<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


「ブンちゃん」と西宮・鳴尾浜公園へ

ブン父さん素敵な遊び場を見つけてきてくれた。

西宮 『鳴尾浜公園』。
先週の月曜日、ブンちゃん母子に誘われて3人で初めて足を運んだ。

広々とした園内、大きな大きな砂場に“でん!!”と木造のこれまた、
大きな「帆船」が据えつけてある。
a0052666_1127582.jpg

ブンちゃん階段をドンドン上がって行く。
“高所恐怖症”の人だとちょっと怖気つくかもしれない高さ。
いろいろな遊びが出来るように工夫された遊具があるが、1才3ヶ月の
ブンちゃんには手におえないようなものが多い。

2/20の骨折で左足にギブスをはめて日がな一日お布団の上の
モンちゃんだと大喜びで遊べそう・・・
治ったら、連れてきてあげようね!

ここの“良い”のは、この「帆船」で遊べない小さな子でも遊べる
「遊具」
が他にも何ヵ所かあること。
a0052666_1445522.jpg

近所の子供たちが多勢来ていて活気のあること!
“グルグル回る遊具”に乗せてもらって、その子たちが外から
思いっきり回してくれる。
回りすぎてブン母さんも私も、気持ち悪くなりそうで「停めて!!」
叫んでいた。 でも面白い!

ただ、気になったのは、公園の片隅に『ホームレス』らしき人が
“住まい”
を作って複数で住み着いていること。 “水道・トイレ付き”
だものね・・・


こども達が遊ぶ健全な場所
西宮市よ!何とかならないか?
何とかしなさいよ!!

a0052666_11281429.jpg

ちょっと“遊び心”で、ブンちゃんのペンギン。 いかが?

「帆船」の写真はインターネットから借用)

by kokko48513 | 2010-02-28 11:31 | 孫 5人 | Comments(0)

岐阜「安八百梅園」と「恵那・岩村お雛様城下町散策」

ポカポカ陽気に恵まれて2/23(火)、パソコン「レディスABC」
仲間Aさんと読売旅行の日帰りバスツアーに参加。

「ABC」と「ボラ」仲間10人で2/28に参加予定のものが、催行
中止
となり、皆さん多忙な仲間で、“催行決定”の23日に参加
できるのは我らだけとなり、結局二人での参加となった。

7:40宝塚駅前出発、川西に立ち寄り総勢24名+添乗員Wさん。
a0052666_019533.jpg

まずは岐阜「安八百梅園」へ。
敷地面積約3.9ヘクタール。
町の「梅バンク」に寄贈された梅の木を含めて、144種類1200
本以上の「実梅」、「花梅」
が咲く、岐阜では一番、日本で二番目
に大きい「梅園」という。


1月末から咲き出し4月上旬まで順々に咲くというが、ここしばらく
の寒さで縮み上がっていたのか3分咲き程度で、3月に入ってからの
ほうが“満開の梅”に迎えてもらえそう・・・
a0052666_20481024.jpg

それでも併設の「盆梅展」はすべて満開!きれいなことでした!!

次は恵那市の昼食場所「山菜園」へ。
献立は「信州牛のしゃぶしゃぶ・うどん・そば(ざる)山菜ごはん」
いずれも食べ放題で、食後のデザートは「ぜんざい」

お替りのお肉も野菜もたっぷりと次から次から運ばれてくる。
お肉もなかなか柔らかくておいしい肉だった。。
冷たい「ざるそば」も美味しく、「しゃぶしゃぶ」で煮込んだ「うどん」
も美味しいこと!
a0052666_20515763.jpg

「山菜ごはん」もおいしかったが、大食家のこの私でも食べられる量
には限度がある。
「ぜんざい」は別腹でも、隙間を空けておかなくては・・・

それでも、「肉・野菜・そば」はお替りをさせて貰って『満腹、満腹!』
いつも少食のAさんも、今日はずい分頑張られて『満腹、満腹!』
ごちそう様でした!!
a0052666_2054415.jpg

いよいよ楽しみにしていた江戸時代の町家建築が今によみがえる
「恵那市・岩村城下町」へ。

訪ねる「岩村町岩村本通り伝統的建造物群保存地区」は平成10年に
国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された町。
a0052666_20554878.jpg

前もってチェックしておいたのが、『紺屋・土佐屋』と『問屋職・藩の
御用達職・木村邸』、『勝川邸』
は火曜定休で見られなかった。

どちらも品のいい年配のご婦人が受付をされていて、シニア料金
100円
(一般200円)で入場。
『土佐屋』のご婦人は、われ等二人のために奥の“染工場”まで
直々に案内してくださり、田舎の素朴さ、やさしさ、丁寧さを頂いた。
a0052666_20571793.jpg

4/4まで町をあげて開催されている「いわむら城下町のひなまつり」
は、各商店の店先や町家、伝統建造物の座敷などに江戸時代
から昭和の頃
までの立派な「お雛さま」が思い思いに飾られて、
私たちの心を和ませてくれる。
a0052666_20593294.jpg

『旅行案内の栞』には70分の滞在となっているのに、Wさんは40分
しか取ってくれず、最初に案内された『吟醸女城主・岩村醸造』で、
Wさんを呼び出し、やんわり「これは一種の詐欺ですよ」と、「滞在時間
の延長」
を申し入れる。

「指示書」が間違っていたそうで、30分の延長を獲得して、忙しい
ながら何とか「木村邸」と「土佐屋」を見学することが出来た。
a0052666_215436.jpg

ツアーでなく、再び、自分の足・車でゆっくり行ってみたい町、梅園が私の
“旅のメモ”に加わった。

最後に日本で一番、24メートルの大きな水車がある山岡町の
「道の駅・おばあちゃん市」に寄ってお土産を仕込み、帰路に着く。
a0052666_2165435.jpg

Aさん、ご一緒していただいて本当に有難うございました。
ひとりでも参加する予定だったツアーですが、とても楽しかったです!!

7980円の旅、シニア割引500円の返金を受けて、「ステーキ肉や野菜、
大福餅、スワロフスキーのストラップ他」たくさんのお土産まで頂いて、
20時過ぎに無事帰着。

いつもながら時間に追われるツアーだが、晴天に恵まれ、素敵な一日
でした!

a0052666_2191980.jpg


by kokko48513 | 2010-02-25 21:09 | 旅のつれづれ | Comments(0)

「モンちゃん」晴れのち土砂降りの雨・・・“音楽発表会”と“左足骨折”

2/19(金)「モンちゃん」の晴れ舞台、幼稚園の「音楽発表会」

宝塚市でプロ・アマ通じて『演奏』や『歌唱』、『演劇』の場と
なる「ベガ・ホール」

幼稚園の“分際”で、毎年「ここ」で一日貸しきって、午前と午後
の部に分けて発表するという。

“合唱”と“合奏”があり、「モンちゃん」は午後の部。
トップをきって「ふしぎはすてき」と「ぼくら太陽の子」の2曲を
年少2クラスで合唱。
a0052666_153258.jpg

ピアニー(ひと昔前は確か“ピアニカ”と言ったよな・・・)奏は
「きらきら星」、タンバリン担当の合奏は「崖の上のポニョ」。

年少組4才の人たちが大したものだ!
良く出来ました。感心!感心!!
教える先生方はさぞかし大変だったろう。

20日は一家で「モン・カン父さん」の中・高校時代からの親友
3世帯がNさんの住む愛知に集合して、「アイス・スケート」
楽しむ予定となっていて、「モンちゃん」行く前からとても
楽しみにしていた。
a0052666_211334.jpg

が、19:30過ぎ息子からの電話で「モンちゃんが、アイススケート
中に転んで左足の脛の骨(土台の太い骨)を折った」
の知らせ・・・

一緒にいた「父さん」骨の折れる音が聞こえたという。
「モンちゃん」も瞬間「折れた!」と叫んだらしい。

「モンちゃん」の辞書”から生涯『アイススケート』の文字は
消えたかも・・・
a0052666_213374.jpg

今日22日、こちらの病院に紹介状を携えて通院したが、ギブスを
6週間
着けていないといけないと言う。
その後もどうなることか・・・
新学期までには動けるようになるのだろうか。可哀想に・・・

車が揺れても、カーブを切ったときもひびくらしく「痛い!」
泣き叫ぶ。 移動の抱っこも痛がって泣き叫ぶ。
家では仰向けに寝ているだけ。

活発で明るい「モンちゃん」にとって初めての「人生の大試練」

昨日、今日と「カンちゃん」の連れ出しや、買い物・病院通いの
ドライバー役で「ばあちゃん」も頑張っているんだよ。
a0052666_225144.jpg

「モンちゃん」辛いだろうけど、辛抱して頑張って早く治そうよ!
「ばあちゃん」出来る限りの協力をするからね!

by kokko48513 | 2010-02-23 02:03 | 孫 5人 | Comments(0)

高橋大輔選手、「銅メダル」おめでとう!!

昨日19日は、「フィギュアスケート男子」を気にしながら、
忙しい一日だった。

午前は、「御殿山童謡コーラス」の活動日。 
15分ほど早退して、「循環器科」の予約受診へ。

水曜にボランティアをやっているわが病院、内科外来に受診表を
出して、待合ロビーのテレビに目をやれば、“グッドタイミング!!”
ライブで「大輔君」が滑っている!

a0052666_124775.jpg

最初の4回転で転倒した場面は済んでいたらしく、表情豊かに次々
『技』を決めて行く。
素晴しいものを見せてもらった。

ショートで0.6差だったから、これ、を取れるんじゃない?

後の解説とビデオで「転倒してたんだ・・・」
それでも3位に食い込むなんて凄い!
a0052666_12475431.jpg

ここで私の心に“悪魔”が顔を出す。
あとの二人が滑る間、ずっと「ひっくり返ってくれ!」と叫んで
いた。
が、さすが「世界のトップ」をいく人たち、思いは届かずひっくり
返ってはくれなかった。

でも、大したものだ!
“選手生命”終わりか・・・という大怪我を克服しての最高の舞台。
「フィギュア男子」で日本に初めてメダルをもたらしてくれた!!
a0052666_12493465.jpg

「入賞」の織田君、小塚君も胸を張って帰っていらっしゃい!
次を楽しみにしていますよ!!

午後は「モンちゃん」の幼稚園の初めての『音楽発表会』に「ベガ・
ホール」に駆けつけた。
この模様はまたあとで・・・
a0052666_12501254.jpg

(この写真の“掌”と1枚目の写真の髪の毛についた“ピンクの蝶”
は、「YAHOO」からソフト「WinShot」を使って取り込み中に付いた
もの。お許しあれ!)

by kokko48513 | 2010-02-20 12:50 | スポーツ関連 | Comments(0)

「カンちゃん」と厄神さん参り

2/14・日曜日、「モンちゃん」も誘ったが、幼稚園や土曜の
“プール通い”
でお疲れ気味か、「眠いの・・・」とふられて
しまった。


過去3年間は「モンちゃん」“息子宅代表”で年の初めの
『西宮・門戸厄神』さんへのお参りに同行していたが、今年は
選手交代!「カンちゃん」が“代表!”

a0052666_23444216.jpg

2月、遅い「初詣」だが毎年お参りしていると、参拝が済ま
ないとどうも気になって仕方がない。

20分余りで駐車場に到着したが、途中から眠ってしまって、
小一時間そのまま起こさないで、「カンちゃん」昼寝タイム。

16時頃から、往きの上り坂はバギーに乗せて、途中の露店で
“ベビーカステラ”を買って、遅まきの“おやつタイム”

お寺に着いてからは、階段の上り下りも境内も「カンちゃん」
よく歩いた、歩いた。
a0052666_2346469.jpg

「みんな元気に暮せますように・・・まんまんさんアン」
厄除けの護摩木も納めて、「今年一年無事でありますように・・・」
2月の夕暮れ近くというのに、まだまだ賑わっていた。

入口近くの『枝垂れ梅』の立派できれいなこと・・・
梅の木の後ろの大木が鳥のねぐらになっているのか、夕方で
凄まじい鳴き声。

「カンちゃん」その声に怯えて、恐そうに擦り寄ってきた。
顔が若干引きつっている。 結構“恐がり・気味悪がり”
ところがある。ここは姉妹良く似ている。

大丈夫だよ。鳥さんたちが夜になってきたから、ネンネする
のにこの木に帰って来てるのよ。鳥さんのお家なのよ
a0052666_23465485.jpg

見事な梅の木をバックに「カンちゃん」の写真を撮ろうとした
のに、撮れなかったのが“残念!”

帰りは駐車場までの結構な道のりを、楽しそうに周囲を見回し、
おしゃべりしながらちゃんと最後まで歩いてくれた。
(母親はわかるらしいが、私にはまだまだわからない言葉が
多いおしゃべり。相槌はうっているけどね・・・)

カンちゃん、えらかったね!!またどこかへ行こうね!」
a0052666_23493160.gif


by kokko48513 | 2010-02-17 23:49 | 孫 5人 | Comments(0)

「咲くやこの花賞贈呈式」と「コレクション・・・歌劇・歌舞伎・クラシックの競演」

昨13日は、中之島・大阪市中央公会堂で21年度「第27回
咲くやこの花賞」の贈呈式と第2部「咲くやこの花コレクション
Vol.6」
があり、第2部に歌舞伎の市川右近さんがピアノの
田中修二さん、テノール歌手 松本薫平さんとのコラボ
レーションで出演
されるので出かけた。

中之島公園を歩くなんてのは、大阪で働いていた独身時代
以来42-3年ぶりかも・・・
a0052666_1332473.jpg

上を高速が幾重にも走り、どこもかもきれいになっていて、
新しい建物や、京阪電車中之島線への出入り口があったり。
まるで『浦島太郎』状態。

今年の「咲くやこの花賞」は“美術部門”淀川の河原を拠点
に、拾ったゴミや漂流物を使って作品を作るアートユニット
『淀川テクニックの柴田英昭・松永和也さん』の若い二人組。
a0052666_1351598.jpg

“音楽部門”は関西を中心に大活躍中の1児の母『ソプラノ
石橋栄美さん』。
その迫力ある美声も聞かせていただいた。

“演劇・舞踊部門”は、13才からその道28年、将来性を感じさせ
飛躍が期待される『文楽人形遣い・吉田一輔さん』。
“東京国立劇場”で公演中のため、ご夫人が代理授与。

“大衆芸能部門”は、ざこばさんの弟子で、落語以外に趣味の
ギター弾き語りで即席の三題噺を歌で披露する趣向も見せる
有望株、『落語家・桂ちょうばさん』。

“文芸その他部門”デビュー当時から奇想天外なインターテイン
メント文学で人気を集め、高い評価を得ている『作家・万城目
(まきめ)学さん』

a0052666_1355533.jpg

最近、知事の橋本さんと丁々発止でぶつかることの多い平松市長
からひとりひとりへ《賞状・副賞・トロフィー》が手渡された。

第2部のコラボレーションは「詩篇交響曲・源氏物語“桐壺の帖”」
(作曲・千住明、作詞・松本隆)

舞台上にグランドピアノと井桁にかけられた「十二単」

右近さんは袴姿で「台本」を手に登場。
いつもの良く通る声で朗読が始まる。
田中修二さんのピアノ、松本薫平さんの歌を織り交ぜて“光源氏”
と“桐壺”
のストーリーが展開する。

こんなコラボレーションはなかなか見られるものではなかろう。
短時間の舞台だったが、心が豊かなひと時を過ごさせてもらった。
a0052666_1363977.jpg

右近さん登場の場面で「澤瀉屋!」のひと声をかけたのは、勿論!
この“私”

隣りの同じ年頃のご婦人が「えっ!?」という感じでこちらをご覧
になっていた。
タイミングはなかなか良かったと思う。

いつも新聞やテレビで見ている「咲くやこの花賞」贈呈式。
初めて見せていただきました。
a0052666_138578.jpg


by kokko48513 | 2010-02-15 01:38 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

ニュースに思う・・・『高齢者』気をつけよう!

先日の7000万円を裸のまま“乳母車”に乗せて歩いていた
お年寄りのニュースにも驚かされたけれど、昨日、発覚
逮捕された明石市の県臨時職員の47才の女が10年間に渡り、
480回 7900万円を詐取
していたというニュースにもビックリする。

(そんなお金一度でいいから持ってみたい・・・「宝くじ」買おっ!)
a0052666_17295298.jpg

84才の知人女性から借金名目で借りた・・・というが、こんなに
あくどいことはない。

『“俺、俺”詐欺』にしろ、何かにつけてひとり暮らしの高齢者
が狙われることが多い。
a0052666_17325831.jpg

こういう事件でいつも思うことは、犯人(現時点では容疑者だが)
が一番悪いが、だまされる人間も悪い。

しっかりしましょう!!

私の友人にも70代や80才以上の方が何人もひとり暮らしを
されているし、私自身も、息子が近くにいるとは言うものの
ひとり暮らし
a0052666_17344925.jpg

まぁ、資産家でもなし、年金暮らしの、大した貯金もないこの
70才の年寄りを狙っても何も出てこないから、狙う人間もいない
だろうが・・・


「出るのは“舌”くらい・・・」
でも気をつけよう!!

a0052666_17385230.jpg


a0052666_173935100.gif


by kokko48513 | 2010-02-11 17:39 | 雑記帳 | Comments(0)

またまた“孫話”・・・「モン・カン・ブン」3人まとめて面倒見ましょ!!

7日日曜日、「モン・カン父さん」は日曜でも家で仕事。
「母さん」は“書類作り”ほか雑用を片付けたくて、二人を連れ出して
ほしい・・・
と言う。

「ブン母さん」も先日来“風邪の発熱”があったりで、「ブンちゃん」
を表に連れ出してあげられず、「父さん」も連日忙しく、「一緒に面倒
みようか・・・?」
と電話をしたら、「3人は大変よ。でも家の中だけ
では可哀想なんだけどね・・・」

a0052666_194717.jpg

一人、二人なら、晴れたら『王子動物園』、雨天なら『神戸花鳥園』
行こう・・・と思っていたが、三人となれば、それぞれがどこへ跳んでいく
かしれない。70才のこの身で三方へ走れるものではない。

「ドン!」と胸をたたいたけれど、孫3人をひとりで一度に“子守り”
するのは初めて・・・
屋内で遊べる『あそこ』しかないな・・・

選んだのが、「ブンちゃん」宅の近く、最近、雨天や寒い日にはよく
お世話になっている『キッザイル』。
a0052666_1104394.jpg

14時過ぎから2時間半、“遊んだ、遊んだ!”

着いた時は、ほとんど満席状態。大人も子供も“ウジャウジャ”の店内
かろうじて「ブン母さん」が予約をしておいてくれたので、席も確保して
貰っていたが、私たちで『満員お断り』。

15時過ぎに大口グループが帰って、遊びやすくなった。
a0052666_1111161.jpg

「モン・カンちゃん」にとっては初めての場所だが、4才の「モンちゃん」
小さい頃から人懐っこいが、さすが幼稚園に通っているだけの事はあり、
すぐにみんなの中に入っていって“面目躍如”で遊んでいる。

3月で2才の「カンちゃん」、親に言わすと「人見知りで、内弁慶」と言う
が、最初だけちょっと圧倒されていたが、すぐにボールの中へ飛び
込んで、遊具の上へ下へと遊びまくっている。
a0052666_1113551.jpg

「ブンちゃん」は昨日もご厄介になっていて慣れたもの。
一番小さいほうだが、大きい人に負けないで向こうを張っている。
おかしいのは、ここの滑り台だけはなぜか尻込みする。

『1才』の「カンちゃん」「ブンちゃん」私を呼ぶときの違い。
「カンちゃん」は、どの場所からも大声で「ばあちゃん」と叫び
「ブンちゃん」まず“目”で捜して、私を見つけると嬉しそうに
「ニコッ」として「ばあちゃん」と呼ぶ。
a0052666_1121630.jpg

たまにしか会わない従姉妹3人だが、「モンちゃん」も下の二人の面倒を
よく見て、「カンちゃん」「ブンちゃん」と呼びかけるのだが「ブンちゃん」
まだまだ“マイペース”、『どこ吹く風』で自分の世界を展開している。

“コーヒー”を頂きながら、遊具の中にも入っていって遊び相手もし、
お店の方が目配り、気配りをしてくださっているので、3人連れでも
何とかなる。 とてもありがたいこと・・・
a0052666_1124520.jpg

『キッザイル』、最近は母子だけでなく、お父さんも一緒・・・という方
も多い

“母子グループの会合”で使われることも多く、結構、込み合って
いる日がある。
昨日など、20名くらいの“何かのサークル”だろうが、使っておられた。

こういう『お店』も必要だろう。
a0052666_044501.gif


by kokko48513 | 2010-02-09 00:45 | 孫 5人 | Comments(0)

「雪」と「子守り」と「電子キー」

宝塚の山手に所在するわが町は、駅前や176号線の走る町中に
比べると、気温は常に2-3度は低いと思う。

今朝は「ブン母さん」から9:30頃までに着くように、手伝いと
子守り
に来てほしい・・・と昨夜の内に頼まれていた。
a0052666_135811.jpg

目が覚めたら“外は雪!”
猛烈に降っている。見てる間に下に見える「北高校」のグラウンド
や「モン・カンちゃん」宅の下の公園に雪が積もっていく

ベランダから見える六甲や有馬方面は雪雲がかかり真っ黒
全くいつもの景色が見えない。

朝食をとって、化粧して、取るものもとりあえず車へ急ぐ。
わが車は“スノータイヤ”を装着しているわけではない。

とにかく「下まで早く下りてしまおう。下はまだ雪は無かろう・・・
行ってしまえば何とかなる。車を置いて電車で帰って来てもいいし」

a0052666_1413619.gif

乗っている“オーリス”は電子キーで、ドアの取っ手に手をかけると
開き、エンジンもボタンを押してかかる仕組みになっている。

が、ドアが開いてくれない。
キーについているボタンで開閉も出来るが、これも全く作動しない

これは、車で行くな!と言うことかな?雪で事故を起こすよ!
前ぶれかな・・・?」とか、いろいろ考えている内に何度目かのボタン操作
でカチャッと開いてくれた。

そう言えば、昨夜もジムからの帰りに“ドア”が開きにくかったな・・・
「オーリス」も、今、大騒ぎの“リコール”か?なんて、神経質になる。

エンジンもかかり、うっすらと雪が表面を覆う坂道をソロソロと下りる。
雪がなくても凍っていたら恐い。どの車も同様にゆっくりと走っている。
信号での車間も、皆広く取って停まっている。

思った通り、町中まで下りたら雪はちらついていたが、積雪はなく普通
に走れる。
a0052666_1355842.jpg

西宮は風が強く寒い一日だったが、青空のいいお天気で、宝塚の天気が
嘘のよう。

夕方、「帰ろう・・・」としたら、エンジンがうんともすんとも言わず、
全然かからない。


ネッツの担当のSさんに電話をしたら、「電子キーの電池切れですね」
言われ、キー内臓の鍵でドアを開け、まるで『念力』をかけるような
エンジンのかけ方があって、電話片手に伝授してもらう。

19:00前、無事「ネッツ宝塚」に到着。
待ってくださっていたSさんに電池交換をお願いする。

「長く持ったほうですよ」と言われたが、電池交換なんて今日の今日まで
思いもしなかった。

そうよね。考えればわかること。
きっと車の「説明書」にも書いてあるだろうに、ちゃんと読みもしない。
a0052666_1442219.gif

これから気をつけます!
遅くなってすみませんでした。いつも有難う!!

皆さん! こんなこともある。

by kokko48513 | 2010-02-07 01:44 | 孫 5人 | Comments(0)

睦月30日の「モン・カン・ブンちゃん」

去る1/30、「モン・カン父さん」の34才の誕生日。
“建築設計士”としての仕事は、お蔭さまで相変わらず
忙しそう・・・

昼間は久しぶりに「ブンちゃん」に会いにいき、母子と
3人で、新西宮ヨットハーバーで“ランチ”と、広~い
芝生広場をボールや三輪車で駆け回る。
a0052666_1332413.jpg

海に面した“ベンチ作り”の上も、端から端まで思いのまま
に、「スタコラ、スタコラ」と行ったり来たり・・・

普段でも雨天でなければ、午前、午後に必ず散歩や外遊びを
させているらしいが、「ブンちゃん」結構、足も早い。

犬連れの人がいると、必ず「ワンワン、ワンワン!」
近づいて行って相手になろうとする。
a0052666_134957.jpg

家で犬を飼っているせいもあろうが、“予防注射”をして
いない犬もまれにいるようで、気をつけないといけない。


夜は、仕事の終わった「モン・カン父さん」を待って、私
提案で、焼肉「あしん」で『誕生日の夕食会』
「焼肉」と言うと「あしん」が美味しくて「あ・ん・し・ん!」
a0052666_1343773.jpg

私、どこでも“ひとり食事”は平気で出来るけれど、「焼肉」
というのは、ひとりでは“どうも・・・”というところで、食べた
くなると、いつも「モン・カン一家」を誘う。
勘定は割勘・・・  いつの日か、奢ってもらえる日を夢見て・・・

早くに食べ終えた「モン・カンちゃん」二人はテーブルの下に
潜ったり、横の飾り台を舞台代わりに歌を歌いながら踊りだす。
a0052666_135873.jpg

他のお客様の手前、「静かに、静かに・・・」と注意するが、熱中
してくると夢中で“自己陶酔”状態で踊りまくっている。

でも、この「飾り台」の上は、次からは止めておこうよ!
“迷惑”と思っても、お店の人は注意できないでいるかもよ・・・
いつも「紅白ワイン」各1本、『営業』で置いてあるしね・・・

また美味しいもの、みんなで食べに行こうね!!
a0052666_135321.jpg


by kokko48513 | 2010-02-05 18:28 | 孫 5人 | Comments(0)
line

好奇心旺盛と明るさがとりえの旅大好き人間・・おもむくままの旅模様&etc.etc


by kokko48513
line
カレンダー