病院ボランティア「忘年会」ほか

今年の病院ボランティアは、12/23の水曜は祝日で休みなので、
あと2回、今日と16日で終わる。

23日は天皇誕生日、私の76才の誕生日でもある。

水曜メンバー13名、内2名は欠席で今日の勤務が終わった後、
いつもの宝塚・小浜宿「かしよ」で12:30から開催。
a0052666_2345513.jpg

10日余り前からの風邪の症状がどんどんひどくなっているが、
日常の動きには支障ないのでマスクをかけて勤めることとする。

状況を見ていた総合案内のH師長が「呼吸器内科で診て貰った
ほうがいいわよ」と勧めて下さって、ボランティアをしながら
合間を縫って受診することにして、聴診器をあてた先生が「肺炎も
心配ですから胸のレントゲンと血液検査もしておきましょう」となる。

血液検査の結果もすぐに出るけれど、今日は受診者が多くて、
時間がかかり、ボラを12時で終わり、「かしよ」で忘年会も
済んだ後、15時に病院に戻り、再度、結果診察を受ける。
a0052666_23461884.jpg

「肺に影もありませんし、血液検査も異常なく、ただの風邪と
思われます」との結果で、4種類の薬を処方して頂いて終了。

「かかりつけ医」を持て…と言うが、個人医院ではなく、総合
病院はやはり手際が良くていい!!

私の「かかりつけ医」は歯科と整形外科以外は『市立病院』だ。

今日、嬉しかったのは、多忙で休会中のジム「ティップネス」の
若き友人H山さんに出会えたこと。
a0052666_4262460.gif

車いすの患者さんを循環器へ送り込んで、引き返そうとしたら
外科の受付から私を呼ぶ人がいる。

9月に元の職場を退職し、3日前に事務職で就職したばかりという。
顔つきも良く、多少不安はあるだろうが、溌溂としていた。

「かしよ」での忘年会はお酒なしのおとなしいもので、約2時間
おしゃべりに花を咲かせ、4月に娘さんが4カ月早産で、双子の
初孫が生まれ、8月に退院して以来いまだに母子を預かって、
助けるためにずっと活動を休んでいる外来仲間のH田さんも4カ月
ぶりに顔を出し、“大変な話”を聞いたり、ハッパをかけたり、
活を入れたり・・・
a0052666_23463997.jpg

熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たく美味しく頂いて、
いつもの変わらぬ料理だが、和気あいあいと過す時間の結構なこと。

またたく間にこの1年も終わろうとしている。

いつまで続けられるかしれないが、この年になっても、ひとつでも
社会の役に立っているということ、社会との繋がりを持っている事
の大事さをしみじみ思う。

夜は娘宅から届いていた日本海の「蟹なべセット」を持ち込んで、
息子宅で「モンやカン」達と夕食の鍋を囲み、賑やかに、今日は
2食続きのご馳走を頂くこととなる。
a0052666_2347469.jpg

来年からも、まだまだ頑張ろう!!
by kokko48513 | 2015-12-09 23:47 | 病院ボランティア | Comments(0)