今年の蟹は最高だった!!・・・日帰りツアー「夕日ヶ浦温泉で味わうかにづくし料理」

24日(日)、読売旅行日帰りツアー「丹後・夕日ヶ浦温泉で味わう
かにづくし料理」に病院ボラ・パソコンABC仲間5人で参加。

6人で申し込んでいたが、何十年振りかの悪天候になるという予報
に、Oさんの友人で、今回初めて参加表明の西宮のMさんが前日に
キャンセルされての5人となった。
a0052666_2165553.jpg

ミツワ観光バスで30名の参加者が、先日来のバス事故の影響だろ
うが、雪道を走ることになるという想定で、ドライバーも交代要員
プラスで二人乗務、女性添乗員のK岡さんと総勢33名でのバス旅行。

中国道・舞鶴若狭自動車道から京都縦貫自動車道に入り天橋立まで
走り、国道178と312号を使って夕日ヶ浦温泉「海花亭 花御前」
が今回の昼食場所となる。
a0052666_1561635.jpg

夕日ヶ浦には何度も行っているが初めての宿。(泊らないが・・・)

一人2枚の蟹を使った「かにづくし料理」、甘エビも10尾ずつついている。
希望者は温泉入浴もできるが、2枚の蟹と格闘していたら2時間余り
の滞在時間では足らなくて、“食べる作業”だけで終わってしまった。

「蟹すき鍋」のしめの“雑炊”も美味しかった!
a0052666_2232722.jpg

入浴するつもりで化粧品もタオルも持参していたのだが、温泉を楽しんだ
のはY田さんひとりだけ・・・

熱燗を1本頼んで、みんなで少しずつ“甲羅”に入れて呑んだ日本酒
の美味しかったこと!
ほとんど私が呑んでいたが・・・
a0052666_2191152.jpg

今回の「蟹」、声を揃えて5人みんなが「今までで今年の蟹が一番だわ!」
の評価で、味も身の詰まり方も新鮮さも本当に最高だった!

「カニ刺し」もとろけるように美味しかった!
a0052666_2175595.jpg

心配していた「雪」は、夕日ヶ浦が近づいてきて降りだしていたが、
丁度、蟹を美味しく頂いていた時間帯だけ吹雪状態で結構凄かったのが、
あとの物産店や「出石散策」、帰り道の「道の駅 まほろばの里」の
滞在中は、有難いことに傘も合羽も持参していたが全く使わずじまい。

何度も行っているが、いつも短時間でじっくり観光をしたことも、名物
“出石そば”もゆっくり味わう事がない「出石」は、今回も滞在55分
しかとって貰えず、5人でお城の近く、辰鼓楼や家老屋敷、日本最古と
言われる劇場「永楽館」も有料の館内の見物は省略で、あとは土産物店
やカバン屋をひやかして、“そば”も食べたいけれど、看板で見つけた
「“そばぜんざい”が食べたい!!」と叫びながら歩いていた私。
a0052666_2183220.jpg

道の両端は凍っていて、突然「そばや」さんから顔を出された地元の
ご婦人が、「道は真ん中を歩かないと滑って危ないですよ!」と忠告
して下さって、車を気にしながら真ん中を歩いて移動。

「横断歩道の白線も滑りますよ」と注意して下さっていたのに、仲間の
Y原さんがすぐにその白線にツルっと足をとられていた。
危ない、危ない! 後頭部でも打ったらえらいこと!!
a0052666_2265122.jpg

帰り道も京丹後や山道は白い部分もあったが、高速に入ってからは快調に
走って、日曜と言うのにいつもの渋滞地域でも全く渋滞もなく、三田で
2グループ降車された後、19時前に宝塚に無事帰り着いた。

悪天候の予報に、外出予定の人たちも出控えられたせいかもしれない。
a0052666_2192948.jpg

次は4月あたりに「能登半島一周」でもやろうか・・・と。

元気な間に精々楽しみたいもののひとつが「旅行」。
a0052666_2195215.jpg

今回も、荒天予報の中、なんとか我ら『晴れ女』組の勝ち!!
みなさん、お疲れさまでした!
a0052666_2201247.jpg

by kokko48513 | 2016-01-25 02:13 | 旅のつれづれ | Comments(0)