カテゴリ:病院ボランティア( 85 )

12/5(水)、病院ボランティアの後、水曜メンバー12名の内
10名参加で、いつもの宝塚・小浜宿「かしよ」で早目の忘年会。

ボランティア中に、いつも車イスで一人で来られる90才代の紳士から
「あなた、ちょっと太ったね?」と指摘され、「わかります?そうなん
です。人生最大の体重になってまして・・・」の私の返事に、「ダメ
だよ、減らしなさいよ」と忠告されて、「循環器の先生にも言われて
いるんですけどね。この年になっても何もかもがおいしくて、ビールも
好きですしね・・・」と、全く減らない体重どうしょう・・・

a0052666_15271537.jpg

これに懲りずに忘年会で、斜め前の少食のK谷さんのお造りや天ぷらの
残ったものを即、頂いている私。 これでは減らないわな!!

戦後の物の無い時代に育った人間の浅ましさか、「勿体ない!」が身に
ついていて、未だにすぐに手を出してしまう習性がある。

図書係が不足していて、午後の2時間ほど、8階図書室での貸し出しの
手伝いを月一回ほどしてほしいとか、来秋70才を迎える独身女性Kさん
の“恋話”に、数回のメールだけで、紹介して貰って知り合って、今で
10か月、一度も誘いもなく、会っていないという話に、「それは
恋愛とは言えないわよ!変なことに利用されないように気をつけなさいよ」
と、ウキウキの様子にプライベートな話しにまで突っ込みをいれたり・・・

a0052666_1528124.jpg

2時間半ほど、賑やか!賑やか!!

車があるのでノンアルコールと共に、吉兆仕込みの美味しいお料理を
堪能させていただいた。



孫たちは・・・と言えば、先日の東北旅行の前後で、5才「コウ」が
全く飛べなかった“縄跳び”が突然スイスイと飛べるようになって
いたり、2年生「ケイ」もちょっと苦手だった“縄跳び”なのだが、
早や飛びや走り飛びができるようになっていたりで子供の成長には目を
見張るものがある。

a0052666_15292978.jpg

ただ、個人懇談でこの縄跳びとボール投げを練習してほしいと担任の
先生から言われていた「ケイ」、ボール投げは今も苦手で変なホームで
投げるので笑ってしまうのだが、教えてもこれだけはどうしても好きに
なれないようで、誘ってもうまく逃げてしまうこと度々・・・

弟「コウ」は、キャッチボールやバッティングが大好きなんだけどね。

a0052666_15445571.jpg

「ブン」&「ケイ」、5日水曜日に校内マラソンがあって、学年別男女
別でどちらも5クラスあって、特に「ブン」は1位を狙っていたらしいが、
「ブン」の性格からいうと、もし“トップ”がとれていたら絶対に
自分から電話をしてくるだろう・・・で待っていたが、連絡はなし。

電話がないという事はダメだったということで、こちらから入れない方が
いいな・・・と、昨木曜日、「コウ」のヤマハの日で午後から顔を出し
たら、やはり善戦及ばず10位だったそうで、悔しかった様子。

a0052666_15361478.png

1キロマラソンであれ、5クラス女子で10位、大したものだよ!!

2年「ケイ」は800mで28位だったと、あっけらかんとしている。


息子宅「モン」&「カン」、「前の車の税金の戻りの分おごるから・・・」
と、先週11/30(金)久しぶりに焼肉「あしん」へ誘ったら、食べ盛り
のふたり、すぐに乗ってくる。

a0052666_15364513.jpg

今回、座敷には忘年会の貸し切りが2組入っていて、三日前の申し込みだった
のだが「テーブル席しか空いていません」で、初めてテーブル席で頂いた。
6人掛けのゆったりしたシートで5人でもゆっくり・・・

他にもいくつも飲食店があるが、ここはやはりいつも満席状態で活気がある。

店長さんのサービスも受けて、生中2杯と共に今回もとても美味しく頂いた。
「モン&カン」、尋常でない食欲に感心する!

a0052666_1537947.jpg

やはり、焼肉は「あしん」に限る・・・と、私は思う。
これは、あくまで個人の感想です。

a0052666_15372815.jpg

by kokko48513 | 2018-12-07 15:37 | 病院ボランティア | Comments(0)

今日水曜日は病院ボランティアの日。

ボランティアとして患者さんにかける言葉はいくつもある。

「どうされました?」とか「大丈夫ですか?」とか、「お大事に」とか
「頑張ってくださいね」とか・・・他にもいろいろある。

a0052666_18525231.gif

今日、車イスで移動の男性患者さんを「化学療法センター」から「レント
ゲン室」へ、再び「化学療法センター」へ戻るという状態で、私より10才
以上も若い方なのだが、かける言葉が見つからない。

「化学療法センター」に通院する方の70%前後は、『癌』という
憎たらしい病に侵されている方々が多く、2000年に『食道癌』で
夫を亡くしている身として、沈んでおられるその様子に「この方も
ひょっとして・・・」と思うと、何と言葉をかけて良いものやら・・・

情けなくて、はかなくて切なくて、もどかしくて悔しい・・・

この世から「癌」という病が早く無くなればいいのに・・・と、思う。

a0052666_18585254.jpg

私自身、血圧が高くてもう何年も3か月に一回通院する循環器科の先週の
診察日に、時々左胸が痛くなることがあるという言葉に、主治医の先生が
「心筋梗塞などの検査を一度しておきましょう」ということになり、
「ちょっと費用が高い検査ですが・・・」と言われたが、まだまだ元気で
いたいので「お願いします」という事で、昨20日、8:30から入って
15:30迄の7時間をかけて、今まで受けたことのない『RI(核医学)』
という検査をはじめ、心電図や超音波も中央検査室でのものと、『RI』
での自転車漕ぎで負荷をかけて100前後を出してみてもらうもの、安静
な状態で見てもらうもの、勿論、血圧や採血・尿検査等もあり、レントゲン
も単純X線と『RI』での微量の放射線を体内に入れての特殊なレントゲン
(と言うのかな?)など40項目の検査、間もなく80才の身にとっては
結構過酷な検査だったが無事終了することが出来た。
(現在の血圧は130前後から65くらいで落ち着いている。薬のお陰だろうが)

a0052666_1931992.png

私の前の男性は私より若そうだったが、負荷をかけた自転車こぎが出来
なかったようで、後日再検査ということで途中で退去されていた。

検査の済んだその足で西宮へ走り、「ケイ&コウ」のスイミングの日で、
娘がグンゼに送りこんでおいた「コウ」の終了20分前に、「ケイ」を家
迄迎えに行って、17:30終了迄付き添って、お寺へ届けて帰ってきた。

『検査』というもの、いつも思うが結構疲れる。

a0052666_1952110.jpg

帰る途中、「ジョリーパスタ宝塚店」で前から狙っていた『かきボナーラ』
と『ほうれん草とベーコンの炒め物』を頂いて帰宅、テレビを見ながら
いつの間にやらソファーで眠っていて、夜中に目を覚まし「明日はボラだ。
早く寝なければ・・・」と、入浴・就寝となった。

ところでこの検査、支払いの段になって、本当に先生の言葉通り、その高い
ことにビックリした。

その額131,730円、私自身負担額は1割なので13,170円の支払い。

3割負担の人だと40,000円ほどの負担となる。

a0052666_1992117.png

進んだ医学の恩恵は受けたいが、受けたくても受けられない人もいるだろう。

誰もが住み良い世の中になってほしいものだ!!
by kokko48513 | 2018-11-21 19:09 | 病院ボランティア | Comments(0)

7/11(水)、病院ボランティアのあと、我ら水曜メンバーでの
恒例「暑気払い」の昼食会。

いつもの宝塚・小浜宿「かしよ」で12:40から開宴。

現在、水曜メンバーは12名なのだが、今回の参加率は50%。
a0052666_522862.jpg

術後で静養中の人、体調不具合で通院予定の人、明日から旅行
予定で疲労を考えて欠席の人、孫の発病やお守りで欠席の人も
2名いて、いつも10名以上は参加のところ、今回は6名参加での
こじんまりとした会となった。

段々に、皆が年を取ってきているということもありそう・・・

「鮎は出るかしら?鱧はどうだろう・・・」と期待していた
予想的中で、お吸い物に「鱧」、「鮎の塩焼」もあって、今回
もおいしいお食事をいただくことができた。
a0052666_524956.jpg

6名というのはテーブルを挟んで3名、3名の対面になり、一人が
話すと皆がその話に耳を傾けて、話の輪が広がり、盛り上がり、
いつものあちこちで話が分散するのとは違った良さがあった。
a0052666_531624.jpg

まだ新参で、初めて参加のK松さんも、「なかなか覚えられない
皆さんの名前が、ここにおられる方の名前は覚えられた」と、
顔と名前が一致したようで、少人数の利点発見。

14:30まで、食べながら、おしゃべりも弾み、今年リーダーの
M木田さんが趣味で作っておられる布地を使ったブローチを、
それぞれ選んで頂いて散会となった。
a0052666_532882.jpg

7/2に修理に出していたプリンターが、5年延長保証の15000円の
範囲手前ギリでおさまって、直って帰って来たと昨日メールを
もらっていた「上新電機」に引き取りに行ってから帰宅した。

パソコンは、今日はメーカーの「NEC」にも電話して診断を
してもらったが、セーフモードでも元に戻らず、「初期設定しか
方法はなさそう」とか、修理代3万円以上はかかるだろうという
「AOSデーター復旧業者」を紹介するとか言われたり、
まだ2年しか使っていないパソコン、いったいどうなったんだい!
と怒り心頭!! 今後、絶対に「NEC」製品は買うものか!!
a0052666_545050.png

インターネットはできるのに、メールの開けようがない。

フォルダーがあっても開けられない写真なども、「フォトスケープ」
というアプリを使うと写真も出てきて、帰宅後、春休みの孫達との
「北海道2泊」の写真や、来年作成予定の13冊目の「ブログ本」
用に編集加工した写真は一枚ずつ、再度「フォトスケープ」を
使って新しく作ったフォルダーに入れ、すぐさま外付けハードデスク
に保存した。

これらができるのに、どうして7/7までのように動かないのだ?
a0052666_563678.png

今まで作った「ブログ本」や「旅行紀行」、友人・グループ関係の
アドレス、メロウ倶楽部勉強会のテキスト等々、ドキュメントに
入れたものはどこにあるのだ?

プリンターも戻り、12冊目の「ブログ本」も外付けに入れておいた
ものを使って製作に取り掛かりたいが、2台目、「ノート」でも
買ったほうが良いのではなかろうか・・・と思い出している。

どん詰まり状態! 
いつ何が起こるかしれないのだが、結構、楽しんでいる「私」がいる。
a0052666_57327.png

でも、「クロアチア:イングランド戦」を見ながらパソコンをやって
いる今、クリックの連続で右腕が痛くて痛くて・・・という状態。
(私の優勝予想は“クロアチア”なんだけど・・・)

頼んでいた洗濯機も9日月曜日に届いたが、扇風機のボタンも少し
おかしい状態で、冷蔵庫も若干、音が大きくなっているような・・・
今年は我が家にとってえらく物入りな年なのかも。
(今も冷暖房は扇風機とガスファンヒーター、クーラー無しのわが家)
a0052666_1045104.png

このパソコンを修理に出すとしても、動いている間、「photoスケープ」
を使って、長い時間かかっても大事な写真だけでも別フォルダーに入れ、
外付けハードに保存してから・・・「根競べ」だ!!

勉強会にも持参できるから、やはり、もう一台ノートパソコンを
奮発するかな・・

しがない年金生活者、人生最後の大買い物かも、覚悟いたしましょう!!
by kokko48513 | 2018-07-12 05:07 | 病院ボランティア | Comments(0)

昨日水曜は、宝塚市立病院ボランティアの日。

救急車の出入りが激しい日だった。
a0052666_1163162.gif

そんな中、外来受付は11時までとなっているのだが、12時頃に来て
総合受付の師長に「診て当然!」の態度で食い下がる老婆がいた。

前日も受診に来ていたそうで、診察券もなくしているらしいが、担当の
先生に渡したまま返してもらっていないと言い張り、自分の不始末を
人のせいにして、再発行は108円の有料となるが、ガンとしてこれを
受け付けない。
a0052666_1184851.jpg

師長が現場と連絡をとっておられる間も、玄関脇の椅子に倒れ込んで、
「死にそう・・・」、「倒れないとみてくれないのか!」、「新聞社に
電話してやる!投書してやる!」と脅しにかかっている。

私と同年くらいだろうが、情けなくて、みっともないことこの上なし。
そんなに大声をあげる元気があるのに、病院にくる必要があるのか?
a0052666_1133690.jpg

ボランティアは12時までなので、その場面を横目に見ながら退去したが
その後、どうなっただろう・・・



そのあと、外来仲間で「今日は何を食べようか・・・」とランチの相談。

N中さんは元の職場の友達と夏の旅行の相談があって、今日は別行動で、
「ロイヤルホスト」に行くと言うので、我らは3人でのランチとなる。

和食やお好み焼きが続いていたので、「私たちもロイヤルホストで洋食に
しようか・・・」と、「お肉食べたいわ!」という事もあって同じ店へ。
a0052666_11311939.png

月に1~2回利用させてもらっているが、ホールの係りの皆さんの顔ぶれ
がずっと変わらず顔なじみになっていて、心やすさもあり、気遣い、心遣い
があって、いつもテキパキされていて、店内も清潔で、安心感があると
いうのも好きな点。

ところが、昨日は雰囲気がちょっと違っていた。

いつもの女性の係りの皆さんより、一人の白服の男性の動きがやたらと目に
入ってきて、ひと目で「新しい店長さん」と言うのが分かったが、今までの
「店長さん」と違い、係りの方たちを差し置いて、メニューをわきに抱え、
手不足でもないのに入ってきた客をテーブルに案内することから始まること
が多く、「あなた、女性陣の仕事をとり上げてしまっているじゃない・・・」
a0052666_1132796.jpg

「“長”たるもの、部下を信用して、表に出過ぎず、皆さんちゃんとやって
いるのだから、バックに回って、あくまでサポート役として、手が足りないな
・・・という時だけ、悠然と現れればいいのではありませんか?」と思い
ながら、店内を動き回られる姿を見ていた。

今までの「店長さん」はこちらの顔も覚えてくださっていて、いつも微笑んで
出入りの挨拶をして下さっていたが、この新しい「店長さん」はどこまで
できる方なのだろう・・・

他のお客様からも、同様の意見が係りの方たちの耳に届いているという。
a0052666_11345829.jpg

部下を殺してしまっているし、部下の方たちはさぞかしやりにくいことだろう
・・・と、昔、人の下にもなり、上にも立って仕事をしたことのある私、
よそ事ながら、つくづく感じいってしまった昼のひと時だった。

「ハンバーグと牡蛎フライ」のランチは美味しかったですよ!!

今までのお店の雰囲気を壊さないで・・・と祈るばかり・・・!
by kokko48513 | 2018-06-28 11:21 | 病院ボランティア | Comments(0)

外来受付の方法を尋ねる初老の紳士の応対をしていた時、私の横をすり
抜けるひとりの中年男が「お前ら、何の役にも立たん余計なことするな!」
と吐き捨てて、二階へのエスカレーターに向かっていった。
a0052666_1846134.png

車イスの患者さんの補助で、搬送案内をするY田さんに「内科へ連れて
行ってあげてって」と、看護師長からの言葉を伝言した時、わざわざ
横に来た男、「何えらそうに指図しとんねん!」と吐き捨てる。

そのY田さんも、ご高齢の方の受付手続きを代行していた時、同じような
暴言を吐かれたという。
a0052666_18494384.jpg

これら同一の男のなせる業ではない。 今日は変な人間が多かった。

どうしてこうも穏やかでない人が多いのか。

どうしてこうも幸せでない人が多いのか。

どうしてこうも平和でない人が多いのか。

どうしてこうも可哀想な人が多いのか。
a0052666_1962274.png

言い返してやりたい言葉はいくらでもある。

多分、それを待っているのだろうが、乗るものか!!

無視!!! こんな人間を相手にしては、自分自身をおとしめてしまう。

今日4/25は、13年前、JR宝塚駅であの列車の3分後に発車した快速に
乗ったお陰で、一番被害の大きかった2両目に乗りながら命拾いをした私。

何を言われようが、何をされようがしぶとく生きる78才!
a0052666_18571820.png


これからの人生も、ささやかながら世のため、人のためにも役立って、
元気に楽しく幸せに、大いに謳歌して生きていくのさ!!

by kokko48513 | 2018-04-25 19:06 | 病院ボランティア | Comments(0)

今、娘宅で「ケイ」と留守番をしながら、娘のノートパソコンを借りて打ち込んでいる。

一昨日、旅行から帰って、昨日のボランティアは「モン」の中学入学式の写真を撮りたい
ために休ませてもらった。

午後、旅行も一緒に行ったY田さんから携帯に電話が届いてビックリ!!

ボラの時、病院の玄関に立って仕事をしておられた一人の守衛さん(男性)が、数日前に
出先で倒れて亡くなられていたという。
a0052666_21461646.gif

なんとはかないことか。

ひとり暮らしをされていたのか、どなたにも連絡がつかず、昨日の時点でまだ身内の方は
誰も現れていないという。

知らなかったが、病院の守衛も既に退職されると言うことで、正式書面の提出が遅れていて
どこからどういう経緯で市立病院に辿りついたのか・・・だが。

78才の私もひとり暮らし、どこでどう倒れる事態になるやらしれない。

いつも財布には娘や息子、身内の連絡先を書いたものを入れているのだが・・・
a0052666_2147276.jpg

心からご冥福をお祈りして・・・合掌

by kokko48513 | 2018-04-12 17:01 | 病院ボランティア | Comments(0)

先週は「ブン&ケイ」のコンサートで休みをもらった“病院ボランティア”、
今日は忙しかった。

整形外科からレントゲンやCTへのストレッチャー輸送が3回、車いすの介助が4回
もあり、車いすで股関節治療の高齢のご婦人を運んでいた時、「ドクターハート、
ドクターハート、2階リハビリ室前」の院内アナウンスが轟いたらしい。
a0052666_21344164.png

搬送中の患者さんと話していてそれに気がつかず、レントゲンを終わって整形外科
外来に戻る2階コンコースの広い廊下の左端に、倒れたご主人に必死に「あなた
大丈夫よ!あなた大丈夫よ!病院にいるから・・・」と、上にのしかかるように
大声で叫んでいる70才前後のご婦人。

病院職員男女1名ずつ両サイドにいて、内科処置室の方から大きなベッドを押して
3名の看護師もかけつけてきた。
a0052666_2138412.gif

顔色は土気色、奥さんの呼びかけにも無反応、ピクともせず仰向けに横たわったまま。

通りかかった看護部長に見たままを報告して、そのまま通り過ぎたのでその後の状況は
どうなったのかわからなかった。

今日は定時のボラを12時に終わって15時まで、「折り紙教室」“端午の節句”の
こいのぼりや菖蒲の花、兜などをおる練習日で、入院患者さんや家族の方、通院の方を
対象にボランティアの一環として、季節季節に取り組んでいる。
a0052666_23105270.jpg

来週11日が本番の日で、入院病棟の談話室2か所で開催する。

終わって帰り際、看護部長Nさんが呼び止めて下さって、「あの患者さん大丈夫でしたよ。
お身体の調子、元に戻られましたから・・・」と知らせてくださった。

耳鼻科外来に来られていたそうで、2階にある中央検査室か放射線室にでも移動されて
いた時だったのかもしれない。
a0052666_21411037.jpg

もし、自宅でだったら、街中でだったら・・・どうなっていたことか。

良かった!! 
地域の病院の務めは大きい!!
by kokko48513 | 2018-04-04 21:41 | 病院ボランティア | Comments(0)

昨水曜日は「病院ボランティア」の日。
a0052666_13483587.png


4月にいつものボラ&パソコンABCメンバー、今回は5人で愛知や岐阜への
桜を訪ねての読売バスツアー1泊旅行を予定していて、その旅費の集金を
兼ねて、ボランティアのあと、12:30「宝塚ホテル」バイキングレストラン
「ザ・ガーデン」に集合してランチを楽しんだ。
a0052666_13551727.png


旅行には参加しないが、かつての旅行メンバーでボラOBのH谷さんも誘い
出してご一緒して2時間ほど、たっぷり豪華なごちそうを頂いて、70代から
80代前半の我らだが、感心するほど飲んで食べる!飲んで食べる!!
a0052666_13502657.png

その間に、先日「詐欺」にあいかけたK端さん(83才)に「参考のために
詳しく聞かせて・・・」とお願いしたのだが、「思い出すのもおぞましい!」
と口をつぐんで話して下さらない。

“電話での詐欺”かと思い込んでいたのだが、“訪問詐欺”だったとの
ことで、警察が目をつけていた犯人のようで、帰った後、すぐに警察官
が訪れて「これは詐欺ですよ」と言われ、実害なく済んだとのこと。
a0052666_13522664.jpg

それ以上は悔しすぎて話してもらえず聞けなかった。

その後、電話設定も変えて、すべて“録音”するようにしたという。

高齢者は狙われる! くれぐれも気をつけましょう!!

a0052666_13543686.jpg

by kokko48513 | 2018-03-15 13:55 | 病院ボランティア | Comments(0)

今の世の中、理不尽な人間が増えている。

予約も無い状態で総合病院へきて、「薬を貰いに来ただけなのに待ち時間が
長すぎる!」と、職員を呼びつけ、大勢の患者さんが待つ内科ロビーで何十分
も大声で怒鳴りまくってクレームをつける60代前後の男。

『個人医(病)院へ行け!! それでも待ち時間無しとはいかないぞ!』

a0052666_1245567.png



予約時間に15分遅れで通院して、「大丈夫かな?」と尋ねるので、「大丈夫
ですよ。遅れていても診てもらえます。ひょっとすると、診察時間そのもの
遅れているかもしれませんしね」と背中から声をかけてニコニコ案内したら、
踵を返して「何じゃいそれ!笑いながら言う理由を言え!15分で笑う理由は
何じゃい!!」と、顔をくっつけるようににらみ、噛みついてきて、胸の名札
を凝視する中年の男患者。

『人と話すときは、ニコニコを心がけているんじゃい! 気持ち良いだろうが!!』

a0052666_1271133.jpg


その他にもいろいろあり過ぎる。

どうしてこうもギスギスした人間が多いのか・・・情けない。

心を平穏に保ちたいと痛切する時が多々ある。

a0052666_12101075.png


皆さん、心安らかに、明るく、やさしく過ごしましょうよ!
by kokko48513 | 2018-01-25 12:10 | 病院ボランティア | Comments(0)

今年最後、今日の病院ボランティア、またまた、ひとり暮らしの、私より
8才も若い70才のご婦人が担ぎ込まれた。

YさんとNさんがストレッチャーで搬送のお世話をしたのだが、躓いたわけ
でも転んだわけでもないのに、最近、立つこと、歩くことが不自由になって
おられたらしいが、昨夜、全く立てなくなって、すぐに救急車を呼ばれたら
いいものを、迷惑をかけるからと、あさ9時になるのを待って、日ごろ
お世話になっている方に連絡をとって救急でやってこられた。
a0052666_103167.png


最近多い「股関節」関係のようで、やはり、大腿骨骨折か・・・という状態
らしいが、小さくて細い方のようで、人間の骨というもの、私のように、
躓いて吹っ飛んでいても大した怪我もなく、何年か前の原付バイクで
ひっくり返った時も打撲といささかの裂傷で済んだという事も経験して
いるが、ありがたいことと感謝している。
a0052666_115661.jpg

2年前の「丸亀製麺」での、椅子があると思い違いをして、お尻を移動して
ストン!と床に落下して、隣のテーブルの角に耳を強打して、もの凄い出血
で血が止まらず、夜間通院で何針か縫ってもらった時も、それだけで済んだ
という経験があるが、何でも良く食べる・・・という私の身体、それも
あって、骨折という憂き目を見ずにラッキーに済んでいるのかもしれない。

今、人生最大の体重になっているということは、褒められた事ではないのだが。
a0052666_135074.jpg

「ブン・ケイ・コウ」のおじいちゃんの通夜と密葬も無事済んで、1/31には
本葬が執り行われるのだが、3人もやっと本来の生活に戻りつつあるが、やはり
今までいた人がいないという事は淋しいことで、段々に慣れていかないと
いけないことだろう・・・
a0052666_162917.jpg


後始末や役所関係の手続きで母親は大忙し、せいぜい、3人のお守りや手伝いに
西宮にむかって走ってやりましょう!!

皆さん、くれぐれも気をつけましょう!
特に、高齢者の皆さん、寝たきりや車いす生活にならないためにも、足元には
十分気をつけて、日々の生活を送りましょう!!

by kokko48513 | 2017-12-28 01:06 | 病院ボランティア | Comments(0)