「ブン・ケイ・コウ」一家  石垣島2泊の旅

“お寺の和尚さん”にとって超忙しい夏、お盆の檀家さん参りは
7/20過ぎから始まり、教区内のお寺で順に行われる「施餓鬼法要」
への参列、今夏はこれに加えてお葬式の多かったこと・・・
a0052666_1213291.jpg

親は一生懸命やっているが、決まった休日のある会社勤めや一般
家庭の子と違い、“お寺の子”の不憫さを思う事がある。


娘宅、3人の子どもたちの夏休みも終わろうとしているが、8/27
から3日間、やっと何とか“夏季休暇”を作って、親子5人揃っての
「石垣島」への旅行が実現した。
a0052666_2444335.jpg

これもギリギリ3~4日前の申し込みでJTBを介して、飛行機の席も
直行便はなく、那覇乗り継ぎ便で丁度5席しか空いていなかったり、
ホテルも空いているところをJTB任せで何とかやっと取れたという。

a0052666_1215283.jpg

直前、台風19.20号にやきもきしたが、何とか次の21号の発生も
遅れて天候は晴れたり曇ったり、一時雨に会ったりしながらも楽しい
3日間を過ごせたようで、昨29日夜、意気揚々と帰ってきた。
a0052666_1221513.jpg

娘が小学4年から中学1年までの4年間を過ごした懐かしい場所、
住んでいた住まいも確認して、近くに住む大親友A美ちゃん母子とも
再会を果たして帰ってきた。
a0052666_1223754.jpg


「お母さん、石垣に飛行機が着くとき泣いていたよ」と孫たち・・・

その3日間、お寺の留守を預かり、普段は出ることのない“家電話”も
私が出ることにして、夕暮れや早朝の裏と表の戸締りや、「セコム」に
お願いしているのでとりあえずは安心なのだが、マンションでのいつも
とは違う“庫裡”での生活形態で無事に三日間のお勤めを果たした。
a0052666_10592616.jpg


「お彼岸参り」の日時の変更依頼電話や、納骨や法事の依頼・相談電話、
お隣に張り出したイチジクの木の枝払いの依頼電話、東隣りの駐車場
タイムズさんの境界の塀のチェック訪問や仏具屋さんの訪問ほか、すべて
メモに取って、携帯メールでも送り、あとの始末は夫婦に任せて何とか
「留守番役」を終了することができたと思う。

a0052666_122592.jpg

私との旅行だと孫たちは気を張ってくれているようで、「ケイ」が帽子を
ホテルや船の中に忘れたり、竹富島でレンターサイクルで走っていてひっくり
返って胸に傷を作ったり、結構グダグダだったらしくて、「お父さん、お母さん
一緒だと気が緩んでしまうのかもね・・・」と笑ってしまった。

a0052666_1231745.jpg

78才の私がこんな風に間に合うのはいつまでだろう・・・と思うが、
まだ役に立っていることに自分で自分を褒めてあげたい!と思う。

これからも頭と身体の動く間は、まだまだ頑張ろう!!

a0052666_123422.jpg


a0052666_10595612.jpg

by kokko48513 | 2018-08-31 01:25 | 孫 5人 | Comments(0)