<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


「胃カメラ」と「大腸内視鏡検査」

先だっての『ピロリ菌』の検査結果は“セーフ”でひと安心
したが、その折に少々荒れている「」の検査と、この際、
大腸」の検査もしておきませんか・・・ということで、
昨27日、『胃カメラと大腸内視鏡検査』を午前10時から
受けた。

「もし、小さなポリープが見つかった時は切除しても良い
ですか?」にもOKした。

「大きいものや数多くのポリープが見つかった場合は、改めて
入院・手術となります」とのこと。そりゃそうだろう・・・
a0052666_1645527.jpg

この類の検査は以前にも受けていて、同意書を提出する事となる。

3日前から厳しい食事制限があったのを、2日前までは普通に摂って
いて、25日、病院ボラの後、夕方からの阪急友の会招待・新歌舞伎座
石川さゆり特別公演」の帰りになって、「せっかく大阪に来てい
るのに、美味しいものもビールも飲めないな・・・」と、ここで
初めて気になって、ホワイティ梅田ノースモール1「田舎そば」で
鍋焼きうどん』だけ頂いて帰宅した。

前夜、軽い夕食を20時までに済ませること。
その夕食1時間後に、腸の内容物を除去する「マルコロールP」を
180mℓの水に溶かして飲む。

私の場合、お腹が鳴って通便もあり、これですぐに効果が表れた。
a0052666_16295734.png

当日も、「」そのものはいくら飲んでも良い。

検査当日朝は、早起きは苦手なのに、朝6時から投薬が始まる。

2ℓの水で溶かすようにプラボトルにセットされている、経口腸管
洗浄剤「ムーベン配合内容薬」、3回目くらいまでは180mℓを
15分
ずつかけて飲み、すべてを飲みきるのに2時間以上かける事
となっている。

この後、胃腸内のガスを除くための「バロス消泡内容薬」を飲む。

ムーベン」は冷やすと飲みやすいというので、前夜から溶かして
冷蔵庫へ入れておいた。
レモン風味と言うが、決して美味しいものではない。
a0052666_16123822.jpg

3時間ほどかけて飲んだが、これを飲むと効果てきめん!すぐに腸
が反応して、“トイレ通い”が始まった。

見事なくらいに水状で、段々色が無くなり、最後は透明になる。
ずっとトイレに座りっぱなしでいたいような心境になる。

何回行ったか数えておけばよかった・・・お尻が痛くなってくる。

マルコロール」にも「ムーベン」にも反応しない人がいるようで、
そのような場合は連絡をするように・・・とある。
a0052666_19514432.gif

27日検査前に採血もあるので、9:30に到着して、検査着に着替え
て問診を受け、鎮痛剤などの注入用に腕の血管に注射針を固定されて、
検査室のベッドへ・・・

胃カメラを無事に喉を通すために、ゼリー状の麻酔薬を口に含んで
3~4分、唇と舌がすぐにしびれるのがわかる。

ハイ、呑みこんで下さい」で呑みこんだあと、腕からの麻酔薬
注入され、その後は多分“呼びかけ”もして貰っているのだろうが、
全く意識が無い間に検査は終わり、気がついたのは、リカバリー室
というソファの上で目覚めた時・・・ここまで何も記憶がない
a0052666_1614559.gif

ここでしっかり歩けるまで、人によって差があるが、私は1時間
で退出した。

ケイくん」ヤマハの日で、「14時から“子守り”に行きます」と
前もってお願いしておいた。

検査当日は車やバイク、自転車の運転、仕事もダメという。

「今日一日は絶対安静にして、1週間は飲酒や刺激物、消化の悪い
ものはダメ。出張や旅行などの遠出、激しい運動も、長湯も控えて、
ポリープ切除後3日間はシャワーのみ・・・」と言われたが、
そんなヒマはない。


お通じは毎日ある。
最近、お腹が鳴るということは無かったが、まだこの検査の余波
時々大きくお腹が鳴る。 おならもよく出る。
a0052666_1616633.png

大腸小さなポリープが1個あったのは取りました」と説明が
あったが、この結果は7/10に受ける担当医の受診で判明する。

大丈夫と思うが、なるようになるさ!!の心境!!

検査そのものは昔に比べると本当に“楽”になったことに感謝!!
医学は間違いなく“進歩”している!

by kokko48513 | 2014-06-28 16:17 | 雑記帳 | Comments(0)

安芸の宮島 津和野 秋吉台 錦帯橋と萩郷温泉2日間

我ら「晴れ女」の神通力は素晴らしい!!

新大阪での午前7時の集合時は夜来の雨が若干残っていたが、
新幹線「福山」到着時から、一度だけバスで移動中に
パラッと来ていたが、持参した傘や合羽は全く使わずに
2日間の旅は終わった。
a0052666_552750.jpg

雨予報を理由に前夜になって6名のキャンセルがあった
らしいが、一行39名と「読売旅行」男性添乗員Y原さん
との計40名での一泊の旅。
a0052666_4283091.jpg

津和野以外は何度か行っている土地だが、秋吉台など何十
年ぶりかの訪問で懐かしさもひとしおの旅だった。

病院ボランティアとパソコン「レディス・ABC」仲間
6名での久しぶりの1泊の旅。
3室2名ずつ、1泊2食付き19980円にしては欲張りなツアー。
a0052666_561880.jpg

福山から宮島までのバス移動は結構な時間がかかるが、楽しい
おしゃべりに花が咲く。

宮島では自由昼食となり、先に名物「穴子飯」を頂いてから
の観光となる。
a0052666_571261.jpg

入り口のマットの上にどっかりと『鹿』が座りこみ、中で店の
人がただじっと『鹿』のどいてくれるのを待っている客の入れ
ないレストラン
があった。

世界遺産「厳島神社」、干潮時で海中の大鳥居のそばまで沢山
の人で賑わっている。
a0052666_583179.jpg

五重塔まで上がり、降りようとしたら小さな子鹿を連れた親子
鹿
に出会った。可愛い!!

一日目の行程には津和野・殿町の観光も入っていて、昨年7月の
ゲリラ豪雨の大被害にあった津和野町を通過したが、復旧工事
は遅々として進んでいない様子で、今もその傷跡が痛々しい状態
で残っていた。
政治の貧困がもたらすいびつな状態をまざまざと見た思いがする。
a0052666_594798.jpg

津和野では“名物ガイド”の男性の案内で、終始笑いの絶えない
観光となったが、殿町と土産物店への案内だけで終わり、ここは
いつか再びゆっくりとお邪魔したいと思う。

泊まりは萩温泉郷の「萩グランドホテル
a0052666_1154287.jpg

バイキングの夕・朝食で、夜は生ビールをお供にタップリ頂いた。

二日目の観光はホテル7:50発とちょっと早かったが、萩焼
「城山窯」
の見物から始まり、何度か行っている「松陰神社」へ。
a0052666_5103999.jpg

ここでひと悶着
到着した時、丁度“消防訓練中”で、時間の限られた我ら、先を
急いでいるのに、ひとりの年老いた頑固な神官が、ガンとして鳥居
の中へ通してくれない。

「現地女性ガイドとY原さん」対「老神官」の大バトルとなった。
a0052666_5134314.jpg

程なく訓練が終わり、無事に「松下村塾」をはじめとする観光は
終わったが、「観光客に来て貰わなくてもいい・・・」と言う発言
老神官の口から出ていたらしく、気を悪くした人が多かった。

これはどうかと思う“元校長先生”という老神官さん!反省を!!
a0052666_5124516.jpg

次は何十年振りかの「秋吉台」へ・・・

この辺りはどこも夏ミカンの産地で、夏ミカンを使った土産物も
多いが、Y原さんが、中でも「夏ミカンソフトクリーム」のおいし
い店を教えて下さる。
a0052666_515238.jpg

大鍾乳洞「秋芳洞」に以前は正面入り口から入っているが、下り坂
で少しでも楽な方からと、黒谷口から案内してくださる。
それでも濡れている通路は階段や坂もあり、気をつけないと危ない

秋吉台の地下100m、観光コースは約1キロの行程。
中の気温はいつも17度とのこと。気持ちよく進んで行ける。
やはり“見事!”
a0052666_5161391.jpg

今日は朝から晴れていて、晴れた日にしか見られない「青天井」の
現象を出口近くの外部からの光が届く所で見ることができた。
一部分だけ、岩の天井が見事にブルー! きれいだ!!
a0052666_5175314.jpg

今回の旅、最後は「錦帯橋
自由時間1時間で、以前、娘とロープウエイを使って行っている
山の上に見えるお城までは行けない

有料の橋を往復して、周りの公園や武家屋敷を覗き、土産物店を
ひやかして終わり。
a0052666_5184461.jpg

を使わずに出来ているこの橋もやはり見事!!

福山発19:14こだま号に乗り込む前に、駅構内のレストランで
夕食を頂き、車中の人となる。
a0052666_5193351.jpg

新大阪21:04着
家に帰り着いたら22時をすこし回っていた。

皆、食後に薬を飲みながらの『◎病息災組』の我らだが、こうやって
みんなで楽しく旅をできるのも、なんだかんだと言いながらでも、
心身ともに元気にいられるお陰・・・これからも続けましょうよ!!
a0052666_5202888.jpg

にまたみんなで行きたいと思うが、これだけあちこち行っていると、
行き先をどこにしようかと探すのに一苦労する。
それがまた楽しいのだが・・・
a0052666_6483792.jpg


by kokko48513 | 2014-06-25 05:21 | 旅のつれづれ | Comments(0)

「松竹大歌舞伎」と「孫守り」

20日(金)、サッカーテレビ観戦のあと、今日は「ケイくん
ヤマハの日で、「コウくん」のお守りに西宮へ向かう。

コウくん」を同伴すると、その世話だけでレッスンが目茶苦茶
になる。
a0052666_13215162.jpg

幼稚園から帰って、他の同伴組の友だちと遊びたい「ブンちゃん
も一緒に、すぐに甲子園の音楽教室に母子3人で走りだす。

コウくん」、自分で遊びたいものを出したり、手が届かないと、
指さしで要求するようになってきていて、今日は『トミカの峠道の
ドライブウエイ
』。 電源の入れ方はまだ???の状態。

いつもだと、教室から帰って来てからも母親が夕食準備の間、
しばらくはみんなで遊んでから退去するのだが、昨日は、大阪・
八尾市文化会館「プリズムホール」で開催される(公社)公文協
主催の『松竹大歌舞伎』
へ車で移動する。
a0052666_1333795.jpg

電車にしようか・・・とも思ったが、結局「」を走らせた。

阪神高速3号線、案の定、大阪市内の渋滞と、一般道東大阪でも
渋滞
にひっかかり、ナビでは17時過ぎに到着予定となっていた
のが、17:40にやっと到着。

18時開演で、調べておいた八尾駅前のおいしい「うなぎ屋」で
夕食をとってから入るつもりが予定倒れとなる。
a0052666_13224793.jpg

40台収容の会館駐車場も、ギリギリ最後の一台で滑り込めた。
すぐ前の一台が断られるのを目撃、「満車」の表示も出ていて
あきらめかけたが、前の方の車高が少し高くてラッキー!!

幕開けは右近・笑也・笑三郎さんの『太閤三番叟』からめでたく
幕が上がり、1昨年からの「猿之助・中車襲名披露」公演という
こともあり、二つ目は『襲名披露口上』、最後は久しぶりに
猿之助さんの艶っぽい女形「お蔦」にお目にかかれる長谷川伸作
一本刀土俵入り』、中車さんが「駒形茂兵衛」を演じる。
a0052666_13233018.jpg

3回計50分の幕間を挟んで、21:10終演

ホールの音響のせいか、「お蔦」のセリフで聞きにくい部分があった。

帰りの車で通りかかった楽屋口には、「出待ち」をする大勢の女性
客が役者さんの出を待っていた。
a0052666_1325863.jpg

今日の岸和田公演のあとは広島呉市・山口周南市・兵庫赤穂市・
神奈川鎌倉市・最後は27日の埼玉川口市
での公演で大団円となる。

5/31、東京・大田区から始まったこの公演、どこも満員御礼
状態で手軽に観賞できるこの機会は、歌舞伎ファンにとっても、
初めて歌舞伎に接する人たちにとってもありがたいこと。
a0052666_13252553.jpg

希望の会場のチケット入手困難なのが玉に傷だが・・・

阪神高速13号線を使って、22:40無事帰着

次の楽しみは、明22日からの広島・島根・山口方面1泊の旅!!
晴れ女」の神通力で、天気に関係なく、6人で楽しもう!
a0052666_13255733.jpg

初めて訪ねる「津和野」がとても楽しみ!楽しみ!!

by kokko48513 | 2014-06-21 13:26 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

勝てないね・・・

ひと月前に訪れていた「ギリシャ」を相手に戦って
いる「日本」チーム。

良い国だっただけに複雑な心境だが、やはり、「日本
勝ってほしい!
a0052666_10115122.jpg

と、思いながら、テレビに大声張り上げて、叱咤激励
応援したが負けてしまった・・・

ひとり少ない「ギリシャ」チームを相手にどうして
ゴールを割れないのか・・・
a0052666_1041816.jpg

誰とは言わないが、歯がゆい動きをしているシーンに
歯ぎしりをしてしまう。


チャンスがありながら、最後の詰めが甘いのは・・?

24日のコロンビアと戦う前に、断崖絶壁に立っている
「日本」。
a0052666_1044928.jpg

決勝トーナメントの壁がどんどん遠くにかすんでいく。

4年間貯め込んだ力をすべて出し切って戦ってほしい!!

24日、勝つしかない!!
悔い”の残らない試合をしてくれ!!
a0052666_1053396.jpg

ブログにアップした写真をもとに編集した『ギリシャ9日
間』の冊子
が先日完成。

もう一度、コースを変えて行ってみたい国のひとつ・・・

by kokko48513 | 2014-06-20 10:05 | スポーツ関連 | Comments(0)

「孫」と「芝居」と・・・

12日木曜は「ブンちゃん」ヤマハの日で、「ケイコウ
2人のお守りに出かけ、金曜日は予定もなく、22日からの
中国地方への1泊旅に備えて、左足の回復に努めようと
ゆっくりしていたら娘から電話。
a0052666_1333373.jpg

幼稚園から帰った「ブンちゃん」が「明日、おばあちゃん
とこへお泊まりに行きたい
」と言っているらしく、「ケイ
くん
」も同じく追随しているという。

まだ足の調子良くないよね。しんどいでしょう」という
娘だが、土・日曜は檀家さんのお寺での法事もうかがって
いて、2人を連出せば助かること間違いなし!
a0052666_94415.jpg

湿布薬のお陰でずい分調子いいから良いよ」でOKする。

ブンケイ」は大喜び
ここへ来れば「モン姉ちゃんカンちゃん」と遊べると
思い込んでいたらしいが、今回は二日間とも友だちとの約束
があって、14日の夕食だけ一緒に我が家でとらせることに
して、賑やかに5人での食事。
a0052666_115949.jpg

みんな一緒だと、びっくりするくらいよく食べる
モンちゃん」が時々あるらしいが、食べ始めに軽い“腹痛”を
訴えて、ひやっとしたが無事だった。

15日は家で遊ばせ、市役所脇の末広公園で遊ばせ、「百均の
お店に行きたい
」と言う「ブンちゃん」のたっての希望で
イオン伊丹昆陽店に行き、「五穀」での昼食と一緒にショッ
ピングを済ませる。

ブンちゃん」“フラフープと妖怪シール”、「ケイくん
シャボン玉とエコーマイク”、やさしい2人、「コウくん
にお風呂で遊べる“アヒル”買っていく!!

店内をぐるぐる廻っているのが楽しいらしい・・・
a0052666_228943.jpg

「そろそろ帰らないと約束の時間よ」

それぞれに、車が走っている間に昼寝もグッスリして、17時
過ぎ無事帰着。

今日16日は、前売りを買って楽しみにしていた藤山直美さん
松竹座「母をたずねて膝栗毛」を11時から観劇。
a0052666_116627.jpg

中村獅童さん、奥田瑛二さん、水谷八重子さんほか個性溢れる
豪華なメンバーで30分の休憩をはさんで3時間半

アドリブが飛び交い、1幕で15分も延長して、係りの人達は
「困った、困った」らしいが、我ら観客は大笑い、大喝采
a0052666_1164825.jpg

直美さんはいつも通りたまらないが、それに負けじと獅童さん
はじけまくって、自虐ネタまで披露して、観客だけでなく、
舞台の人もこらえきれずに吹きだしている。

他の人もどこからどこまでがアドリブなのか・・・面白い!!

足が無事なら帰りに「USJ」に回ろうと思っていたのだが、
思いとどまって、阪急と阪神百貨店だけに寄って、22日から
のために素直に帰ってきた。
a0052666_2042821.jpg

病院ボラとパソコン「レディスABC」仲間6人で、新幹線で
往復、タイトル『安芸の宮島・津和野・秋吉台と萩温泉郷2日
』、読売旅行の欲張りなコース。

海外のひとり旅も楽しいが、グループでの旅行もこれまた
弥次喜多道中」でなかなか楽しいもの!!
a0052666_1174042.jpg

どうぞ、お天気でありますように・・・!!

by kokko48513 | 2014-06-17 01:17 | 孫 5人 | Comments(0)

嬉しいこと!! あわれなこと・・・

嬉しいこと!≪ピロリ菌≫除菌成功!!

ピロリ菌」除菌療法、今年1月に受けた1回目は、3/5
尿素呼気試験法検査の結果が3/17に出て、<+29%>と
いう除菌失敗の結果となり、再び3/20から薬剤を変えての
1週間の診断薬投薬を受け、今日その結果が出た!

3種の薬朝晩2回飲む1週間、その間は“絶対禁酒”、飲み
忘れや途中で中止しないこと。
a0052666_374235.png

だが、うっかりと4日目くらいに1回、ご馳走との出会いが
あって生ビールを呑んでしまっていた。
それでも、薬は欠かさず飲み終えていたが・・・

半分あきらめていたのだが、何と!<-0.1%>という除菌結果
が出て、先生から「無くなっています。ただし、今後1年に
1回
はこの検査を受けて下さい」のお言葉を頂いた。

「左わき腹が痛かったり、下腹部が痛かったり・・・」と相談したら、
「この際、大腸検査と胃に関する他の項目の検査もしませんか」
と言われ、今月末に受けることにして今日の受診は終わった。

この結果は、7/10の受診で判明する。
a0052666_382962.jpg

50代以上の日本人70~80%以上がピロリ菌に感染しているという。
上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高く、
先進国の中では日本は際立って高い感染率という。(50才以上)

衛生状態が改善された今日、若い世代の感染率は急速に低下して
いるそうで、感染していても、消化性潰瘍がかならず発症すると
は限らないという。


a0052666_3594975.jpg

悲しい!と言うか、稚拙というか・・・

先日の三重・鳥羽での『ホテルOB会』、同窓会と同様に出る話
は、年も年で、身体や病気の話も多かった。

そんな中、私は14年前に夫を「食道がん」で亡くしているが、
夫婦健在の60代男性OBが、お喋りに花が咲いている大盛り
上がりの席に近づいて来たと思ったら、私に向かって、突然
幸せじゃないでしょう」と、決めつけてきた。 唖然とする。
a0052666_18571521.jpg

何を基準に「不幸せ」と決定するのか・・・

亭主を亡くした女は不幸せ』という考えを持っているようで、
いい年をして、なんてバカな人がいるのだろう・・・と、
あきれてしまって言葉も出ない。

昔からちょっと変わった人だったけれど、この年になってもと
思うと、可哀そうで、気の毒で、悲しくもある
a0052666_1902196.jpg

とても楽しくて、幸せな毎日を送っていますわよ!!
と、答えておきましょう!!

a0052666_2391772.jpg


by kokko48513 | 2014-06-13 03:48 | 雑記帳 | Comments(0)

エーゲ海ミニクルーズとギリシャ周遊9日間・・・ラスト

5/27(火)、夜中に大騒動をした2連泊のホテル、8:30
出発。
今日は31度まで気温が上がるという予報。
a0052666_2011484.jpg

アテネ市内観光が残っている。
現地ガイドは日本語堪能な若い女性ソフィアさん。

まずは、世界遺産「アクロポリスの丘」へ・・・
a0052666_1712415.jpg

朝早くから、凄い人出で賑わっている。
チケット売り場の近くにお喋りをしている警官が5人ほど。
バイクが数台あって、「ヤマハ」と「カワサキ」に嬉しくなる。

ヤマハ」のマークを指さしたら、「ジャパン?」と尋ねて
下さり、「イエス!」とにっこり・・・
a0052666_17141090.jpg

前半ソフィアさんに説明して貰って、後半40分程フリータイム

10:10の集合場所に動きの鈍い「セマルハコ亀」がいて貴重な
ペットボトルの水をかけてあげたら、気のせいか元気になって、
行き場所を探して金網に沿って歩いて行った。
a0052666_17144680.jpg

歩いて行けるすぐ近くのジュエリーショップ(土産物も)に連れて
行き、水分補給やトイレを使わせてもらったが、どれも高価で見て
いるだけ・・・ガイドさんの“お商売”なのだろう。

買物好きな人はいて、熱心に勧誘されてビックリするような金額の
ジュエリーを買っておられた。
a0052666_17152360.jpg

次は「新アクロポリス博物館」へ、11時から12時まで。

入口付近から床がガラス張りになっていて、今も続く発掘や調査
様子が見られる貴重な博物館
a0052666_17162318.jpg

2009年6月オープンで、どこもきれいで広々としている。
遺跡などにも現地の学生・生徒が多かったが、ここも同様。

展示コーナーによっては撮影禁止の場所もある。
a0052666_17171154.jpg

アテネの最盛期、パルテノン神殿が建てられた頃のものが多い。
神殿を飾っていたレリーフや彫像など、実物・複製取り交ぜて
歴史好きな人にはたまらない博物館だろう。
a0052666_1718718.jpg

ここの売店で、ありふれたものだが、やっと子供向きのものを
見つけた。
発掘品をデザイン化してある鉛筆削りとコマ。2組購入。
a0052666_17184333.jpg

バスで移動して、レストランが軒を並べるとても賑やかなプラカ
地区
へ。

名物「ムサカ」という「ナスとひき肉の重ね焼き」、底の部分の
ポテトも美味しかった。
生ビールと共にアテネの最後のランチを楽しむ。
a0052666_1719423.jpg

キオスク(売店)などもあって、ポストカード1枚購入。
0.5ユーロ、今までのどこよりも一番安かった。

今日の予定のオリンピックスタジアムや、車中からのゼウス神殿
やシンタグマ広場、無名戦士の墓
は前に行ったり、通っているの
で省略となったが、時間的にちょっと遅れ気味で、添乗員I永さん
焦り気味
a0052666_17212154.jpg

が、空港に着いてみたら、エミレーツ航空EK106便、45分
遅れ
で16:10発予定が、16:55離陸

カウンターの係りの若い女性に「通路側」を頼んだのに、長時間の
ドバイ~関空の分が窓側になっていて、後から手続きした人が通路
側を貰っていて頭にくる! やり直して貰ったが、ダメだった。
a0052666_17223645.jpg

添乗I永さんやりくりして、N村さん通路側、私真ん中、ひとり
参加の72才男性Oさん、窓側となり、トイレの近い私、仲間で
ちょっとホッとする。
a0052666_1723586.jpg

Oさん、ゆっくり話したことが無かった人で、私の“良く食べ、
よく呑み
”74才とは思えない元気でパワフルなのに感心して下さ
っていたそうで、自分の奥さんに「ハッパをかけますわ。自分も
最近は飲食共にセーブしています」と仰り、「5年経ってもそれで
いて下さいよ!
」とエールを送って下さった。
a0052666_17241925.jpg

持参の傘や合羽を一度も使わず、最終日はスーツケースに帽子を
入れてしまって、カンカン照りの下暑かったがお天気が何より。

湿気が無く快適、影に入れば涼しくて、吹く風も爽やかな国だった。
a0052666_17245091.jpg

チーズやヨーグルトは山羊の乳から出来ていたが、くせは無く、
匂いもなく、濃厚でおいしかった。

バスの走行中、至る所にカラフルなミツバチの真四角な巣箱が丘や
畑の中にずらっと並んでいて、その蜂蜜やオリーブ、オレンジ、
葡萄やピスタッチオ
の産地として、食べることも大いに楽しんだ
今回のギリシャの旅だった。
a0052666_17253412.jpg

子供向けのものが見つからなかったことと、土曜・日曜がピタッと
静かになってしまうこと、午後の長時間の休息、“観光客”
とってはこれらは致命的だったが・・・
a0052666_17281883.jpg

これもこの国の特徴として、認めないといけない事なのだろう・・・

貧富の差があって、荒れることの多い国だが、数多くある遺跡や
史跡、世界遺産・地球の財産として後世まで大事にしていただきたい!!
a0052666_1728558.jpg

オリンピック発祥の国、豊かな9日間をありがとう!!

a0052666_17404215.jpg


a0052666_1851590.jpg


by kokko48513 | 2014-06-11 17:29 | 旅のつれづれ | Comments(0)

相変わらず多忙!・・・やっちまった!!

6/7(土)、朝9時から「ブンケイ幼稚園の参観日

母親が時間をずらせて年長・年少のどちらにも顔だし出来る
設定になっていて、あとは「コウくん」のお守りさえ私が
しておけば万事無事に事は進む。
a0052666_1464343.jpg

午後3時からは「坐禅会」で、これもお守りと手伝いをして
あげないと大変なことになる。

参観は無事に済み、坐禅会も途中の“お茶出し”を「ブン
ケイくん」も手伝って、その後の法話の時間に3人を近所の
公園に連出してひと遊び。

1時間ほど遊んで帰り、「おばあちゃん、そろそろ帰るわね
の時間になった。
a0052666_2137639.jpg

最近はまだ1才になったばかりの「コウくん」が、気配を
察して、“あと追い”をするようになってきた。
これも気をつけないと、いつかの「ケイくん、あと追い大事件」
二の舞になっては大変!!

ここで“まさか”のことが起こった。

帰り支度をして靴を履こうと勝手口に降りようとした「私」に、
ブンちゃん」が、後ろから腰に両手を巻きつけるように
「おばあちゃん、好きよ!」とか何とか云いながら不意に
飛びついて
きた。
a0052666_1481631.jpg

構え”の出来ていない私と「ブンちゃん一体になって、
2段になっている勝手口に“ドドドウ!!”と大ダイブ

ブンちゃん」は私の巨体の下敷きになって、の右側、耳の
上あたりを上がりがまちの角に打ちつけたらしい。
痛い!」と耳を真っ赤にして泣いている。

私は、頭から真っ逆さまに土間に向かって落ち、頭のてっぺん
板戸に打ちつけてかろうじて止まり、左肘の下を少し擦りむき、
左足向こう脛の外側も痛い。

娘がすっ飛んできて2人を助け起こしてくれた。
a0052666_104926100.jpg

頭は少し“こぶ状”に凸凹していて、触ると少し痛い。

肘の下もヒリヒリしているが腕は動くし、変な痛みはない。
足も痛みはあっても普通に動かしても違和感はない。
気分が悪いわけでもなく、顔面蒼白でもない。

頭も大丈夫そうだし・・・と、そのまま車の運転をして帰宅した。
a0052666_2202580.png

ブンちゃん」もしばらく痛みはあったようだが、大丈夫だった。

昨日8日は、三重・鳥羽へ一泊で出かける日。

今年は、昭和47年まで勤務していた「鳥羽国際ホテル」の
50周年にあたる記念すべき年で、ヤマハから三井不動産に譲渡
されたとはいえ、我らOB「もんど会」は全国に散らばる仲間に
呼び掛けて、75名の参加をみて大々的にお祝いの会を開催した。
a0052666_10433883.jpg

世話役の一人として私も参加。車で出かける。

食べきれないほどの大ご馳走、呑み放題、二次会も会場を移して
カラオケ大会や思い出話に大いに盛り上がり17時から22:30
ごろまで宴は続いた。

男性では80才のK藤さん、女性では12月で75才になる私が、
最年長だったらしい。

今朝、朝食を皆と共に済ませて、久しぶりの鳥羽、旧友を訪ねよ
うと一軒目を訪問して、不在で会えなかったのだが、以前はなか
った改築された勝手口の2-3段の不規則な階段を足元を見ない
で降りようとして踏み外し、左足を“グネッ!!”とやって、
転んでしまった。
久しぶりの「捻挫」! これ以上動いてはいかんぞ!!
a0052666_26758.jpg

急いでドラッグストアに行き、貼り薬を貼ったが痛みは続いている。

土曜日のあんな大事にも平気な私が、こんなことで足をくじくなん
て、何たる情けないこと!!と腹を立てている。

明日火曜日は「ブンケイスイミングの日で行ってあげないと
いけないし、水曜は病院ボランティアというのに・・・
a0052666_20883.jpg

幸い“運転”は右足だけでやれる。

あとの考えていた予定はすべて辞めて、伊勢「さし汐」の“うな重”
だけは何としても外せない・・・と、久しぶりの「うなぎ」を昼食
に頂き、大いに舌鼓をうって、夕方、無事帰宅した。

この足、早く治そう!!

a0052666_2347165.jpg


a0052666_11333684.jpg


by kokko48513 | 2014-06-10 01:53 | 孫 5人 | Comments(0)

エーゲ海ミニクルーズとギリシャ周遊9日間...7日目<後篇>

「ミニクルーズ」とおいしい夕食を頂いた後、待っていたのは
“身から出た錆”、夜中の大騒動・・・
これは今後のための、今回の大きな反省点!!

バスタブにお湯をためながら、ベッドにゴロンと横になったら、
そのまま寝てしまってエライこと!!になった。
a0052666_211811.jpg

他のホテルの浴室洗面所の床には、珍しくすべて“排水口”が
あったのに、ここにはそれが無かった。これが通常なのだが・・

0時を回って目が覚めた! 
バスルームもドア外のカーペットも大洪水!!

ギリシャは排水が悪い!
重々理解していたつもりだが、やはり、バスタブの一定の高さ
まで来たら排水できる穴はあっても機能していないようで、
浴室は全体1センチくらいだろうか、床に水を張った状態で、
入口・クローゼット前の絨毯もグショグショ・・・
a0052666_20501946.jpg

下の部屋は大丈夫だろうか・・・
室外へは出ていない。部屋中央部分にも来ていない。
よくここで目が覚めたこと!!と思う。
もっと寝込んでいたらどうなったことか・・・

慌ててお湯をとめて、「さぁ、どうしよう・・・」
大奮闘が始まった!

掻い出すものはなく、一旦バスタブは抜いて、足ふきマット
洗面所の水を滲みこませて、滑らないようにトイレに絞りだし
これを繰り返して洗面所は解決!
a0052666_20505327.jpg

濡れたり、汚れたりはイヤなのでずっとハダカ

問題は“じゅうたん
軽く足を乗せただけで水がジュワッと浮いてくる。

凄い金額の賠償問題になることがある。
海外旅行保険”には加入しているが、自分の力で何とかしよう!
a0052666_20523983.jpg

入口の真上、天井一面に冷暖房の排気口があって、ヒーター
28度にセットし、バスタオル(部厚くて大きい)を濡れた部分に
広げて“畑の麦踏み”状態に足でトコトコと踏んで水分を滲みこま
せ、バスタブの手すりのパイプに二つ折にからませて水を絞り出す

これを何回やっただろう・・・

水分で濃くなっていた絨毯の色が普通に戻っていき、完璧には取れ
ていないが、洗面所のドライヤーも持参のセロテープで柱に貼り付
て、朝までやかましいが辛抱してそのまま熱風を送る。
a0052666_20533016.jpg

入浴して、荷物の整理をして、一旦就寝。

6:45モーニングコール。6:00に目が覚めて、チェック!!

乾ききっていないが、こちらの人は靴のままだから何とかなりそう。

気づいて、大温風機ででも乾かして貰うことになるだろうが、
「どうぞ、お許しを!!」
a0052666_20553762.jpg

まだまだ行きたい国はある。
今後、絶対にこんなミスをしないように気をつけよう!!

by kokko48513 | 2014-06-09 20:55 | 旅のつれづれ | Comments(0)

エーゲ海ミニクルーズとギリシャ周遊9日間・・・7日目

ギリシャでの宿泊はあと1泊となったが、連泊は気分的に
余裕が出てとても楽!

今日はこれも楽しみの一つだった「エーゲ海ミニクルーズ
a0052666_20165120.jpg

ミニ”と言っても11時間のコースとなり、遠方の島から
訪問するので、最初は片道3時間かかる「イドラ島」から。

ホテル7:15に出て、ピレウスの港でクルーズ船に乗り
込み8:15にスタート

人口約2700人。
18~19世紀、海上貿易を独占し巨万の富を築いたイドラ
の商人たち。ロバ・馬タクシーが名物。
a0052666_20192515.jpg

滞在90分、N村さんとあちこちウロウロ。
おしゃれな店で、自分に手作りペンダント2点、25€を
20€にまけて貰って購入。

どの島にも公衆トイレは全く無くて、ここはカフェでアイ
スクリームを食べてトイレを貸してもらった。

これが島の常識らしい・・・女性警官に尋ねたが、回答は
これだった。
a0052666_20195522.jpg

次の「ポロス島」には所要100分、この時間に船内1階で
昼食バイキングを頂く。

我らがトップに誘導して貰って、料理も席もスムーズにいった
が、私たちが食べている時に、もの凄い数の人が長い行列で
料理を待ち、お気の毒!申し訳ない!!

14:10から40分滞在の「ポロス島」、人口4350人。

船を降りて前の坂道を登り、時計台(展望台)を往復するだけ。
a0052666_2233861.jpg

中国のグループが同行の女性添乗員の制止を聞かず、入っては
いけない金網を張った断崖の危険な場所へ端の隙間から次々と
入り、ポーズをとって写真を撮っている。 添乗員大困惑

所要75分で最後の三つ目の島「エギナ島」へ16:10着。

110分滞在で、日本円3700円でアフェア神殿をバスで
訪ねるオプションがあり、20人中12人が参加した。

案内では15時以降は島の商店はすべて閉まってしまうような
ことを言ったが、観光の島、そんなはずはない!と思ったのが
的中で、港の近辺の土産物店、カフェやレストランはほとんど
開いていて、近くの素敵な教会にも入ることが出来た。
a0052666_20212793.jpg

N村さんと、閉まったばかりの市場や民家の建ち並ぶ辺りにも
潜入して、時間イッパイ散策して楽しんだ。

痴呆症なのだろうか、街かどで老婆が大きな声で私たちにも
話しかけてきたが、地元の人には無視されていた。

この「エギナ島」は、1827年から2年間、ギリシャの独立
戦争後、最初の首都として臨時政府が置かれた島で、現在人口
13600人。

教会が365もあり、ピスタチオの産地で港近くの店には必ず
店頭に置いてある。結構、良い値段をとっている。
a0052666_202195.jpg

帰りの船内は甲板やランチタイムにもライブで演奏してくれて
いたメンバーや、他にも民族衣装のメンバー、船員や客までが
加わって、一階で「民族ダンスショー」を帰港ぎりぎりまで
演じて楽しませてくださった。

途中、巨大クルーズ船にも遭遇して、エーゲ海の青い海、空、
島々は絶景
で、風の爽やかさに、日中30度を超す暑さも気に
ならない素敵な一日だった。

18:00に港に着き、船上からサックスの生演奏の「蛍の光
に見送られて「エーゲ海ミニクルーズ」は終了した。
a0052666_22364733.jpg

海岸沿いのおしゃれで立派なレストランに案内して貰い、今回の
ギリシャでの最後の夕食となる「イカの唐揚げ」、「ロブスター
のグリル」
など、生ビールと共においしく頂く!

ホテルへ帰る途中、「パルテノン神殿」のライトアップを撮る
ために、車の往来の激しい道端に5分ほどバスを停めて下さる。

22:25ホテル帰着。
a0052666_2023890.jpg

この後、エライことになった・・・
<つづく>

by kokko48513 | 2014-06-09 20:31 | 旅のつれづれ | Comments(0)
line

好奇心旺盛と明るさがとりえの旅大好き人間・・おもむくままの旅模様&etc.etc


by kokko48513
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30