2018.12.16(日)、「ブン」の「ピアノ・エレクトーンソロステージ 2018」、
何か月も練習してきた音楽教室の発表会で、甲子園・新響楽器1階ホールで
第一部10:15開演、10人出演の8番目に演奏することになっていた。

母親(娘)も私も楽しみにしていたが、「お寺」というのはこちらが考える
日程通りにはいかないことが多い。

a0052666_15302218.png

日曜日という事もあって、午前10時と11時にお寺での檀家さんの年忌法要が
入っていて、住職だけで動けるものでもなく、檀家さんが持ち込まれた供花
や、果物やお菓子などお供え物の数々を本堂須弥段にお供えしたり、控室の
準備やお茶の用意・・・など、お寺の寺庭(夫人)というものは一般のもの
からは計り知れないことが多々あって、いつも「大変だね」と思っている。

11時の法事が始まるまでは、娘か私のどちらかがお寺に留まることにして、
「ブン」にとっては一大イベントの日、まずは私が10時までに新響楽器の
会場に到着できるように「ブン」を乗せて走り出すことにして、ホールへ
送りこんだらとんぼ返りでお寺に戻り、私と入れ違いに娘が「ケイ&コウ」
を連れて会場へ向かうという段取りにした。

a0052666_149267.jpg

ひとり4分ほどの演奏時間というプログラムに、11時の法事の準備が整った
段階で、住職に任せて私は電車で甲子園に向かおう・・・という予定だったが、
この段階で、デジカメと一眼レフまで用意したけれど、「ブン」の演奏は多分
あきらめないといけないな・・・と考えていた。

案の定、10:45にお寺を飛び出して阪神電車・急行列車で会場には11時
前に着いたのだが、すでに全員の演奏が終わり第2部の観覧の行列ができていて、
グループでスナップ写真を取り合ったりしている状態に「仕方ないな・・・」で、
私も仲間入り。

a0052666_1494694.jpg

(そばの甲子園では、学生アメリカンフットボールの午前は高校日本一、午後は
関西学院大学と早稲田大学の戦いで、学生日本一を決める試合があり、新響楽器
駐車場も、近隣の有料パーキングもイベント日で料金アップになるといっても
ほとんど満車になるので、電車で行こう・・・と決めていた)

重い一眼レフを担いで小走りで頑張ったのに・・・ちょっと残念!

日によって、父親(住職)も見たくても見られない「寺」という生業の宿命。

a0052666_1410029.jpg

結構、難曲らしくて、練習不足もあったのかもしれないが、終盤まで四苦八苦で
先生からも檄を飛ばされたりしていたらしいが、足鍵盤を本格的に使う演奏で、
私はナマで聞くことはできなかったが、終わった後、先生から「最後4日間
頑張ったわね!」と、褒めてもらっていた。

でも、いつもそうとはいかないわよ! やる限りは、頑張りなさいな!!

自称「本番に強い!おんな」って。 
ビデオで見せてもらったけれど、格好良かったよ!!

おじいちゃんの葬儀の時の黒のワンピースに、お母さん手作りで貼りつけた
金糸のデコレーションや髪飾り、これもなかなか良かったわね!

a0052666_0201436.jpg

エレクトーンは大人になっても、お婆さんになっても続けてほしい趣味だわね。
「芸は身を助ける」という諺もあるしね・・・(おばあちゃんは弾けません)

帰った後、公園で「コウ」の自転車やボール投げ、家で「ケイ&コウ」の縄跳び
のお付き合い、疲れたけれど、楽しかったわ!!


≪2018.12.17 18:00追記≫

今、母親の携帯を使って「ケイ」から電話が入り、「ブン」が『インフルエンザA
&溶連菌』を併発したという知らせ。

昨日は元気だったのにわからないものだ。

a0052666_1811158.jpg

ひょっとしたらコンサートの周りの人たちにうつしているかもしれない。

「ケイやコウ」もすでに貰っているかも知れないが、『うがい、手洗いを丁寧に
ちゃんとして、しっかりご飯を食べるのよ』と促しておいたが、私もひょっと
すると貰っているかもしれない。

a0052666_18134055.png

明日は「ケイ&コウ」のスイミング付き添い、水曜は病院ボラの日だけどね・・・

なるようになれ!だわね・・・

(19:30、ブンの母親(娘)への電話で、5年生のクラスで『学級閉鎖』が
出たといい、そろそろ猛威をふるい出すのかも・・・気をつけましょう!)

# by kokko48513 | 2018-12-17 14:12 | 孫 5人 | Comments(0)

昨13日は朝9時過ぎから「コウ」の幼稚園「音楽会」(場内撮影禁止)の日、
午後は「コウ」と「ブン」の「ヤマハ音楽教室」の日で一日中「西宮」。

a0052666_2143814.jpg

帰宅後、夜中1時過ぎから入浴。

ここしばらく睡眠時間4~5時間が数日続いていたので、最初お湯につかった時、
「眠ったら駄目よ!!」と自分に言い聞かせていたのだが・・・

いつの間にやら眠ってしまっていて、次に目が覚めた時、お湯もすっかり冷め
て、曇っていた鏡はスッキリしていて、何と!2時間余りが経過していた。

a0052666_21531669.png

10分とか20分程度はたまにあるのだが、こんなに長時間は初めて・・・

ブクブクはしなかったが、よくもまぁ、眠ったまま溺れなかったこと!

手指はしわしわ・・・

a0052666_2245130.jpg

全身を洗いながら“熱い湯”を足して、上がり湯は「極楽、極楽!」だったが、
ひとり暮らし、気をつけないといけない!

生きていられて良かった!!

寒さには結構強いほうで、マンションの気密性からくる暖かさもあって、家中の
暖房を全く使わずに、ババシャツやズボン下の出動もなく、就寝時の“湯たんぽ”
などもまだ使用せず、タオルケットと羽毛布団だけでやってきたが、今、寒く
なってきて、12日夜遅くからリビングの暖房を入れ始めた。

a0052666_220199.png

今日は「メロウ倶楽部」の大阪勉強会と終了後は「忘年会」の予定だったが欠席。

「神戸ルミナリエ」も行きたいけれど、今年は無理かも・・・
ニュースになっている“不埒千万な輩”には腹が立って、腹が立って仕方ない。

世の中、スマホやSNSに振り回され過ぎ!! 

にがにがしいこと、この上なし!!  

あんなに冷めたお湯につかっていたが、風邪もひかず、今日(14日)も元気に
動けていることに感謝、感謝!
# by kokko48513 | 2018-12-14 22:01 | 雑記帳 | Comments(0)

昨日10日、去年12月に亡くなったおじいちゃんの一周忌法要だったの。

月曜日だからお姉ちゃんとお兄ちゃんは登校したけれど、幼稚園年中組
の僕は12/6から短縮になっていて、昨日は休みをとってお父さんと一緒
に“僧衣”をつけて、次々といろいろ教えてもらいながら、30人ほどの
和尚さんや雲水さんと、僕の役目をちゃんと果たしたんだよ。

a0052666_2142274.jpg

11時から1時間ほどで終わったけれど、本堂の入り口で和尚さん達を
合掌した姿でひとりでお迎えして、お式の間はご老師の後ろに控えて
ずっと立っていたり、お父さん(住職)と一緒に和尚さん全員でお経を
唱えながらお堂内を何回も何回も(おばあちゃん曰く“堂々巡りって
お寺巡りではなく、これが堂々めぐりかな?”って)グルグル回るん
だけど、これも結構長い時間だけど、横にはみ出そうな僕をお父さん
に時々修正して貰いながらちゃんと歩き通したよ!

a0052666_21431378.jpg

あとは京都・花園「妙心寺」近くの「阿じろ」というお料理屋さんから
出張で来ていただいた精進料理で、みんなでお斎の昼食をいただいて
法事は終わったんだけど、5才の僕にはちょっと食べにくいものもあって、
子供用のお膳があったらいいのにな・・・と思った。

a0052666_21444447.jpg

頑張ったね!立派だった!!って、みんなにイッパイ褒めてもらったよ。

a0052666_23111285.jpg

関係ないけれど、おばあちゃんが、幼稚園の短縮ってこんなに早くからで
なくとも良いのに・・・せめて終業式の10日前くらいからでいいのにって。

a0052666_2143332.jpg

普通のおうちと違って、僕んちお寺だから、法事は前の日から始まっていて、
9日16時から16人の和尚さん達が来てくださって、お母さんと僕たち
姉弟はお焼香だけしたんだけど、2日がかりの一周忌だったのよ。

a0052666_21435524.jpg



その9日(日)に、ずっと前に後ろの輪っかをはずしてから、今まで敬遠気味
だった自転車の練習を1時間ほどやって、なんと!乗れるようになったんだよ!

おばあちゃんと姉弟3人で近くの公園に行って、お兄ちゃんは自転車で走り
まわったり、お姉ちゃんに追っかけまくられたり、お姉ちゃんとおばあちゃん
でキャッチボールをしたりしてたんだけど、僕は一人で黙々と自転車の練習で、
おばあちゃんに「トントントンと足で進んで、良しっと思ったらペダルに
足を乗せてごらん」とか、「倒れそうになった方にハンドルを切ると立ち
直れるのよ」とか大声で教えてもらって、段々良い調子になっていって、
最初3メートルから4メートルだったのが、1時間ほどで、広い公園を4周も
走れるようになったのよ!

a0052666_21462289.jpg

「よし!行ける!!うまい、うまい!」とか、「すごい!凄い!!ハンドル
きれた!」とか「あんたら(お姉ちゃん&お兄ちゃん)見てる?ちゃんと走れ
てるの見てあげてよ!」とか、僕、「おばあちゃん、監督みたい」って言った
んだけど、腕組みして叫んでいるおばあちゃん、本当に“監督さん”みたい
だったよ。

a0052666_2146484.jpg

今までお母さんの自転車に乗せてもらっていたけれど、あと、何回かちゃんと
練習したら、お姉ちゃんやお兄ちゃんと同じように自分で自転車で走って行ける
ようになるね・・・って、おばあちゃんに言ってもらったんだ。

先週からいろいろあって、とても忙しい一週間だったけど、12/9は僕の
嬉しい、うれしい「自転車記念日」!

a0052666_2147111.jpg

でも、交通安全で気をつけて走らないとね!!
# by kokko48513 | 2018-12-11 21:47 | 孫 5人 | Comments(0)

12/5(水)、病院ボランティアの後、水曜メンバー12名の内
10名参加で、いつもの宝塚・小浜宿「かしよ」で早目の忘年会。

ボランティア中に、いつも車イスで一人で来られる90才代の紳士から
「あなた、ちょっと太ったね?」と指摘され、「わかります?そうなん
です。人生最大の体重になってまして・・・」の私の返事に、「ダメ
だよ、減らしなさいよ」と忠告されて、「循環器の先生にも言われて
いるんですけどね。この年になっても何もかもがおいしくて、ビールも
好きですしね・・・」と、全く減らない体重どうしょう・・・

a0052666_15271537.jpg

これに懲りずに忘年会で、斜め前の少食のK谷さんのお造りや天ぷらの
残ったものを即、頂いている私。 これでは減らないわな!!

戦後の物の無い時代に育った人間の浅ましさか、「勿体ない!」が身に
ついていて、未だにすぐに手を出してしまう習性がある。

図書係が不足していて、午後の2時間ほど、8階図書室での貸し出しの
手伝いを月一回ほどしてほしいとか、来秋70才を迎える独身女性Kさん
の“恋話”に、数回のメールだけで、紹介して貰って知り合って、今で
10か月、一度も誘いもなく、会っていないという話に、「それは
恋愛とは言えないわよ!変なことに利用されないように気をつけなさいよ」
と、ウキウキの様子にプライベートな話しにまで突っ込みをいれたり・・・

a0052666_1528124.jpg

2時間半ほど、賑やか!賑やか!!

車があるのでノンアルコールと共に、吉兆仕込みの美味しいお料理を
堪能させていただいた。



孫たちは・・・と言えば、先日の東北旅行の前後で、5才「コウ」が
全く飛べなかった“縄跳び”が突然スイスイと飛べるようになって
いたり、2年生「ケイ」もちょっと苦手だった“縄跳び”なのだが、
早や飛びや走り飛びができるようになっていたりで子供の成長には目を
見張るものがある。

a0052666_15292978.jpg

ただ、個人懇談でこの縄跳びとボール投げを練習してほしいと担任の
先生から言われていた「ケイ」、ボール投げは今も苦手で変なホームで
投げるので笑ってしまうのだが、教えてもこれだけはどうしても好きに
なれないようで、誘ってもうまく逃げてしまうこと度々・・・

弟「コウ」は、キャッチボールやバッティングが大好きなんだけどね。

a0052666_15445571.jpg

「ブン」&「ケイ」、5日水曜日に校内マラソンがあって、学年別男女
別でどちらも5クラスあって、特に「ブン」は1位を狙っていたらしいが、
「ブン」の性格からいうと、もし“トップ”がとれていたら絶対に
自分から電話をしてくるだろう・・・で待っていたが、連絡はなし。

電話がないという事はダメだったということで、こちらから入れない方が
いいな・・・と、昨木曜日、「コウ」のヤマハの日で午後から顔を出し
たら、やはり善戦及ばず10位だったそうで、悔しかった様子。

a0052666_15361478.png

1キロマラソンであれ、5クラス女子で10位、大したものだよ!!

2年「ケイ」は800mで28位だったと、あっけらかんとしている。


息子宅「モン」&「カン」、「前の車の税金の戻りの分おごるから・・・」
と、先週11/30(金)久しぶりに焼肉「あしん」へ誘ったら、食べ盛り
のふたり、すぐに乗ってくる。

a0052666_15364513.jpg

今回、座敷には忘年会の貸し切りが2組入っていて、三日前の申し込みだった
のだが「テーブル席しか空いていません」で、初めてテーブル席で頂いた。
6人掛けのゆったりしたシートで5人でもゆっくり・・・

他にもいくつも飲食店があるが、ここはやはりいつも満席状態で活気がある。

店長さんのサービスも受けて、生中2杯と共に今回もとても美味しく頂いた。
「モン&カン」、尋常でない食欲に感心する!

a0052666_1537947.jpg

やはり、焼肉は「あしん」に限る・・・と、私は思う。
これは、あくまで個人の感想です。

a0052666_15372815.jpg

# by kokko48513 | 2018-12-07 15:37 | 病院ボランティア | Comments(0)

新しくなった「南座」での京の年中行事・師走恒例の『當る亥歳
吉例顔見世興行』東西合同大歌舞伎、南座発祥四百年 南座新開場
記念 白井松次郎・大谷竹次郎追善と銘打って12/1から千穐楽
12/26までの公演、12/3夜の部でチケットを手配しておいた。

久しぶりに、中学時代の長岡京在住の友人とランチを共にしてから
16:50の開演に間に合わせよう・・・と考えていたのだが・・・

a0052666_1249516.jpg

あとから2年生「ケイ」の学年PTAの行事予定が入り、13:40から
体育館で親子大縄跳びをやるという。

14:00には幼稚園年中の「コウ」の迎えもあり、母親(娘)の
身ひとつではどうにもならず、「お母さん、何か予定ある?」と来た!

a0052666_125095.jpg

月曜日15:00からは「コウ」が楽しみにしている西宮市陸上競技場
での「タイガース アカデミー」もあり、「幼稚園迎えとアカデミーの
送りこみを私がして、その後京都へ向かうわ」と、いつもの車ではなく、
バスと阪急&阪神電車利用で家を出てお寺へ・・・

いい塩梅に「ケイ」の方が少し早く終わり、「コウ」のアカデミーへは
母親が同伴できることになり私は阪神電車で梅田へ、その後阪急電車で
「河原町」へ余裕をもって向かうことが出来た。

a0052666_12503015.jpg

梅田・阪急百貨店コンコースでは今年も素晴らしい飾りつけがされていて、
何枚もカメラにおさめることが出来た。

普通、歌舞伎の夜の部は16:00開演が多いのだが今回は16:50。

a0052666_12504999.jpg

前もって終演時間を問い合わせたら21:55ということで、最後まで
見てから帰ってくると自宅帰着は0時頃になるかもしれない。

夜の演目は第一「義経千本桜」2幕、これが休憩時間を入れて2時間25分
ほど、第二「面かぶり」、鴈治郎さんの舞踊。その次第三が右團次さんが
南郷力丸で出演の「弁天娘女男白波(べんてんむすめめおのしらなみ)」、
おなじみの『浜松屋見世先より』と『稲瀬川勢揃いまで』の1幕2場、
これが1時間10分程で21:30に終わった。

a0052666_12511260.jpg

10分休憩の後、第四「三社祭」、将来、歌舞伎界を背負って立っていく若手
二人、鷹之資・千之助さんの悪玉・善玉での舞踊15分間。

この演目は他の役者さんで2度ほど見たことがあって、申し訳ないが、宝塚
までの行程を考えてここで席を立ち、帰ることを決断した。

2等席から拝見したが、途中で帰るのは人生初めてのこと・・・隣席のご婦人は
若い二人をとても楽しみにされていた。

a0052666_12513282.jpg

雨模様だったお天気もほとんど濡れることもなく移動出来て、0時10分前に
帰宅することが出来た。

遅いのはいたって平気な人間だが、年を考えるとこれが正解だろう。
混んでいたが、電車の中にこんな年の人はやはりいなかった。

a0052666_12515711.jpg

昼の部も見たいけれど、辛抱、辛抱!
やはり「ナマ芝居」は素晴らしい!!

a0052666_12521072.jpg

# by kokko48513 | 2018-12-04 12:52 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

旅というもの、心待ちにしている間が花で、出発するとあっと言う間の3日間。

今日は初めて訪れる武家屋敷町の「角館」&日本三景「松島」がある。

a0052666_21371099.jpg

何よりも嬉しいのは、夜中の大降り、バスの車中の小雨はあったが、雨に全く
会わなかったこと・・・

インターネットの週間予報では最終日など最高気温6度、最低気温1度となって
いたのに、なんと!17~19度にも気温が上がって冬装備万全で来た身に
とっては暑いこと、暑いこと・・・

a0052666_21375414.jpg

ホテルでも、チェックインの時、暖かくしてもらっている部屋が暑くて、ふた晩
とも暖房は切って朝まで過ごすことが出来た。

11/27(火)3日目、朝食を7時から頂いて、夕方の飛行機の時間もあって、
今日の出発は少し早くてホテル8:00発車。

a0052666_21381756.jpg

山肌にくっつくように、猫の額のような土地に宿や家々が立ち並び、すでに廃業
しているらしい建物もあるが、この「鶯宿(おうしゅく)温泉」、初めての地だが、
昔からの湯治場として現在までひそやかに生業を続けてこられたのではなかろうか。

バスがギリギリ通れるくらいの細い道で、腕の良い運転手でないとホテルまで入って
来られないような地形の町。

a0052666_21384356.jpg

まずは1時間余り走って、楽しみにしていたみちのくの小京都「角館」へ。

地図を貰って1時間ほどの自由散策で、上級武士石黒家、中級武士青柳家、通りに
面した黒塀の高さ15センチでその差を表しているという。(どちらも有料)

a0052666_21393866.jpg

無料公開の岩橋家や小田野家ほか、解放されている家と戸閉の家もあり、すでに
雪除けの板囲いが家を取り囲み、庭の樹木類にも雪除けの板や雪つりの縄が張られて
冬支度が進んでいた。

中でも石黒家だけは現在も12代目が居住された状態で、住居の部分は一部公開
されていないが年中無休で9時から17時まで公開されている。(400円)

a0052666_21401649.jpg

武家屋敷通りにも桜の木や紅葉類の木が多いが、桧木内川沿い両側の2キロに及ぶ
桜並木は花の無い今でさえ見事な眺めで春はさぞかし賑わうことだろう。

「角館樺(かば)細工伝承館」もあり、みやげ物店にも桜の木の皮「樺」の製品が
多く並んでいた。

市役所角館庁舎でトイレを借りて、出発時間が迫った駐車場へ・・・

a0052666_21404758.jpg

横手市に移動して、「秋田ふるさと村 Kamakuland」内の「みのり」で稲庭うどん
やきりたんぽ鍋御膳のランチタイム。

館内には凄い数のみやげ物店などが入っているが、一つ二つ覗くだけでゆっくり
うろついて物色する時間はない。

a0052666_21411899.jpg

次は日本三景のひとつ「松島」、遊覧船に乗っての“湾内島めぐり”30分コース。

天気が良くてデッキにいても気持ちよく、次々と現れる島々、牡蛎やワカメの
養殖いかだ、海鵜が群れになってサオになり、カギになり飛んでいく様も美しい。

ここの島々がえぐられて白い岩肌を見せているのは、他の地の島のように波に侵食
されたものではなく、蔵王から吹きつける激しい風に侵食されたものとのこと。

a0052666_21414322.jpg

臨済宗妙心寺派「瑞巌寺」に行きたかったのだが、時間が足らないと言われ、
海沿いにある「五大堂」だけで辛抱して、また次の機会があればという事にした。

ここにも東日本大震災の慰霊祈念碑があり、ご冥福を祈って頭を下げて後にした。

a0052666_2142355.jpg

仙台空港17:55発のJAL便に乗るのだが、これがあって、今日はどこも時間が
厳しくて若干残念な思いが多かった。

宮城、岩手、秋田、青森の4県を走り回った今回のツアー、個人で来ればどこも
好きなだけタップリ時間をとれるのだが、この年になるとツアー任せで致し方
なし・・・

a0052666_21422663.jpg

とはいえ、今回も天気には恵まれ、念願の「角館」の情緒も楽しめたし、美味しい
郷土料理も食べさせてもらえたし、二人とも無事に終了することができて、満足
満足の3日間だったことに感謝!感謝!!の東北の旅だった。

次は1月の「蟹旅」か・・・楽しみ、楽しみ!!

a0052666_21425998.jpg


a0052666_21432629.jpg


a0052666_21435235.jpg


a0052666_21442067.jpg


a0052666_21465562.jpg

# by kokko48513 | 2018-12-01 21:47 | 旅のつれづれ | Comments(0)

2018.11.26(月)東北2日目、ホテルを9時に出発して、まずは
「奥入瀬渓流」散策へ。

a0052666_1492828.jpg

2008年の時はタップリ歩いた覚えがあるのだが、今回はバス道の同じ地点を
バスで往復して、車窓から見えるいくつも続く滝や岩石の説明をしてもらい、
「石ヶ戸(いしけど)」という幅10メートル四方の大石がカツラの木にもたれ
かかって自然にできた岩屋を中心に、雪も残っている道を気をつけながら
30分余り散策して「十和田湖」へ移動する。

a0052666_1495938.jpg

その昔、「石ヶ戸」には美人の女盗賊が住みついて、通りかかる旅人から金品
を奪っていたという伝説もある。

a0052666_1504991.jpg

「十和田湖畔・たかさご屋」が今日の昼食場所だが、時間も早く、先にみんな
で高村光太郎の傑作と言われる「乙女の像」まで歩いていき、11:30の
ランチタイムまで自由散策で、「乙女の像」の前で皆が入れ代わり立ち代わり
同じポーズで写真を撮る。

a0052666_1513755.jpg

「一緒に撮ろう!」とK端さんを誘ったが恥ずかしがって拒否されて、昨日から
バス席の後ろで親しくなっている若いお嬢さんに頼んで一緒に撮ってもらう。

「おばあちゃんと孫で演じます!」と皆さんにアピールして、Y崎さんに写して
貰ったが、なぜか撮り終えた後、周りから拍手が起こっていた。
(あとで見たら、私の足の位置が間違っていたが・・・)


a0052666_152178.jpg
奥にある静寂な雰囲気の中、杉木立に囲まれて神秘に満ちた古刹「十和田神社」
祭神は日本武尊、時間を気にしながらお参りして、記念にお守りをひとつ頂く。

今日の昼食は名物・十和田のバラ焼きといって、バラ肉を使ったすき焼きの
ようなもので、みそ汁もどきのせんべい汁も付いている。
寒いときは暖かいものが良い。

a0052666_1523835.jpg

お腹ごしらえが済んだら、昨日真っ暗になった中を走っていた山道を通って
十和田湖眺望に「発荷(はっか)峠展望休憩所」へ進む。

国道ながら間もなく全面通行止めになるという峠道、数日前の雪が残っている。

a0052666_153206.jpg

階段に雪が大量に残っている自然の展望台は封鎖されていて、建物の展望台も
1階はすでに雪除けの板囲いが置かれていて通行止めになっている。

a0052666_1534598.jpg

二階展望台への階段が解放されていて、綺麗な十和田湖を眺めることが出来た。

ナナカマドのまっ赤な実が可愛い!

a0052666_15436.jpg

このツアー、11/20までの出発分は十和田湖遊覧船めぐりがあるのだが、今は
すでに運休になっていて、その代わりに盛岡市内の酒造会社の酒蔵見学が設定
されている。

a0052666_1542387.jpg

酒蔵「あさ開」へ進む盛岡市内で、有名な「石割桜」や石川啄木が新婚時代に両親
など家族と共に下宿をしていたという赤屋根の家も窓越しに紹介してもらった。

a0052666_1544330.jpg

新酒鑑評会で本年度金賞受賞の酒蔵で、4階建ての蔵の中で製造工程も見せて
貰い、店では何種類も試飲をさせてもらったが、金賞のものは300円の実費が
必要となっていた。

a0052666_155182.jpg

今日の宿は雫石町鶯宿温泉の「ホテル加賀助」、昨日の234室の「十和田荘」
とは規模が違い、客室40室のこじんまりとした宿。

a0052666_1551853.jpg

夕食は岩手郷土和食膳で、盛岡三大麺の「盛岡冷麺・盛岡じゃじゃ麺・わんこそば」
と「豚しゃぶ鍋」がお膳に載っていて、これらもビールと共に美味しく頂いた。

a0052666_1553180.jpg

今夜の温泉は24時間いつでも入れて、昨日同様に二人とも夕食の後は部屋に戻って
ゴロンと横になり、いつの間にやら寝込んでしまって、私は夜中1時に目が覚めて
それから6階最上階にある温泉に一人で入りに行き、K端さんは私の動きにも目を
覚まさず、朝方目覚めて一人で入りに行っていた。

a0052666_155483.jpg

夜通し雨が降って風も出ていたが、明ければ天気は上々でありがたいこと!

あと一日、楽しみにしてきた初めての「角館」もある。
大いに楽しみましょう!!

a0052666_156538.jpg


a0052666_1562027.jpg


a0052666_1564988.jpg

# by kokko48513 | 2018-11-30 01:56 | 旅のつれづれ | Comments(0)

7月に申し込んだ時点では4人で参加する予定だった今回の旅行、事情が
あって、結局、84才のK端さんと79才(12/23で)の私との二人で
11/25(日)から2泊3日で参加した。

伊丹空港8:00集合、9時に飛び立つANA733便で宮城・仙台空港まで。

a0052666_0195884.jpg

今回の旅、ちょっとしたひと騒動から始まった・・・

団体受付で添乗員のY崎さん(女性)からeチケット(航空券)を貰い、スーツ
ケースをカウンターに預けて、保安検査場へ進む。

a0052666_02028100.jpg

先に私が問題なく通過して、次に入ろうとしたK端さん、金属探知機を通る前に
チケットを見せないといけないのだが、通してもらえず、私に向かって「I﨑さん、
チケット頂戴!」と大声で叫んできた。

a0052666_0205726.jpg

私、「さっき受付で貰ってその場であなたの分は渡したでしょう!どこかに入れた
はずよ!!」バッグやポケットを探しまくってもなかなか見つからず、後ろに並んだ
人たちの目が冷たい。

やっと見つけて無事通過、5番ゲートへ。

a0052666_0211998.jpg

珍しいプロペラ機で、座席数も74席のかわいい飛行機。
機内飛行中にソフトドリンクのサービスを1回受けて10:15仙台着。

さぬま交通45人乗りの観光バスで3日間、余っている後部座席で2人席をひとり占め
してゆっくり過ごさせて貰った。

a0052666_0213946.jpg

参加者は38名、珍しくご夫婦11組もいて、男性はこの夫婦組の11名だけ、あとは
ひとり参加やグループ参加と夫婦組の女性で27名。

伊丹空港で買い込んだ昼用の弁当を宮城県移動中のバスで頂いて、1日目の観光は
岩手県「世界遺産 平泉・中尊寺」だけ済ませて、青森県十和田市の十和田湖畔温泉
「ホテル 十和田荘」へ移動する。

a0052666_022277.jpg

お天気は上々、3日前に同じツアーで来られた皆さんは3日間とも雨や雪だったらしい。

中尊寺や宿の周り、奥入瀬や十和田湖、発荷峠にも雪が残っていたが、3日間、雨も雪も
ない観光日和が続き、快適でありがたい旅を続けることが出来た。

a0052666_0222490.jpg

世界遺産・中尊寺には2008年5月にも陶芸教室仲間と訪れているが、今回も団体割引
720円を払って、ガイドさん付きで「金色堂」や「讃衡蔵(さんこうぞう)」を時間を
かけて案内して頂いた。
(金色堂・讃衡蔵とも内部は撮影禁止)

まだ紅葉も残っていて目を楽しませてくれた。

a0052666_0224433.jpg

雪がここかしこに残っていて、駐車場から急坂を上り下りしなければいけないが、藁縄で
作った靴の先に巻く滑り止めや、道路に撒いて滑り止めにする砂も坂下に準備されていた。

以前に比べて人の数、外国人の数は比べものにならない賑やかさだが、それでもあの独特
な雰囲気は厳かで、心が落ち着く。



a0052666_023444.jpg
ただし、“世界遺産”を存続するためには町の皆さんにはいろいろ大変なご苦労があるそうで、
町全体の掃除や草刈り、森や山の手入れ、建物の色や形ほか、コンビニのファミリーマート
の看板も青や緑は使わずに、この街では白地に焦げ茶色、日々大変な努力が必要という。


岩手県・中尊寺から青森県・十和田湖畔温泉までは岩手県を縦断して秋田県に入り、青森
との県境になる小さな川を渡ったところが青森・十和田町、途中1回のトイレ休憩をとって
3時間20分ほどの長い道のりで17時前には真っ暗になった。

a0052666_0232043.jpg

岩手県縦断中、1~2日前に降った雪が残っていて見事な雪景色も見られた。

夕食は青森郷土料理の「せんべい汁」や「きりたんぽ」のホイル焼きもあって、生ビール
2杯と共に美味しく頂いた。

a0052666_0233753.jpg

お腹いっぱいになって、デザートのケーキは、バス席の近い、昼間仲良くなった若い人たち
にあげて大喜びしてもらった。

食後、広い売店に立ち寄り、K端さんもいてそれぞれ見て回っている間に姿がなくなり、
部屋の鍵は私が持っているので慌ててあとを追いかけたが宿泊階に姿は見えず、部屋で
待ったが一向に帰ってこず、30分ほどで心配になり見に行こうとしたら帰ってきて、
部屋番号をハッキリ覚えていなくて迷っていたという。

a0052666_02403.jpg

二人ともゴロっと横になって眠ってしまい、目が覚めたら0:05、入浴タイムは24時
までで「しまった!」、K端さんは私の動きにも気がつかず、そのまま寝込んでいた。

情けないが部屋風呂に入って就寝、温泉には早朝に入らせて貰った。

a0052666_0242093.jpg

弥次喜多道中もいいところ、でも、あと2日楽しませて貰いましょう!!

a0052666_0243416.jpg


a0052666_0244942.jpg


a0052666_1127412.jpg


a0052666_0251684.jpg

# by kokko48513 | 2018-11-29 00:25 | 旅のつれづれ | Comments(0)

姉4年生「ブン」の「アンサンブル コンクール」は10月に開催されたが、今回
「ケイ&コウ」の「ピアノ・エレクトーン カーニバル」が昨11/23(祝・金)
西宮北口「新響楽器」3階 “オーパスホール”で開催された。

12時からの第2部で23名が出演する。

a0052666_2275173.jpg

5才「コウ」は舞台に上がるのが今回初めてで、結構緊張していたようだが、
4人目で出演し、教室で習った少し長めの曲「ランランピクニック」を演奏
したが、舞台に上がった後は客席を眺める余裕もあって、堂々と演奏できた。

a0052666_2281723.jpg

一方、2年「ケイ」は「練習せよ、練習せよ!」と言われても「人に聞かれる
のがイヤ」とかで、長い月日があったのに、なかなかはかどらず「そのまま
では本番に間に合わないよ」と、個人レッスンで補習もしてもらってやっと
こぎつけた状態。

私も行くたびにどれだけ「練習している?」と言葉をかけたことか・・・

それでもここ何日間かは、言われなくても自分からエレクトーンに向かって
練習をしていて、少しは切実感が出ていて「のんきなケイくん」だけではなく、
先生にハッパをかけられたこともあって、何とか無事に弾くことが出来た。

a0052666_2284196.jpg

「ケイ」は出演者のラストをしめて「ジュラシック・パークのテーマ」の長い
曲を、今回「ケイ」にとって足鍵盤も弾くのは初めてで、出演者でただ一人
左右の手と足を使って、大トリを務めることが出来た。

23名の演奏の後、10月のコンクールで奨励賞を受けた二人の女児のエレクトーン
演奏もゲストとしてあって、やはり、なかなかお上手!!

a0052666_2292261.jpg

ただし、「ケイ」の緊張も結構なもので、初めての足鍵盤を見ないで弾きこなす
までは練習ができていなくて、足元を見つめる姿勢をとるので、エレクトーンの
上に顔全体がなかなか出てこなくて写真を撮るのに苦労した。

終わってから、先生に「次からは足を見なくても弾けるように頑張ろうね」と
言われたらしい・・・

「ブン・ケイ・コウ」3人ともに好きなようだが、息子宅の5年生「カン」も
まだピアノを続けていて、11/25(日)に「発表会」が宝塚・逆瀬川「パンネル
ホール」であるのだが、今年はその25日から東北2泊旅行に行くことになって
いて、今まで毎年はずしたことはないのだが、今年は残念ながら見られない。

a0052666_2294562.jpg

中一の「モン」はもう“ピアノ教室”は卒業して、学校の部活「吹奏楽」を
頑張っている。

皆それぞれにどんな風に成長していくのやら・・・楽しみではあるのだが・・・

「カンちゃん!見られないけど、頑張ってね!!」


a0052666_22371556.jpg

# by kokko48513 | 2018-11-24 22:09 | 孫 5人 | Comments(0)

今日水曜日は病院ボランティアの日。

ボランティアとして患者さんにかける言葉はいくつもある。

「どうされました?」とか「大丈夫ですか?」とか、「お大事に」とか
「頑張ってくださいね」とか・・・他にもいろいろある。

a0052666_18525231.gif

今日、車イスで移動の男性患者さんを「化学療法センター」から「レント
ゲン室」へ、再び「化学療法センター」へ戻るという状態で、私より10才
以上も若い方なのだが、かける言葉が見つからない。

「化学療法センター」に通院する方の70%前後は、『癌』という
憎たらしい病に侵されている方々が多く、2000年に『食道癌』で
夫を亡くしている身として、沈んでおられるその様子に「この方も
ひょっとして・・・」と思うと、何と言葉をかけて良いものやら・・・

情けなくて、はかなくて切なくて、もどかしくて悔しい・・・

この世から「癌」という病が早く無くなればいいのに・・・と、思う。

a0052666_18585254.jpg

私自身、血圧が高くてもう何年も3か月に一回通院する循環器科の先週の
診察日に、時々左胸が痛くなることがあるという言葉に、主治医の先生が
「心筋梗塞などの検査を一度しておきましょう」ということになり、
「ちょっと費用が高い検査ですが・・・」と言われたが、まだまだ元気で
いたいので「お願いします」という事で、昨20日、8:30から入って
15:30迄の7時間をかけて、今まで受けたことのない『RI(核医学)』
という検査をはじめ、心電図や超音波も中央検査室でのものと、『RI』
での自転車漕ぎで負荷をかけて100前後を出してみてもらうもの、安静
な状態で見てもらうもの、勿論、血圧や採血・尿検査等もあり、レントゲン
も単純X線と『RI』での微量の放射線を体内に入れての特殊なレントゲン
(と言うのかな?)など40項目の検査、間もなく80才の身にとっては
結構過酷な検査だったが無事終了することが出来た。
(現在の血圧は130前後から65くらいで落ち着いている。薬のお陰だろうが)

a0052666_1931992.png

私の前の男性は私より若そうだったが、負荷をかけた自転車こぎが出来
なかったようで、後日再検査ということで途中で退去されていた。

検査の済んだその足で西宮へ走り、「ケイ&コウ」のスイミングの日で、
娘がグンゼに送りこんでおいた「コウ」の終了20分前に、「ケイ」を家
迄迎えに行って、17:30終了迄付き添って、お寺へ届けて帰ってきた。

『検査』というもの、いつも思うが結構疲れる。

a0052666_1952110.jpg

帰る途中、「ジョリーパスタ宝塚店」で前から狙っていた『かきボナーラ』
と『ほうれん草とベーコンの炒め物』を頂いて帰宅、テレビを見ながら
いつの間にやらソファーで眠っていて、夜中に目を覚まし「明日はボラだ。
早く寝なければ・・・」と、入浴・就寝となった。

ところでこの検査、支払いの段になって、本当に先生の言葉通り、その高い
ことにビックリした。

その額131,730円、私自身負担額は1割なので13,170円の支払い。

3割負担の人だと40,000円ほどの負担となる。

a0052666_1992117.png

進んだ医学の恩恵は受けたいが、受けたくても受けられない人もいるだろう。

誰もが住み良い世の中になってほしいものだ!!
# by kokko48513 | 2018-11-21 19:09 | 病院ボランティア | Comments(0)