<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

“尾籠”なはなしで恐縮です。

仲間とのランチタイム、フリードリンクを7~8杯は飲んでしまう私。
a0052666_12465184.jpg

最近、就寝中に2~3回はトイレ通いで目が覚めることもあり、日中も
利尿効果があるという大好きなコーヒーを飲んだ時や、水分を取り
過ぎた時は1時間ももたないことがあって、年齢と共に仕方ないのか
・・・と思いつつ、一度泌尿器科へ通院したほうが良いのかな・・・と
思ったり・・・

先日、何かのテレビ番組の中で、尿道の収縮運動を毎日続けると“頻尿”
から解放される・・・というのをやっていた。
a0052666_12575313.png

習慣的にわざわざその時間をとるのは苦手な私。

これでどうだろう・・・と始めたのが、トイレで放尿中に収縮運動を
とってみる行動。

ちゃんとできているのかどうかまだ自信はないのだが、やり始めて今で
かれこれ1週間余りか・・・

火曜日の夜、何と!就寝後初めてのトイレに目が覚めたのは4時間後。
a0052666_1259133.png

昨水曜日の夜、これも3時間40分で目が覚めてトイレへ。

就寝前もトイレの後も必ず水分補給をすることにしている。

効いているのかも・・・!
a0052666_0521412.jpg

年を取ると脳の伝達が早くなるのか、トイレに行こうか・・・と思ったり、
外出から帰宅して玄関が近づいただけで、「放尿せよ!」と命令が下る
ようなことが多くて、そのための手立てはとっているのだが、これも
ここ2~3日は前よりも良くなっている。
a0052666_1301942.jpg

高齢者の皆さんのご参考になればと・・・尾籠なはなしですみません。
11/26(日)、朝から昼過ぎまで檀家さんの法事がお寺で3件あって母親は
多忙、4才の「コウ」がまだ手がかかるため、「ブン・ケイ・コウ」の相手を
するために、宝塚を9時に走り出してお寺へ・・・

「ブン」への誕生祝がまだ済んでいなくて、「おばあちゃんからは“オズの
魔法使い”の本がほしい」という希望で、エビスタの本屋さんを覗きがてら
昼食までの時間を駅前の公園で遊ぼう!と4人で出かける。
a0052666_184375.jpg
「コウ」が「何もしていないのに足が痛い」とかでビッコやケンケンで「和上
公園」へ。
身長が伸びるときのあの節々の痛みかもしれない・・・

「ケイ」は目下、縄跳びの練習に必死で、ブランコをする二人の横で一生懸命
縄跳びに励み、最後はみんなで「だるまさんが転んだをやりたい!」と、私も
入ってひと遊びして、昼食時間に帰宅。
a0052666_198100.jpg


午後は14:45から「モン・カン」の『第7回 ピアノ発表会』の日で、間に
合うように走り出し、会場の宝塚・逆瀬川「パンネル・ホール」へ向かう。

同じマンションの「チーちゃん先生」に個人レッスンを受けるようになって、
早いもので、「モン」は7年1か月、「カン」は5年8か月になるという。

a0052666_194512.jpg
発表曲は「カン」が『舞踏の時間に』、「モン」は『貴婦人の乗馬』、この
他に、今までなかった“連弾(クラシック)”があって、「カン」はお友達と
『おもちゃの兵隊の行進』、「モン」はまずは先生と『天国と地獄』、
お友達と本日のおおとりで『エンターティナー』を弾いて終わった。
a0052666_1101079.jpg
難しい曲に挑戦した「モン」、何か所かとちったが、その都度、顔の表情に
出てしまい、夕食の時、「次からは間違っても、ポーカーフェイスでやりな
さいよ」とひと言忠告した。

連弾は11月に入ってから「こんなのやってみようか・・・」と挑戦した
そうで、それからいうと大したもので、良い出来栄えだったと思う。

a0052666_114530.jpg
先生の「ムーン・リバー」のジャズ演奏もあって、記念写真の後は、いつもの
ように、“サンドイッチとホットドッグ、スイートポテトとコーヒーまたは紅茶
(子供はジュース)”で小一時間のホット・タイム。

ドッグは「モン&カン」に半分こで横取りされてしまった・・・よく食べる!

a0052666_1284237.jpg

子どもたちも大きくなって、しょっちゅう顔を合わさなくなった母親たちが
久しぶりに一つの大きなテーブルに集まって、賑やかに楽しそうに話の花が咲く。

子どもたちも大賑やか・・・

a0052666_1124997.jpg

前日、「がんばったご褒美の夕食は何が良い?」と尋ねたら、二人から
「お肉・・・」という返事が返ってきて、いつもの「あしん花の道店」に
予約をしておいた。

一旦帰宅した後、19時に「あしん」で合流して、美味しい“焼肉”を頂いた。

a0052666_1131478.jpg

大きくなった二人、大人並みに食欲旺盛に食べる。
モンたちの小さい頃から成長を見てくださっている店長さんから美味しい
お肉の差し入れを一皿頂いて、美味しいこと!嬉しいこと!!

“焼肉”はやはり美味しい!!


a0052666_1133081.jpg


他の食べ物はなんでも一人で平気でレストランや食堂に食べに入るが、「焼肉」
だけは一人でなく、みんなでワイワイと頂くのが美味しい!!

勿論、 ビールも頂いた。
ナマ中、2杯! 甘露!甘露!!
a0052666_1184267.jpg

モンちゃん、カンちゃんお疲れさま。 楽しいひと時、ありがとうね!



今日、勤労感謝の日というのに、西宮「ブン&ケイ」の小学校では公開授業参観と
11/20(月)から開催中の「図工展」の最終日。

代休は来週、12/1金曜日という。
a0052666_2329136.jpg

先生方もご苦労様なら、親や親族も皆さんご苦労さま・・・私も・・・

お寺での法事や檀家さん回りもあり、父親は参観できず。

母親も法事の接待があって、参観1時間目一人で学校へとんで行って、2時間目
から3時間目の途中までお寺へ戻り、そのあと再び学校へ・・・
a0052666_23303728.jpg


私は8:00過ぎから車を走らせ、1時間目、幼稚園は休みの「コウ」のお守りを
家でして、2時間目に間に合うように「コウ」を連れて学校へ・・・

入口で会った母親に「コウ」を引き継ぎ、「コウ」と母親は家へ、私は1年
「ケイ」の教室へ。
a0052666_23314446.jpg


国語の「すきなものクイズ」を、教室を右往左往して楽しそうにやっているのを
しばらく見て、個人発表のある3年「ブン」が必ず見てほしいと言っていた、
「図工」の、モニターを使った図工展に出している作品の「鑑賞会」をやって
いる教室に急いで上がる。

母親はまだひき返して戻ってきてないので責任重大。
a0052666_23325642.jpg


間一髪!「ブン」の直前の女子の発表が終わって席に戻るところ・・・

子どもたちは前の床に直に座り、親たちがその後ろに並べられた子供用
椅子に座っていて、スッと教室に入った私の姿は見られず。
a0052666_23333621.jpg

入った途端に「ブン」が前に出て、作品の説明が始まった。
1~2分でも遅れていたら大変な事だった・・・良かった!!

ハキハキと説明できていたが、もう少し大きな声だと、なお良かったかもね・・
a0052666_23343015.jpg


3時間目、「ブン」は運動場で「体育」、紅白に分かれて、保護者チームもあって
3組での「リレー」や、「手つなぎ鬼」と言うのか、校庭中を駆け回ってタッチ
した人と手をつないで仲間を増やしていく追っかけっこのゲーム遊び、フリスビーを
使って2組に分かれ、ドッジボールのようにやる「ドッジビー」。

走るのが得意な「ブン」、イキイキとやっている。
これが始まってすぐに「コウ」と母親が2度目の到着。
a0052666_2335716.jpg

「ケイ」の教室を覗きに行くと、「生活」の時間で、先日、木の実や空き箱他
それぞれに作った工作の作品を使って、親たちも教室に入り込み、ごっちゃに
なって「つくろう あそぼう」をテーマに、楽しそうに大にぎやか・・・

授業終了後は、本人たち共々、家族で20日にすでに鑑賞済みの「図工展」を
見るために、私だけ残って体育館へ。
a0052666_23354135.jpg

これが何ともつかれた、疲れた!

宝塚の「モン&カン」の小学校の「図工展」では、いつも学年別・クラス別に
展示して下さっていて、見つけるのも簡単で見やすくて、孫以外の学年も全部
ゆっくりと鑑賞させて頂いている。
a0052666_23362961.jpg

今回、学年別にはなっているが、クラスが混ぜこぜで、何回も見直して、それ
でもなかなか見つからず、親に電話して場所を教えてもらい、孫の分を見ただけ
でクタクタで、余分なものを見ようとは思えなかった。

来年からは、先生方、是非ともご一考を・・・
帰る時に、その旨「アンケート」を入れてきたが・・・
a0052666_1126595.jpg


私、間もなく78才、この2週間一日も休む暇なし。

勤労感謝してほしい!!

(公開授業風景は撮影禁止)
a0052666_23365932.jpg

P.S・・・大転倒!
私、その間、テーブルの脚に右足先をぶつけて薬指がおかしかったり、今週火曜日夜、
セブンイレブンの駐車場の車止めによそ見をしていて思いきりつまずいて、すごい
勢いでダイビング、見事にすっ飛んだけど、手に持っていたリュックも吹っ飛んだ。

a0052666_2254367.png
そのリュックの上に見事に顔が落下したお陰で、両掌と右膝が少し赤くなり、あとから
気づいたが左ひざが少し切れて血が出ただけで、すぐに立ち上がれて、他はどこも
大した怪我はなく、水曜、病院ボラにも出勤して、今日もこうして歩き回る予定を
こなせたことに、感謝、感謝!大感謝!!の日々・・・

a0052666_2231322.jpg
病院ボラで、高齢者が家の中でつまずいたり、転んだだけで「骨折した」と
救急で来られることが多いので、よく無事に済んだことと自分で感心している。

「モン&カン」が通う宝塚市の小学校は2年に一回「音楽会」が開催される。

今年は開催の年で、去る11/18(土)、体育館で大勢の家族や地域の人を観客に、
9:30開演で始まった。
a0052666_2035613.jpg

今年度の音楽会のテーマは、校内応募作品から選ばれた「きらきらメロディ」

夜から降っていた雨も始まる頃には止んで、私は2駅分バスを使って学校へ。

オープニングは「カン」たち4年と3年で「はじめようコンサート」で幕開き。

二人とも出番は後半で、プログラム5番目に「カン」たち4年生がリコーダー奏
「はぐき&HAGUKI」、合唱「パームパーム」を可愛く、チャーミングで
ユーモアたっぷりの振付けも入れて歌い上げ、最後は合奏で「天国と地獄」序曲。
a0052666_20361169.jpg

これがなかなかの感動もので、「カン」は最前列でビブラフォンを担当。
演奏を終わった時、私、「ブラボー!!」と叫んでいた。

ただ、「カン」で残念だったのは、合唱の時、最初、「まだ歌ってないパート
かな?」と思っていたら、全員で合唱していて口の開き方が小さかっただけ・・

夕方、家を訪ねた時、「うまくて素晴らしくて良かったんだけど・・・」と、
「これから歌を歌う時は大きく口を開けなさいよ。ちゃんと声が出ないからね」
とひと言注意しておいた。
a0052666_203744.jpg

6年生「モン」はプログラム7番目3曲と8番目の「エンディング」を5年生とやる。

春からは中学生、6年生だけあって、リコーダ奏「めぐり逢い」、合唱「Can
do ~君が輝くとき~」、合奏「パイレーツ オブ カリビアン」、どれも完璧に
近い出来栄えだった。

合奏の「モン」の担当楽器は最前列でアコーディオン。
同じマンションの大の仲良しAちゃんと隣同士・・・
a0052666_20385875.jpg

ティンパニーまで入った本格的な演奏で、心震えて胸がイッパイになる見事な演奏
で、「ブラボー!」、「良かったよ!」、「ありがとう!」と叫んでいた。
聞こえたかな?

エンディングの曲は「つないで歌おう」、ジンとくる素晴らしい歌。
a0052666_20444832.png

6年生は後片付け担当で、「音楽会」そのものは写真やビデオの撮影は禁止だったが、
この“片づけ”の段階で「モン」の写真はたっぷり写すことができた。

6年生だけ、図工作品の特別展示があって、これも写すことができたが、なぜか
「はいきょ」と命名された深緑が基調の作品で、ネアカの「モン」だが、以前も
おかしな作品を見せてくれたよな・・・遊び心が旺盛なんだろうね・・・
a0052666_20395015.jpg



次は翌19日、ヤマハ音楽教室(新響楽器)「ピアノ・エレクトーン カーニバル」、
カメラ2台も持ち込みながら、私の大失敗で肝心の「ケイ」の演奏中の写真を
ほとんど撮れなかった話・・・
a0052666_20463843.jpg

母親もビデオカメラとミラーレスの2台を持ち込んでいたが、ビデオは私持参の三脚
にセットして撮れたのだが、静止画のほうがいつの間にか設定が動いていて、演奏中
のものがどれも真っ暗!

これは私が画像ソフト「PhotoScape」を使って明るく修正した。
a0052666_20472440.jpg

私の失敗というのは、前夜にSDカードのチェックもして、バッテリーも2個充電して、
「一眼レフで動画を撮って、コンデジで静止画を撮ろう」と段取りしていながら、
コンサートに出かける前に、「ケイ」の、つい最近うまく飛べるようになった“縄跳び”
や、これも「コウ」が最近できるようになった“鉄棒”、「ブン」の“ジェーボード”
を撮りまくって、その上、22番しんがり(おおとり)で演奏する「ケイ」の前に、
テストのつもりで他の子どもさんの動画も撮っていた。
a0052666_2048051.jpg

これが失敗だった。
一眼レフの方は調子がおかしくて動画は断念、まだまだあると思っていたコンデジは、
いざ!「ケイ」が演奏段階に入った時にシャッターが下りなくなって、モニターを見たら、
なんと!「カードが足りません」の文字。

最前列“撮影席”横辺りの壁際で撮っていて、中程の鑑賞していた席に戻れば一眼レフが
バッグにあるのだが、演奏中の移動は禁止されているので、自分の孫とはいえ、他の観客
の手前動けない!
a0052666_20485886.jpg

こんなに「しまった!」と思ったことも、落ち込みの激しいことも久しぶり・・・

「ケイくん、許せ!」
a0052666_20494218.jpg

ババの馬鹿さ加減、初めて「足鍵盤(ベース)」までつけて、「レイダース・マーチ」の
素晴らしいエレクトーン演奏ができた記念すべき舞台だったのに・・・

こんな時に限ってごめんよ。本当にごめんね!!
a0052666_20502553.jpg

次回はちゃんと撮るからね・・・
昨今、テレビをつけると、多くの番組でこの問題が必ず顔を出す。
それもダラダラと長時間。

この事件、一番不可解なのは「貴乃花」親方。

以前からこの方は普通ではないな?と思うことが多々あったが、今回の、
角界の行く末を考えず、全く周りのことを考えず、全休しなくてもいい
と思える弟子の「貴ノ岩」さえ犠牲にされているような巡業部長のこの方。
a0052666_12215230.png

暴力沙汰の起因となった「日馬富士」以下、その場にいた人たちの行動は
尋常ではなく非難されて当然だが、場所中というのに、ここまで混沌と
させてしまった大きな要因は「貴乃花」親方の行動としか言いようがない。

昔は「相撲」も良く見ていたが、最近魅力を感じられなくて、リアルタイム
もダイジェストも見ることは、たまたま切換中のチャンネルが合った時だけ。
a0052666_12224535.jpg

こんな状態が続けば“相撲人気”も後退してしまうだろう。

それを望んでいるのか?「貴乃花」親方は・・・

これをやっていると、すぐにチャンネルを切り替える!
ウンザリさせないでほしい!!

a0052666_12245773.jpg

11/11(土)新潟3日目、天気予報通り、夜半過ぎからの雨はやまず、朝9時
ホテル出発の時点、我ら「晴れ女」の念力は通じず、女将以下従業員の皆さんが
雨の中を濡れながら見送ってくださる。
a0052666_194121.jpg

風雨がきついと停まるという「弥彦山のロープウエイ動いてくれるといいの
ですが・・・」などと心配しつつ、10分ほどで「弥彦公園」に到着。

公園駐車場からトンネルをくぐり、紅葉真っ盛りのもみじ谷へ・・・
1時間の散策タイムとなり、我ら仲間6人、すぐにそれぞれ散らばってしまった。
a0052666_1155698.jpg

朱色の観月橋は一番の撮影ポイントとしてパンフレットなどに必ず載っているが、
ここを中心にいくつもの道があって、上がったり下ったり、その内にいい塩梅に
雨も小やみになり、最後には傘なしで歩けるくらいに止んできた。
a0052666_1162768.jpg

谷の道をあちこち移動している時、観月橋方向から「雨の紅葉もいいですね!」
あとから来たツアーから、大きな声で叫ぶように話す男性の声が、テレビで見る
「梅沢冨美男」さんそっくりの声と話し方で、こんなによく似た人がいるもんだ
・・・と感心していたら、これがホンモノご本人!!

番組募集かファンクラブか、大勢のほとんど女性の団体を従えて、「水森かおり」
さんと共に観月橋の上でデモンストレーションの真っ最中。
a0052666_127303.jpg

何人ものカメラマンが上から下から、あちこちに構えていて撮影されている。

橋の下の谷の道から、私も望遠で2-3枚パチリ、パチリ・・・
近づくと「ばばあ、撮るな!」と言われそうで・・・
a0052666_1174229.jpg

次は、10分ほどで“菊まつり”も行われている越後一宮「弥彦神社」へ・・・

神社参拝は普通“2礼2拍手1礼”だが、ガイドさんからここは「出雲大社」と
同じ“2礼4拍手1礼”で・・・と教えてもらい、“菊まつり”の花々の間を
通って、日ごろの健康に感謝して参拝!
a0052666_118389.jpg

雨もやみ、境内いっぱいに展示された見事な菊の花もゆっくり鑑賞して、無事、
運転されているという“ロープウエイ”に2班に分かれて、昼食をオプションで
頼んでいる標高634メートル(スカイツリーと同じ)の「弥彦山」山頂へ・・・

ここもロープウエイを降りてからずい分な階段が続き、足のご不自由な姉妹で
参加の高齢お二人、心配したが何とか登りきられた。
a0052666_119299.jpg

晴れていると見えるという、2009年秋にみんなで2泊で行っている「佐渡島」
は、残念ながらかすんで全く見えなかった。

下りは“クライミングカー”でバスの待つ中腹の駐車場まで降りる。
a0052666_1192747.jpg

割引券の付いていた“海抜600メートルの大パノラマ”「パノラマタワー」は
風のせいで運休、残念!!

最後に、青空も出ていた「マリンドリーム能生(のお)」に寄って、皆さん最後
のショッピング。
a0052666_1201589.jpg

バスで富山駅まで送ってもらい、たっぷりの時間があって、土産店や弁当購入など、
私は明日の朝食のパンを買い、美味しそうなラーメン屋さんを見つけて「ミニ味噌
ラーメン」をひとりで頂く。

富山から金沢までは再び“北陸新幹線”で移動。
「つるぎ725号」、22分間だが、なんと!グリーン車に乗せてもらった。

異口同音に「グリーン車は最初で最後」とか、「もう死ぬまで乗れないわ」とか
賑やかなこと・・・
a0052666_1205664.jpg

往路は50分余りあった金沢での乗り継ぎ時間、帰路は9分しか無くて、添乗員
A木さんを先頭に下りて上がって大急ぎ、足の悪い人も無事乗り込めた・・・

金沢で積み込みのオプション申込みの加賀仕込みの夕食用弁当を車中で頂いて、
大阪駅21:23着で無事帰着。

宝塚まで順調に乗り継いで、家に帰り着いたのは22:30頃。
a0052666_1212498.jpg

今回もなかなか良いコースで、皆さんのお陰もあって楽しい旅だった。

元気に動けることに感謝、感謝、大感謝!!

次は、1月の「蟹旅」としましょうか・・・あ、忘年会もある!

a0052666_1214478.jpg

11月10日(金)、上越の朝、快晴!!

新潟の旅、2日目はホテルを9時に出発して、越後松代地域に点在する
人気の棚田群の中から「蒲生の棚田」を見るために1時間余り走る。
a0052666_1433686.jpg

田舎の県道、ドライバーさん、曲がり角の小さな誘導看板を見落として
うっかり行き過ぎたが、すぐに気がついて引き返し、10時過ぎに到着。

棚田は何か所もあるのだが、観光バスはここが中心になるらしい・・・
日本の原風景、10分程の撮影タイムで、次の十日町市の「美人林」へ。

さて、「美人林」とはどんなものなのか・・・
a0052666_144518.jpg

松口の丘陵に樹齢約90年ほどのブナの木が一面に生い茂り、そのブナの
立ち姿がとても美しいことから「美人林」と呼ばれるようになったという。

昭和初期、木炭にするためすべて伐採され裸山になった山に、ある時、
この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直
され、「美人林」が保護されるようになり、全国から写真愛好家が集まる
人気の観光スポットで、三脚にカメラを構える人たちが何人もいた。
a0052666_1443318.jpg

昼食の「こしひかり御膳」が待つ南魚沼市観光センター「魚野の里」へ。

午後は、沢山の人でにぎわう「長岡もみじ園」へ・・・
a0052666_1452111.jpg


約4000平方メートルの広い敷地で、明治の大地主高橋家の別荘跡地が市に
寄贈され、現在は市が管理していて入場料無料で解放されている。
a0052666_1455687.jpg

みんなで写真を撮っておこうと思っている間に、散り散りバラバラになって、
それぞれ制限時間まで楽しんだが、滞在30分足らず、ちょっと忙しい。

樹齢150年から200年のモミジやカエデ類が紅葉真っ盛り!!
10月末から夜はライトアップがされているという。
a0052666_1462268.jpg

次は黄葉の見ごろが中旬から下旬頃という五泉市「黄金の里」へ80分程走る。

「ぎんなん」の産地で、町に近づくと見事な銀杏の木が天を突くように
集落に連なっている。

あの独特の匂いを持つ実がイッパイ落ちていて、葉の色はもう一息という
ものも結構あったが、それでも素晴らしい黄色の世界が広がっていた。
a0052666_1465484.jpg

踏みつけた実の匂いが皆の靴の裏についたままで乗り込んだバスの中、
しばらくその匂いが鼻をついて「臭いね!」とにぎやかなことだった。

最後は江戸時代末期、1300町歩、小作人2800人を抱えた越後豪農「田巻家」の
離れ座敷「椿寿荘(ちんじゅそう)」へ・・・

1914~18年にかけて、日本三名人と言われた宮大工松井角平が日本の銘木中の
銘木を集め、釘類は一切使わずに建てた書院造りの建造物。
庭園は京風の枯山水の美しい庭。
a0052666_1482873.jpg


16時閉園のところ、我々の到着が16:15と遅れたが待ってくださっていて、
館長さんの細やかで丁寧な説明を頂いた。

今夜の宿は新潟市岩室温泉「富士屋」、1時間ほど走って、18時頃到着。
a0052666_1213455.jpg

昨夜と違って、落ち着いた純和風の宿で、部屋も和室だったのだが、
膝痛で、寝起きの楽なようにお願いしたベッドの入った和室で、階段の
上がりおりも一切なく、食事も和会席でゆっくりと寛ぐことができた。

今回6人で参加の内、アルコール類を呑めるのは私だけ。
a0052666_1492691.jpg

生ビールとワイン赤・白を美味しい料理と共に頂いた。

呑むと鼾がひどくなって、同部屋のY田さんにえらく迷惑をかけてしまった
らしいが、許されよ!!
a0052666_1543211.jpg

2時間ほどひと寝入りして酔いをさまし、23時頃温泉に入りに行ったのだが、
ひとり貸し切り状態で、露天風呂は22時迄で入れなかったのは残念だったが、
温泉をタップリ楽しませていただいた。

明日は雨の予報、弥彦公園のロープウエイは動くだろうか・・・
a0052666_1544851.jpg

初っ端、いきなり135段の石段から始まった今回の2泊3日の旅。

病院ボランティアとABCパソコン教室時代から続く、いつもの仲間
6人での11/9からの新潟への旅。
a0052666_11354822.jpg

早起き苦手の私だが、5:30起きで頑張って、大阪駅7:40集合で、
8:11発の「サンダーバード7号」で金沢へ。

金沢からは“北陸新幹線はくたか562号”で、金沢駅で積み込まれた
お茶付きの昼食弁当を車内で頂き、上越妙高駅まで1時間余り。
a0052666_11364337.jpg

今回の参加者は、やはり女性の方が圧倒的に多い老若男女34名。
添乗員は若い女性のA木さん。

私もまだ右膝の痛みがあるのだが、今回なぜか足に悩みを持つ方が
多かった・・・それもご婦人方に・・・
a0052666_11375444.jpg

「富山地方鉄道」貸切バスに乗り換えて、まずは上杉謙信・景勝ゆかり
の城跡に建つ紅葉で有名な「春日山神社」へ・・・

ここで待ち構えていたのが“135段の石段”。
a0052666_11395681.jpg

天気に恵まれて良かったが、雨だったりしたらえらいこと・・・
a0052666_0261220.jpg

この後は、信越本線2両連結各停ローカル列車に体験乗車で、「柿崎」
から「青海川」までの4駅、怒涛打ち寄せる大海原を望みながら16分間。
a0052666_11405210.jpg

日本一海に近い絶景の駅という「青梅川駅」で、回送で待つバスに戻り
1日目の最終観光地、大正15年から造園された情緒たっぷりの日本庭園
柏崎市「松雲山荘」へ。
a0052666_1142546.jpg

園内には「木村茶道美術館」があり、実際に展示している貴重な器や
茶道具で、作法にこだわらず、気楽にお茶を楽しめるということで、2斑
に分かれて、足の悪い者は座椅子を出して頂いて、お茶室で美味しい抹茶の
お点前と季節の和菓子を頂いた。
a0052666_11424657.jpg

今日はホテル到着予定が19時頃で小腹の空いたお腹には有難い甘味。

日没も早い北の地、ライトアップされた庭を思い思いにしばらく散策して、
1泊目今夜の宿、魚沼市「ホテルグリーンプラザ上越」へ。
a0052666_11442367.jpg

ここは周りにスキー場を擁する冬場が最盛期の大きなホテル。

和洋室の部屋やバイキングの夕・朝食、温泉は良かったのだが、新館・
本館の広い館内を、レストランや温泉大浴場・露天風呂に移動するのが
これまた造りがややこしくて、エレベーターや階段、廊下の大移動が
あって、途中迷っていた人があちこちにいた。

観光地もホテルも沢山の階段に大いに悩まされた1日目だった。
a0052666_11445831.jpg

最終日11日は、自宅に帰り着いたのが22:30過ぎ。

12日(日)は「ブン&ケイ」が学年別で受ける“サイエンス・ラボ(科学
実験教室)”の日で、母親(娘)は午前から檀家さんの法事や、午後には
「第5回 坐禅とヨガ」もあり、わが子の付き添いは全くできず、私が
「コウ」も連れて付き添いやアクタでのランチ、迎えに走り回る。
a0052666_11453860.jpg

夕方までいて、帰り道で買物などをして帰宅したのが19時過ぎ。

パソコン仲間、A川さんやY原さんからお礼の留守電が入っていた。

スーツケースの片づけもそこそこで、写真の取り込みもブログアップも
手つけずの状態。
a0052666_2273949.jpg

年齢と共に今まで感じなかった疲れも出て来るが、まぁ、焦らずにボチボチ
やりましょう・・・

快晴に恵まれた2日目、大陸からの低気圧や寒気が入り込んで雨が降ったり
やんだりの3日目はまた後ほどに・・・
a0052666_1156414.jpg

われら“晴れ女”なんだけどな・・・最近の異常気象には勝てないか!

最近では珍しいほど、宿でも観光地でも外国の方たちには一度も会わなかった。
ホテルの従業員の皆さんも、どちらも片言の日本語を話す方はいなかった。

新潟という土地がそれだけ観光地としてクローズアップされていないという
ことか・・・課題がありそう・・・
a0052666_1212844.jpg


a0052666_12165889.jpg

11/5(日)、朝一番「おめでとう!」の電話を入れたら、「まだ9才じゃない!
夕方に生まれたんだからそれまでは8才」なんて言う。

「おばあちゃん、お母さんは誕生日一日早く思ってたし、お父さんは朝起きたら、
10才おめでとう!っていうのよ。ひどい親でしょう・・・」と笑っている。

a0052666_2220477.jpg

「お母さんは忙しすぎて4日を5日と勘違いして、お父さんはあなたは背が大きくて
しっかりしているから10才と思いこんだんやろね」と返したが、実際、3連休と
言ってもお寺は忙しい。


お寺での檀家さんの法事が、3日文化の日も4日にも入っていて、第一土曜午後2時
からは「洗心の会」で「写経会」と「坐禅会」があり、今回も41名の方々がご参加
いただいた。
a0052666_052170.jpg

父親は朝一番から檀家さんへのお参りや外での法事などもあり、母親はいつも家事
や寺務にてんてこ舞いしているように見える。

例年「ツマガリ」に頼むバースデーケーキは、今回いかにも最近「阪神タイガース」に
凝っている「ブン」らしく、上に乗せるプレートがなんとシブいことか「鳥谷選手」が
バットを構えている後ろ姿・・・3年生の女の子か?と思う“地味”なデコレーション。

a0052666_16325613.jpg

(巨人ファン70年の私を、一時期、“阪神ファン”に引き入れようとした「ブン」だった
が、これはさすがあきらめたようだ・・・)

私からのプレゼントは「まだ何を貰おうか考えていない」と、今年も先送りになるが、
同居のおじいちゃんからのプレゼントは昨5日、「阪急西宮ガーデンズ」で私も合流して、
「ケイ&コウ」を阪急玩具売り場で遊ばせている間に、母親と「ブン」であちこち探し
まくり、2時間ほどかかって、「えっ!こんなものにするの?」という、「ケイたち」が
好きそうな『レゴ』の「キャンピングカー」を選んだ。
a0052666_163330100.jpg

対象年齢が9~14才で、小さい二人には組み立てはまだ無理かもしれないが、いずれは
弟たちの物になりそう・・・さばさばしている性格の「ブン」、女っぽいものはどんな
時にもまず選ばない。
(1年生の「ケイ」は、どんな物でも集中して組み立てがうまいから助けてくれるかもよ)

連休というのに2日に38度の発熱で通院していた「コウ」も、投薬のお陰もあってか
元気さを取り戻したよう・・・

a0052666_11275942.jpg


昨日のお祝いの夕食は「ブン」の「お寿司が良い!!」の希望で、家で家族そろって
「鳥谷さんのケーキ」と共ににぎやかにやったのだろうが、「ケイ」がみんなに内緒で、
弟「コウ」を誘い込んで折り紙などを使って部屋飾りのデコレーションを作っていたという。
a0052666_22295321.png

4日夕方にそれを聞いて母親も私も「偉いね!ケイくん!!」と大褒めしたが、実物は
まだ見ていない。
字が反対向きになっているものもある・・・らしいが。
a0052666_1635285.png


とにかく明るくて、元気な「ブンちゃん」、これからも忙しい小学生で大変と思うが、
病気やケガをしないで、勉強も運動も遊びも、今も続けているバレエや音楽教室、
どれも、大いに楽しんでほしいと思う。

最近は助けてもらうことが多くなった「ブンちゃん」、これからもよろしくね・・・

無事に誕生日を迎えられたことに感謝!感謝!!
「ブンちゃん!」9才、おめでとう!! おめでとう!!

a0052666_1639026.gif



a0052666_16464595.gif


去る10/31(火)、自動車免許更新のための「高齢者講習(合理化講習)」を
『武庫川自動車学園』で朝9時から受けてきた。

今までは3時間受講だったものが、すでに「認知機能検査」を受けていることも
あって、2時間の受講となった。
a0052666_14311360.jpg

6名受講の予定が、1名キャンセルで男性4名と私の5名で、高齢運転者の注意点
“視力の低下”、“動作の正確さ”“反応時間が遅れがち”、“情報に対する
判断が遅れがち”等についての講師の話しややり取りがあって、あとは2組に
分かれて視覚関係の検査「動体視力」と「夜間視力」、「視野検査」を受ける。

検査結果は両眼測定で「通常視力」1.0、「夜間視力」は視力回復に18秒
要し、〔75才以上〕では 4.やや優れている 〔30~59才〕では 
3.普通 と出た。
a0052666_14324518.png

「眩光下視力」は0.7という結果で、〔75才以上〕の中では4.やや優れて
いる。 〔30~59才〕では2.やや劣っている  と出た。

次の「動体視力測定」では、5回やるがミスなしで 0.4〔平均〕、同年代
での評価は4.やや優れている 〔30~59才〕との比較は3.普通 と出た。

最後の「視野検査」は ◎右目が79度、◎左目が81度、合計160度と出た。

20代の若い人たちの視野は175度とのこと。

その後コースに出て、実地運転のチェックを受けたのだが、あとから思うと、
いつも通り気楽に、運転を楽しむ・・・という状態ではなかったような・・・
a0052666_2312549.png

私たちの組は私と男性1名の2名が乗り込んで、テスト並みに細かくチェック
されているのが見えた。

最後に試験官の講師が模範運転を見せてくださって、その場所その場所で、
注意点を指摘される。

「お二人とも長年の運転で慣れておられるのですが、交差点とか踏切での一時停止
が甘いです」との注意を頂いた。
a0052666_23201429.png

ところで、75才以上の高齢運転者は、今年3/12から施行された「高齢運転者
への臨時認知機能検査と講習の実施」というもので、更新時に(認知症の恐れあり)
とされていなくても、18項目ある対象の違反行為の内、ひとつ違反すると、
その都度「臨時認知機能検査」を受けることとなり、検査の結果、認知機能が低下
している恐れがあると判断された場合、「臨時高齢者講習」を受けることとなる。

これらは勿論その都度「手数料」が必要となる。
a0052666_23144395.png


違反18項目というのは、(1)信号無視 (2)通行禁止違反 (3)通行区分違反
(4)横断等禁止違反・・・に始まり、徐行場所違反や指定場所一時不停止、合図
不履行、安全運転義務違反や交差点優先車妨害など、私が過去に違反した項目も
いくつかある。

昨今、あまりにも高齢者による交通事故や違反が多いので仕方ないのかもしれないが、
「高齢者」の肩身がどんどん狭くなっている。

ほとんど毎日乗っている車、これから先どれだけ「運転」を続けるかしれないが、
「車は凶器(殺人鬼)」を心して、安全運転につとめましょう!!


a0052666_1445528.jpg


a0052666_14104124.jpg


a0052666_23222319.png