能舞台の『マクベス』

昨日は“りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピア・シリーズ”
第4弾「マクベス」を大阪・大槻能楽堂で拝見した。

マクベスを市川右近さん、マクベス夫人を市川笑也さん
市川猿之助門下のお二人に藤間紫さんが特別出演で
加わり、おどろおどろしい舞台を繰り広げていく。

能舞台という空間、歌舞伎役者が演じる
〝シェイクスピア〟の世界。


暗闇の中、3人の魔女と魔術を司る夜の女神“へカテ”の登場で
舞台は始まる。

シェイクスピアは難しいといわれるが、今回の舞台は
最初から一気にひきこまれ、狂気のマクベス夫妻の終焉へと
どっぷりと『いい舞台』に浸らせていただいた。

膨大で難解とも言える台詞を覚えるのも大変だっただろうし、
目に見えないところで役者さん、裏方さんは相当なご苦労が
あっただろう・・・
そのお陰で「小さい舞台」でありながら、歌舞伎とはひと味も
ふた味も違った「壮大な舞台」を見せていただいた。

2/20.21.22日の三日間東京・梅若能楽学院会館での
追加公演で幕を閉じるが、もったいない!!
もっとたくさんの人に見てもらえたら・・・と しみじみ思った。

by kokko48513 | 2006-02-19 23:54 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)
line

好奇心旺盛と明るさがとりえの旅大好き人間・・おもむくままの旅模様&etc.etc


by kokko48513
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31