「音楽教室」のくじ引きで、おねえちゃんが「キッザニア4名招待」に
当たって、28日日曜日、16時からの部に行ってきたんだよ。

仲良しの尼崎の「M・D・Mちゃん一家」もくじに当たって、お母さん同士
打ち合わせして、母子8人で行くのをとっても楽しみにしていたの!
a0052666_15144513.jpg


ところが・・・26日金曜日に、27日お通夜、28日お葬式と初七日を
うちの会館でやられる予定の電話が入って、僕のお母さん、多分、夜の
7時くらいまでは出かけられなくなったの。

25・26日、音楽教室の日で僕たちのお守りに来てくれていた「タカばあ
ちゃん」、お家へ帰ってすぐくらいにお母さんが電話して、「日曜日何か
予定ある?」って尋ねて、お母さんが片づけを済ませて駆けつけるまで、
おばあちゃんに付き添ってもらうことになったの。 良かった!!

おばあちゃん、こうなるんじゃないか・・・って、予感していたらしいよ。
a0052666_12334142.jpg

28日は15:15までに到着して、朝一番でお母さんとおばちゃんが
席取りに行った順番に並んで入るんだけど、駐車場に入るまでが凄い行列で、
ハラハラしたけど何とか間に合って、「Mちゃん」たちと並んで待ったの。

全員希望の『ピザ作り』の予約を16:40で先にとって、後はみんな
それぞれ希望の所に行くことにして、4才の僕にはおばあちゃん、同じ
4才のM ちゃんにはおばちゃんがずっとくっついていることにしたの。
a0052666_354762.jpg

時々、大きい人たちの様子を一階と二階を行ったり来たり、おばあちゃん、
階段の上り下りや写真を撮るのに駆け回って、ずい分疲れたみたい・・・
それでも、お姉ちゃんやお兄ちゃんの姿を探せなくて、全部の写真を撮れ
なかったって残念そうだったよ。

おばあちゃんたち、「日曜の夜の部は狙い目かもね・・・翌月曜は学校や
幼稚園があるから地元の人しか来ていないかも。いつもより空いてるわ」
って話していたよ。
a0052666_12343567.jpg

予約しないで、『消防士』『電車の運転士』『車の整備士』『リフォーム
の大工』を順にやって、予約した『ピザ屋』と、『すし屋』を最後に
やって、『車の整備士』をやっている時に、やっとお母さん駆け付けて
くれたの。

入口のゲートに、カードを持っているおばあちゃんが迎えに行かないと
いけないんだけど、おばあちゃん、ポケットに入れてすぐに気づくように
していたのに、メールも、11回かけていたお母さんの電話も全然気づかず、
おばちゃんが気づいて知らせてくれたの。
a0052666_12351033.jpg

お家に帰って気がついたら、なぜか「マナーモード」になっていたんだって。

宝塚のおじちゃんの「情けない・・・!」って、巨人が連敗の悔しい
知らせのメールにはすぐにピカッと光ったので気づいたらしいのに・・・
a0052666_12355756.jpg


作った『ピザ』と、追加の「ピザやポテト&ジュース」、おばちゃんが
買ってくれた「ナゲットやウインナー」ほか、みんなで賑やかに食べた
夕食とっても美味しかったよ!!
a0052666_12353340.jpg

大きい人たちはみんな好き好きに散らばっていたけれど、お姉ちゃんや
お兄ちゃん、他に何をしていたのかしら・・・?って。

初めてのお仕事もやって、僕がやりたいものを決めて楽しかったよ!
a0052666_12361740.jpg

たくさん働いて、お金イッパイ貰ったよ!

お財布パンパン、次に行った時、銀行に預けないといけないわ!
a0052666_12363221.jpg



明29日月曜はお母さんが『寺庭会』の会議で朝から姫路に行く予定で、
僕の幼稚園の迎えからおばあちゃんに来て貰うようにお願いしてるの。

ありがとう! いつもいつも、お世話になります。
a0052666_12365339.jpg


(29日、お姉ちゃんたち、公園で友達とドッジボールするのに、人数が
少ない時、おばあちゃんも引っ張り込んでいたよ。

「いやよ!昨日で疲れたから、今日は休憩!」って言いながら、走っていって
ボール投げていたよ・・・77才がんばるね!!)
a0052666_12371438.jpg
僕とお兄ちゃんは、ドッジボールに入ったり、誕生日に買ってもらった自転車
で走り回ったり・・・お兄ちゃんも、新しい22インチを買ってもらったんだよ!

お姉ちゃんの3年生の友達もイッパイ来て、楽しかったよ!


a0052666_20145369.jpg

a0052666_15353771.jpg

by kokko48513 | 2017-05-30 12:37 | 孫 5人 | Comments(0)

「修学旅行の時は、おばあちゃんからもお小遣い上げるからね」と前もって
言っておいたのだが、私が北海道に行っていたのと入れ違いに5/23(火)
~24(水)の1泊で、広島・宮島方面に平和学習を兼ねて行ってきたという。

北海道土産を持参した24日夕方に親から聞いて「ちゃんと言ってよ!」
a0052666_1381267.jpg

宿泊は「宮島」だったという。
楽しかっただろうね・・・今も、“枕投げ”なんかやるのかね?

昨26日、「おばあちゃん、もみじ饅頭をお土産に買って来たよ」と「モン」
から嬉しい電話がかかって、「うゎ!ありがとう。おばあちゃん大好きだわ。
お小遣いあげてないのに買ってきてくれたの嬉しいわ!!」と、「モン」から
自発的に初めて貰うお土産に心うきうきの状態になる。
a0052666_14028.jpg

身長は毎日伸びているような状態で、さっき「饅頭」を貰いに行って、壁際に
並んで背比べをしたら、5センチ近く追い越されているみたい・・・

持って帰って、まずはお仏壇へ・・・
「おじいちゃん、モンがお土産買ってきてくれたわよ!」
a0052666_11533942.png

デジカメでも持参したかと思ったが、さすが小学生、「写ルンです」だろうか、
学校から一人1台全員に支給されて、それで写した写真しかなく、親が焼付を
して来ていたが、原爆ドームや平和公園など、辛うじて自分は1枚だけ・・・

フラッシュ禁止だったそうで、半分以上が真っ黒け!
a0052666_1241442.jpg

フィルムを借りてきたので、買ったまま未使用の新兵器「ケンコーフィルム
スキャナー」で今からボチボチ取り込んでみようかと思う。

来月、友人親子さんに連れてもらって「USJ」に行くという。

「普段お小遣い上げないから、おばあちゃん、楽しみにしていたのよ。その分
USJに行く予定があるなら上げるから、無駄遣いしないで大事に使いなさい」
と、2000円、現金支給して帰ってきた。
a0052666_271511.jpg

賞味期限は6/10、「5色のもみじ饅頭」一個ずつゆっくり味わっていただこう!

ありがとう!「モンちゃん」! ごちそうさま!!
a0052666_1414349.jpg

(写真:「もみじ饅頭」以外は「モン」撮影の35㎜フィルムから取り込み、加工編集)
by kokko48513 | 2017-05-28 01:41 | 孫 5人 | Comments(0)

旅の三日目、あっという間の最終日。

バイキング朝食、層雲峡もこちら阿寒湖もどちらも各種食べきれないほど豪華だった。

レストランには夕・朝食とも、係りの方の案内を受けて着席するのだが、見事に
周りに飛び交う言葉はほとんど中国語で、ここでもつくづく感心してしまう。
a0052666_1024289.jpg

ところがこの外国の方たち、海外でも何度も目にしているが、家から持参のポットに
コーヒーやお茶・水などを入れて平然としていたが、ここでも、私が牛乳を貰おうと
した時、入れ方がわからず、私に「先に見本を見せて・・・」と言わんばかりに
順番をゆずってきた。

水やお茶くらいならまだ可愛げもあるが、この行為は許せない!

案の定、私の後で牛乳を入れようとしたその身なりのいい婦人に、「ダメよ!!」と
怒鳴って、そばにいた係りの若い女性に「この浅はかで卑しい行為は許したらダメで
しょう!」と注進した。
a0052666_10245965.jpg

すっと女性のそばに行き、ゼスチャーをまじえて「それはダメ!」というように指導
して、女性は一旦引き取っていたが・・・

レストランを引き上げるとき、ジュースの前を通りかかったら、ここには日本語で、
「ジュースの持ち出しはご遠慮ください」と掲示してあったが、外国の方だけではなく、
日本人にもこの浅はかで卑しい行為をする人がいるということか・・・?
a0052666_10255185.jpg

最終日は丸一日の観光ではなく、「ガーデン街道」の『真庭庭園』と『紫竹ガーデン』
の2か所を午前中に回った後、日勝峠の「とかち亭」でオプション・ランチを頂いて、
あとは千歳空港へひた走り、17:00発のJAL機に搭乗するという行程。

まずは、『個人の樹木生産者が運営している「植物のモデルルームです」』と謳って
いる、昭和41年から造り上げてこられた帯広市「真鍋庭園」へ・・・
a0052666_10262327.jpg

ここへ向かう途中、足寄町を通過するとき、「松山千春」さんの出身地ということで、
若干かかわりのあるらしいワイナリー(物産館)へトイレ休憩を兼ねて立ち寄り、
100円の有料試飲で赤ワインをちょっぴり頂いて味見。

「北海道における新しい庭園のかたちをごゆっくりお楽しみ下さい」という広い敷地
をもつ「真鍋庭園」、『日本庭園』から『ヨーロッパ庭園』にかけて、所要時間30分
という一番短いコースを自由に回る。
a0052666_10265141.jpg


自由時間がもっとあれば、40分・60分コースの表示も出ているのだが、何しろ今回の
ツアーでは“40分”という決められた時間しかもらえず致し方ない。
せめてあと10分プラスしてほしい・・・!

バスで移動する道中には、昨年の大きな被害をもたらした台風の傷跡が残る場所も
まだまだ残っていて、復興できていない場所を通る時には胸が痛んだ。
a0052666_10272126.jpg

今回の最後の観光地となる同じ帯広市の「紫竹ガーデン」へ・・・

毎年4/19にオープンして、11/3にクローズされる庭園で、5月はチューリップや
水仙、ヒヤシンスなどを中心に、月々で花の種類も変わり、およそ18000坪という
広大な敷地に約2500種以上の花々が季節ごとの美しさを見せてくれるという。
a0052666_10283777.jpg

『「ガーデンアイランド北海道」皆で北海道を花の島にしましょう』をキャッチフレーズ
に、「北海道とあなたの心に、いっぱいの花を咲かせたい」と、1989年に誕生した
現在は22のゾーン、13のコレクションを持つ北海道を代表するガーデン。
a0052666_10294552.jpg

最初に係りの方の説明を頂いて、三々五々、個々に園内を気持ちの赴くままに写真を
撮りながら散策して、「今日はお顔が見えず、おられないのかな?」と思っていた
人気者の愛称「紫竹おばあちゃん」、90才で現役のここの代表取締役社長「紫竹 昭葉
(しちく あきよ)」さんが、出発間際に元気なお顔を出して下さり、バスに乗る前に
一緒に写真を撮ることができた。
a0052666_103020100.jpg

上品で可愛らしく、こんな年のとり方をしたいもの・・・という見本のような方。

バスを追って「さようなら」をして下さり、窓を開けて「みんな関西です!さようなら」
と叫んでいた。
a0052666_10303964.jpg

空港で少しは買い物の時間もあるかと思っていたが、羽田空港で機内で食べる“空弁”を
買うだけが精いっぱいで、孫たちの土産は「アイヌコタン」の土産物店で買った「マリモ」
だけで、空港で探そうと思っていた思いは達成できず、ちょっと残念!許せ!!

往路、全日空は直行便だったが、帰りの日本航空は羽田乗り継ぎ便で、千歳17:00
に飛び立って、伊丹空港には20:35の定刻に到着。
a0052666_103124.jpg


バスを乗り継いで、家に帰り着いたのは22:00前だった。

三日間のバスでの走行距離は1日目242キロ、2日目329キロ、3日目332キロ、
合計903キロ、広い北海道の中央部と東部を駆けずり回ったことになる。

三日間、全員けがもなく、急病に倒れる人もなく、天気もまずまずで、花々もすべて
満開の絶好の時期に出会えたことに感謝して、心も身体もリフレッシュ!!
a0052666_10313225.jpg

翌水曜日は「病院ボランティア」、がんばりましょう!!

明日からの日々を、元気に楽しく過ごしましょう!
by kokko48513 | 2017-05-27 10:31 | 旅のつれづれ | Comments(0)

曇りのち晴れのち曇り、時々バス走行中小雨あり・・・

一週間前からの北海道10日間予報では晴れ、晴れ、曇りの3日間になる
予定だったのだが、天気は動くもので、それでも、下車場所で雨に降ら
れなかったのが何よりの旅だった。

5/21(日)、伊丹空港南ターミナル10:00集合。
a0052666_13984.jpg

いつもの病院ボラ&パソコンABC仲間7名で参加。

読売旅行・添乗員S本さんより搭乗券を頂いて、10:55発の全日空
773便定刻離陸で千歳空港へ1時間50分ほど・・・

待ち構えていた札幌・はまなす観光バス1号車に乗車して13:00発、
途中、“砂川ハイウエイオアシス館”でトイレ休憩を1回とって、今夜
の宿泊地「層雲峡温泉」へ道央・旭川紋別道をひた走る。
a0052666_1310429.jpg

1号車参加者47名、定員いっぱいで、添乗員席をとれず、S本さんは
珍しく補助席に。

「関西空港」集合の2号車は席に余裕があるらしく、1号車の6名の方
たちが勧められて2日目から2号車へ移動された。
a0052666_13111623.jpg

16:40今夜の宿「層雲閣グランドホテル」到着。

こんなに早く宿に着くのも珍しく、夕食までに宿の前を流れる「石狩川」
や岩石の山々に囲まれた風景を散策しながら撮影して、“温泉”も浴びて
「カニ食べ放題・50種のバイキング夕食」レストランへ・・・
a0052666_13121466.jpg

「蟹」は今ひとつ・・・だったが、おいしいステーキほか、N中さんと私の
二人は美味しい地元の“黒生ビール”を頂いて甘露、甘露!!

呑兵衛でないN中さんから、ジョッキ半分「呑んで!」と回ってくる。

ひと寝入りして、夜中2時過ぎ、ひとりで温泉大浴場にもう一度汗を流しに
行ったが、ひとり“貸し切り”で、何かあったら助けてもらえるかな・・・
なんて・・・でも、さっぱり気持ち良いこと!!
a0052666_1312418.jpg

2日目の行程は、すぐ近くの以前にも来ている「銀河・流星の滝」に寄って、
このツアーのメインとなる紋別郡湧別町「かみゆうべつチューリップ公園」、
網走郡大空町東藻琴「ひがしもこと芝桜公園」へ大移動・・・

どちらもグッドタイミングで、チューリップも芝桜も満開!!!

途中、網走三湖「サロマ湖・網走湖・能取湖」を車窓から眺めている時には
フロントガラスに雨も当たっていたのが、「チューリップ公園」に着いて
間もなく、いい具合に晴れ間も見えて来て、まずは300円の“観覧車”で
公園を一巡して、その後はそれぞれに園内を時間イッパイ見て回る。
a0052666_1313939.jpg

もうちょっと時間がほしかった・・・!

網走市内の「オホーツクバザール」に寄って、オプションで頼んでおいた
ランチ「ほたてづくし定食」(1300円)を頂いて、私だけ、すぐ近くの
「網走刑務所」まで足を延ばす。
a0052666_23321310.jpg

あとは「芝桜公園」へ・・・大歓声が上がるほどの見事な風景!!

14:35に到着して、50分間の自由行動。 これももう少しほしい!
a0052666_13133968.jpg

勾配があるので、ここも全員“観覧車”300円に乗って、頂上で一旦下車
できるので、皆で記念写真。
a0052666_13171540.jpg

それぞれに、次に来た観覧車に乗る人、歩いて降りる人、私は撮影しながら
歩きで移動して、階段を使って降りていく。
a0052666_13141968.jpg

阿寒湖畔の宿へ向かう前に、今までいつも姿をハッキリ見せて貰っていない
神秘の湖「摩周湖」へ・・・

曇り空だが、何と!今回は湖の全景、真ん中あたりにある“小島”も見えて
ここも大歓声が上がった。
a0052666_23353924.jpg

北海道へ何回も来ている人が多く、なかなか見られなかった「霧の摩周湖」
と言うことだろう・・・

屈斜路湖へ通じる「藻琴峠」、知床連山もほとんど姿を隠していて、うっすら
見える部分の説明を受けながら、2泊目の「ニュー阿寒ホテル」へ・・・
a0052666_13174577.jpg

18:30、ホテル到着。

立派なホテル、層雲峡もそうだったが、我ら国内の観光客よりも、中国や台湾など
からの団体客のほうが多い。 
ひと昔前の北海道と違って、外国人に占拠されている感がある。
a0052666_13183153.jpg

レストランは17:30からオープンしていて、部屋へ荷物を置いて、すぐに
80種のバイキングという夕食を頂く。

ここの“蟹”は美味しくて、料理全般、ここのほうが上と見た。
ここでも生ビールと共に頂く。 やはり、N中さんのビールも回ってきた。

昨夜はA川さん、Y原さんと一緒、今夜はY田さん、N中さんの部屋へ私だけ移動。
3名、2名、2名の3室の部屋割り。
a0052666_13194128.jpg

部屋の窓からは阿寒湖が眼前に広がり、温泉も良く、料理もよく、だが、部屋が
前夜より狭く、バスタオル・フェスタオルを入れておくのを忘れていたり、
電気ポットの洗浄が悪くて細かいゴミが出てきたのには、立派なホテルだけに
ちょっと驚いた・・・「ご意見書」をフロントに出しておいたが・・・

ホテルレストランで夕食を頂いた後、オプション参加の「阿寒湖アイヌコタン
『イヨマンテの火まつり』」にKさん以外の6名で参加。

何年前の旅だったろうか、一度見せてもらっていたのだが、虐げられた歴史も
ある「アイヌ」の人たち、今は純粋な「アイヌ」の人たちも少なくなり、どれ
だけの人が存在しているのかもハッキリしないという。
a0052666_3124666.jpg

「見せてもらえる間に見ておきたい」という思いで参加した。

30分ほどの公演だが、次々と演じられるひとつ、ひとつに、できればどういう
意味があるのか説明がほしかった・・・という私の感想。

旅の思い出に、会場の周りにある店で、“木彫りのペンダント”を購入した。
a0052666_3161020.jpg


二日目、温泉にゆっくり浸かって、おやすみなさい。
]

a0052666_13212462.jpg

by kokko48513 | 2017-05-25 13:21 | 旅のつれづれ | Comments(0)

明21日から2泊3日で北海道《道央・道東》への旅。

読売旅行のツアーで、「美しき彩の北海道2大お花畑めぐり&美しき
ガーデン街道とひがし北海道2大名湯3日間~ひがし北海道2大名湯!
層雲峡温泉と阿寒湖温泉3日間」
a0052666_22134253.jpg

長ったらしい名前がついたツアーで、「上涌別チューリップ公園」、
網走郡大空町の「東藻琴芝桜公園」、最終日には帯広の「真鍋庭園」&
「紫竹ガーデン」など、今が盛りと咲いている花々を訪ねる旅。

「病院ボラ&パソコンABC仲間」7人での旅。

明日のこちらの天気予報は『真夏日』になりそう・・・とか言っているが、
それに比べると10度前後低かったりするようだが、天気は総じて良さ
そうで、他にも立ち寄る、以前にも行っている「銀河・流星の滝」や
「摩周湖」なども季節が違い、前とは違った顔が見られそうでとても
楽しみにしている。
a0052666_22142435.jpg

用心のジャケット一枚とスカーフ、お守り代わりの折りたたみ傘も入れて
いざ!出発だ!

久しぶりの北海道旅行で、楽しみな3日間になりそう・・・

1泊目が50種類+カニ食べ放題、2泊目が80種類のバイキング夕食、北の
地の美味しいビールも楽しみで、きっと我が人生の体重をまたまた更新
することになりそう・・・

さぁ!みんなで楽しく参りましょう!!
by kokko48513 | 2017-05-20 22:14 | 旅のつれづれ | Comments(0)

病・医院の名は秘す。

60代に入っても順調だった血圧が高くなって、循環器科のご厄介に
なりだしたのはいつだっただろうか・・・

3か月に一回の受診だが、かれこれ10年近くになるかもしれない。
a0052666_138198.jpg


最初は循環器科部長の女性の先生に診てもらっていたが、出身本体の
大学病院に戻られるというので、男性の先生に引き継いで頂いて、
今年の3月までずっとその先生にご厄介になっていた。

その先生が3月末で退職されるというので、女医の先生にバトンタッチ
して頂いて、先日初めての診察日で通院した。

今までの先生方は体調を聞いてくださると同時に、すぐに血圧を測り、
胸と背中に聴診器もあててくださっていた。
a0052666_1441886.jpg


血圧がちょっとでも高かったりすると、二度三度と測りなおして下さった。

その後、次回の3か月後の診察日の希望を聞いてくださって、予約票と
一日一回朝食後に飲む、「生きている限り、飲まないといけない」と
言われている2種類の薬の処方箋を頂いて帰っていた。

今回、予約をしていたにも関わらず、1時間遅れで診察室に入って、
「お待たせしました」はなく、初対面で「初めまして・・・」の挨拶をした
あと、「今朝の血圧は・・・」と聞かれ、今までのように血圧を測るでもなく、
聴診器を当てるでもなく、いきなり、「次の診察日はいつにしますか・・・」
と聞かれた。
a0052666_1494413.jpg


先生によって診察の仕方に違いはあるかもしれないが、『循環器科』の医師
として全く“診察”という義務を果たさないこの若い医師に頭に来てしまった。

「今までは・・・・・」と二人の先生の診察の仕方を言ったら、案の定、
「診方はそれぞれ医師によって違います」とのたまう。

「それでも私は血圧の測定と、聴診器を当てて異常はないかも診てほしい」と
要求したら、そこで初めて「いいですよ」と血圧を測りだされた。

いつも130程度、高くても140くらいで治まっている血圧が“158”に
上昇し、それで終わろうとされるので、いつものように「もう一回測って
ください」と要求したら、なんと“178”、こんなのは初めてという値に
飛び上がっていた。
a0052666_1475020.png


人間、頭にきていたり、激情していると血圧は急上昇するのだろうか・・・

そのまま終わろうとする先生に、とうとうプッツンしてしまった私、「今後
先生に診ていただく気持ちは失せました。ほかの先生にチェンジして下さい!」
と宣言して、3か月後には他の先生に診ていただくことにした。

「先生のご指名はありますか?」だって。
そんなものあるはずがない。どの先生が良いのか悪いのか・・・なんてわかる
はずもない。
a0052666_152294.jpg


私は10時の予約だったが、診察が終わって中待合に出たら、同じ先生に診て
頂く9:30予約という上品なご婦人が待っておられた。

1時間の遅れに直談判した私が先になった訳で、どうなっているのだ?

あんな診察の仕方で1時間以上遅れるというのもなんとも解せないこと・・・
a0052666_154111.jpg




医師と患者に信頼関係が必要だろうし、若い先生を“良い先生”に育て上げる
のに患者の忍耐も必要かもしれない。

でも、患者は病人、病があって通院している弱者。
病・医院や医師・看護師の皆さんを信頼して通院する。

患者の痛みや苦しみをわかってくれる人でないと“医者”になってほしくはない。

机上だけの学問で、人のぬくもりもわからない人に“医者”になってほしくない。
a0052666_1555135.png


いい年をして、すぐに頭にくる私、反省・・・!

こんなに「医師」に対して不信感を持ったのは初めてだが・・・
by kokko48513 | 2017-05-19 01:56 | 雑記帳 | Comments(0)

昨日5/15は「コウくん」4才の誕生日。 おめでとう!!!
a0052666_1322983.jpg


幼稚園年少組、先週金曜日から週3回の“給食”も始まり、降園時間も今週から
年中や年長と同じ午後2時になった。

言葉が達者で、性格はいたって明るく、どこに行ってもすぐにそばにいる人と
仲良くなり、話しかけたり、遊んだり・・・友人作りには苦労しない人生を
送れそう・・・
a0052666_2059880.jpg

今月から木曜日週一回の甲子園「ヤマハ音楽教室・おんがくなかよしコース」
に、姉や兄に刺激されてか本人の希望で通い出した。 
a0052666_1325844.jpg


遊びから始まるコースだが、初っ端からピアノを弾かせてもらえると思っていた
らしく、今、両手で弾けるようになった姉や兄に追いつけ、追い越せ!で頑張れ!

火曜日のグンゼ・スイミング教室も楽しそうにやっているが、偶数月のテスト、
先月は本人自信満々だったのだが、合格はお姉ちゃんだけで、ちょっとしょんぼり。
あと3項目制覇! 6月に頑張ればいいわよ!!



a0052666_1333826.jpg

私、この人が何才になるまで元気に生きていられるかだが、この人自身の人生は、
きっと、たくましく生きていけそうで何も心配はいらないだろう・・・

親からの誕生日プレゼントは「自転車」、まだ補助輪が付いているが、14日に到着
したのをさっそく庭で乗り回して嬉しそうだったが、事故には気をつけてね!!

a0052666_134963.jpg


兄「ケイ」の専売特許だった出かけた時の“迷子”、最近は「コウ」が引き受けて
いるが、呼ばれたとき、聞こえる範囲にいる時の「コウ」の返事は大きな声で
ハッキリとしていて素晴らしい・・・でも、迷子にはならないで・・・ね。

私からは「コウ」がどうしても「これがほしい!」という『JRドア開閉E231系500
番台山手線 3両連結列車』を、12日に阪急ガーデンズにふたりで出かけて購入。

「恐竜」も大好きだが、まだプラレールで電車や汽車を走らすのも大好きで、今年も
去年同様に「これ」になった。
a0052666_131034100.jpg

「モン・カンおじちゃん」からも列車をもらおうか・・・? コウくん。

この頃の子どもは本当に忙しいと思うが、何よりも元気に怪我や病気をしないで、
無事に過ごしてくれれば・・・と思う。

「母の日」14日は、葬儀や法事が重なってお寺は大忙し!
a0052666_13123053.jpg


忙しい娘に代わって、午前から「ケイ」の「サイエンスラボ」の付き添いに出かけて、
「コウ」の自転車初乗りの練習にも付き合って、18時からは予約済みの焼肉「あしん
宝塚花のみち店」に息子一家と合流して「私とモン・カン母親」の『母の日』の夕食会。
a0052666_2143111.jpg

これは“肉好き・あしん好き”の私が去年同様に提案したもの。
息子とふたり、生ビールもたっぷり頂いて「ご馳走さま!」、「お母さん」も呑める人
なのだが、なぜか“ウーロン茶”

「今日はなんで早く帰るの?」という「ケイ・コウ」の声を後にして、一旦帰宅。
私はバスで、息子一家は歩きで「あしん」まで・・・吞むために・・・
a0052666_1351842.jpg

前日13日、「USJ」へ友人一家と出かけて楽しかった!という「モン」の報告もあって、
まだ一緒に連れて行ってもらえない4年生の「カン」、この人は目下「年間パス」は
ないのだが、「そろそろ行きたくなっているでしょう?おばあちゃんもいっぺん行って
みたいと思うけど、まだまだ人が溢れかえっているやろしね・・・」

私が行けば連れて行ってあげられるのだが・・・そうなると「ブンやケイ」も行きたく
なるだろうしね・・・
a0052666_139716.jpg

この頃は「モン・カン」の写真を撮る機会がなかなか無くて、食べながら撮りまくった
のだが、ピンボケの多いこと! ごめんよ!

夏休み、みんなでどこかへ行きたいな・・・と思案中。
楽しみにしておいて・・・!!
a0052666_20501487.jpg

by kokko48513 | 2017-05-16 13:12 | 孫 5人 | Comments(0)

昨13日は、阪急友の会招待コースで、大阪・新歌舞伎座で公演中の
「芸能生活55周年記念 舟木一夫特別公演」を友人Iさんを誘って
夜の部を観劇してきた。
a0052666_0485236.jpg

18才でデビューということは73才という高齢で、スタイルの良さは
維持されているが、顔つきや声量には若干お年が感じられるのは
仕方のないことだろう・・・それでも大したものだ!

第1部は~二代・広沢虎造口演~清水次郎長外伝より「鬼吉喧嘩状」、
新作とあり、脚本・演出がどなたかは表記されていないが、林与一
さん、曾我廼家文童さん、桜木健一さんなどのベテランを迎え、
「清水二十八人衆」のひとり、「桶屋の鬼吉」を主人公に、次郎長の
仇敵とされる甲州「黒駒の勝蔵」一家との果し合いまでの話。

が、果し合いの後の次郎長子分衆の掛け合いの場面があって、それが
最後の場面として幕が下りるのだが、これがどうもピリッとした終わり
方でなかったのが気になった。
a0052666_1221191.jpg

第2部の「舟木一夫オンステージ」は、幕開きから歌をうたいながら、
舞台下に花束やプレゼントの品を持って待つファンの人たちから、
右に左にと移動しながら受け取っていくのだが、舞台上には、幕開き
の時から何の台だろうと思っていた何台ものテーブルがあって、補助
の人もなく、それに頂いたものを次々に置いていくという演出。

沢山の品々のほかに、大小30以上の花束があったろうか・・・
a0052666_0501236.jpg

毎日の公演でこれだけの花束をもらってどうするのだろうね・・・と、
話していたのだが、私なら「花より団子」だな・・・

一日2回の公演日もあり、貰ったは良いが大変だろう・・・
昔のように「おひねり」でもスーツのポケットに貰ったほうが良いかも。

宝塚歌劇が「花束のプレゼントは禁止」となっているがさもあろう・・・
a0052666_1364345.png

とはいえ、懐かしい「高校3年生」では、観客も引っ張り込んでの場内
大合唱で、55年間の古い歌、新しい歌、ヒット曲、「こんな歌もあった
んだ」という曲もあって、タップリたっぷり堪能させていただいた。

40分の休憩時間をはさんで、芝居が70分、歌も70分、千秋楽は
5/22(月)で、まだまだ公演は続く。

私が27才の時、鳥羽国際ホテルの職場の年長の友人と、「女二人旅」で
南九州を回っていた時、駅名は忘れたが、片田舎の駅で、ローカル列車に
乗り継ごうと階段を上りだしたとき、偶然、スタッフに囲まれて階段を
降りてきたのが「舟木一夫」さんだった。
a0052666_1234120.jpg

デビュー4年目くらいの人気絶頂の時で、聞き及んだファンも詰めかけて
いて、その黄色い声に答えるでもなく、舟木さんのもの凄いおびえる目を
真正面から見てしまって、「可哀想、大変なんだな・・・」と気の毒に
なったのを今も覚えている。

その後、自殺未遂などもされて心配したが、昨日の姿を見て、「よくぞ
ここまで!」と、感無量になってしまった。

もっとお若いと思っていたが、私と4才しか違わなかったとは・・・

私も頑張ろう・・・!!
a0052666_12349.jpg


終演後、上本町YUFURAの「しゃぶかつ かつ喜」で、生中はおごって
もらって、ポン酢と大根おろしタップリのヒレカツでおいしい夕食を頂いて
帰ってきた。

帰宅22:30、私、「不良高齢者」だわ!!

by kokko48513 | 2017-05-15 01:03 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

昨日の広島でのデーゲームは大阪行きで見られず、ビデオに撮って
おいたが、情けない大敗で、見返すこともなく消した。

今日もデーゲーム。
a0052666_172337.jpg

日曜の今日、葬儀や、お寺での檀家さんの法事もあって娘は大忙し、
「ケイ」の“サイエンスラボ”の付き添いに午前から出かけるのに、
今日もビデオをセットして出かけたが、さっき、帰宅してテレビを
つけたら、情けない!8回7対1で負けていて、すぐに追加点を
あげられ、8対1・・・そのまま負け!!

セ・リーグ2位と3位の直接対決、何としても勝たなければ!!の
試合だろうが!!

試合後のベンチが映って、先発の田口ほか、ヘラヘラと笑っている
のが何人もいる。
a0052666_1743072.jpg

情けなさすぎる!このザマはなんだ?

てめえら! 応援しているファンの気持ちを考えろ!!

監督以下、みんな“クビ”じゃ!!
by kokko48513 | 2017-05-14 17:04 | スポーツ関連 | Comments(0)

今週水曜の病院ボランティア、何人もの患者さんの車椅子の介添えをした
けれど、「独居老人」が増えているということか、家族や身内の付き添い
もなく、高齢な方々が一人で通院して来られているケースが顕著に増加
している。
a0052666_11423363.jpg

かくいう私も、高齢な独居老人なのだが、とはいえ、すぐ近くに息子一家
がいて、車で40分前後の隣の西宮市には娘一家もいるので不安はない。

いまはまだ元気なので、どこに行くにも一人で飛び回っているが・・・

一人暮らしで骨折をして身動きならなくなった方も以前に介助したことが
あったが、生活全般にわたって何もできない状態で、「退院した後どう
しようか・・・」と、ただただ“不安”を口にされていた。
a0052666_11434858.png

昔に比べれば、便利な世の中になっているが、その「便利さ」を使いきれて
いない「高齢者」がどれだけいることか・・・

一日でも長く、元気に、自分で生きていけるように精進したいと思う。
a0052666_1144202.jpg


まずは、私の人生において最大になっている≪体重≫を少しでも元に戻す
ことが、今現在の最大の目標だが・・・

ビールが好き!!焼肉が好き!甘いものも好き!だからね・・・・・
by kokko48513 | 2017-05-12 11:45 | 病院ボランティア | Comments(0)