2018年 10月 21日 ( 1 )

彼の地「バルト3国」の週間天気予報をインターネットの「地球の歩き方」で
見ているのだが、ついに今日の予報で、エストニアの首都タリンで2回目に
入る10/27(土)、最高気温4度、最低1度、(前日の最低はマイナス1度)
“雪だるまマーク”まで現れた。

a0052666_1404044.jpg

今回の旅行では「タリン」が一番北の端で、10/22までは最高気温10度~
12度を保ち良い調子と思っていたのだが、いかに寒さに強い私でも寒さ対策
怠りなく準備しなければならない状態かも・・・

2回出たり入ったりする、ラトビアの首都「リガ」も10/24は雨の予報で
最高8度、最低7度、2回目の10/26は最高9度、最低5度の予報。

a0052666_141760.jpg

一番南部にあたるリトアニアでさえ、入国する10/25は最高7度、最低4度
と北部の国々と大差がない。

最初に入る「フィンランド・ヘルシンキ」も最高9度、最低7度と出ている。

冬場でも手袋を使わない私だが、今、手荷物にこっそり潜ませた。
通常“ホッカイロ”もほとんど使わないのだが、持って行った方がいいのかな?
ホテルやレストラン、バスの中は暖房が効いているし・・・

a0052666_1413334.jpg

地球の異常気象でいつもより冬の訪れが早いのかもしれない。

旅費を少しでも安く上げようと、忙しいこともあって、夏場から9~10月初旬
は避けたのだが、寒さとの格闘が待っているかもしれない。

と言いながら、今まで冬場でもヨーロッパを大いに楽しんできた経験があるので、
結構この状態を楽しんでいる私がいる。

a0052666_1415391.jpg

靴に取り付ける“滑り止めスパイク”まではいらないだろうけど・・・

安全第一で、何もかも楽しんできましょう!!