<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


「モンちゃん」人生初遠出・・淡路島1泊の旅

2/25-26 『淡路島・うずしお温泉』1泊の旅を敢行。
初遠出の、モンちゃん親子と娘と私の総勢5名。

午後にゆっくりの出発、天気は晴れ。
宿へ入る前に南あわじの『灘黒岩水仙郷』
シーズン終わりの水仙を訪ねて・・・が、まだまだ
見ごろで山の斜面は白水仙が花盛り。
おまけに梅まで咲いていて満足、満足!!

あとは一路、宿へ・・・
夕食は鯛とイカの姿活造り、さざえと海老の活造り、
加えて淡路名物「鯛とさざえの宝樂焼き」
鯛の油が乗っていておいしいこと、おいしいこと!
大満足の大ごちそうでした!!
a0052666_13344888.jpg

お風呂がこれまた「最高!!」で、無色透明の
ナトリウム-炭酸塩泉、特に優秀な療養泉との事で
『美人の湯』といわれるだけに、入浴後
お肌はツルツルになったようで、近くにあったら毎日でも
入りに来たい・・・と思わせる上等のお湯。

翌日は朝からあいにくの雨模様・・・
ナイロン合羽で、「モンちゃん」を覆って、完全装備で
『イングランドの丘』と『淡路夢舞台』へ。

『イングランドの丘』を出る頃には雨もやみ、『蘭展』最終日の
『夢舞台』へ。
いつものことながら、動き出しが遅いのと、どこも時間を
かけすぎるのとで閉館1時間前にやっと入館。

「即売あり」で残骸に近い『蘭展』ながら初めてここを訪ねた
息子夫婦も娘も、「モンちゃんが大きくなったらまた絶対に来ようよ!」
と淡路島の自然を取り込んだ今回のそれぞれの初訪問地に
大満足でした。

いつまでも元気で、「モンちゃん」の成長を楽しみつつ、
みんなと『小さな旅』でいいので続けたいものです。
a0052666_19164877.jpg
a0052666_19171870.jpg
a0052666_20553915.jpg

by kokko48513 | 2006-02-27 19:04 | 孫 5人 | Comments(0)

絵本大好き!!

まだ誕生5ヶ月目の「モンちゃん」
絵本を読んであげるとなかなか反応が良くて熱心に見入る。
a0052666_14221970.jpg

ひざの上に乗せて読み聞かせてあげると
段々前のめりになってきて絵本の中に入っていきそう・・・

なんでも経験をさせてあげる事が大事なんだろうと、
この姿を見ていて『ばばバカ』と思うが、将来が
楽しみになる・・・
a0052666_21233818.jpg


by kokko48513 | 2006-02-23 14:48 | 孫 5人 | Comments(0)

能舞台の『マクベス』

昨日は“りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピア・シリーズ”
第4弾「マクベス」を大阪・大槻能楽堂で拝見した。

マクベスを市川右近さん、マクベス夫人を市川笑也さん
市川猿之助門下のお二人に藤間紫さんが特別出演で
加わり、おどろおどろしい舞台を繰り広げていく。

能舞台という空間、歌舞伎役者が演じる
〝シェイクスピア〟の世界。


暗闇の中、3人の魔女と魔術を司る夜の女神“へカテ”の登場で
舞台は始まる。

シェイクスピアは難しいといわれるが、今回の舞台は
最初から一気にひきこまれ、狂気のマクベス夫妻の終焉へと
どっぷりと『いい舞台』に浸らせていただいた。

膨大で難解とも言える台詞を覚えるのも大変だっただろうし、
目に見えないところで役者さん、裏方さんは相当なご苦労が
あっただろう・・・
そのお陰で「小さい舞台」でありながら、歌舞伎とはひと味も
ふた味も違った「壮大な舞台」を見せていただいた。

2/20.21.22日の三日間東京・梅若能楽学院会館での
追加公演で幕を閉じるが、もったいない!!
もっとたくさんの人に見てもらえたら・・・と しみじみ思った。

by kokko48513 | 2006-02-19 23:54 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

本日、神戸空港オープン!!

仕事の関係で、オープンセレモニーに朝4時半起きで
出席した娘からメールが届いた。

神戸空港小さい。一瞬モノレールの駅舎かと思ったら
それが空港だった・・・。 が、その割にはお店(飲食と
売店)が多い・・・デートコース狙い??」の感想。

それでは成り立ちますまい・・・
あれだけの反対を押し切っての借金だらけのオープン。
メリットがなければ意味が無いが、テレビで流れる
ニュースはどの局も悲観的要素を紹介している。

閉鎖や倒産が続いている“第3セクター”のように
ならなければ「よろしいが・・・」 

私はやはり国内なら、近いこともあり、便数も行き先も多い
伊丹を利用する。

a0052666_11474571.jpg


by kokko48513 | 2006-02-16 14:43 | 雑記帳 | Comments(0)

病院見舞い・・義父91才

三重・南伊勢町にひとり住まいの義父が
電灯を点けようとした拍子にすかされた様になって
倒れ、胸を打ち、目下町立病院に入院中。

気になっていた「見舞い」を娘と二人で雪の心配の
ない日を見計らい、昨日日帰りで車を走らせた。
往復500キロほど。 娘は堂々のペーパードライバー
私ひとりの運転でちょっとしんどい日帰り旅。

病院はお年寄りが多く、今は入院しても3ヶ月迄しか置いて
もらえない・・・ということで、同室に県内の病院を「たらい回し」
状態にされている方がいて、リハビリ中の91才の父が
「完治してない患者をどうして薄情に追い出すんだろう・・・」
とつぶやいていたが、ほんと!私もボランティアで
病院に入っていて、いつも思っていることだ。

わが夫は「施行前」に7ヶ月間ひとつの公立病院に癌治療で
お世話になり、信頼できる医師のもと、終焉を迎えられたことは
「幸せなこと」だったんだな・・・とつくづく思う。

a0052666_1791945.jpg


by kokko48513 | 2006-02-12 17:09 | 雑記帳 | Comments(0)

またまた寒波!

今朝(6日)英会話レッスンに出かけようとしたら
すでに薄っすらと雪が積もっている。
前回のように『陸の孤島』になっては帰って
こられない・・・「行こうか、どうしようか・・・」と
迷ったが思い切って出かけた。

雪は雨に変わり無事帰宅。
次は、「今晩は雪になるだろう。今の内に買い物に
・・・!」と、明るい間に車で出かけ1~2日閉じ込められても
大丈夫なように食料をたっぷり買いこんで来た。

0時現在、外は雨・・・買い物が無駄になってもいい・・・
豪雪に悩まされている人たちに今回の寒波が、どうぞ
追い打ちになりませんように・・・
a0052666_021241.jpg

by kokko48513 | 2006-02-07 00:21 | 季節の話 | Comments(0)

「ベルばら」星組ラスト・ワン

明日の千秋楽1公演を残すのみとなった
星組の「ベルばら」、元気印湖月わたるさん
白羽ゆりさんのフェルゼンとアントワネット。 
今日の午後の前楽公演を娘と楽しんできた。

オスカルの役代わりは月組の大空祐飛さん
貴族の女性でありながら男として育てられ
王家を守る近衛兵隊長という役どころ。

池田理代子さんの劇画を彷彿とさせるまさに
はまり役ではないだろうか。
いろんな人の「オスカル」を見ているが
大空さんの「オスカル」はなかなか良い!!
私個人の感想である。

2/10から雪組の「ベルばら」が始まる。
これもまた楽しみである。

皆さんの熱演に何ヶ所も涙したが、明るい気分に
してもらい 元気をいただいて劇場をあとにした。

住まいが宝塚で、いつでも見たいときに見せていただける
「地の利」をつくづく有難いと思う。
a0052666_23302834.gif

by kokko48513 | 2006-02-05 23:30 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

「抱っこ&おんぶカバー」ご披露

この寒さで大活躍の『抱っこ&おんぶカバー』
a0052666_0221592.jpg
a0052666_0345399.jpg


別冊ベビーエイジ【らくらくソーイング】の型紙で
作った物だがこういうものは何処を探してもいい物が
なかなか無くて、生地のフリースや付属小物を買ってきて
手づくりしたが、この寒さで結構役に立っているようだ。

乳母車にも乗れるようになってきたので【らくらく・・・】に
載っているベビーカー用の『カンガールマット』という物
(赤ちゃんがすっぽりと首から下がはいるもの)に
挑戦してみようと思っている昨日今日である。a0052666_0245270.jpg
a0052666_044965.jpg


by kokko48513 | 2006-02-05 00:24 | 孫 5人 | Comments(0)

『お食い初め』セット

間もなく生後丸4ヶ月を迎える我が家の星“モンちゃん” 
元気にすくすくと育ってくれている。

父親の都合で延びていた『お食い初め』を1/29に
父母、祖母、伯母みんな揃って執り行いました。

そのために間に合わせようと陶芸サロンで
頑張って作ったお茶碗2個、お皿2枚の
【ばあちゃん手づくり・お食い初めセット】です。

オリジナル、世界に唯ひとつのセットです。
作っている段階が楽しくて、出来上がったときの
喜びは下手な仕上がりでもとても嬉しいものです。
a0052666_23563647.jpg
a0052666_2357064.jpg


by kokko48513 | 2006-02-03 23:52 | 孫 5人 | Comments(0)

汽車は出て行く・・・

ゆかしい街、ランス・・・の『こぼれ話』

もう一歩のところでパリへ戻れなくなるところでした
降り立ったときに帰りの列車を確認しながら、そして発車
30分前に駅に戻りながら、予定の列車に乗り遅れ・・・

バスで駅に着いた時点で予定の列車は到着が5分遅れの表示。

構内のカフェでお茶でも飲もう・・・と。
“シャンペンの産地”折角だからここで呑んでいこう!!
と、一杯やって駅表示を見に行ったら、延着が10分から
45分へとみている間に増えていく。

「ローカルだなぁ」と、ほほえましい気持ちで
「それじゃ、もう一度お茶でも飲んで待とう・・」と
カフェへ逆戻り。

a0052666_22515975.jpg



ガラス越しに見えるホームの風景を楽しみつつ、
「・・そろそろね」という感じになって、どうも構内の雑踏の
様子が違うのに気づき、案内のあった番線をみると、
なんと!長距離らしい列車が入っているではないか!?

まだ5分前!そんな馬鹿な・・・で二人してホームへ
飛び込んだが、時すでに遅し・・・列車は滑り出していて
大声をあげたが、駅員はニッコリするだけ。
、『汽車は出て行く煙は残る・・・』というせりふがあったが
まさに『これ!』

18:30発のこの列車のあとは20:20発までパリ行きは
なし。そしてこの列車がパリ行きの最終列車!!
売店も閉まり、再びカフェへ・・・

「乗り遅れてなるものか」と寒いホームへ早めに入り、定刻に
来た列車に無事乗車。
22時丁度にパリ東駅のホームに降り立ったのでした。
a0052666_336352.jpg
a0052666_3403230.jpg

by kokko48513 | 2006-02-02 14:52 | 旅のつれづれ | Comments(0)
line

好奇心旺盛と明るさがとりえの旅大好き人間・・おもむくままの旅模様&etc.etc


by kokko48513
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28