母親に負担をかけないためにどこへ行くにも「ブンちゃん連れ」。
また、ヤマハの「幼児教室」にも月2回通い出していたので、甲子園まで先週、今週と
お供をして一緒に歌ったり、踊ったり、行進したり・・・若返る!

ひとり暮らしだと、洗濯や掃除も何日分かをまとめてやったり、食事も、忙しかったり、
面倒だったりすると手抜きで済ませたり・・・なんて結構適当にやっていたのが、ここ
10日間はまじめに“主婦業”に取り組み、71才にしては結構ハードな“ばあちゃん
業”
もまじめにこなしている。
あっという間に一日が過ぎていく。
a0052666_0112786.jpg

このまま、『お産』に突入するかもしれないが、今は聞き分けのある「ブンちゃん」が、
「お母さん」がいなくなった時にどんな状態になるか・・・ちょっと心配

「ブンちゃん」「お母さん」と「弟」のために頑張ろうよ!!
by kokko48513 | 2011-01-27 00:19 | 孫 5人 | Comments(0)

ネッツトヨタに車を修理に出していて、ナビの付いていない軽自動車
代車に借りている。

今日は伊丹と西宮に初めて尋ねるお宅があって、いつものように「ナビに
住所を打ち込めばいいわ!」
なんて簡単に考えていた。
a0052666_22253615.jpg

昨夜になって、ハッと気が付いた。
借りている車は“ナビ”が付いていないじゃない!
えらいこっちゃ!!
最近は“ナビ”が付いているから道路地図も買っていない。

今朝になって、GoogleやYahooでどちらがわかりやすいか・・・と比較して
プリントアウトしたものを片手に「ブンちゃん」と走り出した。
a0052666_22261110.jpg

おっと、ただ今出産予定2/24の「ブン母さん」、まだひと月以上あるのに、
切迫早産の危険あり・・・と診断されて、産科院長の強い指示で、『母子』
わが家に帰省して1/17から絶対安静静養中

話戻って、今日は参った、参った!
現代人(誰もがじゃなかろうが・・・)いかに『現代文明』に毒されているか。
a0052666_22271423.jpg

昔はどこへ行くにも、高い道路地図を必ず1冊車に乗せていた。
車を止めて首っ引きで進む道を探し、それでも迷ったら、近くの店や民家に
尋ねて辿りついていた。

今は昔の話・・・かもしれないが、“ナビ”がいかに便利で優れているか・・・
を今日ほどイヤというほど思い知らされたことはない。

探して尋ねて、同じ所をグルグル回ったりして、何とか2軒のお宅に辿りついて、
あとは西宮の「おじいちゃん、おばあちゃん」にも会いに寄って、夕方帰宅。
a0052666_22273558.jpg

ちょっと、疲れた一日だった・・・
a0052666_22284982.gif

by kokko48513 | 2011-01-22 22:28 | 孫 5人 | Comments(0)

1月16日(日)、今冬一番の寒さになるという予報の中、宝塚駅10:00
出発で、読売旅行日帰りツアー「なばなの里ウインターイルミネーションと
長島温泉ランチバイキング・湯あみの島」
に病院ボランティアとパソコン仲間
6名で参加

天気は出発時点は晴れ!
新名神を進むほどに滋賀県辺りから周りの風景が“雪景色”に変わってくる。
最初の休憩場所「土山SA」は周り一面真っ白の銀世界
足元に気をつけながらトイレへ・・・
a0052666_22583353.jpg

まずは、昼食場所の長島温泉「ホテル オリーブ」へ。
手前のスパーランドも真っ白で人影も無く、アトラクションも動いていない。

「ホテル オリーブ」のランチバイキングはなかなか良かった。
和洋中40種類、食べ放題、飲み放題(アルコール類は個人払い)。
味もよく、種類も豊富、ご飯ものやデザートも品数多く、茹で蟹もあって、皆
「美味しい、おいしい!」と時間いっぱい、お腹いっぱいいただく。

次は一旦バスに乗って、すぐ近くの「湯あみの島」へ。
すぐ隣のアウトレット「ジャズドリーム長島」のクーポンブックも付いて、
時間的に忙しいが、欲深く“買い物も温泉も”で、まずは「ジャズドリーム」へ。
というのも、14:15に着いて、この日は丁度『水前寺清子さん』のショー
12:00と15:30の2回予定されていて、すこぶる「ラッキー!!」
a0052666_0314157.jpg

IさんとNさんの3人で大急ぎで連絡通路を通ってアウトレットへ。
冷やかすだけのつもりが入口辺りのショップで引っかかってしまった。
バッグを2点と、チュニックが目にとまり、三人で柄は一緒、色違いの物を購入。
奥までは行かず、「湯あみの島」へとってかえして“タオルや浴衣一式”を貸して
もらい大浴場と露天風呂へ大急ぎ。

湯上りの宴会場では、前座の男性歌手が最後の一曲を歌っていて、『チーター』
の登場には間にあった!

相変わらず“元気な歌声”、容姿の変わっていないのがうらやましい。
師『星野哲郎さん』に貰ったというデビュー曲「涙を抱いた渡り鳥」で幕と
なったが、しんみりする場面もあって、濃密な師弟関係がうかがえた。
45分程の舞台。 さすが大物だけあって、会場は満席。
「チーター!!」の黄色い声が飛んでいた。

再び雪の降り出した中を、本日のメイン「なばなの里ウインターイルミネー
ションとベゴニア大温室」
へ向かう。

降りしきる雪の中、駐車場はバスも乗用車もイッパイ!
a0052666_0323545.jpg

以前にも来ている「ベゴニア館」は相変わらずの綺麗さ。

イルミネーション会場は「冬華の競演」
光のトンネルから、テーマの「富士と海」へ。最後は「虹(レインボー)」のトンネル。
約450万球の壮麗なファンタジー、実にすばらしかった。

ここまでは良かった・・・

18:40に「なばなの里」駐車場を出発
“往きは良いよい、帰りは怖い”の始まり、始まり・・・!読売旅行の営業の関係
だろうが、途中「関S.A」に寄って夕食の『松阪牛の太巻きとお茶』と往路で
車内で注文をとった若干割引のある『みやげ物』を積み込む事になっていて
「関」に向けてまずは「東名阪」を走り出したが吹雪状態。
「通行止め」となり、進路を「伊勢湾岸」に変更。

ここも渋滞で、下道に降りようとした時なぜか動き出してそのまま「伊勢湾岸」
走ったのがいけなかった・・・のかも。
a0052666_0352571.jpg

三重川越と三重朝日の間で立ち往生、全く動かなくなってしまった。
22:00頃には帰着予定が、ここで籠城状態でなんと!8時間!!

給水ボトルを配るパトロール隊の方に聞いてあとでわかったことだが、先頭の
クレーン車が雪でスリップして斜めに止まり、道を遮断したために後続車が
動けなくなったという。

こんな状態で困るのが“トイレ事情”
男性はまだ何とかなるが、女性は何ともいたし方のない状態。

22時頃になって私もそろそろ・・・という状態になってきた。
添乗員さんに言うと、ドライバーさんと相談して、下の荷物を
入れる大きなトランクに入って、掃除用のバケツに受けて
貰っては…という提案。

そんな状態でまともに放尿できるものでもなかろうし、ましてや
トランクを汚しては疲れの大きなドライバーさんがお気の毒。
a0052666_0361096.jpg

ここで私が提案
こういう状態で恥ずかしいとか、格好悪いとか言ってられない。
昔は農道で、今も登山家は草むらで用便することをいとわない。
海外だって、板を渡した便所で縦にずらっと並んで他人のお尻を見ながら
する地域もある。

男性には目をつぶって貰って、後続の車もライトを落としている状態、丁度
センター寄りでその場所は腰高な感じに壁があり、バスの中央の真下に
入れば周りからは死角になる。

「みなさん、いつになったら動くか知れない状態で、辛抱して“膀胱炎”
なっても馬鹿ばかしい、恥ずかしがらないで若い方も順番に、みんなが
交代で両側に立ってガードして“農道のおばさん”状態でやりましょう!」

男性8名、女性23名の客、いつになく若い人も多く、どうかな?と思ったが、
皆さん続いて下さった。

「ペーパーはこの際堪忍してもらって雪に埋めましょう。」
「手はセンターの壁の上に積もった雪で洗いましょう。」


これを動き出す8時間の間に2回
こういう時は“恥も外聞”も無い。
尾籠な話ですみません。
a0052666_0365695.jpg

午前3時前、やっと動き出し、途中「御在所S.A」で休憩。
夕食抜きでここまで、みんなよくぞ頑張った!と思う。
先に走って交渉し、24時間営業の“きつねうどん”を“太巻き”の代わりに出して
下さった添乗員Mさん、ありがとう!
人生71年、今まで食べた“うどん”の中で一番美味しくて暖かかった!!です。

いろいろ機転を利かせてくださった「大上観光バス」ドライバーのNさん、
ありがとう!!

お世話になりました。

日帰りが、1泊2日になって、午前7時半に無事宝塚駅前到着!
印象深い「旅」だった。
by kokko48513 | 2011-01-20 00:37 | 旅のつれづれ | Comments(0)

今日15日、梅田芸術劇場で公演中の「モーツァルト」を、阪急友の会招待
で3階席から双眼鏡を手に夜の部拝見。

モーツァルトとヴァルトシュテッテン男爵夫人はWキャスト。

今日は山崎育三郎さんのモーツァルト、男爵夫人は元タカラヅカトップの
香寿たつきさん。

久しぶりに香寿さんを見たくて申し込んだ芝居。それも女役は初めて拝見。
鍛えられた声と美貌は変わらず、磨きがかかっている

演出は宝塚歌劇団・ミュージカルのヒット・メーカー【小池修一郎さん】
a0052666_056294.jpg

衣装も豪華絢爛。 モーツァルトはいたってカジュアルだったり・・・
舞台の床は黒地に五線譜。
回り舞台は使わず、舞台奥に5つの大小の四角い穴があってそこから大道具
や小道具、役者がせり出してくる。せり出しのその上も舞台になる。

音楽はオーケストラ・ボックスでの生演奏。素晴らしい!

大司教役の山口祐一郎さん、モーツァルト父親役の市村正親さんの両ベテ
ランはさすが、さすがの朗々たる歌唱とお芝居で舞台を引きしめておられる。

ミュージカルの常連・高橋由美子さんはモーツァルトの姉役、元SPEEDの島袋
寛子
さんはモーツァルトの妻コンスタンツェ役でお二人とも頑張っておられる。

味があるのはコンスタンツェの母親役の阿知波悟美さん、好きだわぁ!
a0052666_0562513.jpg

何よりも感心したのは最初から最後まで出ずっぱりの、「才能の化身でモー
ツァルトの影」アマデ役の子役坂口湧久君
(3人で交代出演)の無言の演技。
25分の休憩を含んで3時間15分、唸らせるお芝居をする。
将来が楽しみな可愛い小学生。

舞台の上の役者さんは総勢36人。フィナーレでなぜか涙が出てきた。
3度のアンコール。 20:15に終演。

千秋楽は25日、感動を味わいにどうぞお運びを・・・
by kokko48513 | 2011-01-16 00:56 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

ウェスティンホテル東京稲本潤一さんと田中美保さんがデート、来店した
情報をホテルの アルバイト従業員がtwitterで暴露したというニュース。

ホテルマン(宿泊・サービス業関係の人間)としてあってはならないこと。
絶対にやってはいけないこと。


一番に求められるのが「顧客の守秘義務」。

私もかつて、ヤマハ時代の鳥羽国際ホテルの大阪営業所勤務や、職場
結婚の後は、現地で予約係として勤務していたが、どんなことがあって
「お客様の秘密は絶対に守る・・・」ということが鉄則
a0052666_2358167.jpg

これができない人間は、正社員は勿論のこと、パートであれ、アルバイト
であれ、ホテルマンになってはいけない!
『客商売』にかかわってはいけない!!

ウェスティンホテルはアンドレアス・トラウトマンスドルフ総支配人名義
で謝罪したというが、謝って済むものではない。

今、もの凄く腹が立っている。
a0052666_012069.jpg

こんなことに使うような「ツィッター」を考え出した人間にも腹が立つ。

多数の「タイガーマスク」出現・・・のニュースに、『世の中捨てたもの
ではない!!』
“ほんわか”としていたが、先だっての大桃さんや麻木
さんのもめ事にしろ、今回のことにしろ、【大事な理性を失わせてしまう】
「ツィッターなんか消えてしまえ!」とはらわたが煮えくり返っている。

パソコンは大好きだが、煩わしさが先行するであろう「ツィッター」は死ぬ
までやらない!!
と、心に決めている。
a0052666_024982.gif

世の中、進みすぎるというのは『考えもの』か・・・
by kokko48513 | 2011-01-14 00:03 | 雑記帳 | Comments(0)

西宮「十日戎」へ・・・

昨日10日、昼食をとった後、「モンちゃん」「ブンちゃん」宅へ。
一緒に近所の「西宮神社・十日戎」にお参りするつもり・・・

月曜は「カンちゃん」プールの日で一緒に行けない。
朝の電話で打ち合わせの時も、出かける時も後を追ってすさまじい泣き方。
ご近所さんにすれば、『虐待』しているのでは・・・と思われるくらいに、すごい
泣き方をする。
a0052666_152010.jpg

プールには「モンちゃん」は喜んで行くが、「カンちゃん」はスタート時点
で、担当をして貰った年配の女性インストラクターの方が相当厳しかった
らしく、毎週泣かれて困っている様子。

新しい環境に、それも慣れない『水』にこわごわ入っていく2才や3才の子
を教える人は、水が、泳ぐことが好きになるように上手に指導してほしい。

そんな「カンちゃん」を置いてけぼりで走り出し、近づくと案の定、渋滞中。
14時頃に着いたが、最近の「ブンちゃん」、昼食の後必ず“昼寝”をする
習慣があって、それも2時間くらい寝ていることも多いらしい。
a0052666_1193935.jpg

昨日もやはり寝たばっかりで、車を置いて「モンちゃん」と二人でお参りに。

が、露店の出ている「えべっさん」の前の道に曲がったら、10メートルも
進まない内に、車をストップしている大通りも歩道も人の壁で全く前に進んで
いない。


9日も例年に比べて、異常な人出だったらしく、お参りをあきらめた人が身内や
友人にいたらしい。

「この辺ウロウロして、お参りはあきらめよう」と、二人で横の道に出ている
露店を回る。
a0052666_163276.jpg

毒々しい色のリンゴ飴やチョコトッピングのバナナ・苺等をほしがるが「これは
駄目!」
、イカ焼きとフランクフルト、ベビーカステラを買って、寒い中、坐り
こんでおやつに分け合って食べる。

今までは何も買わずに済んだが、5才ともなるといろいろ耳打ちしてくる。

“暖”を求めてエビスタ・阪神へ。
スターバックスも他の喫茶もいつもと違って、長い行列!
女子トイレも長蛇の列で30-40分かかるらしい。

携帯に電話が入り、「ブンちゃん」が目を覚ました・・・の連絡。
一旦帰って用を足し、4人で出直すがやはりお参りは何時間かかるかしれないので、
あきらめて、露店を冷やかし、商店街でいつもの「甘酒」を今年も頂いて阪神へ。
a0052666_17924.jpg

どこもかもが凄い人出と長蛇の列
夜の食事を買い求め、今年の「十日戎」は遠いところから手を合わせておしまい!

世の中不景気で、『神頼み』をする人が例年より多くてこんな雑踏になったのか。
どうか『上向き』の少しでも暮らしやすい世の中になってほしい・・・と念じる。
a0052666_184812.gif

by kokko48513 | 2011-01-12 22:05 | 孫 5人 | Comments(0)

1/7は「モン・カンちゃん」「ブンちゃん」宅へ、前日買ってきた鳥羽国際
ホテルの“チーズケーキ”を届けに・・・

「ブンちゃん」、私たち到着寸前に“昼寝”に入ってしまい、起きだすまで
「キッザイル」でしばらく遊ばせてもらって、起きだしてから「エビスタ・
スターバックス」
で待ち合わせて、『3従姉妹』、年の初めの顔合わせ!
a0052666_155528.jpg

1/8は、2011年の初芝居、「イッセー尾形さんのひとり芝居」を梅田
サンケイホールブリーゼで19:00から・・・

相変わらずの“面白さ!!”

同級生に恋される女子中学生あり。ビートルズ“命”の片田舎の男の話。銀座三越
リニューアルオープン
に出戻り娘の帽子を物色に来た、友達と待ち合わせ中の
高齢婦人のやりとり。

教授会の面接を受けにいく老教授の朝のホテルダイニングでのトースターを
巡っての葛藤。キャッチ・コピー会社の女性の職場へテコ入れに入った男性
の微妙な立場。帰省中の孫を相手にする「薪割り爺ちゃん」の河童やミミズや
焚火の焼き芋の話。
a0052666_174221.gif

いつもの「天草五郎・フミ」兄妹の完結編。の、つもりが結局、完結ならず
「続く・・・」になってしまった。 
イッセーさん、客席と一緒になって楽しそう! アドリブ出る、出る!!

最後は、流れ流れて北海道のキャバレーでウクレレ片手に大好きなシャンソン
を披露する67才の「ひとみちゃんのショータイム!」 幸あれ!!
これは、まだ北海道だけで公演されたもの。 以上8演目、面白かった!!

お芝居を観る前に、ひと足伸ばして、先日WEB予約をしておいた「USJ」
年間パスポート
を引き取りにJRで“ユニバーサルシティ”へ。
a0052666_1233151.jpg

USJに入る前に、「鶴橋・風月」のお好み焼きをビール片手に頂いて、久し
ぶりで美味しかった!

15時を回っているのに『チケット・ブース』も『ゲート』も大変な行列
15時以降入場は、通常6100円が「トワイライト・パス」4500円で購入
できるせいもあってか・・・

折角来たんだから、「モン・カン」一緒だと入れないアトラクションにでも・・・
と、ウロウロしていたら、どれも待ち時間の長い中、昨年新登場の「スペース・
ファンタジー・ザ・ライド」
の60分待ちが、“シングル・ライダー”だと待ち時間
30分というのが目に飛び込んできた。
a0052666_162874.jpg

二人乗りで、奇数のグループがあると1名加えて貰えるというもの。

「よし!これに乗ろう!!」

父親と来ていた小学生兄妹に加えてもらって、 20分ほどで乗せて貰えた。

弱った太陽を救うために、地球から飛び立つ宇宙船に乗る。
ストーリーにつれて変わるスピードと共に、スピンが加わり凄い迫力。
何回も乗っている兄妹はエンジョイしているが、一瞬、目をつむる場面もあった。

身長制限もあるが、これは「モンちゃん」でもまだ怖がるだろうな・・・
また、「ひとりUSJ」で楽しみに来よう。

梅田に戻り、「イッセーさんのひとり芝居」へ・・・
by kokko48513 | 2011-01-11 01:13 | 孫 5人 | Comments(0)

昨日6日、前日になって急遽相談して、三重・大紀町の施設にご厄介になって
いる亡夫の父親「モン・カンちゃん」の大爺ちゃんを訪問。

「カンちゃん」低血圧かい?
8:30までには出発予定が、「モンちゃん」以下みんなは準備OKなのに
「カンちゃん」だけが起きだしも悪くて、朝食も車にパンを持ち込んで、何とか
9時に出発!! 

息子の車は最近“7人乗り”の大きいのに買い替えていて、やはり『楽!』
往復とも息子の運転で、丁度12時間、21時に帰宅。 お疲れ様!
a0052666_1245286.jpg

96才、周りの人たちに「絶対100才まで生きられるよ!!」と言って貰って
いるらしい。 私もそう思う。 「白寿」祝いをしようね!

先だって、白内障の手術をして成功はしているが、この目だけが細かい字や手許
のもの
が見えないらしく、私達の送った年賀状も見えないという。

これは“年”からのもので、「メガネを替えても駄目、いたしかたない」と先生
に言われれているらしいが、寿命が延び、医学は進んでいるというのに実際そう
なんだろうか?


三重県内に実の娘やその子(孫)もいるのだが、我われ遠いのと、息子の仕事も
超多忙で年に数回しか行けないが、顔を出すととても喜んでくれる。

豊中在住の義弟夫婦が毎月顔を出して世話を焼いてくれている。有難い!

沢山いる孫の中で「モンちゃん」の名前はすらっと出てくる。 うれしいね。
a0052666_1252869.jpg

道中、雪がちらついたり、道が凍っていたり、帰りはずっと『雪』の表示が出ていて
除雪車も4-5台連なって走っていたり・・・

「無料化社会実験区間」もあって、ウイークデーながら、往復ETCで通行料合計
6000円程
で行ってこられた。 ありがたい!

往路は施設のそばにある「大内山牛乳」に寄って買い物をし、帰り道、私の元職場
「鳥羽国際ホテル」に寄って、名品“チーズケーキ”を買い、お決まりの伊勢通町
「さし汐」に寄って“うな重”を頂き帰ってきた。 おいしかった!!

「モンちゃん」ホテルでは、以前のように「お泊りしたい・・・」と耳もとで囁いたが、
「また、今度ね・・・」
by kokko48513 | 2011-01-07 12:05 | 孫 5人 | Comments(0)