ずい分ご無沙汰したものだ・・・

自身のブログで、「遊びに来て・・・」という、人恋しいYさん。

2001年から西宮・パソコンスクール「ABCネット」の同じクラス
で机を並べた仲間、阪神沿線大石駅前にあるサービス付き
高齢者向け賃貸住宅「タドコロハウス」に昨春から暮らすYさん
を訪ねてIさんと共に車を走らせた。
a0052666_0265697.gif

Oさんも一緒に行く予定だったが、風邪をひいたひどい声でIさん
に連絡が入り、高齢者の我らにうつしては・・・と前々日に辞退。

夕方までゆっくりする予定だったが、向かっている途中で娘から
電話が入り、西宮阪急ガーデンズで15時に合流し、買物の
あと、お舅さんが「一緒に夕食はいかが?」と言って下さっていると
いうので、昼食の後少しだけお喋りをして、私だけ先に退去する
ことにした。
a0052666_032756.jpg

Yさん、最近は朝食と夕食はハウスで用意されたものをとり、昼食
は近所のスーパーで好きなものを買ってきて食べているという。

何を食べようか・・・」

ハウスではナマモノは出ないと言うので、前回と同じすぐ近くの
六五寿司 大石店」で“上にぎり定食”1250円を頂く。

87才と12/23で75才(私)と70才の我ら3人。
a0052666_0335827.gif

ハウスではパソコンをやる人は今も他にいないらしく、ブログも時々
更新しているYさん、干支は同じ卯年で「12年経った時、そんな
風にしていられるか自信ないわ。それより死んでいるかもよ。
オリンピックまでだって生きていられるかどうか・・・」と私。

その話を笑って聞いていた「六五寿司」の店主ご夫婦が「お若く
見えますね
」と感心される。

部屋に戻り、Iさんがパソコンをチェックして、設定を替えたり
しながら持参のドリップ・コーヒーと羊羮(変な取り合わせ)を
お供にとりとめのない話に花が咲く。
a0052666_035401.jpg

以前は旅行も観劇も勉強会もいつも参加していたYさん。
その当時のようには戻れないが、こんな風に暇を見つけては皆で
楽しい時間が再々持てれば最高なんだけど・・・

あっという間に時間は経って14:20

もっとお喋りしたいYさんだが、「早くいかないと15時に間に
合わないよ!」とIさんにせかされて、心を残して退去した。
a0052666_0362754.gif

ブンケイコウ」母子と西宮ガーデンズ駐車場で合流して、
2時間余りの買物の間、玩具売り場で3人を遊ばせて、お寺に
戻り、あちらは3世代7人と私の8人で賑やかに夕食を頂く。

“私”が加わり、いつもとは様子が違い、3人のテンション
上がる、上がる!
a0052666_0494333.jpg

車でビールは頂けないが、「ご馳走さまでした!!」
by kokko48513 | 2014-11-30 00:50 | レディス・ABC | Comments(0)

コウくん」の絵本「のりもの」、フロントにも届いていなくて、
昨日の病院ボラを挟んで、思いつく場所を二日半探しまくり
やはりどこにも無かったのが、今朝、掃除機をかけていて
ついに発見!!
a0052666_1655798.jpg

這いつくばって何回も覗きこんでいた重いソファの下、思い
きって「ヨッコラショ!」と動かしてみたら、「あった!!」

この掃除機をかけている時、うっかり飾棚の上に置いていた
コウくん」に折られた『木彫りの水牛』の角を吸い込みそうに
なって、「ドキッ!

早くボンドでくっつけよう・・・
a0052666_16275119.jpg

実は、同じ年頃の「ケイくん」が泊った時、すでに足を折られ
いた曰くつきの満身創痍『水牛』

そういえば、「ブンちゃん」もこの年頃で博多人形の『花嫁・
花婿』
のめでたい人形の『花婿さん』を割っている。
花嫁さん』がひとり淋しく本棚に座っている。
a0052666_1714562.jpg

姉弟揃って、わが家では“前科持ち”。

冷蔵庫に張り付けていた旅の思い出の“マグネット”が気にいって
いじりまくっていた「コウくん」、その内、なにか大ごとやらかし
てくれるだろうな・・・今も行方不明のマグネットいくつもあり。

のりもの』明日、持っていくからね・・・

a0052666_17225723.jpg

by kokko48513 | 2014-11-27 16:29 | 孫 5人 | Comments(0)

昨24日から今朝も、これ以上探すところはない!という“家探し”
奮闘中
!!

それは、「コウくん」今、一番お気に入りの絵本『のりもの』探し。
23日、1才6カ月の「コウくん」、親から離れて、わが家での
初お泊り”に持参した大好きな絵本

これで被害一件発覚。石垣島在住の思い出の品、“木彫り水牛
角が折れているではないか! 覚悟はしていたが・・・
a0052666_23142938.jpg

連休の2日間、23日は「ケイくん」熱望の久しぶりの王子動物園
へ、「モンカンブンケイ」の4人に加えて、初めて1才半
コウくん」も一緒に連れ出すことにして、娘宅の車に乗り換えて
の“孫とババ6名”での大移動。
(今年9/12(金)には「コウくん」と2人で出かけているが・・・)

年賀状ほか年末年始を迎えるためのお寺の寺務や家事は忙しく、
「みんな連れ出した方が、何かとはかどるでしょう・・・?」と、
モンカンブン」に「ちゃんとケイコウくんの面倒見てよ!」
と約束させて、「お泊りもしたい!!」という4人の希望を入れて
動物園のあとはわが家へ連れ帰って、これも初めての5人揃って
の“お泊り”
となる。
a0052666_0162319.jpg

動物園には順調に着いたが、駐車場に入るのに小一時間はかかり
そうな車の行列。

こんなの並んで待っていられない!と、近くのコインパーキング
探したら、以前停めたことのあるすぐ近くで1台だけ空いていた。
みんなで「ラッキー!!」

コウくん」をバギーに乗せて移動、「モンちゃん」が押してくれる。

動物より遊園地が楽しみな『女性群』、次々と見たい動物の名を
羅列する中でも「“ナマケモノ”は絶対見たい!」という動物優先
の「ケイくん
a0052666_23185950.jpg

「遊園地は今日は三つだけ!」と宣言したが、今まで乗れなくて
指をくわえて見ていた『パラトルーパー』に「モンちゃん」と並んで
乗った「ケイくん」、動くまでは緊張で不安そうな表情をしていたの
に降りて来た時は“喜色満面”、女性群と一緒になって「これ、もう
一回乗りたい
!」と言う。
本日も遊園地の予算はオーバー!!
コウくん」も“メリーゴーランドの馬車”に私と乗りました。
a0052666_23462511.jpg

ランチをとるのが至難の業。
どこも凄い行列で、列に加わるが時間がかかり、5人の様子を見に
行くと、私の姿を求めて泣く「コウくん」に大騒動・・・

レストラン「カレー王子」が、まだ何とかなりそうで、昨夜仕込ん
で『夕食はカレー』宣言をしていたのだが、「続いてもいいよ!」
と皆の“ゴーサイン”で、うまい具合にテーブルも空いて着席。

周りのテーブルの人、新たに入ってきた人が「エッ!?」という
顔で我らのテーブルを振り返る。
a0052666_23194774.jpg

こういう繁忙日はランチは持ち込みに限る!というのが反省点

どこでも大騒ぎで楽しむ4人に、小さい「コウくん」もえらそうに
ついてまわる姿が何とも可愛くて面白い!!
a0052666_23375027.jpg

ケイくん」希望の“ワニやナマケモノ”の建物を出たあと、
遊園地のトイレに向かって移動中、何と!「モン・カン」二人が
行方不明に・・・

いつも通りに2人の名前を呼びまくって、2人も必死で探していた
様子で、遊園地の入口付近で5~6分で見つけたが、「私たちが
迷子になってしまった
・・・」と「モンちゃん
a0052666_23205282.jpg

遊びに夢中で、「コウくん」のズボンが「あれっ?濡れてる」で、
慌ててトイレへ・・・ウンチもしていて大騒動。
が、あったはずのトイレが工事中だったりで、別の場所へ・・・

すっかり着替えてすっきりしたのか、この後バギーで熟睡

ケイくん」希望のライオンほか猛獣棟、パンダも表にも中にも
いなくて、インコなどの鳥たちも見る事が出来なかったが、「また
連れて来てあげるから、今度ね
」で納得してくれた。
a0052666_23522213.jpg

最後に「6人揃って、写真を撮っておこう」と、シャッターをよそ
のお父さんにお願いして「ハイ、ポーズ!」

ひとりで5人も・・・!」という声が聞こえてきて、「ハイ、娘・
息子宅の孫を一人で連れて来ています」と言うと、「凄いですね!」
まわりの他のご家族連れまでが「!!!」と感嘆されている様子。
a0052666_23375463.jpg

冬場は16:30で閉園
最後まで楽しませて頂いて、帰路につく。

一旦、お寺に戻り、荷物を積みこんで“宝塚”へ出発!

帰宅して、夕食をとり、いつも通りに4人で大賑やかに遊び半分の
入浴をして、お風呂を嫌がる「コウくん」は私とさっと入って、
4人の選んだ絵本を順に読み聞かせて、「ブンちゃん」から順に
眠りについていく。
a0052666_23222191.jpg

お布団を敷くのも大騒動で、4人にからかわれて「コウくん」が
潜り込もうと、大喜びで一人前に応戦していた。

モンちゃん」なかなか眠れず、それ以上に「コウくん」眠れず、
私の顔をオモチャにしたり、足で顔を撫でたりしてずい分かかって
寝付いてくれた。
a0052666_23233976.jpg

24日2日目は、大きな「末広公園に行きたい!」という希望で、
朝からは「モンちゃん」リーダーに家の中で次から次とよく遊ぶ。

コウくん」はベランダが珍しく、初めて履く「つっかけ」も気に
いって、なかなか上手に履けないが、少しずつ慣れて大喜び。
が、そのまま部屋に入ってきて、皆を大騒動させている。

冒頭の絵本「のりもの」、私が洗濯を干していた時に手にして出て
きていたのだが、まさか、隙間から下へ落としたとは思えないが、
あとで覗いて確認したが、それらしきものは見えなかった。

手を隙間に突っ込んだりしていたので、一度“フロント”に届いて
いないか確認してみよう。
a0052666_2333847.jpg

物干し竿にやっと手の届く「ケイくん」、自分の家では洗濯物
内干しが多くて、外に干すのが珍しく、私の干した洗濯物に
背伸びをして一生懸命洗濯バサミをいくつも止めて回る。

取り込む時、1枚に5つも6つも止めてあって、「大変だったよ!
本人は、“お手伝い”のつもり・・・
a0052666_1254741.jpg

昼食は、カレーがまだどっさり残っているが、「ケチャップの炒飯
作るよ!」と、食後の果物と共に見事に完食してくれた。

昼食後、上の4人を、「コウくん」昼寝中に前の西公園に送り込ん
で、砂場遊びを楽しんだようだが、「コウくん」の昼寝が長くて、
約束の末広公園には西宮への途中、16時頃に到着。

夕焼け空に照らされて、たくさんの家族連れで大にぎわい。
a0052666_23242362.jpg

小一時間遊んで、暗くなってきているのに、「まだ遊びたい」と
いう5人を促して西宮へ大急ぎ!

18時前にやっと帰着。

コウくん里心なく2日間経過、「ケイくん」も一度もトイレの
粗相はなく、「またお泊りしたい!」という電話が、寝る前の
ケイくん」からかかって来ていた。
a0052666_17162781.jpg

2日間、楽しかったかい? また、おいで・・・
by kokko48513 | 2014-11-25 23:24 | 孫 5人 | Comments(0)

どうしてこんなにイヤなニュースが続くのだろう。
それも、最近のものは関西での事件が多いこと。

茨木の3才女児の事件。22才の義父と19才の母親。
体重が標準の半分しかなくて、解剖の結果、腸にはアルミ箔
や玉葱の皮、どんなにひもじかったことだろう・・・
a0052666_245592.jpg

頭や顔にも痣があり、虐待が日常化されていたらしいという。
母親は自分の母親「おばあちゃん」を今年に入ってから寄せ
つけなかったという。 普通なら考えられないこと。

新潟の事件、これも3才女児を育児にイライラして、橋の上
から川へ投げ込んで殺したという24才の母親。

岸和田市で、4か月のわが子を殺した揺さぶり事件もあった。
・・・ここしばらくわが子への「虐待」の事件が多すぎる。
a0052666_2481787.gif

そこへ、向日市の青酸化合物、あの67才の女の事件。

テレビからこのニュースが流れだし、あの女の声が聞こえて
来るとゾッとして、チャンネルを切り替えてしまう。

もう、流さないでほしい!と思う。

いい年をして、これでも人間か・・・と思えるような、極悪
非道
な事件の様相を呈している。
a0052666_252136.gif

「俺、俺・・・」詐欺は、騙されるのは女性が多いらしいが、
こんな女に騙される男性がどうしてこんなにいるのだろう・・

人間、もっと賢く、やさしくなりましょうよ!!
by kokko48513 | 2014-11-23 02:52 | 雑記帳 | Comments(0)

2014.11.18(火)~19(水)の2日間、火曜は「ブンケイ」の
スイミングの付添い、水曜は病院ボランティアも休ませて貰って
中学(クラス会+アルファ)の「すみれ会」で播州赤穂へ1泊の旅

9名参加で、7名はJR京都駅集合、私は尼崎から皆が乗ってくる
新快速に乗り込み、神戸在住の一人は赤穂駅で合流。
a0052666_12125579.jpg

15:06播州赤穂駅着で、水曜が定休となる『赤穂市歴史博物館
を済ませておこうと、タクシーに分乗して直行。

1階はすべて「赤穂の塩」についての展示物で、2階は「赤穂の城と
城下町」、「赤穂義士」や「旧赤穂上下水道」
についての展示が充実
している。

今日の泊りは「赤穂パークホテル

各室バス付だが、温泉のあるここへきたら、やはり“大浴場”“露天
風呂”“塩サウナ”
に入らないと勿体ない!

夕食前に1回、寝る前に一回、朝起きて1回、計3回入浴
a0052666_12133875.jpg

泊りはすべて洋室だが、夕食は和室宴席を用意して頂き、会席につく
刺し身とは別に立派な“舟盛り”が登場して、海の傍のホテルで
海の幸”をお腹いっぱい、ビールと共に堪能させていただいた。

宴会後は一部屋に集まって、22時ごろまでワイワイガヤガヤと賑やか
賑やか・・・
中学時代に戻って、「ちゃん」付けで話が大いに盛り上がる。

いつも寝るのは「午前さま」だが、こういう時は0時前には就寝する
健康優良児?」となる。

翌朝、6:30起きでひと風呂浴びて、和洋バイキングの朝食を頂く。
これも献立が豊かでお腹いっぱい“健康食”を頂いた。
a0052666_12154599.jpg

9時発で、ホテルから近い県立「赤穂海浜公園」へ徒歩で移動・・・

中にある「塩の国」が目的で、“塩作り体験”もできるが時間の関係で
割愛して、見学・散策だけ。

公園内には「タテホわくわくランド」があり、遊技施設も充実していて
子や孫連れで一日中遊べそうだが、相当な額の“乗り物券”購入の覚悟
がいりそうだ。

タクシーを呼び、「赤穂城址」へ・・・
a0052666_12161684.jpg

もともと天守閣はないお城。
立派な石垣や「内蔵助屋敷跡」、隅櫓の風景を楽しんで駅へ向かう。

明石の「魚の棚」にどうしても寄りたいと言う人がいて、「赤穂」は
今回は駆け足の斜め読みみたいな観光におわっってしまった。

独身時代に行った記憶はあるが、花岳寺や大石神社、本丸庭園、他の
見どころ
ももう一度ゆっくり行ってみたい「播州赤穂」の町だった。

ここは12/14が一年で一番賑やかになる「赤穂義士祭」の日。
今年はこの大事な日に、今になって「衆議院選挙」が飛び込んできて、
市役所以下、大混乱をきたしているとか・・・タクシー運転手の話。
a0052666_1216466.jpg

昼食は明石でとり、「魚の棚」散策と「明石焼き」の店にも入り、
食べるのは初めて・・・」と言う人もいて、これはこれで良かった
のだろう・・・

14:30過ぎの新快速で帰路につき、2/10の京伏見・大手筋での
“新年会”
を約して、今回の“忘年会”を兼ねた「近場旅」1泊
無事に終わった。

二日間とも“晴れ!
子供時代にすぐに戻れる『仲間』というのは、実に良いものだ!!
a0052666_12294244.jpg

by kokko48513 | 2014-11-20 12:16 | 旅のつれづれ | Comments(0)

今日15日は、「ブンケイ」が通う幼稚園の『作品展』の日。

あいにく、九州・大分の親戚に祝い事があって、家族5人で一昨日
から出かけている。
a0052666_0224268.jpg

ブンちゃん年中組の昨年は、みんなで賑やかに見に行って、
本人の説明もあったりだったが、今年は前もって、「お母さん、
すまないけれど、一人で見に行って写真を出来るだけたくさん撮っ
といてほしい」と、頼まれていた。

10時過ぎに家を出てお寺に車を置いて幼稚園へ・・・
a0052666_032124.jpg

たくさんの見終わった親子連れや、爺婆一緒の家族連れ
すれ違う。

朝の間は込みあっていたらしいが、会場は良い塩梅に混み合うでも
なく写真をとるにも良い感じ!
a0052666_0242925.jpg

二つのクラスの部屋を使って各学年ごとに展示してあるので、自分
一人だったらなかなか見つけられるものではない。

娘が頼んでくれていたこともあって、各担任や副担任の先生方が
張り付いて案内して下さる。

タップリ見せて頂いて、たっぷり写真を撮って1時間余り・・・
a0052666_0584550.jpg

どれだけの時間を費やして作りあげたのだろう。
作品の数も多くて、「よくここまで作りあげられたこと!」と感動
する。

2人とも、迫力はあるし、上手に描いて、作って大したものだ!!
a0052666_2124769.jpg

ブン」たち年長さんは『さすが!!』と感心するが、それでも
先生の手助けはまだまだ必要だろうし、増してや、頼りなげな
ケイ」たち年少さんをここまで指導するのは、並々ならぬ先生
方のご苦労いかばかりか・・・としみじみ感謝する。
a0052666_0264660.jpg

デジカメに90枚余り撮り、携帯にも撮って15枚ほど添付して
送った。

ブンケイくん」、写真楽しみにしておいて!
a0052666_0331312.jpg

今日は楽しかったよ!!
a0052666_11261271.jpg


a0052666_1162758.jpg

by kokko48513 | 2014-11-16 00:27 | 孫 5人 | Comments(0)

11/11(火)、「ブンケイスイミングの日で、土産物を
届けがてら午後から西宮に出かけたが、身内に祝い事があり、
その為の準備で娘は超多忙

「お母さん、2人のプール行き、お願いしていいかな・・・」

「いいよ!コウくんも連れて行った方が、あなた用事がはかどる
んじゃない?」
a0052666_11192076.jpg

幼稚園から帰った2人、おやつを食べて、車で10分足らずの
ジムへ、コウくんも一緒にチャイルドシートに座らせて走り出す。

更衣室に入ろうとした時、携帯が鳴り、登録していない番号から
で、「クラブツーリズム」を名乗る男性からの電話。

一旦切って、着替えをさせてから、こちらからかけ直す。
a0052666_111954100.jpg

ドライバー居眠りの件』でのお詫びの電話。

添乗員K野さんからの報告と、私が提出しておいたアンケート
見ての“お詫び”で、「大変ご心配とご迷惑をおかけ致しました
とのこと。

「みんなの命に関わること、会社の命運にも関わる事態になるで
しょうからくれぐれもバス会社への厳しい申し入れをして下さい」
とお願いした。
a0052666_15463652.jpg

今回の旅行で、うっかり、1日目の雨に濡れた『折り畳み傘』を、
部屋の浴室に干したまま忘れて帰ってきていたことに帰宅してから
気づいたが、着払いで送ってもらう程の“上等の傘”でもない。

長い間使っていて、持ち歩くには一番軽くて海外にもいつも
お伴をしていた愛着のある折り畳み傘なのだが。
海外なら、あきらめるより他ないが・・・
a0052666_11204327.jpg

でも、「勿体ないなぁ」と思っていたので、同じこのコースの
催行
予定が今後あるなら、ひょっとしてホテルで保管して貰えて
いたら、添乗員さんに大阪まで持ち帰って貰えたら「嬉しいです
とお願いしてみた。

今シーズン最後の、11/13出発予定が一つ残っているという。

すぐにホテルに尋ねて下さって、「保管されていましたから、
添乗員に持ち帰ってくるように指示しますので、下旬以降に難波
の窓口
にいつでもお越しください」と、ありがたいお返事。
a0052666_1121142.jpg

皆さんのお陰で、捨てられるかもしれなかった傘が、もう一度、
日の目を見ることが出来ます。
』も喜んでいることでしょう!!

みなさん、お世話をおかけいたします。 有難うございます!!
by kokko48513 | 2014-11-13 11:21 | 旅のつれづれ | Comments(0)

11/9(日)午前5時起床。
小雨模様の中をバイクでJR宝塚駅へ。

病院ボラ&レディスABCパソコン仲間6名(81才~68才)で、
クラブツーリズムの新幹線とバスを使った1泊ツアー『世界遺産
「富岡製糸場」と世界遺産登録1周年富士山5合目2日間』に
参加のため、7:10集合の新大阪駅へ。

7:43発の新幹線こだま638号でまずは9:39着の浜松へ。
a0052666_011050.jpg

ここからはバスに乗り込み、新幹線・高速道路上では大阪・京都・
滋賀・岐阜・愛知・静岡・長野・山梨・神奈川・東京・埼玉・
群馬
にまたがって2府1都9県の大移動の旅となる。
私はプラス兵庫県となるが・・・

例のバス事故の後の法規制が厳しくなったせいだろう、ドライバー
は2名乗り込み
で停車の度に交代となる。
乗客38名、添乗員は若い女性のK野さん。バスガイドは無し。
浜松駅10:00スタート

まずは「富士川SA」に向かって、ここにある『富士川楽座』も
一つの下車場所としての目的地になっている。
a0052666_0211487.jpg

ここには11:40に到着したのだが、その手前、10分程の所で
恐ろしいことが起こった。

通路側に座って前方を眺めていた私の視線には、バックミラー
写るドライバーの顔が丁度丸見え

この顔が揺れ始め、少し前かがみになったりしだしたと思っていた
ら、何と!目がショボショボなりだして、「えらいこっちゃ!
居眠りしている!!」と言う間に、スーッと目がふさがった
a0052666_051842.jpg

交代ドライバーも添乗員K野さんも気がついていない様子。

何とかせねば!」の苦肉の策で、思い切り大声で、わかっている
のに「K野さん!楽座まであと何分ですか?」と叫んだ私。

ドライバーもハッとするだろう・・・というのと、旅は始まった
ばかりで、この事実を皆が知ったら楽しい旅が最後まで不安な旅
なってしまうだろう・・と考えての手段。

念のため、旅行保険には入っておいたが、まだ死にたくない私
1列前に座っていた仲間のA川さんもこれに気がついていたという。

大げさだが、2014年11月9日、中央道で41名命拾い!!
a0052666_232694.jpg

無事に『楽座』に到着。
添乗K野さんに事情を話し、K野さんからドライバーに注意したと
いう。
滞在30分では、いろいろあってもゆっくり見ている時間が無い。

曇天、折角の売りになっているここからの絶景・富士山は見えず。
a0052666_16575735.jpg

そのあと、最後までバックミラーにはボディの一部が写り、ドライ
バーのが写ることはなかった。 「こわい、怖い!

バスのお尻が揺れたり、左右どちらかに寄って行かないか、ずっと
気になる旅だった。 疲れた、疲れた

1日目の最大目的地『富士山5合目』はすっぽり霧の中
これも良い経験・・・
気温5度。

50年以上前の娘時代に職場の仲間と、2合目から歩きだして
頂上を極めているが、何もなかったあの頃と比べると、ここが
日本一の山か?」というほどの変貌。 別天地だ。
a0052666_075745.jpg

案内された土産物店しょっちゅう「発電機を切り替えます」の声が
響き、灯りが一瞬パッパッと消えたりするが、並んでいる他の店
ではこれは全くなかった。

水は貴重な地域で、トイレは泡で流す簡易水洗トイレ
入口に番人がいて有料で100円払ったが、これは仕方ないとして、
あのアナウンスはどうも怪しい・・・

富士山』恥ずかしがったのか、又「いらっしゃい」と言うことか。

次の目的地、富士山の絶景ポイント『河口湖』は、良い塩梅に雨に
は降られなかったが、『富士山』は中腹辺りの一部が見えるだけで、
やはり雲の中。
a0052666_083740.jpg

丁度、「河口湖もみじまつり」が開催されていたが、我らの駐車場
はそこからずっと離れた所。

宿泊地、山梨の石和温泉へ。

ホテル『京水荘』には17:15着。
a0052666_16534660.gif

12畳の部屋に2名1室使用で、温泉にもゆっくり入り、夕食は
和室宴会場で18:30から。

名物「ほうとう」が出なかったのは残念だったが、生ビール
片手においしく頂きました。

明けて2日目は、宿を8:00出発で、世界遺産に登録されて今
話題の群馬県『富岡製糸場』へ、2時間半ほどの走行移動。
a0052666_092714.jpg

曇っていた空も、途中の濃い霧も、いくつものトンネルを越えて
行くうちに、トンネルを出た途端、空模様は快晴にチェンジ!!
歓声が上がる。

富士山も人が多かったが、月曜というのに、『製糸場』はそれ
以上にごった返している
a0052666_22145537.jpg

現地ガイドさんの説明を聞きながら、1時間近く広い敷地内を
見て回る。

明治5年、 上州の山々を臨むこの地に 突然現れたレンガ造りの
建物 。 近代化の礎を今に伝える 『富岡製糸場』。
2014年 6月「富岡製糸場と絹産業遺産群」、世界遺産登録となる。

明治3年、横浜のフランス商館勤務ポール・ブリュナ(Paul Brunat)
らが 武蔵・上野(こうずけ)・信濃の地域 を調査し、上野(今の
群馬県)の富岡に場所を決定したという。

繰糸所、東置繭所、西置繭所の3棟が今年10月、国宝にも内定。
a0052666_18195012.jpg

1.富岡付近は養蚕が盛んで、生糸の原料の繭が確保できる。
2. 工場建設に必要な広い土地が用意できる。
3.製糸に必要な水が、既存の用水を使って確保できる。
4.燃料の石炭が近くの高崎・吉井で採れる。
5.外国人指導の工場建設に地元の人たちの同意が得えられた。

以上のような理由により、富岡で建設が始まったという。
a0052666_2104835.jpg

明治の時代に、福利厚生や医療面が充実していたという。

1939年から2005年まで片倉工業株式会社は、富岡製糸場の民間最後の
オーナー
を務め、1987年に富岡製糸場の操業が停止した後も、3名の
管理人を置いて、これまでの歴史や、情熱を紡いでいきたいという
思いから、巨額の私財を投入して建物や機械のひとつひとつを、
2005年富岡市に寄贈されるまでの18年間、手をかけて守り続けられた
ということに心から敬服する。

一つだけ気になったのは、売店が狭すぎること。
ゆっくり買物も見物も出来るような状態ではなく、万引き被害も
多々あるのではなかろうか・・・と思えた。

世界遺産となった今、今更、勝手にいじれないのだろうが・・・
a0052666_0161358.jpg

駐車場から往復の道筋には土産店他、観光客相手の店がどっさり。
さぞかし、潤っていることだろう・・・

今回の最後の観光地、『旧軽井沢』へ13:15着。

旧軽ロータリー」近くの駐車場で解散して、1時間30分
自由散策タイムとなる。もっと時間がほしい
a0052666_174646.png

ここは何度か来ているが、まずは「聖パウロ教会」からスタート
して、旧軽井沢銀座通りを中心に広がる店や町のあちこちを自由
気ままにグループでウロウロする。

町のどこもかしこも“紅葉”が真っ盛り。
青空をバックに映える紅葉の美しいこと!! 
日本の秋を満喫!!
a0052666_0164038.jpg

一日目は生憎だったが、今日の快晴で帳消し
素晴らしい旅になった!!

一日ずれていたら、ひょっとして富士山も見られたかもしれない
が、北欧やアラスカのオーロラ、北海道の流氷のように、富士山
も、「また是非いらっしゃい!」ということだろう・・・
a0052666_22202954.jpg

軽井沢を出て、新幹線「岐阜羽島」駅まで走った!走った!!

小諸JCTから入り、上信越自動車道、長野自動車道、中央自動車道、
名神高速道路
経由で、梓川SAと阿智PAでの2回のトイレ休憩を
入れて約5時間

19:40岐阜羽島駅到着。
20:23発ひかり525号で、新大阪駅21:26着
a0052666_0263047.jpg

在来線で移動して、乗り継ぎがうまくいき、家に帰り着いたのは
22:25

いつもなら写真も取り込み、ブログの下書きくらいはするのだが、
年のせいか、居眠りドライバーのせいか、ちょっと疲れました

1月にはまたこの仲間で、恒例、「蟹を食べる」ツアーで山陰へ
出かける予定。
a0052666_262484.gif

人生、大いに楽しみましょう!!
皆さん、ありがとう!!
by kokko48513 | 2014-11-12 00:17 | 旅のつれづれ | Comments(0)

11/4(火)、午後2時過ぎから「カンちゃん」の七五三のおまいりに
中山寺へ
・・・

11/1(土)の図工展と参観日の代休で丁度良い塩梅。
a0052666_2221795.jpg

スタジオ アリス」で着付けをして頂き、私を迎えに来て貰って、
息子の車で中山寺へ・・・いつも通りに、私が「カメラマン」。

日曜や祝日だと大変なことだろうが、ウイークデーで時間も遅く
3組だけでご祈祷をして頂く。
a0052666_2225711.jpg

一旦帰宅して、夕食は「カンちゃん」の希望で“お寿司”となり、
18時から「寿司の長次郎」でビールと共に美味しく頂く。

ただし、“ネタ”がいつもに比べて少なかったような・・・

息子は車の運転があって、残念ながら呑めない。お気の毒・・・
a0052666_2232863.jpg

一夜明けて、11/5は「ブンちゃん」の6才の誕生日

大きく育っていて、すでに小学校に通っているように見られること
が多いが、年が明けて4月になればピカピカの1年生となる。

モンカン」宅からは「ブンちゃん」の希望で、“目覚まし時計
を貰うことになっていて、私と一緒にお店に行って、気にいった
ものを選ぶことになっている。
a0052666_22133053.jpg

私には「キックスケーターがほしい」と言う希望が届いていて、
4日のプールの日に一緒に出かけて買ってきたが、母親から
使うのは、5日の誕生日からよ!」と釘を刺されていた。

おばあちゃん、見て!!」と、今日(6日)幼稚園から帰って、
ヤマハに行く前に上手に乗りこなしているのを見せてくれた。

ケイくん」もお姉ちゃん程ではないが嬉しそうに乗っていた。
a0052666_9503340.jpg

トラック大好きの「コウくん」、相変わらず、私がバッグを
持つと「帰る!」と察して、手をつないで離そうとせず、
お勝手口に先回りをして後追いをして泣く。

ブンちゃん」、春になったら1年生
国道43号線を越えて通学することになる。

事故に会わないように、病気や怪我をしないで元気に明るく
友だちをいっぱい作って、楽しい小学生活を送ろうね!!

5日、お祝いの夕食会に誘ってもらったのに、梅田に出かける
用事と美容院の予約があってダメだったのがとても残念!!
a0052666_2362365.jpg

午前中の病院ボラ生後50日の赤ちゃんが10時過ぎに
救急車で運び込まれ、12時に退勤するときにまだ治療室
から出てこられなかったのが気になって涙が出てくるのよ。
「がんばれ!頑張れ!!」

五体満足、元気なあなたたちは幸せだよ!!
ブンちゃん」 6才、おめでとう!!
by kokko48513 | 2014-11-07 02:25 | 孫 5人 | Comments(0)

10/31(金)、「モンカン」小学校の図工展が開催されていて
明1日は『オープン・スクール』で授業参観も出来るのだが、毎月
第一土曜は『坐禅会』の日でもあり、檀家さんのお寺での法事もあり、
時間配分を考えて、『図工展』だけ済ませておこうと午後に出かける。

体育館いっぱいに全校生の作品が並び、力作ぞろいに感心する。

3年生「モンちゃん」、紙粘土を使った“とびだすメッセージ”で
「勝負だ!」と、のこぎりと金づちを使った“ギコギコトントン”
で、自分で考えたタイトルなのか「イロとり鳥」となっていて、
なかなか洒落ているではないか・・・
a0052666_1375278.jpg

1年生「カンちゃん」は“わくわくとりランド”でカラフルな親子
鳥の絵を。
立体の「ふわふわ飛行船」ではカップめんの器が飛行船に大変身!
可愛い女の子が乗っている。自分自身なのだろう・・・

2人とも大変良く出来ました!!
a0052666_4183950.jpg

11/1の授業参観は、娘宅へ10:30までには到着しようと、
第一時間目に顔を出し、両方に二度ずつ顔を出して2人の様子を
窓越しに見て走り出す。

「モンちゃん」は11月の“カレンダー作り”、「カンちゃん」は
チューリップの球根の観察発表。
2人ともまじめに取り組んでいる。
a0052666_1384248.jpg

あ、おばあちゃん」と「モンちゃん」、「カンちゃん」は何度か
目線をくれて私が来たのを確認してくれていた。

今月の「坐禅会」の参加者はいつもより少なめで37名の方々。

見送りの「ブンちゃん」をみて、「2年生ですか?」と聞かれる
方もあり、身長の大きいのがそう見せるらしい。
a0052666_4251639.jpg

連休のお寺は法事も多く、そこへお葬式も入り大忙し。

昨日2日は「ブンケイ」をこちらへお泊りさせようと、「モン
カン」も誘うが、近所の友人同士で万博公園に出かける予定で、
帰宅してから泊まりの準備をしてやってきて一緒に夕食をとって、
4人で入浴。
a0052666_1392215.jpg

何やら賑やかにしていると思ったら、「モンちゃん」をリーダーに
「おばあちゃん、お湯にシャボンが入った!」と言う声に覗いて
みたら、壁から床から鏡から自分たちも泡だらけで大騒ぎ・・・

こんなのが楽しくて、“お泊り”というと、「ブンちゃん」が必ず
モン姉ちゃんたちと一緒が良い!」と言うはずだ。

4人が選んだ絵本を読み聞かせて「おやすみなさい」と言った後、
モンちゃん」が「おばあちゃん、寝られないからリビングで
お絵かきしても良い?すぐに眠くなるから・・」と起きだしてきた。

寝たと思っていたのに、あとの3人も“金魚のうんこ”みたいに
起きだしてきてしばらく“お絵かき”と“あやとり”大会。
a0052666_1423540.jpg

いつもより遅く寝たのに、“お寺の娘”「ブンちゃん」はやはり
朝6時には目覚めて、「おばあちゃん、起きても良い?」と床を出て、
カンちゃん」もつられて起きだし、「ケイくん」、「モンちゃん
の順で起床する。

10時発で一旦お寺へ1才5か月の「コウくん」を連れ出しに走って、
初めて孫5人勢ぞろいで、娘宅の車に乗り換えて『神戸どうぶつ王国
へ走り出す。

着いて、アニマルプロムナード、ペンギンラグーン、ビッグビル
ラグーンをひとまわりして、まずは昼食。

料理をとりに行くのに、「コウくん」も一緒に行くと言い、同じように
トレーを持たせろ!!」と要求する。
a0052666_1431865.jpg

お皿にケーキを一つ乗せてあげたら、嬉しそうに一人前の顔をして
人ごみの間をすり抜けて自分で移動しようとする。

私の姿が見えなくなると「アー!アー!!」と叫んで呼び、これは
どこに移動しても同じ調子で、えらそうに自分で動き回るが、どこか
から私を探す声が聞こえてきて、「コウくん」の所在はすぐにわかる。
a0052666_4233724.jpg

これに比べて3才8か月の「ケイくん」、1回はふれあい広場から
ペリカンラグーンに移動したとき、今そこにいたのに、突然姿が
見えなくなって皆で探しまわる。

私が大きい声で叫ぶ姿にすれ違ったご家族連れのお父さんが「黄色い
シャツを着た男の子と違いますか?泣いている子を係りの人が連れて
行こうとしてましたよ」と、教えて下さる。

正真正銘の“迷子”で、戻った“ぴょんタッチ”の傍で引取ることが
出来た。 みなさん、ありがとう!!
a0052666_144177.jpg

もう一回はペリカンラグーンで“餌やり”をしていた時、「もう
帰るよ。おいで・・・」と言った時は全員揃っていたのに、すぐに
ケイくん」の姿が見えなくなって、また大探し。

これは「お姉ちゃん」たちが見つけてくれて、「餌が残っていたので
あげていたの」と・・・

昨日、今日とトイレははずさず上々だった「ケイくん」、最後の最後
売店を夢中になって見て回っていて、「おばあちゃん、おしっこ!
と、前を押さえて言った途端、こらえきれずに出てしまった。
a0052666_4301285.gif

着替えをするトイレで、係の方が「袋ありますか?」と、尋ねて
持ってきて下さり、「ご親切、ありがとうございます!

食事の時も、休憩のときも、周りの皆さんが「一人で連れて来て
おられるのですか?」とか「ひとりでこの年の5人は無理でしょう」

と、決めつけてこられる。

ランチの追加をとりに行っている時、自分で椅子から降りてテーブルの
下に落としたフライドポテトを拾おうとしたり、椅子の下に寝そべって
しまって「モンちゃん」達をてこずらせた「コウくん」、隣のテーブル
の若い女性のお世話になった・・・と、その隣のご家族連れのお母さん
が教えて下さったり・・・本人はニヤニヤしている。
a0052666_1444530.jpg

でも、「コウくん」の叫ぶ声はどこにいても耳に届くからね・・・

年長「モンちゃん」は今回もよく面倒を見てくれた。
それに刺激されて、「カンブン」も手出しをしてくれるので助かる。

年の近い「カン」と「ブン」は気があって、寝るのも「隣りが良い」
車の中でも「隣り同士が良い」で、復路の車でも、他の3人は寝て
いたのに、ずっとお喋りを続けていた。
a0052666_1451932.jpg

帰りの阪神高速は深江までずっと渋滞で、1時間近くかかったけれど
無事帰着。

「次は動物園ね」と、「ケイくん」から要求が出ていた・・・
私、「USJ も行きたいわ!」

孫たちの名前を叫ぶ私の大声が轟いていたことでしょう。
今日はいささか疲れました。でも、楽しかったね・・・
a0052666_1491829.jpg

by kokko48513 | 2014-11-04 01:45 | 孫 5人 | Comments(0)