元気印「こっこ亭」のきまぐれ旅

<   2018年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「水道管」凍結に思う

寒い日が続いている。

マンション住まいの気楽さからか、「水道凍結」の心配はしていないが、
28才で結婚するまでの一軒家の京都・伏見の実家暮らしだった子どもの
頃は“井戸水”一辺倒だった。
a0052666_11352789.jpg

水道が通ったのはいつ頃だったか記憶していないが、家事は楽になった
のだが、冬場の寒い京都では、外にむき出しの水道管に「こも」を巻い
たり、「藁縄」を巻き付けたりして凍結するのを防いでいたのを覚えている。

少量の水をチョロチョロ出しておけば凍らないと、夜通し栓を開けていた
家庭もあったが、水道代が勿体ないのでわが家ではやったことはなかった。
a0052666_112536100.jpg

昨日のテレビニュースやワイドショーのインタビューで、今冬一番の寒さ、
“水道管破裂”で困っている、特に「トイレ」と答えていた人が多数いたが、
今の世の中、飲食用の水はお金さえ出せばいくらでも手に入るが、トイレ、
洗面や洗濯にそんな水を使うのは滅相もないことでもったいないし、大変な
お金が必要になる。

私、大震災を経験した者としては、入浴は毎日欠かさずしているが、お湯は
流さないでそのまま置いておく。
a0052666_21595148.png



次に入れ替えるときに抜けばいいわけで、一人暮らしのお風呂、毎日替える
のはもったいないので、何日かは追い焚き操作で熱いお湯を足して入っている。

これも『生活の知恵』

「風呂水清浄剤」という便利なものもあり、入浴が終わると必ず一錠入れておく。
a0052666_11282382.jpg

もしも、今回のように凍結とかではなく、自然災害が起こった1995年の時のよう
に、生命線がすべて途絶えた場合、飲食用のペットボトルの水や、水道の水も
40日間は保存できるというので水用ポリタンクにいくつか保存している。

何日間かのトイレ他、生活用水はこのお風呂の残り水で何とか生き延びられると
思っている。
a0052666_11291167.jpg

水もガスも電気も止まった1995年大震災の時を思えば、この“寒さ”、
どうってことはない!

今日は寒いけれどポカポカ陽気、ありがたい! 感謝、感謝!!

a0052666_11563419.png

「大阪国際女子マラソン」テレビ観戦・・・

パソコンをしながら、テレビ中継の「大阪国際女子マラソン」を見ているが、
初マラソンの松田瑞生選手が間もなくトップでゴールする。

今、ここ宝塚、わが家のあたりは吹雪状態!

大阪の天気、無事で良かった!!
a0052666_1534688.png




たった今、2:22:44でゴールした松田さんがお母さんと抱き合っている。

初参戦、初優勝。
新星!現る!!

25キロあたりから飛び出してレースを引っ張った、先輩の前田選手も、悔しさは
あるだろうが2位で入り、3位も日本の安藤選手。

ワン・ツー・スリー、おめでとう!!

「東京オリンピック」の楽しみが一つ増えました!

a0052666_1501273.jpg

寒さ、今冬一番か・・・

今日は16時から「ケイ」の音楽教室の日で、昼過ぎから西宮へ出かけて
いたが、宝塚も西宮も雪がちらちらしていたのが、15時頃から結構な
降りになりだして、宝塚在の婿のお姉さんから娘へ電話がきて、「宝塚の
お母さん来られていたら、もの凄い雪が降りだしているからすぐに帰って
もらったほうが良いわよ」と、電話をくださったという。
a0052666_21293112.jpg


私と一緒に家で留守番の予定だった「コウ」は、母親に「ヤマハへ一緒に
行こう」と言われたが、今日はお父さんが在宅で、お姉ちゃんも学校から
もうすぐ帰ってくるから、「おばあちゃんが帰っても、ヤマハへ一緒に
行かないで家で遊んで待っておく」と、自分からすすんで言ってくれた。
この人なりに成長している。

走り出して2号線に出る辺りで、甲子園のヤマハへ向かう娘から「お母さん、
ここも凄い状態になってきているから、とにかく今すぐ走り出して帰って!」
と電話がきた。
a0052666_2130876.jpg

「大丈夫、もう走り出しているから・・・」

宝塚へ帰り着いた頃には雪はやんで、青空も少しだけ顔を出していたが、途中、
走っている両側の木や歩道や植樹、御手洗川や仁川の河原、走ってくる車の屋根
にもどっさり雪の積もったものがある。
a0052666_2130345.jpg

同じ宝塚、マンションの棟が上か下かでずいぶん違い、上の方にあるわが家は
雪はやんでいても、歩道にはタップリ雪が積もり、車道は凍りだしていてジャリ
ジャリジャリと音がする。

マンション入口、アプローチに積もった雪で、ゲートを通って屋外に駐車する車が、
タイヤが空回りして全く進んでいない。
a0052666_2131196.jpg

屋外駐車場が真っ白で、明朝が大変な事になりそうだ。

いい塩梅に、私の車は屋内駐車ですんなり入場できたが、あとから帰ってくる方
たちは、気温が下がって大変かも・・・
a0052666_21314410.jpg

仕事が終わって、西宮から帰ってくる息子からも電話が入り、「凄いな!歩道や
植木なんか見てる間に積もって行くな!」と。

「スノータイヤでも気をつけて走りなさいよ」
a0052666_21321740.jpg

余談だが、週初めから3日間、インフルエンザで『学校閉鎖』だった「モン&カン」
の小学校、今日、登校したら、二人とも今度は『学級閉鎖』で帰ってきたらしい。

気をつけてもどうしようもないのかもしれないが、気をつけましょう!!
a0052666_21325782.jpg

今21時30分、やんでいた雪がまた降りだしてきて、ベランダからの眺めが真っ白
になってきた!

春が待ち遠しい!!

「病院ボランティア」で・・・

今の世の中、理不尽な人間が増えている。

予約も無い状態で総合病院へきて、「薬を貰いに来ただけなのに待ち時間が
長すぎる!」と、職員を呼びつけ、大勢の患者さんが待つ内科ロビーで何十分
も大声で怒鳴りまくってクレームをつける60代前後の男。

『個人医(病)院へ行け!! それでも待ち時間無しとはいかないぞ!』

a0052666_1245567.png



予約時間に15分遅れで通院して、「大丈夫かな?」と尋ねるので、「大丈夫
ですよ。遅れていても診てもらえます。ひょっとすると、診察時間そのもの
遅れているかもしれませんしね」と背中から声をかけてニコニコ案内したら、
踵を返して「何じゃいそれ!笑いながら言う理由を言え!15分で笑う理由は
何じゃい!!」と、顔をくっつけるようににらみ、噛みついてきて、胸の名札
を凝視する中年の男患者。

『人と話すときは、ニコニコを心がけているんじゃい! 気持ち良いだろうが!!』

a0052666_1271133.jpg


その他にもいろいろあり過ぎる。

どうしてこうもギスギスした人間が多いのか・・・情けない。

心を平穏に保ちたいと痛切する時が多々ある。

a0052666_12101075.png


皆さん、心安らかに、明るく、やさしく過ごしましょうよ!

晴れのち、「雨・霰・雪・雹」混じりの変な天気・・・

今日は10:40から「子宮頸がん検診」の日で、宝塚市健康センターへ。

出かけるときは晴れていた空が、正午前の帰り道でポツポツと雨が
降りだし、家に近づくほどにあられ混じりになり、雪も混じりだし、
マンションの見える辺りでは小粒の「雹(ひょう)」まで混じりだし
こんな空模様は最近経験したことがない状態。
a0052666_13325748.jpg

午後には「ケイ&コウ」のスイミングの日で、西宮へ出かける予定で、
「そちらどんな塩梅?」と尋ねたら、「雨も降らず暖かい日になって
いる」という。

ほんの少し北か南かで天気が全然違う日になっている。

昨日は昼頃から降ったりやんだり、吹雪状態の繰り返しで、大阪行きの
予定が夕方からあったのを中止して、家に閉じこもっていた。
a0052666_13333922.png

18時頃、仕事から帰宅途中の息子がマンション駐車場から電話をくれて、
「今どこにいる?西宮だったら早く帰ってきたほうが良いよ。凄い雪や!」
と、連絡をくれていた。

そろそろ出かける時間が近づいてきた。

やんだ後晴れ間が出ていた空、今、曇っているが何も降っていない。

が、六甲山系、有馬や蓬莱峡方面が白くなってきている。
a0052666_13413897.gif

夕方、早目に息子と連絡をとることにして、出かけましょう!

「ブン・ケイ・コウ」と久しぶりの「神戸どうぶつ王国」へ・・・

暮れの1泊旅行の時に「ケイ・コウ」に約束していた「神戸どうぶつ王国」へ、
暖かい日を選んで行っておこう・・・と、明日から大寒波になるという今日
21日日曜日に、「ブン」は1年2か月ぶり、「ケイ&コウ」は8か月ぶりという
ずい分久しぶりの「どうぶつ王国」へ・・・

a0052666_029220.jpg


「モン&カン」も前もって誘ったが、「モン」は友達と買い物の約束があり、
「カン」は近場で友達と遊ぶ約束になっているという事で4人で出かけた。

檀家さんの法事が入っていて、親たちは大忙しの一日。

「久しぶりだからランチはバイキングが良い!」と「ブン&ケイ」が希望を
出して、少しでも安い“入場料とバイキングランチのセット料金”で入場する。

a0052666_0302356.jpg


11時前に着いたが、晴天の暖かい日で、第一駐車場はすでに満車の盛況で、
午後にはどのコーナーも大変な混みようだった。

相変わらず外国の方も多くて、中国語が飛び交っていた。

新しい動物も増えていて、『バードショー』も以前と違う新メニューも増えて
いて、いろいろ努力をされているようだ。

a0052666_030528.jpg


『クーガーウオーク』や『ロッキーバレー~北アメリカの動物たち』のエリアは
まだ工事中のため、春にオープン予定で、動物好きの「ケイ&コウ」はまた再び
来たがることだろう・・・

4才の「コウ」、入場して間なしの「ペリカンラグーン」でうろうろしていた時、
次のコーナーへ行こうとしたら姿が見えない。
大声で呼びまくったが、返事もなく、姿も現さない。

a0052666_031207.jpg


「ケイ&ブン」に見に行かせたら、どなたか他のお客様が声をかけてくださって
いたそうで、「ケイ」が手を曳いて連れてきた。

心細かったようで、私の足に纏いついて泣き出しそう・・・「離れたらだめよ」
と注意したら、離れてもいいような場所もすぐに手をつなぎに来ていた。

a0052666_0315653.jpg


バイキングのランチも私がついて、自分でトレーにのせて歩けるようになったし、
前回まではダメだった「ふれあいフィッシュ」も最初はびくびくものだったが、
足を水中に入れられるようになったし・・・

a0052666_14383919.jpg

今日は14:45終了で「乗りたい!」と言ったのに時間外で乗れなかった「ポニー」
の『ホースライド』も、自分からすすんで乗りに行ったし・・・前回のように、
トイレの失敗もなかったし・・・4才、ずい分成長している。

a0052666_0321766.jpg


「ケイ」も馬に乗ろうと決めていたのだが、終了30分後でダメだった。

「ブン」は鳥類が好きではなくて、「ペリカンラグーン」でも「私、橋は渡らな
いからね」と、入口を入った辺りで、餌やりもせず傍観していた。
「コウ」を探す時も周りを歩くだけで、中まで入っていかないという徹底ぶり。
何にでもたくましいお嬢さん・・・と思っているのだが、笑えてくる。

a0052666_032437.jpg


「ケイ」、みんなで写真を撮る時、置いてあった被り物の「猿やニワトリ」を
自分からすすんで被ったり、「カピバラ」の縫いぐるみを抱っこしたり、こんな
ことは能動的にやらない子だったのだが、良い方向にずい分変わってきたと思う。

a0052666_0334586.jpg


「ブン」が写真を撮りたがり、カメラを預けたら動物の写真を次から次とほとんど
「ブン」が撮っていた。
ピンボケもあったが、結構うまく撮る。

普段は喧嘩もするが、こういう時は頼りになる「お姉さん」で、弟たちの面倒を
見てくれるので78才のこの「ババ」から言うと大いに助かる。

a0052666_0341244.jpg


帰りの車の中は、「コウ」がすぐに熟睡、「ブン&ケイ」は残ったおやつを食べ
まくり、「夕飯に差し支えるよ!」と注意。

「深江」あたりでいつもの渋滞が少しあったが、順調に16:30過ぎに帰宅できた。

a0052666_0343366.jpg

今回はずい分久しぶりだったけれど、春に新コーナーがオープンしたら又行こうね!

a0052666_14192496.jpg

どんな世の中に変わっていくのか・・・

何か切ない「小室 哲哉さん」の引退会見。

ひと昔前なら「男の甲斐性」とか、見て見ぬふりをして騒ぎたても
しなかったことまで、今はマスコミが騒ぎ立て、引っ込みのつかない
状況に追い込み、陥れることが多く、「お気の毒!」と思うことの
多いこと。
a0052666_18502289.jpg

『文春砲』は特にひどい。
重箱の隅をつつくように、さらけ出さなくていいことまで暴き出す。

おおらかで、暢気な時代に暮らしてきた我らの年代、何と!イヤな
世の中になったことかとつくづく思う。

窮屈な世の中になってしまったものとしみじみ思う。

「介護や福祉」面の、日本の政治の貧しさも何とかしろよ!と思う。

a0052666_18103793.jpg

小室さん、まだ59才、その才能に封印をしてしまうのは勿体なさ
すぎると思うのだが・・・

「阪神淡路大震災」から23年・・・

1995年1月17日午前5時46分の「阪神淡路大震災」から23年。

イコール、わが家が“終の棲家”として宝塚に住み始めて丸23年と
いうことになる。

前年1994年11月に三重県鳥羽市から転居してきて、年が明けて、
わずか2か月経った時に見舞われた大惨事。
a0052666_19291424.png

転勤族のわが家、友人たちに「大震災に会うために宝塚へ引っ越し
したわね」と言われ、不自由な生活が続く中、三重県度会郡南伊勢町
(当時は南島町)の夫の実家で娘と二人でしばらく避難生活を送った。

今は亡き夫は、その当時単身赴任でヤマハリゾートの屋久島のホテルに
勤務中。

たまたま、浜松の本社での会議を終わって、屋久島へ戻る前のひと晩だけ
帰宅していて遭った大震災。
a0052666_19305577.jpg


息子は石川県・金沢の大学に在学中で、あんな大惨事になっているとは
つゆ知らず、朝寝を決め込んでいたらしい。

無事を知らせようとしても電話は繋がらず、公衆電話も長蛇の列、携帯も
ない時代、京都に暮らす娘の友人を介して家族の無事を知らせてもらった。

'94年11月まで大阪で一人暮らしをしていた娘は、あの日が大学の「卒論提出」
最終日で、ガス漏れで臭い街中を、屋久島へ戻る夫を“伊丹空港”に送り込み、
娘を大阪・住吉区の大学まで乗せて往復したのだが、朝から走り出して、宝塚に
帰り着いたのは、大渋滞続きで次の日になっていた。


a0052666_19313362.gif
県外から応援の消防車や救急車、パトカーなどが多数、兵庫に向かって走って
下さっていた感動の風景を今も忘れない。

私の寝ていた寝具の上には、布団の見えない状態に大きな重い箪笥が2棹倒れ
ていたのだが、丁度、トイレに起きだして用足し中に遭遇した大震災、大きな
ご加護があってこその今ある命・・・感謝しきれるものではない!
a0052666_11581254.jpg

夫は2000年12月に“食道癌”で56才の若さで先に旅立ったが、私や子供たち、
それぞれの家族も今、無事に暮らせていられることに感謝したい。

絶対に忘れてはいけないこと!!

亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りして・・・合掌

a0052666_19353976.jpg

夕日ヶ浦 温泉「佳松苑」、今年の「蟹」も大当たり!!

13日(土)、読売旅行「丹後・夕日ヶ浦温泉の旅館『佳松苑』で
味わう2枚のかにづくし料理」、日帰りツアーに病院ボランティア
外来仲間4人で参加。

晴天の宝塚駅前を8:10に出発。
a0052666_1253455.jpg


三田から乗車の人を乗せて、参加者47名、バスは満席状態。

長距離(高速)バスの規制が厳しくなっていて、今回は交代要員の
運転手も乗務ということで、2名のドライバーさんにご厄介になる。

a0052666_16353878.png

中国道から舞鶴若狭道に入り、途中『西紀SA』でトイレ休憩をとって
一路、夕日が浦温泉『佳松苑』へひた走る。

進むほどに、晴れていた青空が雪雲の暗い空に変わり、西紀SAから
1時間余り走ったあたりから雪景色に変わってきた。
a0052666_1262340.jpg
10分~15分走るだけで空の色も変わり、周りの風景の色もガラッと
変わってくる。

『佳松苑』11:10到着。
風も出て、雪は凄い降り方に変わっている。
a0052666_1644815.gif

大人の中にただ一人参加の女児が、積もった大雪に大歓声!!

窓越しに降る雪を眺めながら、ひとり2枚の「蟹づくし料理」を頂く。

a0052666_1271210.jpg

蟹を食べるときはみんな寡黙になる。

「蟹みそ(付出し)」、「かに刺し」、「焼きがに」、「ボイル姿がに
1枚」、「かに鍋」「かに身入り茶わん蒸し」、「かに雑炊」「香の物」
「フルーツ」
a0052666_12294385.png

身もしっかり入っていて、蟹の甘みも十分味わえて、ビールと共に、今年も
美味しい蟹を頂くことができた。

滞在2時間余り、YさんとNさんは温泉にも入ったが、Hさんと私は食べる
ことに専念して、「雑炊」も4杯も頂いた。どれも美味しかった!!
a0052666_1274398.jpg

午後の行程は、すぐ近くの「かにはん」に寄って、蟹や菓子類などの買物、
1時間ほど走って、『出石・城下町散策』となるのだが、傘は持参して
いても雪の降り方が凄くて、皆さん、毎度このコースには来ている方も多く、
バスを降りてそのまま休憩場所の土産店「城山ガーデンズ」に入った人が
ほとんどで、私たちも奥のレストランで「出石そば」3皿500円を頂く。
a0052666_12465146.png


去年は、「出石蕎麦」注文は私たち一組だけだったのが、今年は大入り大繁盛!

蟹の昼食でお腹いっぱいと言っていたのに、腰のあるお蕎麦がまた美味しい!

柚子をひとかけ入れた「そば湯」を足して頂いた「そばつゆ」も絶品だった!
a0052666_128423.jpg

隣りの「カバン店」や「シルクの店」に入って時間つぶしをしたのだが、
私が出発時間の思い込み違いをしていて、シルク店にドライバーさんが
探しに来てくださり、「皆さん、ごめんなさい」で5分遅刻で発車した。

あとは雪道を走って最後の立寄り「道の駅但馬のまほろば」で特産品の
買い物&トイレタイム。
a0052666_1282995.jpg

葉物野菜の高騰している今、やはりここは安く手に入る。
私も“岩津ネギ”と“水菜”を買ってきた。

段々に、あんなに降っていた雪もなく、雨もなく、夕焼け空も見えだして、
日本は広い、近畿も広い・・・と感心する。
a0052666_1285011.jpg

次の旅行はまだ決めていないが、春、桜の頃か・・・どこに行こうか・・・

元気に足腰の動く間は、せっせと「旅」を楽しみましょうよ!!
a0052666_22443744.png


a0052666_16465536.gif

2018年、始動開始!!・・・冬ごもり1週間

元日からの風邪、買い置き薬や、娘が運んできてくれた風邪薬や「ユンケル」
などを飲み続けて結局通院もせず、まだ、咳や鼻水は残っているのだが、
熱は一日だけで治まり、一昨日から始動開始した。

一昨日8日(月・祝)の「ブン&ケイ」の西宮北口アクタ東館での科学実験教室
「サイエンスラボ」の、学年の垣根を超えた小学生対象の冬の特別講座、
今年のテーマ「化石」の付き添いで、「コウ」も同行して往復した。
a0052666_17433514.jpg

本物の化石「アンモナイト」を発掘して標本をつくったり、暗いところで光る
「レプリカ」を作ったり、樹液の化石「コハク磨き体験」もあったりで、二人
共70分間の教室を楽しんでいた。
a0052666_11423345.jpg

昨9日はグンゼ・スイミング教室の今年の最初のレッスン日で、「ケイ&コウ」
の二人を連れて、お寺は「えびすさん」のすぐ北側で、「宵えびす」ですでに
厳しい交通規制があり、いつもの道は通れず、遠回りをして時間に間に合わす。

水に入っている時の二人は楽しそう・・・今年も元気で頑張ろうね!!
a0052666_1744191.jpg

今日10日は今年初の「病院ボランティア」の日。

マスクで咳と鼻水をカバーしながら9時から12時まで。

今日も相変わらず、「骨折か?」という方が多く、50代の若いご婦人が昨夜、
室内で三脚に乗って作業中、一番上から落ち、ひと晩辛抱したが左半身が痛くて
動けないと来られたり、シニアのご婦人が家の中で転んで、家具の角に肋骨辺り
を打ち付けた・・・と来られたり・・・
a0052666_17444470.jpg

寒くなると動きが鈍くなるのか、こういう事例の方が多いこと・・・

今日は、予約の患者さんが900件余りもあるそうで、その上に新患受付の方も多く、
外来ロビーは終始ざわついていた。

皆さん、くれぐれも気をつけましょう!
a0052666_1745823.jpg


インフルエンザやノロウイルスも流行の時期にはいり、これもくれぐれも
「うがい・手洗い」励行で、十分気をつけて過ごしましょう!!

(近くにいながら、混雑を避けて「西宮戎神社」のお参りはせず・・・)