2か月ぶりのメロウ倶楽部関西支部・大阪勉強会。

京都勉強会は毎月、神戸基礎勉強会は隔月で開講されているのだが、孫たち
のお守りや病院ボラの曜日と重なって、最近はなかなか参加できないでいる。

昨28日は大阪・堺筋本町まで出かけて「大阪産業創造館」6階で勉強会を
13:30から17時前まで。
a0052666_17564063.jpg


その後、16階のレストランに上がって「夕食会」を2時間半ほど。

勉強会には、今回はゲストに、飲食店の券売機や病院の診療費支払機、レジ
つり銭機、キーレスのコインロッカーほか最先端の技術を駆使した機械器具
の製造メーカー「グローリー(株)」から勤続35年のKさんを講師に迎えて、
「お金のふしぎ」と題して、マジックもどきの紙幣と磁石、洗濯ばさみと
つま楊枝を使って、縦横に二つ折りしたお札を楊枝の先に置いてグルグル
回したり、お札を横から縦から、裏から表からすかしたり、ミニルーペで
凝視したり、隠された数字や文字や絵を探しまくったり・・・なかなか
面白かった!!
a0052666_1023565.jpg

海外でのお札やコインの、お国事情で異なる使い方や処分の仕方の「面白い話」

お札の偽造防止技術の数々も教えてもらい、「ちょっと賢くなりましょう」
では、お札やコインの厚さや大きさの計り方、まとめた時の呼び方など
この年にして初めて知ったこともあり、あっと言う間の1時間半ほど。

その後1時間半ほどは、メンバー19名でスマホのラインや、使い方・不明な
事柄を質疑応答式に勉強しあって、17時前に終了。
(私はいまだにスマホではないが、今後のために勉強、勉強!)
a0052666_175752100.jpg

館内の16階にあるレストラン「にん・にん 桃莉」に移動して、3名減で16名
で『夕食会』を19:20まで、、ドリンク類は自腹で、おいしい料理とともに
いつもの生ビールを頂いて、和気あいあいと話も弾み、賑やかな宵のひと時
を過ごして解散!

前回、280円で頂いた生中が、今回は550円! ビックリ!!
10円足せば2杯呑めたではないか!(私、ケチな酒呑み!)
a0052666_1833268.jpg

金曜日は21時閉店という「阪急百貨店」に寄って、22:00頃宝塚へ帰着。

次の大阪勉強会は7月の予定・・・
行けるかな? でも楽しみにしている「頭の体操!」

もっと多くの関西支部会員が参加すればいいのに・・・
a0052666_17572441.jpg

by kokko48513 | 2017-04-29 17:57 | メロウ倶楽部 | Comments(0)

私にとって≪4/25≫という日は、今ある≪命≫に感謝する日。

昨日12年目を迎えた尼崎「JR福知山線脱線事故」。

テレビニュースに映る、通過列車の長い哀悼の警笛の音に涙があふれてきた。
a0052666_1929113.jpg

12年前のあの朝、10時から始まる大阪・梅田の「NHKカルチャーセンター」へ、
宝塚・すみれガ丘の自宅マンションを原付バイクで出て、月極め契約の宝塚駅
駐輪場に預け、JR宝塚駅から快速列車に乗り込んだ。

その列車が、あの事故を起こした列車の3分後に発車したものだった。

もし、途中の信号の二つ三つがスムーズに通過していたり、バイクのスピード
を速くして、駐輪場に着くのが早くなっていたら、あの列車に乗っていたかも
しれなかった私。
a0052666_19324154.png

途中、川西池田で「前の列車の踏切事故で運行不能になった」という車内アナ
ウンスに、急いで阪急電車に乗り換えて梅田に向かい、少し遅れて教室に飛び
込んだ。

まさか、あんな大惨事になっているとはつゆ知らず・・・

いつも大阪へJRで向かう時、大阪駅の停車位置の便利さで、必ず2両目に乗って
いた私。

今、マンションの形は当時とは変わったが、あの時突っ込んだ2両目の車両が
一番死傷者も多く、凄まじい状態になっていたという事実・・・
a0052666_1943279.gif

授業を終わって出てきたセンターのロビーのテレビ画面にずっと映し出される
身の毛もよだつ大事故の惨状を目にして、あの時ほど背筋が凍り、歯の根も
合わず、全身に走る大きな震えはなかなか止まらず、それまで経験したことが
ないものだったのを今も覚えている。

107人の方々が亡くなられ、562人もの方たちが重軽傷を負われたと知った時、
3分間の時間差で生かされている自分の命を、これからの人生、長いか短いかは
わからないけれど、大事に生きなければ・・・と思ったものだった。

亡くなられた皆さんと、今も苦しまれる犠牲者の皆さんに心からの哀悼の意と
お見舞いを申し上げます。
a0052666_19454892.jpg


77年余りの私の人生において、阪神淡路大震災、2005年のイギリス・ロンドン
同時爆破テロ、2010年スイスで起きた観光列車「氷河特急」の脱線・転覆事故
・・・ほか、すんでのところでいくつもの命拾いをしているが、阪神大震災と共に
このJR脱線事故は、最大の「死」と隣り合わせの「命拾い」だったと思う。

今、生きていることに感謝!、感謝!!

a0052666_85798.jpg

by kokko48513 | 2017-04-26 19:45 | 雑記帳 | Comments(0)

昨23日、ずい分早くから予約をしておいた「大沢農園」へ、今年の「いちご狩り」
に「モン・カン・ブン・ケイ・コウ」5人の孫を揃って連れ出し楽しんできた。

娘も「初めて一緒に行けたら・・・」と言っていたのだが、13時から檀家さんの
お寺での法事が入って、結局、いつも通りにダメだった。
a0052666_23185951.jpg


孫たちとの「いちご狩り」は、2008年5月に「モン」と二人で三木市「たにい
農園」へ行ったのが“初”で、2013年5月に「コウ」が生まれた年以外は
神戸北区の「二郎農園」か「大沢(おおぞう)農園」へ、「モン・カン・
ブン」を連れ出した2011年以来ずっと行っていたが、アルバムを見返して
見ると、もっと娘宅・息子宅揃って連れて行っていたと思っていたのは
私の思い違いで、両家揃って今回連れ出したのは2011年以来だった。

「モン・カン」は例年、ピアノを教えてもらっている先生が呼びかけて下さり
「二郎農園」に行っていたが、今年は開催される日が、母親の実家に帰省する
日と重なり、「今年は行けないな・・・」とがっかりしていたらしいが、
「ブンたち」と6年ぶりに賑やかに出かけることになった。
a0052666_2320217.jpg

11時からの予約で、西宮・鷲林寺交差点で9:45に待ち合わせをして、車を
チェンジ、助手席に「モン」すぐ後ろに「ケイ&コウ」、最後部席に「カン・
ブン」が乗り込み、「ケイ」持ち込みのヤマハのCDをBGMに、話しも
賑やかに弾んで小一時間で到着。

以前にもご厄介になったことのある「大家さん」、5組の予約で30人余り。

ビニールハウスの一つに入り、畝2列を一方通行で進み、赤く熟したいちごを
貰った容器に入れて、外に置いてあるタンクの水で洗い頂き、再び、ハウスに
入って摘んできた苺を洗って頂く・・・の繰り返しで、山盛りに積んだ苺を
「モン・カン・ブン・ケイ」は何回繰り返したことか・・・特に、女3人の
食べた量が凄まじい!
a0052666_23203983.jpg

「コウ」はあっさり、2回食べたら「もう、ごちそうさま」で、あとは、他の
4人にくっついてハウスを出たり入ったりしていたが、外の土手を上がったり
下りたりが面白そうで、タンポポを摘んだり、飛んでくる蝶々を追いかけたり、
食べるより遊ぶほうを楽しんでいた。
a0052666_23295348.jpg

「ケイ」は食べだすと、「ジャンパー汚すといけないし、汚れても良い紺色の
Tシャツを着てきたの」と自分の弱点がわかっているようで、早々にジャンパー
を脱ぎ捨てて、口の周りをまっ赤か、ずくたんぼにして姉たちに笑われながら
食べていた。

それでも、食べる量は女三人には及ばない。

でも最近の「ケイ」は、小学生になったという意識が強いのか、幼児から少年
に成長している著しい部分があって、目を見張るときがある。
a0052666_23214249.jpg

「まだ時間大丈夫?」と女3人、最後の最後まで何回ハウスに入ったことか。

特別に隣のハウスの「右端の奥の“章姫”の赤いのをとって食べてもいいですよ」
と言われて、嬉しそうに摘んできていた。

今までは「コウ」は無料だったが、一人前に幼児料金がいる。

「シニア料金はありませんか?」と尋ねて、奥さんに笑われた・・・
a0052666_23223128.jpg

「いちご狩り」の後は、今年3/30に「道の駅」としてオープンした、我々には
「フルーツフラワーパーク」でおなじみの『道の駅 神戸フルーツフラワーパーク
大沢(おおぞう)』へ行く予定だったが、その前に、昼食を近くの「神戸三田
アウトレット」で食べてからにしようか・・・と移動した。

「ブン・ケイ・コウ」親子が急遽、今日の夕食を尼崎の仲良しのご家庭で一緒に
頂くという予定が入り、夕方5時には西宮に連れて帰る約束だったのだが、この
「アウトレット」に昼食をとりに寄ったのと、帰路の高速渋滞で大いに目論見が
外れてしまった・・・アイタタ!!ということになってしまった次第。
a0052666_23234082.jpg

アウトレットは駐車場もスムーズに入れて、「フードギャラリー」での食事も、
場所の確保も注文もスムーズだったのだが、別の場所にしたのはまずかった。

食事代も、場所柄「フードギャラリー」と言っても高くつく!

「アウトレット」から「フラワーパーク」へ移動するとき、駐車場に入る車が
どこまで続いているのかというくらいの長蛇の列で、凄いことになっていた。
a0052666_23354776.png

着いた「フラワーパーク」も、以前何度も来ているが、車の数も、人の数も
凄いことになっていて活気があふれ、「道の駅」になった効果は出ている模様
・・・だが、日本人は飽きやすい。

オープンしてまだ3週間余り、いろいろと魅力ある創意工夫が必要だろう。
a0052666_23241463.jpg

「パーク」に入れば昔のままで、子どもたちの大好きな「わんぱく広場」で
たっぷり遊び、「モン&カン」は「ゴーカート」にも初挑戦、「ブン&ケイ」は
「怖いからやめとく」、遠目の果樹園には梨の花が咲き誇り、天気も上々青空が
広がり素晴らしい日で、「コウ」も一人前に仲間入りで遊べるようになった。

「遊園地 おとぎの国」では、「コウ」はまだ乗れなかったり、「怖い」と敬遠
したりで、「ひとりどれでも良いけど、乗るのは二つだけ!」と宣言して、
「コウ」は「GOGOトーマス」と「汽車ポッポ」の列車オンリー、あとの4人は、
飛行機状の「アストロファイター」には一人乗りで全員乗り込んだが、あとは、
「モン&カン」は自分の足で漕ぐ「スワンサイクル」に二人で乗り、「ブン&ケイ」
は一人ずつ、丸太の舟がプカプカ進む「チャイルドリバー」に乗ったという。
a0052666_23244984.jpg


さぁ、大変! 早く帰らないとえらいことだ!!で、駐車場に向かったが、みんなの
水筒や、脱いだジャンパーや帽子、私の荷物かばんを入れたキャリーを、遊園地の
「トーマス」の近くに置いたままコロッと忘れてしまっていた。

孫たちにもよく言われる「忘れものばあちゃん」の本領発揮!

ゲートの外にある臨時駐車場の入り口まで戻った時、最年少の「コウ」が、「おばあ
ちゃん、お荷物のコロコロ誰もひいてないよ」と、気づいてくれた。
a0052666_23425278.jpg


「コウくん!えらい!ありがとう!!」 モン姉ちゃんが階段上がる時にも、言わ
れないのに、キャリーのパイプの下を持ち上げて助けていたね。やっぱり、幼稚園
年少さんになると違うわ!!と感心する。
あとの3人、あの時何していたんだろう・・・

「先に車に乗っていなさい。運転席は絶対に触ったらだめよ!」と、「モン」に
キーを渡して遊園地へ取って返す。

これも大きな時間のロスとなった。
a0052666_23254312.jpg

ポツンと「トーマス」の所に置かれたままでキャリーは待ってくれていた。

車に戻ったら、日中の残照で車内は暑かっただろうが、「モン」がちゃんと両側
のドアーを開け放って風を通して乗り込んで待ってくれていた。

「キャリー」は、山道や坂は「モン」に任せ、5人みんなが順番にひいてくれて
これだけ大きくなってくると本当に助かる。
a0052666_2326862.jpg


「大沢IC」からすぐに高速に上がり、西宮へは戻らず、先着の親へひき渡すために
尼崎のお宅へ直行することとなり、阪神高速「尼崎西」を目指す。

すでに時間のロスがあるのに、高速が案の定ほとんど渋滞状態で、気が焦る私とは
裏腹に、「コウ」はすぐに眠りに入ったが、あとの4人のやかましいこと!

次から次とよくもそんなに続くものだ!と感心するほど、前から後ろ、後ろから前
へと、言葉遊びがにぎやかに飛び交って続いていく。
a0052666_23263540.jpg

疲れているだろうに4人は一睡もせず、「コウ」は良い具合に到着寸前に目が覚めて
大幅に遅れて18:30に寺町に到着、親に引き渡して、車をチェンジして宝塚へ
走り出した。

「モンたちと夕食とってから帰るわ」と息子に電話して、宝塚まで戻り、ソリオ
「ポポラマーマ」で、お昼に「モン&カン」が食べたがっていた「ピザ&パスタ」
を食べてから帰宅した。
a0052666_23265715.jpg


たっぷり一日、ちょっと疲れたけれど、みんなで遊ぶということは素敵なことで、
これからも、元気でいられる限りはこの人たちと遊ぶ機会を増やしたいと思う。

最近は、私のほうが面倒を見てもらっているのかもしれないが・・・

孫たちは日に日に頼もしくなっていく。 
これも嬉しい限り・・・

by kokko48513 | 2017-04-24 23:36 | 孫 5人 | Comments(0)

4/19、さいたま市で3人の幼いこどもたちが死傷したマンション火災の件で、
ブログにアップしようと下書きした文章を、母親批判、家庭批判になってしまう
と、削除した。

しかし、わが家にも子供たちと同じ年齢層の孫がいる。
a0052666_121553.jpg


「ブン・ケイ・コウ」の8才、6才、来月4才になる娘宅の3人の孫たち。

娘夫婦や私たちの擁護を受けて“それが当たり前”として日々幸せに暮らしている。

埼玉のこの家庭、父親の影が見えないが、かつてのわが家のように単身赴任とか、
離婚をしての母子家庭なのか、他の事情があっての母子4人暮らしだったのか、
その辺は不明だが・・・
a0052666_1235471.jpg

5分、10分くらいならいざ知らず、夕方から何時間もこの3人の子どもたちを
置いて仕事に出かけていたという母親不在のこの家庭、“尋常”ではない。

5才のお兄ちゃんや亡くなった4才の長女に何ができるのか?

ましてや、排尿・排便・食事ほか何事にも親の手が必要な生後8か月の次女がいる。

やるせなくて、不憫で不憫で、可哀想でたまらない。
a0052666_1214232.jpg

今の日本の冷ややかな縮図がここにあるようで、昔、我らの子どもの頃は、子ども
同士も縦横につながりがあって、親だけでなく、近所のおじさんやおばさんが悪さを
した子には怒鳴りもし、鉄拳もおりてきた。

自分の子だけではなく、常に近所の子供のことも気にしてくれていた大人がいた。

学校でも、悪いことをする子には、加減をしたお仕置きや鉄拳もおりてきた。
a0052666_12181070.jpg

あれで良かった・・・とこの年になっても懐かしく思い出す。

今はろくでもない親がいて、戦々恐々と先生が萎縮してしまっているのを気の毒に
思ってしまう。

8才「ブン」くらいになると、弟妹の面倒を見ることもできる年齢になってきて
いるが、この3人の子どもたちは、どんな時間の過ごし方をしていたのだろう・・・

他にもいるだろうこういう子供たちが大人になった時、どんな大人になるのだろう?
a0052666_1222017.jpg

近所との付き合いもなかったという。

玄関の鍵はかかっていなかったというのに、助け出すことができなかったという
この悔しさ・・・

暴言や失言、不倫騒動、豊洲や森友問題ほか、政治そのものが貧困すぎる今の日本、
端の端まで、隅の隅まで目の届く、心細やかで弱者にやさしい政治をしてほしいと
痛感する。

地域のつながりをもっと大切にしてほしいとも思う・・・
a0052666_12235316.jpg


せめて、「天国で、幸せになりなさいね・・・」  合掌
by kokko48513 | 2017-04-22 12:24 | 雑記帳 | Comments(0)

昨日の「ヤマハ グレードテスト」の会場で、「ブン」のテストが終わるのを
廊下で待っていた時、テストを受けに後から来た顔見知りらしい2組の親子、
部屋の前で大きな声でしゃべりだし、男の子は特に声が大きくて、女の子は
テストをやっている部屋の壁をコツコツたたいたり、母親たちの声も段々
大きくなっていく。

防音はしてあるだろうが、テスト中のピアノの音が廊下に漏れてくるという
ことは、廊下の声も部屋に聞こえているかもしれない。
a0052666_17453420.png

こういう時に黙っていられないのが私、「大きな声でおしゃべりするのは控え
ましょうよ。中の音が聞こえるというのはあなたたちの声も中に届いているか
もしれないでしょ」と注意した。

若い母親たちムッとしていたようだが、常識の無い人が増えてきているのを
日々痛感してしまう。 
a0052666_17485249.jpg


「ケイ」が「ブン」のテスト会場に、どうしてもついていくというのを
「ダメ!」出ししたら、「おばあちゃん、帰ってきたらすぐに宝塚に帰ら
ないで・・・!」と哀願し、「コウ」も「おばあちゃん、遊んで・・・」
と要求してくる。
a0052666_1751423.png


「すぐに帰らないよ。夕方近くまでいるから・・・」

16時前から、桜満開ながら散り始めている近所の公園で1時間ほど、「ブン&
ケイ」が「おばあちゃん3人でドッジボールしよう・・・」と2対1で試合が
始まる。

「コウ」は桜の花びらを集めたり、シーソーや鉄棒、ストライダーで走り
回っている。
a0052666_2281770.jpg

鉄棒で逆上がりをする「ケイ」が、通りすがりに目にした町内会長さんに「上手
いな。体操の選手になれるな!」と褒められたり、父親と来ていた鉄棒が全然
できないという同じ小学校の2年生の男の子と、幼稚園生の妹に、「ブン&ケイ」
が鉄棒で逆上がりのお手本を見せたりしていたが、日曜というのに、晴れていると
いうのにどうしてこんなに子供がいないのか・・・と感心する。
a0052666_2213042.png

どこで、何で遊んでいるのだろう・・・

勉強も大事だけど、身体を動かすのも大事だよ!!

家の中でゲームばかりしていたら、大人になって大変な事になるよ!!

子供は遊べ!あそべ!!
a0052666_17541690.jpg

by kokko48513 | 2017-04-17 17:54 | 孫 5人 | Comments(0)

新学期も始まって「ブン」小学3年&「ケイ」1年、幼稚園に入園して急に
成長したように見える5月で4才の年少組「コウ」。

3人の母親として超多忙な日々を送る娘だが、桜のシーズンの穏やかなこの
季節に、連日の葬儀やお寺での法事が一日に何件も続き、猫の手も借りたい
ような日が続いている。
a0052666_13584414.jpg


14日金曜日は「ケイ」のヤマハ音楽教室の日で、いつもは母親が付き添って
私は「ブン・コウ」とお守りをしながら家や近くの公園で過ごすのだが、この
日は、兵庫教区の和尚さん方の集まりが娘宅で開催され、ご接待があり娘は
家を空けるわけにいかず、「楽器演奏音痴」の私が「ケイ」の付き添いで
行くことになった。

3月末の発表会のあと、教室が休みだったり、自己休暇をとったりで3/24
以来の教室で、本人は「ちゃんと練習していたよ」というが、予想通り、最初
の演奏練習は見事にボロボロ・・・そのくせ、休んで一度も習っていない曲を
皆について何とか弾いているのがおかしくて、「見事!」と思ってしまう。
a0052666_13591382.jpg

きっと、耳から入る姉の曲でもこなしてしまう「ケイ」、まだ習っていない曲
を遊び心で家で弾いていたのだろうか・・・

5月からは「幼児科」から「ジュニア科」に進級する「ケイ」、がんばれ!!


昨16日(日)は、「ブン」がヤマハの「グレードテスト」を10時から受ける
日で、西宮北口の「新響楽器・ミュージックサロン」が会場で、これも娘はお寺
を空けられず、私が付き添うことになっていた。
a0052666_13594823.jpg

8時過ぎに宝塚を出て車はお寺に置いて、「ブン」とは会場まで電車で行くこと
にして、9:05に出発。

阪神西宮からは各停でひと駅「今津」で阪急電車に乗り換えて「今津線」で二駅
「西宮北口」で下車して、徒歩5分足らずの所・・・

ここで、大いなるミスをしてしまった・・・

a0052666_15395639.png

「梅田」に出かけるときに乗る「直通特急」についつい乗ってしまって、ドアが
閉まる直前の車内アナウンスで「ハッ!!」と気がついたが、「ブン」の手を
ひいて慌てて降りるのは危険この上なし!
a0052666_1402767.jpg


「ブンちゃん、間違ったわ。各停で良いのにこれ特急だから、次の甲子園まで乗って
引き返すわね」と、「甲子園」(各停だと3駅目)で降りて「今津」まで引き返し阪急に
乗り換え、それでも、10時10分前には無事会場に到着していた。  安堵!

10:10から始まった「テスト」、中から「ブン」の弾くピアノがスムーズに
聞こえて来ていたが、「初見」ほか、項目は他にもいろいろあって、出てきた「ブン」
の第一声、「ダメだった・・・」

「楽譜見られると思っていたら全部暗譜で、途中でとんでしまってうまく弾けなかった」
らしい・・・
a0052666_1431733.png

「いい経験したじゃない。次からの参考になるもの。上になるほど難しくなるからね」

練習をしなかったり、ぐずぐず言うと、「それならヤマハやめてしまったら・・」と
けん制をかけると、二人とも「いやや!絶対にやめない!!」と叫ぶ。

二人とも好きなのだろう・・・
a0052666_1405762.jpg

5月から「コウ」も『おんがくなかよしコース』に入り、姉・兄の仲間入りをする。
気にいるかな? 楽しみなさいね!!

まだまだ、父親・母親も私も忙しい日が続きそう・・・

(今年も“造幣局の通り抜け”に行けなかったのが残念! 来年を楽しみに!!)
by kokko48513 | 2017-04-17 14:04 | 孫 5人 | Comments(0)

同じ年代かと思っていた「ペギー葉山」さん、83才、私より6才お姉さんだった。

今年に入ってからテレビに出て歌っておられたのを見ていたので、突然の訃報に
ビックリした。
a0052666_16112591.jpg

歌手の方も年齢とともに声がかすれていたり、高音が全く出ていない方もいたり、
聞くに忍びない方もいて、「もう、出るのを止められたらいいのに・・・」と
思うこともよくあるが、その時の「ペギーさん」は83才とは思えない良い声で
歌っておられたのを思い出す。

代表曲「南国土佐を後にして」はご本人は“嫌いな歌”だったらしいが、これは
カラオケでも歌いやすい歌で、好きな歌の一つだ。

ジャズ系の歌も好きだった。
a0052666_1681181.jpg

今も孫たちと歌う「ドレミの歌」、この日本語の訳詞が「ペギーさん」ご本人
だったとは・・・

ものの無い時代に育ったものとして、「ペギーさん」が、食べたいドーナツが
その時代は思うように食べられなかったので、『ド』は“ドーナツ”にしたと
いうエピソードをどこかで読んだが、なるほど!なるほど!!と感心した。

亡きご主人の俳優・根上 淳さん、若く華やかなりし頃のお姿は今も思い出せる
そういう年代の私である・・・
a0052666_16115048.jpg

「肺炎球菌の予防接種」は受けておられなかったのだろうか。
特に高齢者は「肺炎」には気をつけましょう!

心からご冥福をお祈りいたします。  合掌

≪写真はGoogleから拝借≫
by kokko48513 | 2017-04-15 16:09 | 雑記帳 | Comments(0)

何を信用したらいいのか? 誰を信用したらいいのか?

日本も本当にイヤな世の中になってきたと思う。

逮捕後全面否認をしているというが、まさかのまさか、保護者会会長で
子供たちの“見守り隊”もやっていた人間が犯人かも・・・とは。
a0052666_23255414.jpg

わが家でも5人の孫たちは地元宝塚でも、西宮でも「見守り隊」のおじさん、
おばさんに見守られて登・下校している。

「ブン」など、「おじさんに飴さんもらった!」なんて嬉しそうに帰って
来ていたが、子供たちは100%信頼している。

その信頼している人が、誘拐、殺人、死体遺棄という恐ろしいことをやって
いたかもとは・・・
a0052666_23272946.jpg

子供たちにどう説明すればいいのだろう・・・

変に神経質にならないほうが良いとは思うが、こんなに変な事件が続くと
手の打ちようがない。対応のしようがない・・・

一生懸命「見守りボランティア」をやってくださっている方たちの気持ちを
思うと何ともやるせないことになってきた・・・
a0052666_23234441.jpg

おおらかに育て!明るく育て!と思うが、それができない世の中になって
きているようで、恐ろしい・・・
by kokko48513 | 2017-04-14 23:27 | 雑記帳 | Comments(0)

3人姉弟、末っ子の「コウくん」の幼稚園年少入園式。

8:30に家を出て、登園時間に間に合うように西宮へ向かう。

制服姿の「コウ」を見て、昨日までの「コウ」と違い顔つきも態度もいっぺんに
大きく凛々しくなったようで、感動してしまう。
a0052666_1248276.jpg

後ろ姿がお兄ちゃんとそっくりで、幼稚園では先生方に「お兄ちゃんとそっくり!」
と言われ、本人の心情としてはどうなのだろう・・・

前日の雨もやみ、まさに園庭の桜も満開で迎えてくれた4/12(水)10時から、
母親の娘と私が付き添って、父親は今回は出られなかったが、他の家庭はほとんど
父親も同伴で、その上に、爺婆が一緒の家庭も結構あって式場は準備された座席
では足らず、立ち見もあり、園庭もごった返す状態で、小学校同様に“時代”を
つくづく感じてしまう。

兄「ケイ」の通園に付き合っていた「コウ」としては、通いなれた「幼稚園」、
いつも戯れの相手もしてくださる顔なじみの先生方、堂々とした態度で母親と
教室に入っていった。
a0052666_12485552.jpg

登園時から泣いている子、式場でも園庭での集合写真撮影の時も母親から離れら
れずにずっと泣いている子、今も昔もこの情景は一緒。

いつまで続くか・・・子供も、本人以上にお母さんも頑張れ!!

先生と年長組全員に迎えてもらった入園式は15分ほどで終わったが、母親と
隣り同士に座っているうしろ姿はとても立派! ずい分成長しているね!を実感する。
a0052666_12594252.jpg

親と前後同じ位置に並んで撮影することになっていたが、抱っこしないと駄目な子が
いて、その子たちの最前列の席へ母親の前から移動を促された「コウ」、先生に
「大丈夫?」と聞かれ、「うん」と頷いて移動していたが、偉いよ!「コウくん」!

式場と教室では撮影禁止で、園庭での写真しか撮れなかったが、すぐに他の子供たち
と遊具で遊んでいる姿を見て、この人はきっと楽しい幼稚園生活を送れるだろう・・
とひと安心のひと時だった。
a0052666_12495177.jpg

午後は、1年生3日目の兄「ケイ」が先に帰宅、給食の始まった姉「ブン」は15時
頃に帰宅して、弟「コウ」に、「どうだった?」と初登園の感想を聞き出そうとして
いたが、言葉羅列での感想はなかなか出なくて、それでも「楽しかった!」と、父親
にも姉・兄にもひと言だけ報告していた「コウくん」、これからも毎日楽しもうね!

2日目今日は11時過ぎには降園だけど、楽しんでいるかな・・・?
a0052666_12501260.jpg

ふた山続きの親だったが、ホッとしていることだろう。

でも3人の「お便り」を確認する作業だけでも母親としては大変だ!
今まで以上に気を引き締めて「子育て」に精を出しなさいよ!!

a0052666_12503282.jpg

by kokko48513 | 2017-04-13 12:50 | 孫 5人 | Comments(0)

今日火曜日は「ブン・ケイ・コウ」のグンゼ・スイミングの日。

忙しい母親に変わって3人に付き添うために走っていた車の中、カーラジオから
流れたフィギュアスケート「浅田 真央」さんの引退のニュース。
a0052666_23385547.jpg

ビックリした!

“たら・れば・かも”は好きではないが、真央ちゃんこそ、生まれてくるのがもう
少し早いか遅かったら、世界選手権制覇だけではなく「オリンピック」も連覇して
いたかもしれない実力、たゆまぬ向上心、戦う姿勢、長い間、日本フィギュア界を
牽引してきた功績、ただただ頭が下がるばかり・・・

まだまだ見ていたかったが、自分で限界を感じて、今回の決心につながったので
あろうし、フィギュアスケート人生に悔いはないと言いきれる晴れやかさは
羨ましい限り。
a0052666_23392077.jpg

明日、引退記者会見があるという。

まだ26才、しばらくは“プロスケーター”の道を歩むのだろうが、男子に比べ、
ちょっと心配な女子フィギュア界、いずれは指導者として後輩たちを育ててほしい
・・・と思うのは私だけではないだろう・・・

「浅田 真央」の名前はみんなの記憶から消えることはないだろう。
日本国民みんなからの「金メダル」を差し上げましょう!!
a0052666_23393637.jpg

長い間お疲れさまでした。
しばらくはゆっくりとおやすみなさいな・・・

≪写真は yahoo より拝借≫
by kokko48513 | 2017-04-11 23:39 | スポーツ関連 | Comments(0)