「日航ジャンボ機墜落事故」 30年にあたって・・・

毎年、日航機墜落事故の8/12を迎えるとずっと気になる人がいた。
ただひとり、奇跡的にヘリで生きて救助された事故当時12才の
「川上 慶子さん」。

その後の消息がほとんど伝えられないまま30年を迎えたが、8/12
読売新聞の夕刊に、67才の叔母に当たる方が24年ぶりに慰霊登山
をされ、42才になった慶子さんがその後亡き母親と同じ“看護師”
となり、今は3人の子の母親となって、事故機には乗っていなかった
2才年上の兄千春さんも父親となり無事に過ごしておられるという。
a0052666_2138020.jpg

良かった!!

一度に両親と妹の3人を奪われたが、兄と妹、その当時の両親の年齢を
越えて30年を経た今、無事に生きておられるというこの記事にホッと
した今年の8/12だった。

これからも兄妹力を合わせて強く生きていってほしい・・・

また、520人もの命を奪ったこの事故を風化させてはならない!

改めて、520人の皆さんのご冥福を祈って・・・     合掌
a0052666_21433050.jpg

by kokko48513 | 2015-08-13 21:43 | 雑記帳 | Comments(0)