またまた「キッザニア」と「新・水滸伝」

明9/1から2学期の始まる「ブン・ケイ」を連れて、キッザニア甲子園
へ29日16時からの第2部に入場。
『夏休みフリーパス』、最後の入場か・・・

「コウくん連れていけなくて可哀相だから、そっと出発しようね」と家を
出る時、「ケイ」の靴が見つからなくて玄関でモタモタしていたら、自分
の箪笥から出した着替えのTシャツを片手に、「コウ」が自分も一緒に
行こうと大泣きで「行く!!行く!!」と泣き叫んで2階から玄関へ
突進してきた。
a0052666_1325086.jpg

「コウくん、また連れて行ってあげるからね」と言っても治まらず、母親
に抱きとめられても大暴れで、ちょっと辛いけれど2人を急かして出発。

「コウくん」は間もなく泣き寝入り状態で昼寝に入ったという。

いつも「ブン・ケイ」2人一緒に同じパビリオンに入っているが、今日は
「ブン」が最初に『資生堂のネイルコンサルタント』をやりたいと言い、
「ケイ」は“焼きおにぎり”を作る『ニチレイ』に入りたいという。
a0052666_2323840.jpg

まずは16時から、1階の『資生堂』と2階の『ニチレイ』に別れて入る。

ガラス越しの写真を撮るために、この「ばあちゃん」重いバッグとセカンド
の手提げを持って何回行ったり来たりの階段を上がり降りしたことか・・・

お客様が決まるまで緊張気味に待っていたが、素敵な制服を着た「ブン」
が小さいお客様を相手に神妙にネイル作業していたが、どんな色や
デザインににしたのだろう・・・
a0052666_13242919.jpg

「ケイ」もメンバー6人の中で一番小さいけれど、おにぎりを作って、冷凍
して、解凍して、画面を使っての実験にも真剣に、時には笑いもあって
楽しくやっていた。

「どこに入ろうか・・・」と商店街をブラブラしていたら、入ったことの
ない『TORAY』の“エコバッグつくり”19:20からの予約がとれる
という。

ほとんど働いた代償に、ここだけの通貨「キッゾ」でお給料を貰うのだが、
ここはバッグ代として“5キッゾ”払うことになる。

2人とも「やりたい!」というので予約をして、予約は一カ所しかできない
ので、他にすぐに入れるパビリオン はないか・・・と、「やってみたいね」
と言っていた『ROHTOの医薬研究所』“日焼け止めクリームつくり”が
10分程で入れるタイミングで、2人揃ってトライ!!
a0052666_132658100.jpg

これ、夏の初めにやっていたら最後にお給料と共に貰える「日焼け止め
クリーム」が大いに役に立ったのにね・・・

夕食もとらないといけないけれど、もうひとつどこかに入れないかと回ったが、
5分前集合の「エコバッグつくり」にかぶってしまってどうしても難しく、
「食事ゆっくりとろうか・・・」で、「ピザが良い」という2人の希望で、
今日も2階の『ピザーラ』のショップ前へ。

「エコバッグつくり」も、間なしにラストまでの予約終了となっていたらしい。

4色から自分の好きな色のバッグを選んで、前に置かれたシールの中から4枚
選んだものを自分で好きな場所に配置してデザインをするというもの。

付添大人は外から見ているだけで一切口出しせず、係りの方も全くアドバイス
はされない。
a0052666_1327333.jpg

さすが“1年生”の「ブンちゃん」シール選びもデザイン配置もうまくやって
いたが、4才「ケイくん」は“ボーイ”向きのシールもたくさんあるのに、
“女の子”の大きいシールを初めとして“黄色の星”以外はどう見ても
“ガール”向きのシールを選び、配置も横一列に並べて平凡に仕上げていた。

『ばあちゃんの既成概念』で見たらいけないのかもね・・・これも個性だわ!
世界にひとつのオリジナル「エコバッグ」完成!

次回、バッグを持参して“2キッゾ”を払うと反対側のデザインもできるという。

27~28日、多忙な中、やっと夏休みただ一回だけ親子揃っての1泊旅行を
楽しんできた疲れが出たのか、後半は2人とも表情が乏しくなっていたが、
帰宅してからの報告が、留守番役の「コウくん」も巻き込んでにぎやかに、楽し
そうに続いたという。
a0052666_1328969.jpg

30日は、新歌舞伎座での「新・水滸伝」千秋楽。

レディスABC仲間I野さんと2階席から大向こうをかけながら拝見する。

千秋楽ということもあって、いろいろアドリブも飛び出し楽しいことこの上なし。

4~5回のカーテンコールには舞台中央に車椅子姿ながら師匠「猿翁さん」も
出られて、一階席の皆さんは歓喜の声で舞台際まで押し寄せている。

2階席の我らも大喜びで、「大向こう」をかけまくって帰ってきた。

元気を貰える「ナマ舞台」はやはり素晴らしい。
a0052666_13304398.gif

YUFURAのカフェで1時間程おしゃべりをして、I野さんは近鉄で、私は
地下鉄へと「お疲れさま!さようなら。またね・・・」で解散!
by kokko48513 | 2015-08-31 13:23 | 孫 5人 | Comments(0)