11/27(日)、午後から宝塚逆瀬川「パンネルホール」で「モン・カン」の
『ピアノ発表会』、全くドンピシャの時間帯で、西宮北口「新響楽器・オーパス
ホール」で「ブン・ケイ」の『ヤマハ エレクトーンカーニバル』。
a0052666_18435164.jpg

『ヤマハ』は19.20.23日も開催日で、27日も午前・夕方の部もあったのだが、先生の選ぶ
日程で、同じ日、同じ時間帯になってしまった。

今年もプログラム・トップで出演する「ケイ」が終わってからと、3才の「コウ」の面倒
も見なければならず、「モン・カン」のピアノも聞きたいのだが、私のカメラを息子に
預けて、あとで“ビデオ”も見せてもらうことにして、雨の中、阪急で西宮北口へ向かう。
a0052666_18441575.jpg

場数を踏むということは大事・・・と感心するほど、去年はトップで落ち着きのなかった
「ケイ」が、舞台袖から出てくるときから堂々としていて、演奏曲2曲、「ロンドンばし」
と「こぐまのマーチ」を、去年のようにハラハラすることもなく聞くことができた。

「上手にひけたね!」
好きだからでもあろうが、無駄に「音楽教室」に通っていないね。
a0052666_1845693.jpg

「ブンちゃん」も≪「E.T.」フライング・テーマ≫の、私から言うと“難曲”を、初めの
内は悪戦苦闘していたが、長い練習期間、前日の猛練習もあってかテンポよく、ジュニア科
のトップを切って、「さすが!」と思わせてもらって、会場の拍手をイッパイ頂いていた。

「コウ」も“音楽教室”に行きたいらしい・・・
a0052666_10491896.jpg

「モン・カン」は、マンションの自宅で個人レッスンをされているチーちゃん先生の教室で、
出演者8名のこじんまりしたピアノ発表会で、♪ディズニータイム♪と、♪ピアノ名曲集♪
の二本立てで、ひとり2曲ずつ演奏するという。

「モン」は「ミッキーマウスマーチ」と「すみれ」
「カン」は「夢はひそかに」と「人魚の歌」

「ちゃんと弾けた?」の質問に、「うまく弾けたよ!」と答えていた。
a0052666_18475892.jpg

私は終わった後そのまま「ブンたち」の自宅へ移動して、18時から私の「喜寿祝い」を
してもらう芦屋へ一緒に連れて行ってもらうことにした。

「モンたち」は発表会の終わった後「パンネル」の美味しいパンを使ったサンドイッチや
お茶で、いつものように軽食タイムを過ごしてから電車で芦屋へ移動して、少し早めに到着し、
部屋に通してもらってゆっくり過ごしていたらしい・・・
a0052666_18504134.jpg

18時ちょうどに芦屋・ホテル「竹園」に到着。

昔から巨人軍の定宿で、転勤族のわが家、過去2回芦屋に住んでいたが、その頃、散歩中の
王さんからサインをいただいたことも思い出の一つで、娘と息子を芦屋市立病院で出産して
いるが、その頃の「竹園旅館」に比べると、大きくて立派なホテルになっているのに感心する。
a0052666_18513146.jpg

大人5名+子供5名で、レストランでは何をしでかすか・・・だが、4階の客室を準備して
貰っていたので、「ケイ・コウ」は走り回るし、「モン・カン・ブン」ものびのびと、5人で
大賑やかだったが、久しぶりの勢ぞろいで、私も嬉しくて楽しく、孫たちも、子供用の献立で
ごちそうを頂き、時々、横合いから大人の献立も横取りして、「満足!満足!!」の笑顔・・・

魚介類や松茸、牛肉料理もおいしく、電車で帰る安心から、ビールやワインもたっぷり頂いた。
巨人軍ファンの私にとっては、この場所でやってもらえたのも嬉しい。
シーズン中なら会えたかもしれないな・・・
a0052666_18493457.jpg

すでにテレビももらっていて、その上にこの“喜寿祝いの宴”で、何か記念になる、大人に
なっても使えるものをと、子どもたちに「おばあちゃんの77才のお祝いにもらった・・・」と
いう思い出にして貰おうと、先日、阪急ガーデンズで見つけた「足踏みミシン型のオルゴール」
を女勢3人に、「ケイ・コウ」は身体も大きくなって、今まで使っていたリュックでは小さく
なってきているので、20ℓと15ℓのブルーの“呼子”もついているリュックを「お泊りの時、
お洋服を入れて来てね。ケイくんは春から学校に行ったら、遠足にも使ってね」と手渡した。
a0052666_18524588.jpg

「オルゴール(音曲パフ)」は珍しく、「昔のミシンや!」と3人とも大喜びしてくれた。

「ケイ・コウ」も、箱から出してさっそく背負って、大喜びしてくれた。

この「ばあちゃん」、滅多に大きなものはプレゼントしないので、なお、喜んでくれたのかな?
a0052666_18532058.jpg

私には最後に、好きなオレンジ色を基調にした、素敵な「プリザーブドフラワー」をくれた。

みんな、みんな ありがとう!!


これからも元気に、怪我や病気に気を付けて、みんなと遊べるように頑張るからね・・・

これからもどうぞよろしく・・・
a0052666_18534179.jpg


≪追記:「モン・カン」 スイミング教室11/26で終了!≫
26日、「スイミングをやめる最終日」というので、最後の30分ほど、見納めておくこと
と、ガラス越しながら、写真を撮っておこうと一眼レフ片手に出かけた。
a0052666_19213383.jpg

2008年8月に今は無くなった「チボリ・スイミング」親子教室で、私と「モン」が体験
させてもらい、翌月、「JSS宝塚」幼児教室の体験から≪スイミング≫を8年続けた「モン」、
すでにクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライもマスターして、競技的なレッスンになって
きたので止めることにしたという。
a0052666_1922643.jpg

あとから入った「カン」は、クロールが済んで、背泳ぎを上手に泳いでいたが、平泳ぎが
まだなので、私からすれば、「平泳ぎまでやってからやめればいいのに・・・」なのだが、
姉・モンにべったりなところがあって、一人で通うのもイヤらしく、水泳よりも「新体操」
をやりたいと言う。
a0052666_19222762.jpg

狭き門らしいが、おばあちゃん、楽しみにしておくわ! 頑張りなさいね!!

カンちゃん、最後の“背泳ぎのテスト” 合格したのにもったいないけれどね・・・

≪おまけ:「ブン・ケイ・コウ」の有馬・船坂日帰り旅≫
私が博多で歌舞伎「石川五右衛門」を楽しんでいた11/20、「ブン・ケイ・コウ」
親子は、車でひとっ走りの『有馬温泉』を日帰りで楽しんでいたという。
a0052666_1042442.jpg

“紅葉の秋”を満喫の、楽しそうな写真の一部をご披露・・・
a0052666_10423069.jpg

by kokko48513 | 2016-11-28 18:53 | 孫 5人 | Comments(0)

今のテレビの凄いこと!!

リモコン切り替えボタンで、地上・BS・CS・アプリとあって、アプリには
もの凄い数のアプリが入っていて、勿論、パソコンでも見られるのだが、
昨夜など夜中に、『YouTube』で、自分が歌える古い歌をいくつも出して、
マイク無しの“ひとりカラオケ”で、大きい画面で歌いまくっていた。
a0052666_22475857.jpg

今までは『2画面』も見られなかった。

ただ、わが家は「ケーブル・JCOM」を入れているのだが、接続がまずい
のか、前はケーブルのリモコン1台で、地上・BS・ケーブルの切り替えを
して見られたのが、入力切換で「ケーブル」を選んだあと、前からある
ケーブル用のリモコンでしかケーブルのチャンネルを変える操作ができない。

切り替えた後、今のテレビのリモコンでチャンネルを変えると地上波に
戻ってしまう。

繋いであった「CATV上り増幅器」が使わずに置いてあるのも気になる。

録画してあるものも、見られることは見られるのだが、ケーブル機器用
のリモコンでしか再生できない。
a0052666_22492114.jpg

今見ている、Panasonic「ビエラ」の番組を録画しようとしたら、『録画
・再生用のHDDが入っていません』と出た。

説明書を読んだら、USBハードデスクをUSBケーブルで繋げ・・・とある。
それ用のものしかダメなようで、説明書片手に買ってこよう・・・

USB端子がいくつもあるので、それでは・・・と、テレビ画面で見たい画像の
あるUSBを入れてみたが、反応してくれない。メニューをいろいろみたが??

自分で調べて対応しないといけないのだろうな・・・
a0052666_225009.jpg

わが家には「VHS」もどっさりあって、年を取って家にこもる様になったら
見よう・・・と思って買ったものもあり、まだまだ見たいものがある。
これもこれ用の機器とリモコンを使わないとみられない。

「DVD」も、孫たちが来た時『ジブリ』を見せたり、買い貯めの洋画を見たり
するのに勿論必要で、これもこれ用の機器とリモコンを使うことになる。

この「VHS」と「DVD」に関しては以前もそうだったのだが・・・

テレビは目を見張るものがあるが、この年で4つのリモコンを使いこなすと
いうのは、まさに、“頭の体操”で、これも“ボケ防止”に持ってこいかも。
a0052666_2301818.jpg

電器屋さんに再度ご足労頂いて設定をしてもらわないといけないのかな・・?

凄いところはいっぱいあるが、まだ対応できていないところも多々あり。

「文明の利器」に振り回されている私の昨日・今日・・・である。
by kokko48513 | 2016-11-26 23:00 | 雑記帳 | Comments(0)

今の世の中、どこへ行ってもテレビは液晶が普及しているご時世だが、
わが家は、今日の午後からやっと『液晶の時代』を迎えた。
a0052666_2216315.jpg

据え付けてもらって初っ端、ケーブルテレビで、東京ドームで開催されて
いる「ジャイアンツファンフェスタ2016」を楽しんだが、やはり違う、
字も絵もきれいに見える。きれい!綺麗!!

画面の大きさも29インチが40インチになり、一人で見るのが勿体ない!
a0052666_2218385.png

先日来、子どもたちから「喜寿の祝い」は何が良い?と聞かれ、ズボラ
人間の私、勝手にきれいに掃除をしてくれる「ロボット掃除機」がいいか、
ブラウン管で画面の両端が若干カットされて映るけれど、映りはまだまだ
悪くなくて不自由を感じていない「テレビ」、これは、息子が「買い替え
たほうが良いよ。写りが全然違うから・・・」と言われていたのだが・・

娘は、「お母さんの年になったら、指輪も良いものを持っておくほうが
いいんじゃない?」とも進めてくれた。
a0052666_2239397.jpg

指輪に関しては、娘が独身時代、誕生日に奮発してくれたものもなくし、
私の「還暦祝い」に、子供たちから貰ったダイヤのついたプラチナリング、
結構奮発してくれたものも、2010年スイス旅行のマッターホルンの
雪山で、手袋を外した拍子に一緒に落としてきてしまったらしい・・・

「御木本真珠島でパートしていた時に買ったのもあるからいいわ」・・と。
a0052666_2246289.jpg

あんなこんなで、娘と息子で相談して『テレビ』に決めてくれたという。

老いの身で、8月に買った新古車の「ビッツ」も、この「テレビ」あと何年
ご厄介になるかだが、できるだけ長~くご厄介になりたいものだ・・・

みんな、ありがとう!! かんしゃ!感謝!!
by kokko48513 | 2016-11-23 22:47 | 雑記帳 | Comments(0)

19日からの博多行きをずい分早くから予定に入れて、宿や航空券の手配など
安く取れる間に・・・と、これはうまくいったのだが・・・

あとから、「モン・カン」の小学校の『図工展』、「ブン」の小学校の『音楽
発表会』が同じ日に入ってきた。
a0052666_958397.jpg

運動会も同じ日になったり、来週11/27には「モン・カン」のピアノ発表会、
「ブン・ケイ」のヤマハ発表会が時間までぶつかってしまった。
a0052666_938174.jpg

その後、夜には私の「喜寿の祝い」の食事会をやってくれるというのだが・・・

どうしてこうなってしまうのか!!
あと、二つ三つ、身体がほしい!
a0052666_1144095.jpg

『図工展』は有難いことに、一般公開日の一日前の18日も見せて頂けることに
なって、「ケイ」のヤマハの日で、「コウ」たちのお守りに出かける前に、
タップリ1時間かけて見せてもらった。
a0052666_1542684.jpg

「モン」の絵は、「木とわたし」がテーマで、『100さいの大じゅ』とタイトル
をつけて、夕日に照らされた大樹で、とても力強く、幹も太くどっしりと、葉も
生い茂り、その葉のエメラルド色みたいに塗ったのが気に入っているらしい。
a0052666_1338641.jpg

“きり絵”でこの木と一体になっている白い自分を張り付けているが、これが、
いかにも今の「モンちゃん」の容姿そのもので、感心した。
a0052666_11721.jpg

「少し失敗したけれど、太くて強い幹をかけた。自分なりの木だとみてほしい」

この絵の力強さに比べて、工作のほうが、「大丈夫かい?」という仕上がりで、
テーマは「マイキャラに変身!」で、「モン」は『絶望猫』と題して、部屋の隅
に座り込む貧相で弱々しい猫で、絶望を実感して、逃れようがなく固まって、
死を覚悟している猫らしい。
a0052666_1174629.jpg

頭の上を飛ぶハエや部屋の隅の魚の骨、ごみや苔、片隅の寝具、ボンドでつけたり
して汚れがたくさんある雰囲気を出したという。

「モン」の好きなところは、このキャラの顔の表情が終わっているところで、見て
ほしいのは、この作品の全体の雰囲気という。
a0052666_1183516.jpg

「うまくできた自信はあるけれど、ちょっと見てほしくないような・・・」
って言ってたね。
きれいごとに整えないところが、なんとも言えず面白いけどね・・・
a0052666_1344773.jpg

“ネアカ”の「モンちゃん」、将来、どんな大人になるか楽しみだわ!
それまで「おばあちゃん」、ボケないで生きていたいね!!
a0052666_120116.jpg

一方、3年生「カン」の絵は、「ふしぎなおしろ」がテーマで、『きのこのおしろ』
と題して、右から左へお城がどんどん大きくなっていて、ここに住んでいない人が
入るとキノコにされてしまうという。

一番右の小さなお城の“屋根”をみんなに見てほしいそうで、いろんな模様や
形を書いて紺色に塗ったり、塗るのもずい分工夫したので一番見てほしいという。
a0052666_121057.jpg

滲みの技法で背景を書き、線が細いと思ったが、下書きなしの一発勝負で、割り箸
を削って筆代わりにしたり、その上に色鉛筆の色を重ねた絵だってね。

一つ一つを細かく見たら楽しいね。
何か絵本でも参考にしたのか、自分の発想で書いたのなら「カンちゃん」凄いわ!
a0052666_1214442.jpg

工作のテーマは「ふしぎなぼうし」、「カンちゃん」は『おめかしねこのぼうし』
で、見た瞬間「かわいいな!!」と思ったよ。
上手にできていたわ!!
a0052666_1223277.jpg

「カン」が好きなところは、周りにつけたキラキラ光るビーズで結構明るい帽子、
ビーズがすぐに取れて工夫もしたそうで、キラッときれいなところが好きらしい。

お面を作る時などに使われる「はりこ」の技法で、厚紙を細長く切って、頭に
合わせて形を作り、その上に色画用紙を張ったんだってね。
a0052666_123145.jpg

これ、「カンちゃん、かぶれるよ。可愛いよ、きっと」、カンちゃん被らないなら、
おばあちゃん、被ってみようかな? でも、頭、大きくてダメだろうね・・・
a0052666_1244559.jpg

西宮の「ブンちゃん」、今年の音楽発表会、張り切っていたのに行けなくてごめんね。

来年の日程は、早く決まってほしいね。
a0052666_1253574.jpg

「コウくん」の幼稚園入園で、行事も増えるからね・・・
a0052666_9593897.jpg

a0052666_1264778.jpg

a0052666_10112641.jpg

by kokko48513 | 2016-11-22 01:27 | 孫 5人 | Comments(0)

歌舞伎役者、澤瀉屋「市川 右近」さんが、年明け1月から、1936年以来80年に渡って
名跡が途絶えていた髙嶋屋「市川 右團次」を三代目として襲名、新橋演舞場で新たな
スタートをきられることとなった。

来春小学1年の長男タケルくんが、「二代目市川 右近」として同時襲名でお目見えと
なるめでたい舞台で、ひとり二役、猿之助さん共々3人での宙乗りもあり、すでに
稽古が始まっているという。
a0052666_16174287.jpg

澤瀉屋「初代・右近」としての最後の舞台が、海老蔵さんや獅童さん、孝太郎さんと
ともに『博多座』公演中で、演目は「石川五右衛門」、千穐楽は11/25。

19日(土)は昼のみ一回公演で、16:30から劇場そばの『信秀本店』で「右近会の
博多お食事会」開催となり、芝居は20日に見ることとして、朝9:30伊丹空港発の
JAL機で飛び立った。

50人乗りの小さい飛行機で、伊丹を発つときは雨で心配したが、雲上は美しい青空で、
「揺れるでしょう」とアナウンスがあったがそれもなく、無事、福岡空港到着。
a0052666_1618670.jpg

「博多へ来たなら“もつ鍋”」と決めているので、昼食に博多駅の「おおやま」で
「美味しい!」のをいただいたが、これ失敗!

人と会う前には「もつ鍋」は止めておくほうがいいようで、ニンニクが効いていた。

ホテルへの道すがら、「野次馬根性」旺盛で、博多駅前の11/8に陥没した現場に
行ってみた。
a0052666_16184155.jpg

まだ工事の囲いがあったり、ミキサー車が止まっていたり、駅寄りの地下駐車場出入り
口は通常営業していたが、道路は完璧に復活しているように見えても、営業の始まって
いない店舗もあってまだまだ大変なんだろう・・・

今回の宿は、陥没現場も近い「冷泉閣ホテル 博多駅前」、外国人宿泊客もやはり多い。

一旦、荷物を預けて、駅へ戻って、阪急百貨店で足幅タップリの靴を買ったり、19日
が初日のクリスマス・イベントで博多口の舞台で演じられるショーを見たり、再度、
近くの「承天寺(じょうてんじ)」をじっくりと見せてもらったり・・・
a0052666_1619395.jpg

ここは初めてで、仁治3年(1242)に聖一国師(しょういちこくし)が開山された臨済宗
東福寺派のお寺で、山号は萬松山(ばんしょうざん)。

日本におけるうどん・そば・饅頭などの粉食文化や博多織の発祥地でもあり、博多
祇園山笠の発祥地でもあるとされ、博多織の始祖・満田弥三右衛門、新派の創始者・
川上音二郎のお墓があるらしい。
a0052666_16192773.jpg

中国系の若い男女が入ってはいけない場所に立ち入ろうとするので、「そこはダメよ!」
と注意したら、案外素直に聞いてくれた。

チエック・イン15時からのホテルへ戻り、暫時休憩。
テレビを見ていて、気がついたら16:20、えらいこっちゃ!!

地下鉄「祇園」からひと駅乗って、「中州川端」へ。
乗る前に、駅から「10分ほど遅れます!」と電話して駆け付ける。
a0052666_1621518.jpg

タケルくん、奥さんも一緒に来られていて、挨拶だけで帰って行かれたが、二代目右近の
タケルくん、「宙乗りの練習は怖い!」らしい・・・がんばれ!頑張れ!!

この店は「串焼き」がおいしい店で、飲み放題のビールと共にたっぷり頂いて、右近さん
や、弟子の喜昇さん、喜之助さん、喜美介さん達との話も大盛り上がりで、にぎやかに、
楽しい時間を3時間余り、暮れてしまった博多の街を、“地下鉄1日券”本日最後の乗車で
ホテルへ戻った。
a0052666_16214457.jpg

2日目、ゆっくり朝寝をして、9時から“朝食付き”の食事を3種類から選択して和食を頂き、
キャリーケースは夕方まで預かってもらうことにして『博多座』へ。

『石川五右衛門』は実は「豊臣秀吉」の子で、その子「秀頼」は、「茶々」と「五右衛門」
の子だったという奇想天外な物語、途中から舞台が“満州”に移り、「ワンハン」という
獅童さん演じる満州の“悪党”も出てきたり・・・とにかく、面白い!!
a0052666_16222417.jpg

右近さんの「秀吉」は2幕目まで、昼の部だと12:40頃で出番が終わってしまう。

猿弥さんや笑三郎さんなど、「澤瀉屋」のメンバーの出演も多く、舞台降りもあったり、
最後まで、飽きもせず楽しく見せていただいた。
a0052666_213133.jpg

終わった後、2日目も「もつ鍋」を食べようと思っていたが、今回も飽きもせず、「筥崎宮」
や、冬枯れの気配のある「神苑花庭園」も見て、ホテルに戻って荷物を受け取り、空港行き
の地下鉄に乗りながら、少し時間もあり、「博多駅」でいったん下車をして外に出たら、
なんと!昼には気づかなかった“イルミネーション”の素晴らしい光景が展開していた。
a0052666_16224050.jpg

降りて良かった!!!

12/25まで開催の「クリスマスマーケット」もまるで、ヨーロッパの各都市で見かけたことの
あるような風景で、いろんなショップが出ていて、冷やかすだけでも楽しい時間になるだろう。

こんな余分なことをしていて、19:25発のANA機に間に合わすには、結局「もつ鍋」を食べる
時間は無くなって、博多名物「鯖寿司」を買って、飛び立ってから機内で頂いた。

が、予定の航空機は到着が遅れ、福岡30分遅れで飛び立ち、伊丹でも上空で着陸を待たされて、
乗る予定の阪急・空港連絡バス21時発最終にも乗れず、モノレールと阪急電車で帰ってきた。
a0052666_1623457.jpg

こんなことなら、空港内のレストランででも「もつ鍋」を食べたのに・・・

2日間とも、雨に合わなかったのはラッキーだったが、食べ物の恨みは深いですぞ!!
by kokko48513 | 2016-11-21 16:23 | 旅のつれづれ | Comments(0)

午前9時に家を出て、阪急バス・阪急電車・JR環状線・京阪電車を乗り継いで、
開会時間の11:30丁度に、京都・伏見「京町おくど・十二屋」に到着。

呑むために、車移動はやめて今日は公共機関利用で移動。

“中学クラス会メンバー+α”の同い年仲良し仲間、今回は14名が参加。

この年になると、出てくる話は『病(やまい)』オンパレード・・・
a0052666_2326297.jpg

いつも幹事をやってくれている元気な友人が、男の病、「前立腺」関係で
入院した話や、脳の関係で倒れたけれど、手当てが早くてセーフだった
恩師の話、いつも参加していた友人が、今春、同じ脳の関係で倒れて、
今も半身不随で来たいけれど来られない話、肩こりから腕が動かなく
なって、右肩切開手術で治癒した話、今日の予定を昨日と勘違いして動き
だし「認知始まった?」の心配が出てきた話、とうとう補聴器のご厄介に
なりだした話。
a0052666_3351266.gif

わが家の子どもに洋服や着物のおさがりを送ってくれていたS子ちゃん、
3人の子持ちだが、末っ子だけ既婚者、上二人は芸術家で50代ながら未だに
独身、日本の人口減少に加勢しているようだが、最近“白内障”の手術をして
「何でも綺麗に見える!」などなど・・・

かと思うと、奥さんが浮気をしてもめていた隣の50代のご夫婦が、挙句の
果てに、ご主人が庭先に座り込んでいるのを見かけた友人が声をかけたら、
上着で首を絞めて自殺していたのにかかわってしまったという話・・・
a0052666_23321754.jpg

良い話、悪い話、長い人生、次から次といろいろ出て来て賑やかなこと。

たっぷり3時間かかって、美味しい料理と、ビールもたっぷり頂きながら、
心おきなくしゃべって、しゃべって、楽しい時間を過ごさせてもらった。

近くの別のカフェでコーヒータイムを過ごして、次は2月の新年会で
会いましょう!と約束して別れた。
a0052666_2339592.gif

伏見・向島の高校時代の親友宅か、今は誰も住んでいない空き家になっている
『元・実家』辺りをうろついてから帰ろうか・・・とも思ったが、明日もまた
朝早くから動き出さないといけないのでおとなしく帰ってきた。

車だと、どちらかへ寄っていただろうが・・・

梅田まで戻り、阪急百貨店プロムナード、コンコースのショーウインドウに
先日より展示されている「100人の小さなサンタのファンタスティッククリ
スマス」を、よその子供さんに声かけして、一緒に楽しんで帰ってきた。
a0052666_044924.jpg

a0052666_05983.jpg

a0052666_052682.jpg

by kokko48513 | 2016-11-16 23:40 | 雑記帳 | Comments(0)

さっき、西宮から帰り着いたとき、すごい風が吹き出していて、前の道の
紅葉した街路樹の葉が、もったいないくらいに散っていた。

今夜から寒くなるというが、今日、日中の暑かったこと。

68年ぶりという昨夜の「スーパームーン」は、残念ながら曇天から雨天に
かわった悪天に阻まれて、当地では見ることができなかった。
a0052666_21583012.jpg

大きさは昨日とは違うだろうが、今夜の「十六夜スーパームーン」は、
なんとか見ることができた。

宝塚歌劇場前交差点で信号待ちの時に車の窓から撮ったものが、月の模様も
見えていて、マンションに帰り着いて撮ろうとしたら、はや、雲の状態が
若干違っていてきれいに撮れなかった。
コンデジでは仕方ないだろうが・・・
a0052666_2231543.jpg

次は2034.11.25、その後は、今世紀最大の大きさが見られるという
2052.12.6らしい。

2034年さえ、とっくにこの世から旅立っているだろうから、私としては、
今夜の月が『人生最後のスーパームーン十六夜』だろう。
a0052666_2211260.jpg

お昼、出かけるときの街路樹の紅葉も真っ盛りで素晴らしく、クリーン
スタッフの皆さんが、雨で“濡れ落ち葉”になっている歩道を一生懸命
掃いてくださっていたが、「大変でしょう。ご苦労様です・・・」

秋は駆け足で通り過ぎていくような気配で、いよいよ寒くなる。
a0052666_2292037.jpg

明日は、病院ボラを休ませてもらって、京都・伏見で中学の仲良しメンバー
の忘年会。 京都は寒いんだろうな・・・

風邪に気をつけましょう・・・!!
by kokko48513 | 2016-11-15 21:57 | 季節の話 | Comments(0)

連日の死傷者を出す高齢者の自動車事故。

われ等、高齢者にとって何やら肩身の狭い事故が続いている。

自分がやったわけではないが、その度に「高齢者、高齢者・・・」と報道されると、
運転しているものとして身が縮む思いになる。
a0052666_11241195.jpg

現在76才、まだ認知は出ていない身として、今のままなら、せめて80才を目途
として、あと3~4年は運転していたいと思う。

5人の孫たちは一番下がまだ3才、まだまだ役に立っていると自負しているが、
それも車の運転ができればこその身の軽さと、健康であることのお陰で、自分に
とってまだ当分、車のない生活は考えられない。
a0052666_13445134.jpg

連日の高齢者事故・事件を見ていると、自分で、何才まで運転を続けるかの線を
引くことも必要だろうし、免許証を返上する勇気も大事なことと痛感する。

前回の免許証更新のための高齢者講習で、ひと月に一回か二回しか乗っていない
という男性がいたが、これでは腕は落ちる一方、年齢と共に注意も散漫になれば
「事故を起こす」という事態が目に見えているようなもの。
a0052666_1347381.jpg

地域的な事情もあって、なかなか手放せないという人もあるだろうが、『人の命
の大切さ』、事故を起こした後にのしかかってくる責任や保証の重さを考えたら、
“手放す勇気”を考えないといけない年齢というものがあると思う。
a0052666_13512669.jpg

『勇気』を持ちましょう!!
a0052666_13453214.jpg

by kokko48513 | 2016-11-14 11:24 | 雑記帳 | Comments(1)

11/12(土)、幼稚園年長組の「ケイ」の作品発表会。

家を8:30に出て、私の到着次第幼稚園に出かける予定だったが、
昨日から調子の悪そうだった「おじいちゃん」が、体調をくずして
医師の往診を受けるということになり、朝から駆け付けていた
「伯母ちゃん(父親の姉)」に任せて10時前から幼稚園へ。
a0052666_14302189.jpg

昔と違って、どの家庭もほとんど父親同伴で、園庭も教室も大賑わい。

私のように、じいちゃん・ばあちゃんも来ている家庭も多く、なお更
ごった返している。

まずは“年長”の展示室へ・・・

勿論、先生の熱い指導があってのことだが、さすが、今までと違って、
うまいものだ!
a0052666_1114910.jpg

「ケイ」の冷蔵庫がカラフルで、手が込んでいて感心する。

と、思ったら、私が「冷蔵庫」と早とちりしたのは、もっと夢のある
テーマで『扉の世界』、扉の向こうには何がある?という無限に広がる
世界がテーマで、「ケイくん」ごめんよ、おばあちゃん、早とちりして
・・・それで、クェッションマークもついているんだ・・・

共同制作だが、「レジャープール」で泳ぐ紙で作った“人間”も、顔・
胴体・足・手を細かく作って、一人ひとりがうまく出来上がっている。

牛乳パックや紙コップ、トイレットペーパー芯や毛糸、折り紙を使った
「自分」なのだろうか、大きな人形の出来上がりも上々!!
a0052666_1431259.jpg

絵も「アジサイ」はのびのびと、「燕」は自分ちの庭の上空を飛ぶ様子
を書いたようで、家と庭の飛び石や門への敷石も細かく書いている。

娘と私は、年中・年少組の部屋も見学して、「ブン・ケイ・コウ」は
庭に出て、それぞれ遊びに夢中で、「コウ」の姿を時々見失うが、入口
でずっと見張ってくださっている園長先生ご夫婦に面倒を見ていただい
たり、男先生の姿を見かけるといつもやる『バン!バン!!』と、手で
銃口を作って撃つ格好や、砂場や遊具に熱中している。
a0052666_21324747.jpg

恰好のいい、登りやすそうな木が園庭にあって、単純な木は「ブン・ケイ」
ともに制覇できるが、複雑だけど、面白そうな大きい木は、「ケイ」も
今まで登れなかったらしいのが、初めて登ることができて嬉しくてたまら
ないらしく、何度も何度も挑戦して楽しんでいた。
a0052666_14354918.jpg

2年「ブン」は在園中も、今もこの大きい木は制覇できていなくて、弟に
負けたくない意地で、私や母親のアドバイスと、男先生の見守りで最後
には見事に制覇できて、これまた嬉しくて仕方ない!!

おばあちゃんも、もうちょっと若かったら「登ってみたいわ!この木!!」
a0052666_21284772.jpg

点滴をしてもらったおじいちゃんは状態も落ち着き、「伯母さん」夫婦は
夕方まで美術館に出かけるということになり、父親は姫路へ兵庫教区の
年一回の「女性部大会」に朝から出張中で、昨日の時点では午後は「万博
公園」に出かけようということになっていたのだが、それはやめて、
お天気も良く、温かい日差しがもったいなくて、近くのヨットハーバーの
公園で遊ばせよう・・・と、私の車で5人で走る。
a0052666_14362263.jpg

隣接の「西宮貝類館」に先に寄って、ほら貝を吹いたり、生きている
オウムガイやクリオネ、見事に収集された展示物を楽しむ。
a0052666_2258863.jpg

「10個まで差し上げます」という、箱の中の砂浜の土の中から自分の好きな
小さい貝を見つけて、備え付けの袋に入れて持ち帰るのにもみんな夢中!

堀江謙一さんの世界一周の「マーメイド号」の展示もあって、次々と入館者も
あり、隠れたスポットという感じの「貝類館」。
a0052666_2135560.jpg

あとは、芝生広場や、係留されているたくさんのヨットを望める岸壁辺りで
持参したボールで遊びまくって、最後は母親も一緒に「3人サッカー」で
楽しんでいた。

ただし、「ケイ」持参のボール、姉「ブン」が占領することが多く、取り
合って喧嘩になり、弟がすぐに泣き出して「やめなさい!!」と叫んだり、
「すぐに泣かないの」と「ケイ」をたしなめたり・・・
a0052666_22501126.jpg

末弟「コウ」は、自分の世界に没入で、居もしない“ねずみ”や“かに”を、
芝生に座り込んで「退治するの!」と「バン!バン!」やって楽しんで
いた。

出かける前の家では、「行くのイヤや。家で遊ぶ」と言っていた「ブン・ケイ」
最後は「楽しかった!!来てよかった」「近いから、また連れて来て」の感想。
a0052666_1437618.jpg

家から車で10分ほどの所なのに、「ブン」は2~3才の頃「カン」ときている
のだが覚えていなくて、3人揃ってくるのは初めてかな?で、「灯台もと暗し」

暖かい日は外に出て、身体を動かそうね!!

a0052666_12414593.jpg

by kokko48513 | 2016-11-13 14:37 | 孫 5人 | Comments(0)

〽私は泣いています ベッドの上で・・・

好きな歌手のひとり、「りりィ」さんが64才で亡くなられた。
あの独特のかすれ声が大好きだった・・・

若い!まだまだ生きられただろうに・・・

私の年までとしたら、まだ“13年”生きられたのに・・・

『肺がん』だったという。 にっくき『癌』!

心からご冥福をお祈りいたします。   合掌     

a0052666_2255765.jpg

by kokko48513 | 2016-11-12 08:39 | 雑記帳 | Comments(0)