<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年上半期の〆は・・・「孫3人」模様

27日土曜日、「モンちゃん」幼稚園が休みの週で翌日曜日
とで連休。


「モン父さん」を介して電話が入り、「モンちゃん」から「“USJ”へ行きたい・・・」の意思表示。
a0052666_102269.jpg

夜の『スターライトパレード』が第1目的で、昼食をとってから
走り出す。

さすが土曜日。前回の“インフルエンザ騒動”の時と違い、どこも
かしこも人・人・人で、待ち時間の長いこと。

トイレもはずすことがなくなり、食事やおやつを並んで購入の時も
以前はすぐに「おばあちゃん!」と後追いをしたが、「ここで待って
いなさいね」
と言うと、テーブルでちゃんと待っていられるように
なってきた。

【中央のスタートボタン▷印をクリックしてください】

いつもの「モンちゃんコース」「パレード」を楽しんで、おまけの
“スパイダーマンお目目”を追っかけまくって、ユニバーサル・シティ
で遅い夕食。

帰りの車は『夢の中』、良い夢見ようね!!
疲れたけれど、楽しい1日だったね!!
a0052666_10284856.gif

妹の「カンちゃん」もこちらの言うことを聞き分けられるようになって
きて、話しかけるといつもの「うん、うん、うん」のうなずきを返す。

相変わらずの“玄関先回り作戦”で、外へ行きたくて、行きたくて
たまらない「カンちゃん」
まだ話せない分、「私は連れて行ってくれないの?」「私も行きたい!」
の顔つきが何とも言えず、切なくなる。

1才3ヶ月、先日も皆で焼肉「あしん」へ出かけ、一人前にハサミで
小さくきってもらって、同じメニューで食欲旺盛!
a0052666_1032769.jpg

「モンちゃん」に比べて、どうしても「カンちゃん」の相手をする時間は
少ないが、それでも顔を出すと喜んでくれるのが嬉しい。

そう、そう「モンちゃん」、妹の「カンちゃん」を時々偉そうに呼び捨てに
するのはやめなさい!

『その人』の人権を認めるためにも「さん」「ちゃん」をつけて呼ぶ
ことよ!! 
おとなも子供もいっしょだよ!
a0052666_10355097.gif


一方、西宮の「ブンちゃん」まだ7ヶ月というのに、こんなに成長が早い
ものかと感心する。
ハイハイも上手、立っちもすっくと出来るようになってきた。
もうすぐ『つたい歩き』だね。『あんよ』も早いかもね。
a0052666_1043144.jpg

まだ何かと言うと『親』でないとダメな「ブンちゃん」だが、お母さんが
用事をする間、少しは私とも待っていられるようになってきた。

22日、石垣島からの到来物「パイン」を届けに行った時、すぐ近所の
「えべっさん」「ブン母子」と私の3人で出かけ、池の鯉や亀、鳩に
目の色を変える。
a0052666_10321576.gif

甲羅干しをしている「亀」の背中『恐いもの知らず』で手を出し、
「亀」の方が恐れをなして水中に“ドボン!”

前から手を出していたら、鋭い歯でかみつかれていたよ「ブンちゃん」
くわばら、くわばら・・・

近々、「ブン母さん」が連れて行きたい“動物園”に出かけようね!!

a0052666_11145618.gif


by kokko48513 | 2009-06-30 10:07 | 孫 5人 | Comments(0)

「岡山」日帰り・・・いつものメンバーで

『後楽園』以外は「行ったことがないぞ!」と飛びついて、“花々”
を求めて、ボランティア・パソコン仲間を誘って計11名で出かけた
26日の今回のコース。

人間の記憶・・・というより私の記憶のいい加減なこと
a0052666_359673.jpg

『最上稲荷』、『まきばの館』、『長法寺』の3箇所も・・・
「あれ?来たことあるじゃない??」

日本の“四季のうつろい”とはありがたいもの。前と違った“顔”
見せてくれる。
一緒にいる“仲間”が違うだけで風情も変わってくる。

Iさんに“柏葉あじさい”なんて、葉は柏の葉と同じ、花は
ラグビーボールみたいな形の、初めての“紫陽花”も教えて
もらい得した気分・・・
a0052666_420519.jpg

読売旅行「岡山・花の五重奏と佐藤錦さくらんぼ食べ放題」。
小型バスに総勢21名+添乗員福田さんとドライバー、計23名での
日帰り小旅行。

“山陽道”を西へ、岡山『後楽園(花菖蒲と蓮)』~『最上(さいじょう)
稲荷
』(昼食〈鱧・蛸・鯛のしゃぶしゃぶと豚冷しゃぶ&祭り寿司。メロン・
葡萄・佐藤錦の食べ放題〉と参詣)~『まきばの館(ラベンダーとハーブ)』
~『長法寺(別名・あじさい寺)』帰りは“中国道”をひたすら走る・・・
a0052666_40258.jpg

『後楽園』の“花菖蒲”の盛りは済んでいたが、“蓮の花”の見事なこと!
『岡山城』をバックに、緑濃い江戸時代を代表する“回遊式の大名庭園”
に心癒され、昼食場所の『最上稲荷』へ。

『まきばの館』、約1万株のラベンダー。蕾もあれば、今を盛りと咲き誇る
株もあり、あの“紫”の色の濃淡を楽しめる。
a0052666_411998.jpg

“ハーブ園”も赤や黄、色とりどりに何種類ものハーブが目や鼻を楽しませ
てくれる。
自慢の「ソフトクリーム」を食べる時間の無かったのが残念!

最後は津山市の『長法寺』
『あじさい寺』と言われるだけのことはあり、境内を埋め尽くす4000株の
“あじさいの花々”
の見事なこと。
“花”に埋もれて幸せなひととき・・・
a0052666_8431766.jpg

メロン、さくらんぼ、葡萄、胡瓜の“お土産”つき!
この「梅雨」の時期に“晴天”に恵まれ、さすが「晴れ女」集団、面目
躍如!!


さぁ!次はどこへ行きましょうか!!

by kokko48513 | 2009-06-28 03:52 | 旅のつれづれ | Comments(0)

「民生委員さん、ご苦労さま」・・・「老人」の域、到達かい??

昨日『病院ボランティア』から帰宅したら、わが家の新聞受けに
地区の“民生委員”さんの「お留守でしたので、ドアポストに
入れさせていただきました」のメッセージが書かれて、60才
以上なら参加できる月一回開催の『サロン』へのお誘いメッセージ
のプリントが届いていた。
a0052666_1411571.jpg

一緒に入っていた栞には「こんにちは民生委員です。あなたの立場
に立って、一緒に考えます。個人の秘密は固くお守りいたします。」

“民生委員”さんのお名前・住所・電話番号とメッセージが手書きで
書き込まれている県発行のもの。

12月で70才になる私は、役所関係ではすでに70才として扱われ、
いよいよ『老人の域』に入るようで、“民生委員”さんのご挨拶を
受ける身に到達したらしい。

まだまだ若いつもり・・・
何やら複雑な心境・・・
a0052666_1443478.gif

先日もボランティアで、56才の女性の患者さんが、どう見ても私より
年上にしか見えなかったり、90才に近い方がかくしゃくとして70才
そこそこにしか見えず、「こういう年の取り方をしたいもの・・・」
感心したり、『年』だけで一括りにはできないとつくづく思う。

すぐ近くにはモン・カンちゃん一家」、隣りの西宮にはブンちゃん一家」
がいてくれる。
精々、元気な間は他人様のご厄介にならないように頑張りましょう!!

とはいえ、気にかけていただいているという事は有難いこと。感謝!!
a0052666_148219.gif


by kokko48513 | 2009-06-26 01:48 | 雑記帳 | Comments(0)

『グッと!地球便』・・・オペラコンサート「千田栄子」さん

読売テレビで毎週日曜朝に放送されている番組で、陶芸仲間Nさん
4000通(1通で4名まで)1万人の応募の中から600名招待
抽選に見事大当たり!!

嬉しいお誘いを頂き、大阪・いずみホール心震える魂の歌声
「千田栄子」さんのコンサートを楽しんできた。
a0052666_201053.jpg

2001年の「マリア・カラスコンクール」において優勝
“南米のソプラノ歌手の中で最も美しい声の持ち主”と評され、今では
南米でその名前を知らない人はいないと言われる有名なオペラ歌手。

子供時代のエピソード
今回も歌い上げてくださったヴェルディの歌劇「運命の力」~神よ
平和を与えたまえ~、小学校5年生の時に初めて観た歌劇が、この
「運命の力」で、その時に「私はオペラ歌手になるんだろうなぁ」と、
確信めいた気持が自然と湧き上がったという。

子供にとって、いかに環境が大事かということだろう。
a0052666_2012128.gif

今年、アルゼンチンの国立批評家連名が選ぶ「最優秀外国人女性歌手」に輝いた栄子さん。

そこに至るまでには壮絶な人生があった。
日本の両親に心配はかけたくない・・・と、音信不通状態となっていた。

14年前にブラジル人の夫と二人の娘を連れて日本を飛び出し、以来
日本の家族とは連絡が途絶えていた。

ブラジルで三人目の娘をもうけたものの、夫は一度も仕事に就かず
悩んだ末に離婚
裁判で、日本人であるがゆえに親権は取れず、娘たちとは離れ離れ
a0052666_255992.gif

その後同じオペラ歌手のフェデリコ・サンギネッティさんと再婚。
男児を儲け、現在はウルグアイに住んでいる。

今も前夫には収入が無く、ブラジルの娘3人へ、収入のほとんどを
養育費として送り続けているという。

今年1月の取材(3月放映)の折に、日本の家族の想いを知り、「心配
する両親のためにも、一度、日本に帰ります」
と約束され、今回の家族
3人揃っての帰国となった。

指揮者 増井信貴氏を中心に、今回のために56人(女性過半数)で
編成されたオーケストラ。

a0052666_234332.jpg

1時間余り、栄子さんの「蝶々夫人」~ある晴れた日に、歌劇「オテロ」
~アヴェ・マリアなど4曲と、ご主人 フェデリコさんの歌劇「椿姫」と
歌劇「セビリアの理髪師」の2曲、オーケストラだけで歌劇「運命の力」
~序曲と、歌劇「セビリアの理髪師」~序曲の2曲。

歌手もオーケストラもすごい迫力!
栄子さんの声には圧倒される。
良いものを聞かせていただきました!!

客席には「ぐっさん」と、一時は危篤にまで陥られた“お父さん”と
“お母さん”
ほかご家族も一緒に観賞。

娘の健在振りをご覧になって、ご両親はいかばかりだったろう・・・

今日の模様は6/28、7/5の「グッと!地球便~海の向こうの大切な
人へ」
で放送される。
a0052666_294864.gif


by kokko48513 | 2009-06-24 02:09 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

「誤発進防止システム」に思う

今日のテレビニュースで「誤発進防止システム」なる物を開発
したと報じていた。

高齢者の自動車事故「オートマの誤発進」によるものが多く、
30才までの若年層でも同様に“急発進”による事故が多発して
いるという。
a0052666_2255697.gif

私の運転免許暦は昭和39年にとったものの、独身時代は全くの
『ペーパードライバー』

実際に運転をやりだしてから32年ほどになる。

3年前に購入した今の車まではずっと“ミッション”だった。
いまだに渋滞に巻き込まれたり、山道などを走ると「ミッション
がいいな・・・」
と思う。
a0052666_2257517.gif

我らの教習所通いの頃は「オートマ」はまだ無かった。

「オートマ」アクセルもブレーキも右足だけで操作するらしい
が、私は「オートマ」の車を、「アクセル」は右足、「ブレーキ」は左足で操作している。

今ここで、「オートマ仕様」に切り替えたらかえって事故を起こし
そう
に思える・・・

いけないだろうか?
a0052666_22581330.gif

息子たちは「危ない」というが、私にしてみれば、“右足”だけで
操作させる「今の運転方法」
『誤発進による事故』の多発を招い
ているのではなかろうか・・・と、常々思っている。

「同じ足」でなく、「右はアクセル」、「左はブレーキ」これなら
間違うことはないと思う。

a0052666_2311994.gif
a0052666_2310544.gif


by kokko48513 | 2009-06-22 23:02 | 雑記帳 | Comments(2)

「東京メトロ」駅員さん、ありがとう!!

ひとりで東京に行くのは恐い、自信がない・・・と言う友人がいる。

私は年に何回かひとりで足を運んでいるが、“たまには大都会
東京で刺激をうけるのも良いこと”
と思っている。

東京メトロが九つの線、都営地下鉄が四つの線、その他に私鉄
や都電、JRの線も多く、都内の「移動」を考えると自信がない
らしい。

まずは改札外の棚にある何種類もの冊子・栞の中から「東京メトロ
沿線だより」
を手に入れること。
a0052666_11451894.jpg

4-5回以上乗る予定なら『一日乗車券』の購入がおすすめ。
乗り間違えたり、トイレだけ使うのにも飛び込める

地下鉄の乗り換えひとつとってみても、何ヶ所もある乗換え駅の
選び方で、次に乗るホームまで10分前後もかかることがある。

いつもは路線図で乗換駅を決めていたが、今回は路線図を片手に
徹底して改札口の“駅員さん”に尋ねることにした。

「***まで行くのですが、どこで乗り換えるのが一番歩かなくて
いいですか?」
の尋ねかた。

どの番線で、どの位置に乗れば良いか、エレベーターやエスカ
レーターのことまで親切に教えてくださって、スムーズに移動
することが出来た。
a0052666_11463447.jpg

どの駅の方も皆さん親切で、丁寧にニコニコと教えてくださり、
ありがたかった。

「有難うございます」のお礼の言葉は必ず笑顔で返して、感謝の
意思表示はちゃんとした。

最近「挨拶」をまともに出来ない人が多くなっている。
幼少の頃からの「人間としての基本」をしっかり躾けるという事
が出来ていないのだろう・・・

結局、『親』の問題!!
おっと、横道にそれそう・・・!

1973-74年頃に亡夫の転勤で田園調布に住んだことがある。

今、「東京に住みたい」とは思わないが、“東京”という街は
何かにつけて際限のない街で『面白い街』と思う。

by kokko48513 | 2009-06-20 11:47 | 旅のつれづれ | Comments(0)

お江戸の「芝居」と「紫陽花」と「花菖蒲」・・・2日目

東京はほとんどの美術館・博物館が月曜休館が多く、今日は「メトロ
沿線だより」
を頼りに、『お江戸花めぐり』の1日と参りましょう!
a0052666_030135.gif

まずは前回「枝垂桜」を堪能させてもらった、元禄15年(1702)
五代将軍綱吉の信任厚かった川越藩主「柳沢吉保」が築園した
回遊式築山泉水の『大名庭園』、駒込の『六義園(りくぎえん)
「和のあじさい」を楽しみに・・・

6/20~28の間、「初夏の六義園~和のあじさいを楽しむ~」という
催しが開催される。
a0052666_3214813.jpg

園内の“あじさい山”は早々と「やまあじさい(白鳥)」「べにやま
あじさい」「みやまやえむらさき」「くろじくあじさい」
ほか何種類
もの紫陽花がすでに咲き乱れている。

緑濃い広い園内をのんびりと散策・・・持ち込み「ランチ」を池の端の
ベンチでおいしく頂く。

正門前、道をはさんで「フレーベル館」があり、地下のショップには
人気者“あんぱんまん”関係のものや輸入玩具、勿論「絵本」や「児童
図書」売り場
もあって、全国でも直のショップは今のところここだけ。
a0052666_0382640.jpg

「ブンちゃん」にお土産の“船の木の玩具”を購入。

ひと駅隣の本駒込の『白山神社』へ・・・
14日まで「文京あじさいまつり」が開催されていたが、今日15日も
まだまだの人出で賑わっている。
a0052666_3224253.jpg

約3000株の青やピンク、紫などの紫陽花は今が盛り。
古くから“歯痛止めの神様”として信仰を集めているらしい・・・


【中央のスタートボタン▷印をクリックしてください】

メトロで北から南へ、花菖蒲の『明治神宮御苑』へ大移動。
入場は16:30まで、17:00に閉門。 年中無休。

15:30頃から閉門まで、83,000平方メートルあるという広い『御苑』
多くの観覧者に混じって満喫する。
a0052666_0463413.gif

一番奥にある『清正井(きよまさのいど)』のこんこんと湧出る“泉”水のおいしかったこと・・・(飲まないで下さい・・・と書いてあったが)

さぞかし「お茶」を点てたら美味しいことだろう。
a0052666_3234377.jpg

江戸時代、井伊家や加藤家の下屋敷の庭園だったこの御苑で、直弼や清正はこの美味しい水でお点前を頂いていたのだろう・・・

腹痛も起こさず、今も無事!
感謝、感謝の二日間は20:03発のひかり号乗車、午前1時前の帰宅で
無事終了!!


【中央のスタートボタン▷印をクリックしてください】

by kokko48513 | 2009-06-18 00:19 | 旅のつれづれ | Comments(0)

お江戸の「芝居」と「紫陽花」と「花菖蒲」・・・1日目

14、15日は3ヶ月ぶりのお江戸へ1泊の旅。

JR東海ツアーズの『いざ出張』を使って、新幹線ひかり号での往復。
ホテルは今回は東陽町のホテルルートイン。

第一目的は右近さんたちが国立劇場で公演中の“歌舞伎鑑賞教室”
「華果西遊記(かかさいゆうき)」
の鑑賞。
a0052666_112321.jpg

毎年この時期に同劇場で入場料金を安く設定して、歌舞伎に馴染み
の薄い方や学生さんにも気軽に楽しんでもらおうと開催されるもの。
1等席 3800円、2等席 1500円

笑三郎さんと春猿さん「歌舞伎のみかた」の解説もなかなか解り
安くて、ウイットに富み会場に笑いがあふれる。

猿之助さん演出の本編「華果西遊記」も息もつかせず観客を舞台に
釘付けにして、あっという間に終わっていた。 
右近さんの孫悟空始め、猿之助一門のお芝居は楽しくて面白い!!

6/24(水)が千秋楽
まだの方は是非ともお運びを・・・ 関東の方々が羨ましい!
a0052666_1131936.jpg

昼前に着いて、14:30からの開演までに時間もあり、いつもの
「メトロ1日乗車券」を買って、まずはホテルに荷物を預けて、
地下鉄で二つ目の駅が“門前仲町”、いつも気になりながら降りた
ことのない町。

『ちょっと寄り道』で昼食をとりがてら下車。

目に飛び込んできたのが、「富岡八幡宮」と「深川不動堂」の文字。

「まだ時間は大丈夫。寄っていこう・・・」で、まずは「不動堂」へ。
日曜でお参りの方も多く、内陣のお参りの方は本堂にぎっしり。
a0052666_114344.jpg

次は歩いて3-4分、すぐ隣りにある「八幡宮」へ。
第1.2日曜は“骨董市”がたち、露店の数も人の数もすごい!
ゆっくり見ている暇は無く、お参りだけはどちらもちゃんと済ませて
半蔵門の「国立劇場」へ。

どっぷり『お芝居』漬けになった後は、『東京メトロ沿線だより』
見つけておいた“渋谷Bunkamura ザ・ミュージアム”で8/16まで
開催中の「奇想の王国 だまし絵展」を楽しむ。

本やテレビなどで目にしたことのある初来日の「ルドルフ2世」
始め、全部で138点もの世界の至宝の数々。
閉館時間前ながら、ペアや家族連れで賑わっていた。

「モン・カンちゃん」へのお土産に、ショップで売っていた安野光雅
さんの『あいうえおの本』
を購入。

関西で開催されるなら、前売り券を買っておいて、もう一度見たい。
a0052666_115226.jpg

あとは銀座に移動して、いつもながらの“ビヤホール 銀座ライオン”
おいしいエビスビール“黒”と気に入りの料理を選んで、賑やかな中で
ひとりで「夕食タイム」。 3人席を占拠!こういうのも結構楽しい!

今日一日に感謝して、“カンパイ!!”
ホテルに帰りついたら、22時前だった・・・
a0052666_1171340.gif


by kokko48513 | 2009-06-17 01:17 | 旅のつれづれ | Comments(0)

「ペアマグカップ」をお祝いに・・・!

ブン父さん単独で執筆した書物が近々全国の書店の
棚に並ぶ。


専門的で誰でもが手軽に読む・・・という本とはちょっと違い、
どれだけの方が手にして下さるか・・・

でも、身内の我々にしてみれば嬉しくて、すごいこと。

今もまた次の“ご本”の研究、執筆に入っているという。
a0052666_219974.jpg

何か『お祝い』をしなくちゃね・・・
タイミングよく出来上がった「ペアマグカップ」

結構長い時間をかけて焼き上がった私の「陶芸作品」の『マグカップ』
ペアだけど大きさも柄も釉薬も全く違った物を使ってやっと完成。

当初から「娘夫婦」にと作り出したもの。
この「ペアマグ」「本の完成のお祝い」にしよう!
a0052666_21212355.jpg

「赤土」を使って、5ミリ厚・3センチ幅くらいの長い板状のものを作り、
模型代わりの茶筒に、らせん状に巻き上げて成型したもの。

布目の細かい模様のついている方は釉薬「そば」
どんな仕上がりになるか“ドキドキ”だったが、上がりをみて「ちょっと
良いじゃない・・・」
と、気にいっているもう一方のものは釉薬「いらぼ」

本焼きは『冷却還元』で焼き上げてもらった。

仕上がりの想像のつかない「陶芸」の面白さ、妙味。
これからも先生に面倒をみていただきながら、“劣等生”自認で、若い
仲間に助けてもらいつつ楽しんで参りましょう!!

by kokko48513 | 2009-06-13 21:21 | 陶芸とその仲間 | Comments(0)

「孫」たちの成長の目まぐるしいこと

おととい9日は先日の“旅の土産”を届けに「ブンちゃん」宅へ。

前日に「ストローを初めて使ったら、すぐに上手に自分で飲むのよ!」
とか、「赤ちゃん用の煎餅を初めて食べさせた」携帯メールで写真も
一緒に届いていた。
楽しみ、楽しみ・・・!!
a0052666_2182039.jpg

今までは、顔を見た途端に泣かれたのが今日は「セーフ!」
遊んでいると、呼びかけてくるし、手を出してくる。
運転中も後ろの座席から盛んに呼びかけてくれるがブンちゃん
後ろを向いたらえらい事になるのよ!」


まだちょっと“いざり”っぽいハイハイで移動するが、この日は一瞬
だが「掴まり立ち」をして、「立ったよね!」と歓声があがる。
a0052666_22002.jpg
(携帯メールの写真3枚)

成長は早い。
昨日10日の携帯メールで、台所においてあるベビーサークルの中で、
縁を持って「掴まり立ち」を何度も繰り返していると言う。

目まぐるしい成長!
「ブン母」が忙しいから「おばあちゃん」におんぶ紐でおんぶして
貰ったり、あんよが好きな「ブンちゃん」「おじいちゃん」
お手々を持って貰ってあんよの真似事をしてもらったり。

80に手の届く「おじいちゃん」、中腰で「腰が痛いわ」と言いつつ
初内孫の「ブンちゃん」の相手を嬉しそうにしてくださる。
a0052666_241289.jpg

みんなに手をかけてもらう分、成長が早いんだろう。
a0052666_3112296.gif

一方「カンちゃん」、私が帰ろうとすると、玄関に先回りして、靴を手に
一緒に連れて行ってもらおうとする。

外へ出たくてたまらず、誰にでも同じ行動をするのだろうが・・・
ドアを閉めた後、後を追って中で大泣きしている「カンちゃん」の声が
響く。 つらい!!
a0052666_2213754.jpg

お姉ちゃんの「モンちゃん」より食欲旺盛
椅子にも上り下り自由自在。動き回るのも素早くなって、足の早い
こと・・・。


公園でも一人前に大きい人に混じって遊んでいる。 
まだ目は離せないが・・・シーソーに乗せろ・・・と言い、跨らせると
身体をゆすって大喜び。
a0052666_3254818.jpg

言葉は「お母さん」らしい「チヤーちゃん」や「どうぞ」っぽい言葉は
わかるが、まだ何を言っているかはわからない。
さかんに話しかけ、呼びかけはしてくれるのだが・・・

こちらの話しかけや問いかけに「うん、うん、うん」と言うように頭を
振って頷くのが面白くて、なんとも言えず可愛い。

この人たちに付き合える間は大いに楽しませていただこう!!
a0052666_2262436.jpg

   【今回「モンちゃん」は写真での“出演”のみ】
a0052666_2593083.jpg


by kokko48513 | 2009-06-12 02:22 | 孫 5人 | Comments(0)
line

好奇心旺盛と明るさがとりえの旅大好き人間・・おもむくままの旅模様&etc.etc


by kokko48513
line
カレンダー