元気印「こっこ亭」のきまぐれ旅

<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「モンちゃん」のひとり言

昨日はおばあちゃんとふたりで門戸厄神さん』
お参りに行ってきました。
お母さんも一緒に行く予定だったんだけど用事が
できてしまって行けなくなったんです。
「お母さん確か厄年なんだけどな・・・」
a0052666_1219518.jpg

おばあちゃん3時まで『病院ボランティア』の後で
道が凄く混んでいて、時間がかかって着いたのが
4時半過ぎ。お寺は5時で閉まってしまうかも・・・
と思ったおばあちゃんは、駐車場からお寺まで私を
おんぶして「ヨイショ、ヨイショ」と大急ぎで
歩きました。
私は荒神さんの時みたいに歩きたかったのにな・・・
a0052666_22515873.jpg

下のお堂は閉まっていたけど、上の寺務所はまだ
開いていて、おばあちゃんホッとしていました。
護摩の木に“家内安全・交通安全・無病息災”お願い
事はふたつ・・と書いてあるのに、おばあちゃんは
いつも欲深に三つも書くんですって。

おばあちゃん分、「モンちゃん」宅分二軒分を
おさめてお札二枚頂いて、お母さんの“厄除け”
のお守りと、おばあちゃんのお守りをいただいて
無事終了。
a0052666_22523532.jpg

お寺の階段や坂道を歩くのも、手洗いもお参りも
「モンちゃん」全部ちゃんとできたんだよ。
『門前の小僧習わぬ経を読む』ってあるでしょう!!
a0052666_1229062.jpg

私、この頃「ばーば、ばーば」と言ってるの
おばあちゃん達は意味解ってくれているのかな・・・
わかってないんだろうな・・・

帰りの駐車場までも、今日はお父さんの誕生日
お祝いをするのに遅くなるといけないので、また
おばあちゃんおんぶして頑張ったけど、“腰”大丈夫
なのかな・・・ちょっと心配!
a0052666_2253439.jpg

でも、とっても楽しかったよ!!
a0052666_22541240.jpg

月組公演拝見!!

2/5まで公演中のタカラヅカ月組ロマンチック・コメディ
「パリの空よりも高く」レビュー・ロマネスク「ファンシー
・ダンス」を双眼鏡片手に昨日、B席から拝見。

同じB席でも2階最後列の当日券でしか買えない2000円
席を狙ったが同じ思いの人が多いのか売り切れていて
通常の3500円のB席から。
a0052666_23411557.jpg

「パリの空よりも高く」は菊田一夫さんの「花咲く港」
モチーフに万国博を目前に控えたパリで世界一高い塔
(今のエッフェル塔)を建設するという夢のような話を
ぶち上げた稀代のペテン師兄弟を主人公にしたコメディ
作品。

個人的に懐かしく拝見。
夫の没後、娘と“二人旅”で毎年1.2月頃には
パリとその周辺の都市を航空便とホテル
だけを確保しておいて個人旅行で訪ねていたが、
今年はご縁があって降ってわいた「娘の結婚話」
12月に繰り上げた“旅”の予定も、何か気忙しく、
結局行かずじまいで終わってしまいそう・・・
a0052666_2348482.gif

宝塚歌劇はパリを舞台にしたお話しが多いが、次に
パリに降り立つのはいつだろう・・・なんて考えながら見て
しまっていた。

瀬奈じゅんさんの2.5~3枚目は秀逸。
話は予想のつく進み方だったが、なかなか面白かった。

レビュー「ファンシー・ダンス」は文字通り踊って、踊って、
踊って・・・のジャズあり、タンゴあり、ロシア・バレーほか
様々なダンスの「てんこ盛り」

今回も気分すっきり、明るく元気になって足取りも軽く
劇場をあとにした。
a0052666_23514784.gif

今日の「モンちゃん」6態

お天気がいいとお母さんと近くの児童館
出かけたり、散歩がてらトコトコとわが家へ
坂道を上がってきたり・・・
a0052666_23381143.jpg

その時は部屋やテーブルにある物を大急ぎで
片付けなければいけない。
何にでも興味津々の「モンちゃん」にとって
目新しく写るものはすべて“標的”!
a0052666_23385377.jpg

今日のダイエーでもリビングコーナー、ペット
コーナー、文具、おもちゃ売り場・・・手当たり
次第で興味を示し、ガードするのに大変、大変!
a0052666_23393551.jpg

ゲーム機のBGMに大声あげてひとり身体をゆすって
乗っている。
キッズコーナーでは大きいオネエサンにも自分から
寄っていって遊びの邪魔をしたり、仲間に入れて
もらったり・・・大きな声で話しかけるが言語になって
いないので理解してもらえないが、平気、平気・・・
嬉々として、帰ろうとすると尻込みをする。
a0052666_2340338.jpg












帰りの連絡通路で着ぐるみ(?)の「ZAQさん」にも
人懐っこく近づいて抱きついたり、握手をして
貰ったり、今夜の「夢」に出てくるかもね・・・

a0052666_2341498.jpg


a0052666_23442628.jpg

「モンちゃん」いい夢見ようね。

「笑い」は人生の妙薬!

最近入会したメロウ倶楽部(全国ネットのシニア
パソコン仲間)の関西での初講演会が大阪・森の宮
ゲンキープ」で1/26開催され、“笑いの力~笑いの
不思議”をテーマに日本笑い学会会長 井上宏氏

を講師に迎え、人生において『笑い』というものが
どんなに必要不可欠なものか・・
a0052666_21392423.jpg

会場満席の聴衆「納得、納得」の1時間だった。
2大命題「健康に生きる」「仲のいい友人を作る」
心が傾いた時に必要なものが『笑い』
若い人ほど良く笑う。高齢化すると仲間が減る。
「孤独は笑いの敵」
122才で亡くなったフランスのカルマン夫人の言葉
「退屈しないことと笑うこと」etc.etc
a0052666_2141360.gif



次から次と発せられる言葉に頷くばかり。
後半は医学博士 木山昌彦氏による「笑いと健康」と
題して面白おかしく入浴の仕方、ストレスホルモンと
笑いの関係
ほか即、役に立つお話し多々。
a0052666_21395786.jpg

「笑う門には福来たる」
大いに笑って過ごしましょう!!
a0052666_21441069.gif

タカラヅカ「清く正しく美しく」

1月25日は逸翁・小林一三さんのご命日
没後50年追悼スペシャル「清く正しく美しく」
が今宵、宝塚大劇場で開催され、1回きりの
公演に観客は酔いしれた。
a0052666_23571637.jpg

年に何回かある“特別公演”の機会には友の会
の抽選にいつも申し込むが、今まで当ったことが
無く、今回2階B席で申し込んだのが初めて当り
この世の中で2500人余りの人だけが目にする
贅沢な舞台を拝見。

現在、東京で公演中の宙組以外の専科、花・月・星
雪組の皆さん全員にゲストとしてOGの扇千景さん
鳳蘭さんなど9名の方々が花を添えられ、第1部
から3部までたっぷり3時間の舞台。
a0052666_2358402.jpga0052666_23591422.jpg






舞台装置も衣裳も音楽も踊りもこの1回きりの為
のもの。
目にするのはこの場にいる者だけ

なんとも豪勢なひと時だった。
ありがとう!
明るい気持になって、また明日から元気に気分良く
過ごさせて頂けます

a0052666_011746.gif

お江戸 初春・・・歌舞伎と浅草寺

今年の初上京は応援する市川右近さんの「右近の会」
新年会出席と歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」昼の部
観劇etc.etc

21日昼、初めての会場九段会館でおいしいフルコース
をいただきながら、右近さんと弟子の喜昇さんとのお話。
a0052666_13145081.jpga0052666_1316127.jpg





右近さんの、闘病中の師匠 猿之助さんの留守を
守るため、歌舞伎役者の職業病か「膝痛」を抱えた
まま頑張ってこられていたが、これから先の長さを
考えて思い切って手術を受け、現在リハビリ中
お話や、今年全般の歌舞伎出演や他のジャンルへの
挑戦の話しなど・・・いつもの事ながら設定された4時間が
あっという間に過ぎて時間が足らないくらい。

会場は「新年会」という事もあり豪華な和服で
着飾った方が多く華やかなこと、華やかなこと・・・私は
いつも通り「洋装」
a0052666_1317546.jpg

次の日は歌舞伎座で、勘三郎さんや玉三郎さん
幸四郎・吉右衛門さん兄弟、福助・橋之助さん兄弟他
豪華メンバーでの「勧進帳」「俊寛」ほか昼の部を、
北海道から遠来の右近会の友人共々3階から拝見。
a0052666_22103515.gif

舞踊「松竹梅」のおめでたい演目から始まり場内は
いっぺんに正月らしい華やいだ気分。
外国からのTOURの方も周りに多く、「大向こう」
声にビックリしつつ、一緒に拍手喝さいで楽しんでおられる。
千穐楽は1月26日(金)

東京といえば「行かないとなぜか気がすまない」浅草寺へ。
a0052666_13174789.jpg

17時過ぎのまだ日没前・・・なのに、本堂の扉は固く
閉ざされ寺務所も終了していて、手洗い所の柄杓も
引き揚げてあって無い!
閉まっている「浅草寺」は初めてだ!!

デンと据えられた「お賽銭箱」と無人でもひける
「おみくじ」の硬貨を入れる口だけが開いている。

五重塔にかかる上弦の三日月さんに感動しながら、
今年一年のみんなの“健康”を扉越しにお願いして
今回の「お江戸ひとり歩き」は お・し・ま・い!

a0052666_1318521.jpg

a0052666_22161913.jpg

また ひとり・・・さようなら

中学時代の友人がまたひとり旅立った。
a0052666_0204261.jpg

体格が良くて頑健でお酒は大好きだったが、病気には
全く縁の無いような人が、数年前に癌の手術を受け
入退院を繰り返していたが、会社経営者として仕事もし
好きなお酒は「ドクターストップ」がかかっていたが
クラス会や有志の集まりにも顔を出し、楽しそうに
大声をはりあげていた。

その彼が、3ヶ月くらい前だっただろうか、家でお餅を
喉に詰まらせて救急車で運ばれ、一度も意識が戻ること
無く一昨日「黄泉の国」へ旅立った・・・との連絡が入った。
a0052666_084387.gif





今日は告別式に朝から参列。
こんなことで亡くなるなんてご本人は不本意だったろう。

私なんかも「お餅」が好きでよく食べるが、先日テレビで
やっていたらしいが、喉に詰まったものを取るには
「掃除機」がいいらしい。

“きれい、汚い”なんて言っていられない。
これからは、そばに掃除機を置いて食べよう!かと思う。
a0052666_23434781.jpg

Uさん、先に行っている人たちと「そちら」でお酒を
タップリ呑んで「大宴会」でもやって楽しんで下さい。

私たち、まだ当分こちらで「現生」を楽しみますから・・・
a0052666_23462239.gif

「モンちゃん」の清荒神初詣

昨日から降り続いた雨もやみ、病院ボランティア
から帰ってきた「おばあちゃん」とふたりで、近く
清荒神(きよしこうじん)清澄寺へは生まれて
初めてのお参りです。
a0052666_2121769.jpg

朝からの雨天と夕方近くで露店はほとんど店じまい。
まだ開いているお店のおばさんたちが、雨で暇な
せいもあって「かわいいね・・・!人形さんみたい」
と相手になってくださる。
「照れるなぁ・・・」
a0052666_2124013.jpg

露店の隅っこの電気仕掛けの手を振る「招き猫」
見つけ大声で「ワン ワン!!」と叫び、 おじさんを
感動させている。「あれは猫だよ。ニャアニャアね」

さぁ ちゃんとお手々も洗って・・・
「お水は冷たいけれど、もっと遊んでいたいな!」
a0052666_2131264.jpg

お参りは帽子も脱いで、お賽銭も上げて、鈴も
鳴らして「モンちゃん、ちゃんとできたよ!」
a0052666_2133952.jpg

雨がポチポチ降ってきたから今日はここまでで
帰りましょ!奥はまた次ね。
a0052666_214238.jpg

あら?これはなーに?
“お釣りの口”を嬉しそうにカチヤカチヤカチヤ・・・
「おばあちゃん、おうちから持ってきたお茶しか
飲ませてくれないの・・・」
a0052666_214315.jpg

歩いて参道を下りて来た「モンちゃん」を見て、
さっきの露店のおばさんが、「お!下りて来たね。
ずっと歩いてきたの?えらいねぇ!」
と歩き通した
ことを思いっきり褒めて下さる。

家の滑り台もひとりで上がったり降りたり滑ったり
自由自在・・・動作も口も発育すさまじく感心してしまう。
a0052666_215632.jpg

『どうぞ元気に大きくなれますように・・・』とお願いを
した荒神さんの初詣でした。

a0052666_21471077.gifa0052666_2163081.jpg

義父のやさしい「心づかい」

2月に結婚予定の娘と二人連れで、三重県
大紀町の有料老人ホームでご厄介になって
いる亡夫の父の面会に、新年の挨拶と結婚
前の挨拶を兼ねて、昨日 車を走らせた。
a0052666_10475595.jpg



朝の『訪問を知らす』事前の電話を入れた折
には職員の方は何も言われなかったが、午後、
到着してみると、昨夜から下痢と嘔吐
続いていて、付設している診療所の先生も
原因不明との事。
a0052666_10294644.jpg

担当の看護士の方が、父の伝言として「結婚
目前の娘(孫)に、もしもの時にうつしては
いけないので、会いたいのは山々だが、今日は
部屋には来ないように・・・」と伝えてくださる。

孫娘の結婚を大喜びしてくれている92才の父
ここまで気をつかってくれている。
a0052666_1121313.jpg

会わずに帰ることを思うと涙が出てくるが、もし
「伝染性」のものだったら娘だけでなく、私を
介してわずか1才3ヶ月の「モンちゃん」
うつっても大変なことになる。

父のありがたい『心づかい』を素直に受けて
その場でふたりで手紙を書き、みやげの菓子と
写真と共に担当の方にことづけた。
a0052666_10332314.jpg
a0052666_10442745.gif

それにしてもニュースで“ノロウイルス”などの
集団感染が伝えられるが、あのような施設や
病院等の看護士・職員の方は常に『危険』と
隣あわせ
で獅子奮迅のお仕事をして下さって
いるんだ・・・と今回つくづく感じ入り、
頭の下る思いで施設を後ろ髪をひかれる
思いであとにした。

「おじいちゃん ごめんね。ありがとう! 
早く元気になってね!!」

a0052666_11121025.jpg

新春 観劇三昧・・・

今年の初観劇は新歌舞伎座「松井誠新春特別公演」
と松竹座「壽 初春大歌舞伎」
のはしご。

昨日 友人Iさんを誘って、H百貨店友の会招待
チケットで初めて「松井誠さん」を拝見。
a0052666_12585647.jpg

噂どおりに立ち役も女形も美しいこと!

ベテラン小島慶四郎さんや池乃めだかさん
宝塚歌劇娘役トップだった大鳥れいさんや
麻乃佳世さん他、劇団の芸達者な人たちが
脇を固め、以前タカラヅカ蘭寿とむさん」
主演で公演された喜劇『くらわんか!』
外部での谷正純さん演出による初公演。

思いっきり初笑いさせていただき、誠版レビュー
『華・艶・舞』ではブラジル音頭にのせたおかめ
ひょっとこ二面踊りや、“テネシーワルツ”での
艶やかな女舞い、豪華絢爛“千手観音”の刺繍を
施した特注打掛を纏った花魁道中ほか、書けば
きりの無い千変万化のレビュー

a0052666_1345858.gif
a0052666_1352556.gif




これが「松井誠さん」なんだな・・・と感服しつつ
元気を頂いて、Iさんとはここで別れ次の劇場
「松竹座」へは私ひとりで移動・・・

『夜の部』を拝見。
歌舞伎の歴史が始まって以来、市川団十郎・坂田
藤十郎東西の名優
が同じ舞台に立ったという記録は
無いらしく、今回初めて実現した“大舞台”
「仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居」由良之助
と戸無瀬で舞台後半がっぷり四つに組んでのお芝居。

海老蔵さん・扇雀さんの「毛抜」も面白く、豪快且つ
華やかな舞台。
a0052666_13102052.gif

歌舞伎舞踊「藤娘」扇雀さんのきれいで可愛くて
艶っぽいこと。
「供奴」は兄の翫雀さん。
おなじみの踊りだが、なんとも心地良い歯切れの
いい踊りでいかにも“初春”らしい気分にさせて
いただいた。

「藤娘」も「供奴」も1820年代から演じられて
いるということで、伝統芸能『歌舞伎』の益々の
発展と継承を念じて劇場をあとにした。
a0052666_1305294.jpg

千穐楽、松竹座は1/26、新歌舞伎座は1/27
どうぞお運びを・・・