あと一週間、11/7が千秋楽で気になっていた宙組公演。

今日月曜は、13時からの1回公演日。

2階最後列、当日B席からの観劇。
満席ではなく、前に空席が見られた。

終わって出てきた、初めて観劇したらしい若い男女のグループの女性が、
「めっちゃ良かった!!」と仲間に感想を言っていたが、ほんに、ミュー
ジカル「クラシコ・イタリアーノ~最高の男の仕立て方~」も、ショー・
アトラクト「Nice Guy!!~その男Yによる法則~」
もなかなか良かった。
a0052666_2175475.jpg

大空祐飛さんの演技は切れが良い。
二番手、凰稀かなめさんも引けを取らないだけの歌・踊り・芝居3拍子
揃った男役さんだ。

ナポリの仕立て職人師匠の専科・汝鳥伶さんが渋く舞台をひき締めている。

何年か前に行っているイタリア・ローマやナポリが舞台の芝居で、見なが
ら次々となつかしい風景が浮かんでくる。

ショーは衣装も相変わらずカラフルで豪華絢爛
「Nice Guy!!」、その名の通り、格好いい男、出来る男がテーマです・・と
作・演出の藤井大介さん。
a0052666_2182744.jpg

スカッとして、明るさと元気をもらって劇場を後にした。

ただ、最近のタカラヅカで気になるのは、男役トップと共に若い娘役トップ
も一緒に辞めていく
のはどういうことか・・・

10/25、月組のトップ霧矢大夢さん(17年目)の退団発表があって、まだ
7年目の娘役トップの蒼乃夕妃さんが今日31日に同時退団を発表した。

この現象が最近続いている。
使い捨てではあるまい、息の長いトップを育てなければ・・・・・
by kokko48513 | 2011-10-31 21:08 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

2002年1月、娘と二人で初めて「北京」に個人旅行で出かけたときに、
それまではフィルムカメラを使っていたが、枚数に限りがあり、思い切って、
ちょっと高めのCANONの“コンパクト・デジカメ”を買った。

カメラ屋さんに「出始めで狙われないようにしてください」なんて言われ、
実際、繁華街“王府井”でスーツ姿の男が親切そうに「2人で撮ってあげ
ましょう・・・」
なんて近づいてきて、毅然と断って難を免れた事がある。
a0052666_204275.jpg

それ以来、メーカーは一度他の物を使ったことがあるが、調子が悪くて
それ以外はいつもCANONしか買わないことにしている。

昔人間で、カメラと言えば「CANON」という固定観念を持っている。

ただ、あの一眼レフの重量を思うと「絶対にいや!」「年はとるばかり。
体力も持たないし・・・」「海外にあんな重いの持っていけない!」など、
死ぬまで“コン・デジ”で行こうと思っていた。

が、先だっての『奥信州』の旅で、曇り空の写真が、折角のすばらしい紅葉
なのに白っぽく撮れてがっかりしたり、その前の「モン・カン」の運動会
では、この年で運動場を走り回って撮っているのに、アップが撮れなかったり、
かけっこも2-3枚、それも端っこに後姿で・・なんてことになり苦々しい事
この上なし。
a0052666_20482584.jpg

娘婿が「“ミラーレス”ならちょっと値段は張るけれど、画素数や性能も良く
て、コンパクトだからいいのでは・・・」と、アドバイスをくれていた。

昨日、店舗改装で在庫一掃“店じまい”上新電機宝塚中山店に名刺カードを
買いに行き、ちょっと覗いたカメラ売り場。

CANONは“ミラーレス”という名称の物は出していないが、それに「匹敵
するものです」
という、『EOS Kiss X4』が目に飛び込んできた。
「Made in Japan」 我らの年代、これにも弱い。

残り2台。内1台は店頭展示の物。
「エエィ!買ってしまえ!!」
a0052666_2043491.jpg

望遠広角レンズもついて、店頭表示価格128000円の50%引き!

ケース②や保護用のレンズ②など、すべて20%引き
トータル67000円で手に入れた。

衝動買いもいいところ・・・
明日から贅沢やめて“お茶漬け”でしのごう・・・っと。

今日29日は、朝から使用説明書と首っ引き
いろいろと面白いし楽しい!!

SDカードも1枚買っておこうとさっき行ってきたが、展示品も売れたらしく
ショーウインドーのこれのコーナーは空白だった。
a0052666_2058292.jpg

コン・デジに比べるとやはり重い!
これ持って、来月「チュニジア」に行くの大変だろうな・・・
by kokko48513 | 2011-10-29 20:49 | 雑記帳 | Comments(0)

10/27(木)、午前中に梅田・阪急百貨店で2件用事を片付けて、13時から
大阪・上本町7丁目東の「ホテル アウィーナ」で、午前の『日本病院ボラン
ティア協会総会』
に続いて開催される「病院ボランティアのつどい」に出席する。

北は北海道から沖縄まで、年一回の全国各地の病院ボランティアが集う会。

この会で、“1000時間”に到達したものだけが表彰されることになって
いて、全国累計病院ボラ3544人のうち、今年は232名が1000時間
到達という。
a0052666_11214218.jpg

被災地岩手県から参加のTさんの「東日本大震災についての話」もあり、今も
なお奮闘される現地の皆さんの様子に胸が痛む。

15時からはミニコンサート「コール・フィリオ」の皆さんの演奏と「里の秋」
や「ふるさと」ほかみんなで合唱の予定になっていたが、残念ながら、17時
から宝塚の美容院に予約を入れていて、ここでそっと退去する。
a0052666_11244418.gif

美容院を終わったのが19時をはるかにまわっていて、夕食をとってから帰る
こととして、逆瀬川近くの食堂へひとっ走り。

ここで“イヤなもの”を見てしまった。

カウンター・テーブルの席で食べていた私と同年代の男性、食事が終わって、
キャッシャーの人から持ち帰りで「ご飯1人前」を受け取り、セルフになっている
ナイロン袋にそれを入れた後、横にあった「お箸」台から、なんと!大きな手で
20膳位づつ3度も掴み取って袋へ入れている。
a0052666_11253561.jpg


「泥棒!」と叫びそうになったが、見た目、ちょっと近づかない方がいいような
男で、それはやめた・・・が、他人ごとながら腹が立つ

「さもしい」というか、「卑しい」というか、気分よくきていた一日の最後
イヤなものを見てしまった。

『売る』つもりかい?
『人間としての常識』、マナー、ルールを守りましょうや!!
いい年してさ! 情けない!!
by kokko48513 | 2011-10-28 11:26 | 病院ボランティア | Comments(0)

10/24(月)、午前、午後、夕方からと三つの予定のある実に忙しい1日だった。

午前は京都・妙心寺兵庫第1部支所の秋季定期巡教で、西宮各寺の檀信徒
代表4~5名ずつが上鳴尾町の観音寺に集まった。
a0052666_19261272.jpg

8時過ぎ、「ブンちゃん」たちへの信州みやげを持ち忘れて走り出し、10分
ほど走って気づいて取りに戻り、先に娘宅に届けたまでは良かったが、お寺
を出た時点では上鳴尾町への“ナビ”の到着予定は9:40

10:00開始なので「丁度いいわ!」と甲子園に向かって走り、すぐ近く
まで来ていながら、いたる所“一方通行”でナビの「ゴールマーク」が遠く
なったり、近くなったり
、何人もの人に聞いたが「観音寺」をご存知ない。
a0052666_18374065.jpg

グルグル走って、結局着いたのは『般若心経』読経中の10:05。

今回の講座の講師は岐阜・正覚寺の足立宣了師。

本年度テーマ「目覚める」~人間の尊さにめざめ、自分の生活も他人の生活
も大切にしよう~


妙心寺開祖白隠禅師や達磨大師のお話、心温まる素晴らしい法話を伺うこと
ができ、気持ほっこりと再び「ブンちゃんケイくん」の顔を見に娘宅へ。
とはいえ、午後の予定が差し迫っていて、30分足らずで退去
a0052666_18392052.jpg

10月が年度替わりの「宝塚市立病院ボランティア」総会が13時からの予定
で、最初のプログラム1時間予定の“交流コンサート”はパスさせていただく。

14時からの“開会の言葉”が始まる前には余裕で到着。
ドア越しに「大阪フィルハーモニー交響楽団」四名の方のアンサンブルも3曲
聞かせていただき、またまた心ほっこり・・・
a0052666_18401223.jpg

7年前に始めた“病院ボランティア”、毎週水曜の午前中の3~3.5時間
積み重ねが『1000時間表彰』に到達したそうで、4000時間や3500
時間
ほかの方たちと共に記念品の盾と賞状をいただく。

1000時間なんて、まだまだ・・・ボラ開始当初からの27年間に及ぶIさん
の4000時間の奉仕には頭が下がる。
a0052666_18405121.jpg

こちらも、最後の各担当部門に分かれてのミーティングはあとの予定の都合で
パスさせてもらい、車を置きに一旦自宅に戻り、準備しておいた1泊分の荷物
持って再び家を飛び出しバス停へ。

中学時代の級友ほか、今回は11名参加の親睦会「すみれ会」、他の10名は
すでに三宮に11時に集合して布引の滝や北野界隈散策のあと、今日の宿「シー
パル須磨」
でくつろいでいるはず。

阪急電車とJRに乗り継いで最寄駅「須磨海浜公園駅」へ。
徒歩8分、みんなが待つ宿へ17:45到着
a0052666_1842495.jpg

18:30からの宴会は豪勢だった。
今回の世話役Nさんがすべて手配してくれていて、ビールやお酒と共に食べきれ
ないくらいのおいしい料理の数々・・・

二次会はカラオケルームに移り、22:30まで懐メロをみんなで歌いまくる。
カラオケはずい分久しぶり、年と共に声が出にくくなっている。
声が出ないのは、たっぷり呑んだビールのせいもあるかも・・・
a0052666_18424670.jpg

大浴場は23時まで。
一日の疲れを落として0:30就寝

2日目は、これもNさんが綿密な予定を立ててくれていて、宿のマイクロで神戸
ハーバーランド
まで送ってもらい、ここを起点にモザイクからメリケンパーク、
ポートタワーや大震災モニュメント
、その間に「港めぐり」の船にも乗り、ここ
ラッキー!なことに“豪華客船・飛鳥”がわずかな時間の寄港の姿にばったり!

「飛鳥」のスィート・ルームで世界一周をすると2千万円かかるという船のガイド
のアナウンスに皆「うーん!!」
a0052666_18432216.jpg

タグボートに曳かれて押されて出ていく「飛鳥」に“さようなら”・・・

大震災の時のまま、一部保存されている神戸港「大震災モニュメント」には、灯台
もと暗しで今回が初めての訪問。
ビデオを見せてもらっていたら、また涙が出てきた・・・
a0052666_20484958.jpg

11名がゾロゾロとキャリーもひいてまるで『おのぼりさん』状態。

中華街から元町、生田通りの昼食場所「ミュンヘン」へ。
ここもNさんお勧めの場所で、列ができるという“唐揚げ”をおつまみにこの場で
醸造のおいしい生ビールと赤ワイン、たっぷりの“プレート・ランチ”をゆっくり
時間をかけてワイワイガヤガヤと楽しく美味しくいただく。
a0052666_18435853.jpg

他の10名は京都まで帰る人たち。
15:30三宮で、12月伏見・大手筋で開催予定の“忘年会”での再会を約して
みんなと別れて阪急で宝塚へ帰宅。

元気なればこそ、気持に余裕があればこそ・・・
お金はないが、なんとかなる・・・“奥信州旅行”に次いで、忙しい二日間だった
感謝、感謝、大感謝!!

71才、心おきなく昔に帰って「・・・ちゃん」で話せる友のあることにも大感謝!!
a0052666_203451100.jpg

by kokko48513 | 2011-10-26 18:45 | 雑記帳 | Comments(0)

地元“宝塚”では警報も出て大変な土砂降りの天気になっていたらしいが、
10/21朝、7:45に宝塚駅前を出発して、22日21時前に帰着する
まで、1日目は天気良好、2日目も「鏡池」だけ若干小雨に降られたが、
大したこともなく、今回も我ら“晴れ女”のほぼ勝利に終わった旅だった。
a0052666_1918815.jpg

久しぶりのボラとパソコン仲間合同での旅で、行きたくても予定があって
いけない人もあり、6名で参加した。

読売旅行1泊2日の旅、「奥信州 高瀬渓谷・戸隠鏡池・松川渓谷の紅葉
めぐり2日間」

a0052666_4462210.jpg

バスの定員いっぱいいっぱいの47名参加で、添乗のSさんと48名の道中。
ひとり参加3名、ご夫婦がわがグループNさん夫妻をいれて10組
あとはほとんど熟年~シニア女性グループ

初日は高速をひた走って、まずは松川渓谷「八滝」へ。
約200メートルの落差を八つの滝壺を辿りながら落ちるという、遠目から
鑑賞の滝。
a0052666_4465538.jpg

次の「雷滝」はその轟く音が雷の如し・・・という。
珍しく、滝の裏側から眺める滝で、その迫力はすさまじいものがある。
まわりこんで、表からの眺めも素晴らしい!
a0052666_4471981.jpg

宿泊は志賀高原熊の湯ほたる温泉「一望閣」
この地では珍しいらしいが、乳白色の濁った硫黄泉で、夜と朝の二度入らせて
いただいた。
a0052666_449531.jpg

いかにも“スキー客”専門のホテルといった感じで、設備もサービスも過剰に
期待してはいけないようだ。

前回の三朝温泉が余りにも良かっただけに、料金が16,800円という安い
設定では贅沢は言えないのかも・・・
a0052666_44884.jpg

2日目も走って、走っての一日で、7:40にホテルを出発して、戸隠神社中社
へ参拝。最近はやりの“パワースポット”で有名らしい。

奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り立っている、霊山・
戸隠山の麓を中心に創建された、二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社。
本殿前に見事な「御神木」がある。
a0052666_4485226.jpg

ここを出て、鏡池へはバスや一般車両の乗り入れが禁じられていて、ジャンボ・
タクシーに分乗しての移動となる。
一般客にはシャトルバスもでている。

池の到着と前後して小雨がパラパラと来て、傘をさしての見物となったが、大した
こともなく済んだ。
ただ、「鏡池」の名の通り、戸隠連峰を鏡のように水面に映すということは雨足に
邪魔されてすっきり見られなかったのがいささか残念なこととなった。
a0052666_451562.jpg

横川駅の「峠の釜めし」で有名な、「おぎのや」長野店で自由昼食。
「釜めし」は本店から輸送されてくるとのこと。 おいしかった!

午後は再び大移動で、黒部ダムと上高地に挟まれ、七倉ダムから上には許可車両
しか入れない、手つかずの大自然が残る秘境、自然石8万個6年余りかけて
積み上げたロックフィル式のダム、大きさでは黒部に次いで2位だが、発電量は
日本一という「高瀬ダム」
へ。
a0052666_21225995.jpg

七倉広場から、「東京電力」指定のタクシー12台に分乗して15分くらいで上まで
案内してもらう。
これも来週で終了するらしい。
a0052666_4525081.jpg

40分しか時間を取ってもらえなかったが、1.2キロのトンネルを通って、烏帽子
に至るという吊り橋の“不動沢橋”をゆさゆさとみんなで渡って引き返す。

まだ晴天までとはいかないが薄日もさして、周りの紅葉の素晴らしいこと!

みんな、満足、満足!!
a0052666_4533376.jpg

ピストンで乗客を送り迎えのタクシーの迎えを受けて“七倉広場”へ戻る。
個室4か所しかないトイレは数珠つなぎの行列。

並んでいるのはもったいない。
紅葉の激写や、珍しい黄色のポストを見つけて撮影に精出すひと時。
土曜日の昨日も案内所は閉まっていたが、黄色のポストは、不在の時に
「登山者カード」や「計画書」を投函するためのもの。
a0052666_501157.jpg

あとは一路帰るのみ。
途中で宝塚が大変な雨模様になっているというニュースが入ったが、帰り着いたとき
にはすっかり雨もやみ、ラッキーこの上なし

渋滞もなく、6時間足らずひた走って、21時前に無事帰着。
今回も楽しい旅だった!!
a0052666_21173097.jpg

総走行キロ1300キロ程だったそうで、皆さま、お疲れ様でした

また「良い旅」探しましょっ・・・と!!
by kokko48513 | 2011-10-23 05:02 | 旅のつれづれ | Comments(0)

皮肉にもモンカン幼稚園運動会、曇天と時折の小雨の中強行の15日の
後、16.17日のお天気のいいこと。

16日は一日、家の中で過ごしたそうで、17日は15日土曜の代休
a0052666_122197.jpg

「USJか動物園に行こうか・・・」と、「モンちゃん」に電話で連れ出しを
計ったら、この間、行こうといって行かなかった西宮の「お船の公園に行き
たい」
という。

それでは「ブンちゃん」も誘おうと電話をしたら、昼前から夕方まで、告別式
や初七日法要で忙しく、ブン母「ありがたい。助かるわ!」の返事。
a0052666_11432454.jpg

10:50「モンカンちゃん」を迎えに行って出発、昼前「ブンちゃん」
乗せて、まずは「“ららぽーと”でお昼ごはんを食べてから公園に行こう」と
走り出す。

“ららぽーと甲子園”のフードコートで「何を食べようか・・・」
「モンちゃん」のオーダーで「おばあちゃん、今日はラーメンと餃子にしよう」

ラーメン2人前、餃子も2人前を取り分けて、さすがに「モンちゃん」は下の
二人とは食べる量も違って、ラーメンもお代わり、餃子も追加して「ご馳走さま」
a0052666_11483899.jpg

カンブンちゃん」も時間をかけてマイペースで「みんな食べたよ!」
ただし、「ブンちゃん」は餃子を敬遠して、ラーメンだけ。

「ここのキッズパークで少し遊んでから公園に行こうか・・・」
3人とも大賛成で、喜んで走っていく。
a0052666_11505878.jpg

「モンちゃん」が最年長で、他の小さい人も遊びの輪の中に入れて、賑やかに楽し
そうにマット遊びやにらめっこ、すべり台などの遊具で遊びまくり、他の親御さん
から感謝されている。

14時までタップリ遊ばせてもらって、甲子園浜の船の公園「鳴尾浜公園」へ。
a0052666_115799.jpg

公園は近所の人たちでにぎわっていたが、有料駐車場は今日はガラガラ。
公園までの途中に相変わらず、“路上生活者”が住みついている場所がある。

シートを敷いた何組かの母子連れのグループが、世間話に花を咲かせている。

モンカンちゃん」は平気なすべり台を「ブンちゃん」はまだ怖いようで敬遠し、
そのくせ、同じ角度の横のザラザラの青いスロープを何度もすべり降りている。
a0052666_11493872.jpg

ちょっと怖いような船の先端「モンちゃん」は平気で上がり、他の2人も前回と
違って、介助なしでどんどん上がっていく。

他にもここはいろいろな遊具があって、何時間でも遊んでいられる。
一緒に遊ぶも良し、大きい人、小さい人それぞれに遊べる場所があるのがいい。
その分、こちらは目も身体も忙しいけれど・・・
a0052666_1152979.jpg

今日は「カンちゃん」「おばあちゃん、海の音が聞こえてるみたい・・」と言い、
初めて国の鳥獣保護区になっている南側の「甲子園浜」へおりてみる。

「きれいね、大きいね」と、打ち寄せられた貝殻拾いが楽しそう。
「モンちゃん」貝とゴミとで顔を砂浜に作り写真に収めたが、大きなマット状の物
をはじめ、情けないほどの生活ゴミが流れ着いている。
a0052666_11525248.jpg

海をきれいに、川をきれいに、自然を大切に・・・
ひとりひとりが肝に命じないといけないことを「孫たち」に諭したけれど、わかって
くれたかな・・・

a0052666_19212734.jpg

3時間ほど遊ばせてもらって家路についたが、3人とも遊び疲れたか、走り出してすぐ
熟睡状態に入ってしまった。
a0052666_11535275.jpg

良い夢見なさいよ!!
a0052666_11542683.jpg

by kokko48513 | 2011-10-18 11:57 | 孫 5人 | Comments(0)

13日夜、娘から電話。

「お母さん、明日予定入れている?」
「16時から歯科通院予定だけど、変更してもいいよ」
a0052666_0552638.jpg

住職の父親は京都での仕事のために外出で、仕事用の軽自動車のタイヤ交換
自分が車屋さんに出かけるという。

で、14日は午前中からブンちゃんケイくん」のお守りに・・・
外は雨、2人を相手に「ブンちゃん」メルちゃん遊びや鉄棒で逆上がりの練習
・・・など。
大きく重くなっていて、助けるのも大変! 汗が出る。腰に来る。
a0052666_10394911.jpg

「ケイくん」はおもちゃをたたきつけて、こちらがびっくりするのが面白いらしい。
大仰にびっくりすると、「カラカラ」と大声をあげていっしょに笑う。
ジャングルジムの階段も自分で上がろうとしたり、ピアノの前に座らすと嬉しそうで、
鍵盤をあけると両手でパンパンとたたいて音が出ると喜んでいる。
a0052666_1040281.jpg

お姉ちゃんとピアノの合奏、というより、たまたま音が出ているだけ・・・だけど。

2人が同時に眠くなってきて、むずかる「ケイくん」はおしめを替えて、ダッコで
子守唄を歌ったら、コトン!と瞬間にネンネした。
a0052666_0474112.jpg

「ブンちゃん」もその子守唄を聞きながら、自分で「眠いわ」とお布団に横に
なり、「ケイくん」片手に、空いた左手でトントンしていたらすぐに寝付いてくれた。

それぞれに、日に日に可愛さが変化して楽しい限り
a0052666_10405962.jpg

話変わって、「モンちゃんカンちゃん」は15日が幼稚園の運動会

前日からの雨が夜明け前に止み、空はまだ暗いが、1時間遅れで開始すると園からの
連絡が来て、予備の16日に延期だろうと思っていたので、あわてて準備にかかる。
a0052666_10415812.jpg

昼食弁当の準備は母さん担当、私はデザートのフルーツ担当
a0052666_105743100.jpg

年少組「カンちゃん」が初めての運動会に相当緊張しているようで、表情がかたい!
それでも「かけっこ」と「お遊戯・ひかりのシャワー」よくできました!!
a0052666_10425034.jpg

お母さんとの「なかよし体操」は表情もやっと自分のものになっていた。
a0052666_10455559.jpg

年長組「モンちゃん」は出番も多く、プログラム2番で始まる「マーチング3曲・
“Rocky”“海の見える家”“ダンシング・クイーン”」
は例年花形で、「よくこれ
だけ仕上げたものだ」
と、感動してウルっときてしまう。
a0052666_10464081.jpg

ちょっと不得意な「かけっこ」、「組立体操・心をひとつに~海への冒険~」と
「パラバルーン演技・Under the Sea」
の二つも圧巻!!
a0052666_10474437.jpg

先生方のご苦労も大変なものだろう。
a0052666_10513030.jpg

順位をつけるのがいけないとか、危険が伴う組み体操などは敬遠する園・学校が多く
なっているらしいが、人生には順位はつきもの、危険を感じてこそ回避する方法も勉強
していくのが成長過程で、避けて通ってなんとする?
と、思う。
この点はなかなか良い幼稚園に通えたと感謝。
a0052666_10481925.jpg

途中で何度か“パラッ”と来たりしたが、私たち祖父母の「玉入れ」、母親の8人で
縄跳びリレーをする「大縄ワッショイ」、父親のトーナメント式の「つなひき」など、
プログラムも予定通りにすべて終了し、昼食もみんなで美味しくいただいて、今年の
運動会は無事終了
a0052666_10554673.jpg

撮った写真は5時間で330枚、コンパクトデジカメを手に会場の小学校の校庭を
走り回っていた“ばあさん”は私

来年は「モンちゃん」が小学校、「ブンちゃん」も幼稚園が始まる。
宝塚に西宮、益々忙しくなるぞ!! 
a0052666_10485016.jpg

大小4~5病息災で、元気に頑張ろう!!
a0052666_11151125.jpg

a0052666_1050575.jpg

a0052666_0335381.jpg

by kokko48513 | 2011-10-16 10:52 | 孫 5人 | Comments(0)

昨13日、松竹株式会社が運営する歌舞伎の公式ウェブサイト『歌舞伎美人
(かぶきびと)』
がメールで届いた。

新着ニュース一覧8項目の中のひとつに、先日来マスコミをにぎわせていた
「平成24年新橋演舞場「六月大歌舞伎」~初代猿翁・三代目段四郎五十回忌追善、
二代目猿翁・四代目猿之助・九代目中車襲名披露、五代目團子初舞台」
の記事が
あった。
a0052666_20483215.jpg

それぞれの長いコメントの中から一部分だけの抜粋だが、わがブログに記録
してとどめておこうと思う。

師匠猿之助さんが倒れた後、愛弟子・市川右近さんを筆頭に若手の人たちが今まで
一丸となって必死で守り、継承してきた『猿之助歌舞伎』、『スーパー歌舞伎』。

今後、以前見た右近さんの「ヤマトタケル」や「小栗判官」他・・・はもう見られ
ないのだろうか・・・と、心配になるのは私だけではあるまい。
これはファンにとってはとてもさみしく、悲しいこと。

師匠猿之助さんや松竹の皆さんに血の通ったあたたかいご配慮をお願いしたい・・・
a0052666_20493067.gif

以下は『歌舞伎美人』からの一部抜粋。

市川段四郎さん
「私は初代市川亀治郎の名で初舞台をいたしたものですから、息子が猿之助を
襲名すると聞き、僕では大きく出来なかった名前を二代目亀治郎を名乗る息子が
大きくしてくれたのにと、何か寂しい思いもいたしましたが、当人の、兄の家の芸を
継いで行きたいという意志を汲みますと、襲名はこれから本人が成長する上でとても
大切なこと、今は頑張ってもらいたいと願っております。」

市川亀治郎さん
「猿之助という名前は、私にとりまして神様にも等しい憧れの名前ではありますが
、私の中では亀治郎という名前にも強い愛着がありました。しかし、伯父の希望
を継ぐ事が恩返しにもつながるのではという思いから襲名を決意するに至りました。
これからは、猿之助四十八撰、スーパー歌舞伎、さらにはものの捉え方や見方と
いった澤瀉屋の精神をも受け継ぎながら、諸先輩に教えていただいた芸を守り、
さらにそれを破る"守・破・離"を備えた役者になりたいと思っています。」

香川照之さん
「この度九代目として市川中車を襲名させていただく事になりました。
今年で46歳、歌舞伎の世界とは無縁に過ごして参りましたが、私の中では
140年にわたり続いている家系を、私、そして政明という長男がいながら、
継いでいかなくてはよいものだろうかと、ずっと自分に問うて参りました。

 私自身、今回の襲名を考えるようになったのも、やはりどこかで夢見る力、
父の言葉ではありませんが「天かける心」という精神が私の中にあるからでは
ないかと感じております。20年以上商業演劇、映像の世界にはおりますが、
本当に歌舞伎はゼロからの出発となります。多くの方にご迷惑をおかけすることに
なるとは思いますが、少しでも歌舞伎のためになれるよう、努力して参りたいと
思っております。」

市川猿之助さん
「猿之助という名前は、私の曾祖父が明治4年に名乗って以来、140年間、1日も絶えた
ことがありません。わたくしも祖父から想いを託されて、三代目を襲名いたしました。
その想いを、今度は亀治郎に託すことにいたしました。猿翁という名前は、祖父の
イメージが強いので、老年の印象がありますが、私は、これからも健康に留意して、
古典からスーパー歌舞伎まで、命ある限りエネルギッシュに仕事をしてゆきたいと思って
います。」
by kokko48513 | 2011-10-14 20:50 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

10/13、午後から久しぶりの神戸行き。

三宮「こくさいホール」で15日まで公演の『平成23年度 松竹特別公演
「松竹喜劇まつり」』、藤山直美さんがゲストに田村亮さんを迎えての
お芝居「お祭り提灯」と、おなじみ「大阪ぎらい物語」の2本。

「阪急友の会」招待をひきあてて3階席3列目から双眼鏡を手に拝見。
a0052666_224661.jpg

1本目「大阪ぎらい・・」は幕が開いたとたん、「あっ、これ前に見てる
やん」
と気がつく。 3回目だ。
それでもやはりおかしくて大声出して笑ってしまうし、ほろりと涙が出て
しまう。

ゲストの田村さんは2本目の「お祭り提灯」だけに出演され、わずか40分
ほどのお芝居。

25分の休憩をはさんで、2本全部で2時間半あまり
a0052666_233394.jpg

アンコールの幕が上がると、中央にひとり丁稚姿の直美さんがおられて、
「私たちにできることは芝居で皆さんを元気づけることしかない。北海道
から始まって、被災地仙台でもやり、3月の鹿児島での打ち止めまで皆さんに
少しでも明るい気分になってもらいたい。『大阪ぎらい・・』は50年前、
『お祭り・・』は100年も前からのお芝居、ゲスト出演の田村さんに感謝」
と、元気な声を張り上げての長いご挨拶だった。

18:35終演。

センター街をぶらぶら抜けて元町へ・・・
折角の神戸、「夕食はビーフン料理が食べたい!」と、出てくる前から決めて
いて、センター街では見つからず、中華街へ。

南京町の広場に差し掛かったところで、客引き中の娘さんと目が合い、「お宅
ビーフン料理あります?」

見せて貰ったメニューに“焼きビーフン”の文字。これでGO!!
a0052666_251573.jpg

狭い横町に入った「超超」という小さい店。
1階はカウンター8席ほどと調理場、2階にも何組か案内されていた。

表にいた娘さんと「お母さん」が何とか日本語が分かる程度で、“従業員は家族”
らしいが、すべて中国語が飛びかう会話で、20才前位の若い方の娘さんが全く
日本語が通じない。
a0052666_24945.jpg

「焼きビーフン800円、シュウマイ(3個)380円」をおともに生ビール
500円を2杯呑んで「ごちそうさま!!」

途中、他の人に出す“唐揚げ”1個を「お母さん」がにっこりとビールのつまみに
サービスしてくださった。 有難う!!

調理に時間が少々かかったが、野菜を切るのも注文を聞いてから、焼いたり炒めたり
もすぐ目の前で手際よく進み、退屈もせず、味もなかなか良かった

シャッターの下りている店が多かったが、高架下の商店街も久しぶりに冷やかして
ぶらぶらと阪急電車の三宮駅まで。
ガード下の商店街を「ピアザ神戸」というのを初めて知った。
a0052666_254657.jpg

「そごう」の前フラワーロードを挟んで西側の「マルイ神戸店」へ阪急やJR三宮
側から連絡橋がついているのも今回発見。

ずい分のご無沙汰か、『おのぼりさんだ!』
by kokko48513 | 2011-10-14 02:05 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

10/10からの「阪神」とのホームでの3連戦。

3位か4位かで大変な違い・・・

安打数は上回っているのに、いつもながらのあと1本が出なかった、不甲斐ない
初日の試合
はテレビに向かって怒鳴りまくっていたが、2日目、3日目の連続
サヨナラの勝利ゲーム
、次代を担う若き藤村君、「良くやりました!!」
a0052666_1239233.jpg

昨夜の内海さん、完投147球の熱投、あなたが大きく見えました。

延長10回での代打「由伸君」、藤川さんに追い込まれてからの見事なサヨナラ・
スリーラン!
たまりませんね!!

鳥肌が立ちました。 こうでなくっちゃ!!
a0052666_12395683.jpg

キャプテン阿部さんも頑張っているけれど、あなたも『ジャイアンツ』を引っ張って
いかなければならない大事な人!!

明日からはトップに立った「中日」との3連戦

ここが正念場!
最後まであきらめず、全員一丸となって、『勝利』を奪い取れ!!
a0052666_12403036.jpg

投げる人が完璧に投げて、打つ人が適材適所で必ず打つ!
これしかない!!

頑張れ! 巨人軍!!
by kokko48513 | 2011-10-13 12:40 | スポーツ関連 | Comments(0)