阪急交通社のツアーにひとり参加で、5/7(月)出発の「ポーランド
10日間の旅」、3日前に最終日程表が届いた。

23:45関空発のエミレーツ航空で、ドバイ乗り継ぎ合計16時間程
の飛行時間となる。
いつものように、ドバイでの国内機への乗り継ぎまでの待ち時間は早朝
3時間ほど、これも楽しみのひとつでもある。

a0052666_17411535.jpg

ただ、復路の国内機から国際線へのドバイでの乗り継ぎ待ちは5時間ほど、
これは時間があり過ぎて持て余すことが多いが・・・

いつもはギリギリになって準備を始めることが多い私だが、久しぶりの
海外旅行で、ぼつぼつスーツケースに必要なものを入れ始めて準備を
進めている。

a0052666_17414438.jpg

何度も行っているヨーロッパで、今回初めて≪古城ホテル≫なるものに
宿泊することになっている。

オシェチュニツァという町の13世紀の建築という「クリチコフ城」に
5/11(5日目・4泊目)にご厄介になる。

プールもあって、チエックイン予定が16:00頃なので、体力に余裕が
あれば入ってみたいと思い、水着も用意した。

a0052666_17421296.jpg


行きたくない国NO.1というポーランド、世界遺産ながら“負の遺産”
「アウシュビッツ」から目をそむけたい、行きたくないという心情がある
のかもしれないが、1940~45年の5年間でユダヤ人を初め、約150万人の人
が犠牲になったと言われ、人類が犯した過ちを忘れないために博物館と
して公開されている「アウシュビッツ&ビルケナウ強制収容所」には、
「クラクフ市内での自由時間」との“二者択一の選べるプラン”で、
個人の自由意志として7日目に参加することにしている。

第二次大戦を経験した者として、この目で見届けてきたいと思う。

a0052666_17423792.jpg


調べてみると、泊まるすべてのホテルにプールがあり、ジムやサウナの
あるホテルもある。

到着が遅くて、早朝出発となると、利用するのは無理だろうが・・・

a0052666_17474427.jpg

同行のお若い皆さんにご厄介をおかけすることもあるだろうが、初めての
国、初めての街、大いに楽しんでこようと思う。

(写真はいずれも、どこかのホームページから拝借のもの)

a0052666_17485870.jpg

by kokko48513 | 2018-04-29 17:49 | 旅のつれづれ | Comments(0)

外来受付の方法を尋ねる初老の紳士の応対をしていた時、私の横をすり
抜けるひとりの中年男が「お前ら、何の役にも立たん余計なことするな!」
と吐き捨てて、二階へのエスカレーターに向かっていった。
a0052666_1846134.png

車イスの患者さんの補助で、搬送案内をするY田さんに「内科へ連れて
行ってあげてって」と、看護師長からの言葉を伝言した時、わざわざ
横に来た男、「何えらそうに指図しとんねん!」と吐き捨てる。

そのY田さんも、ご高齢の方の受付手続きを代行していた時、同じような
暴言を吐かれたという。
a0052666_18494384.jpg

これら同一の男のなせる業ではない。 今日は変な人間が多かった。

どうしてこうも穏やかでない人が多いのか。

どうしてこうも幸せでない人が多いのか。

どうしてこうも平和でない人が多いのか。

どうしてこうも可哀想な人が多いのか。
a0052666_1962274.png

言い返してやりたい言葉はいくらでもある。

多分、それを待っているのだろうが、乗るものか!!

無視!!! こんな人間を相手にしては、自分自身をおとしめてしまう。

今日4/25は、13年前、JR宝塚駅であの列車の3分後に発車した快速に
乗ったお陰で、一番被害の大きかった2両目に乗りながら命拾いをした私。

何を言われようが、何をされようがしぶとく生きる78才!
a0052666_18571820.png


これからの人生も、ささやかながら世のため、人のためにも役立って、
元気に楽しく幸せに、大いに謳歌して生きていくのさ!!

by kokko48513 | 2018-04-25 19:06 | 病院ボランティア | Comments(0)

10年間使ったパスポートが来月5/8で有効期間満了となるため、
去る4/12に切替の発給申請をしておいたのだが、旅券受理開始初日
の昨19日午前、尼崎出張所へ受け取りに車を走らせた。

5/7から「ポーランド10日間」のツアーに参加予定で、3か月の
残存期間がないと入国させてもらえない国。
a0052666_21475810.jpg

勿論、戸籍謄本などを揃えなくて良い期限内に更新手続きには行く
予定だったが、エージェントから、使う航空会社によって、申し込み
時点でパスポートナンバーが必要となり、今回の「エミレーツ航空」
はこれに該当し、予定より早く手続きをすることになった。

期間10年と5年の2種類があって、手数料が10年は16000円、
5年は11000円となり、5000円の差がある。

78才という今の年齢を考えると5年間で良いかとも思ったが、子供
たちが「10年で取っておけば・・・」と勧めることもあり、自分
自身、足腰丈夫ならまだまだ行きたい国もあり、孫たちが大きくなって
きて、今は国内だけ一緒に行っている『旅』を、いつか海外に一緒に行ける
ことになるかも・・・と欲が出て、その時は孫たちに介助されながらの
旅になるかもしれないが、「よし!10年で取っておこう!!」となった。

a0052666_21482469.jpg

入・出国のスタンプを押してくれない国もあるのだが、『海外旅行の歴史』
ともいえる古いパスポートは、不正利用を防止するための小さな穴を空ける
“VOID処理”をして、ICチップも破壊されたうえで返却して頂いた。

旅の良い記念になる!

自動車免許証は「いい顔に撮れているから古いのも返してほしいな」と
思っても、没収されてしまうが・・・

a0052666_2149776.jpg

国内旅行の費用も高くなっている。

少し足せば行ける国がまだまだたくさんある。
勿論、ビックリするような費用のかかる海外旅行もあるが、私、安い旅を探す
ことに徹している。

「ポーランド」の次はどこへ行こうかな・・・

それよりも、あと何年生きていられるのだろう・・・

≪おまけのケイ&コウ≫
a0052666_21493869.jpg

《4/22追記・・・お稚児さん姿の3人》
昨21日(土)、日ごろ仲良くお付き合いいただいている尼崎のお寺さんの晋山式が
あり、家族全員で朝から出かけ、「ブン・ケイ・コウ」の3人はそれぞれ同じ年の
先方さんの3人姉弟と共にお稚児姿で参列。

将来、お寺を継ぐことになるダイくんは小坊主姿。

a0052666_1521812.png
異常気象、夏日模様で「暑かった!ご飯おいしかった!!」と、大役を務めた3人。

足元が靴のままというのが面白い!

私はその間、娘宅のお寺の留守番・・・



a0052666_12503532.jpg
【晋山式(しんざんしき)とは住職交代の儀式で、晴天の下、おめでたい儀式は
無事終了した】

by kokko48513 | 2018-04-20 21:49 | 雑記帳 | Comments(0)

「ブン」と「ケイ」が通う西宮北口・アクタ東館での「サイエンスラボ」
の月一回の教室も新学期が始まった。

先週8日(日)は「ブン」の4年生の教室の初日で『Co2への冒険!』を学び、
昨14日(土)は「ケイ」の2年生の教室の初日。

a0052666_021307.png


昨日は、法事が3件入っていて母親は付き添えず、私の出番。
先週の「ブン」も同様に忙しく、母親に変わって私が付き添った。

幼稚園年中組に進級した「コウ」が一緒に行くとついてきて、13:30
から15:30まで「ケイ」は授業を受けて、「コウ&私」は図書館に
上がったり、後半はガラス越しに『表面張力の不思議』を勉強する
「ケイ」たちの様子を見て過ごす。

終了して、「さぁ帰ろう!」と地下一階の駐車場へ降りる。

a0052666_0294745.png


駐車料精算機で支払いを済ませて振り返ったら、コウが「お兄ちゃん
いない!」という。

エスカレーターで降りてきて二人でふざけ合っていたのに、瞬間「ケイ」
が消えてしまった。
名前を呼びまくっても返事もなく、姿も現さない。

着いたとき、「ケイ」を入り口近くで先に降ろして教室へ急がせたので、
車を止めた場所はわかっていないのだが、ひょっとして駐車場へ飛び
出していったのかも・・・と、駐車場に出て大声で何度も名前を叫ぶが
こちらも返事がない。

a0052666_038572.jpg

中に入ってもう一度大声で叫んで、そこにいる精算係の人に頼んで、
探しに行こうか・・・としたら、年輩のガードマンさんと一緒に「ケイ」が
エスカレーターの陰から現れた。

地下2階のトイレに行ってたらしく、「ケイくん!ケイ!!」の私の叫び声
が届いていたようで、「ケイくん下のトイレに来てましたよ」と、きっと、
「君、ケイくん?」と確認して確保して下さったのだろう。

「ちゃんとトイレに行くと言ってから行かないとダメでしょ!」と叱り、
「誰か悪い人に連れていかれたらエライことでしょ!」と言ったら、
シュンとしている。

a0052666_039564.jpg

これからもまだまだいろいろと問題は起こりそうだが、叱ってもすぐに
ケロッとして「おばあちゃん、おばあちゃん」となついてくる。

まだ7才なのか、もう7才なのか、その内、私があなたを頼るからね!

≪追記・・・「モン」中学校入学!!≫
2018.4.11(水)は「モン」の中学校入学式だった。

この人の中学生姿を見せてもらえるまで生きていられた事に感謝!

3年間の中学生活を実のあるものにしてほしい。

勉強と共に部活も頑張ってほしい。

中学・高校時代が人生の友を作る最良の時期だろう・・・
良い友を・・・!!

a0052666_002241.jpg

by kokko48513 | 2018-04-16 00:07 | 孫 5人 | Comments(0)

2日目はこれまたインターネットで“桜は散っている”と調べ済みの、桜の
名所「名古屋城」や「養老公園」に行く予定。

a0052666_03321100.jpg

最初に尋ねる多治見市の「モザイクタイルミュージアム」は大して期待して
いなかったのだが、ここが良かった!

個人だと500円でできる「体験工房」で、木の「写真フレーム」に、用意された
大小いろいろな形のタイルを貼りつけて完成させる工作で、思い思いに30分
かけて作り上げるのだが、絵心の無い私、前もってデザインを考えていたわけ
でもなく、「なるようになれ!」の精神で、思いつくままに貼りつけて完成
させた。

a0052666_0334819.jpg

でもこれ、なかなか楽しくて、帰ってからじっくり見てみると、結構な
出来上がりに見えて来て、この旅で写してもらった一人写しの写真を入れて
飾っておこうと思っている。

a0052666_0352353.jpg

オプションで有料300円の3.4階と2階のタイル展示もとても見ごたえが
あって、銭湯や昔の家にあって使っていた懐かしいものもたくさん展示されて
いて、こういう物は初めて見せてもらったが、2016年6月にオープンした
という新しいミュージアム、建築家、藤森照信氏がタイルの原料を掘り出す
採土場をモチーフに設計したという変わった形のミュージアム。

a0052666_0531614.jpg

お客は我々だけだったが、もっと多くの人が訪れてほしいミュージアムだ。

次は名古屋へ移動して、今年3/29にオープンしたという名古屋城そばの
「金シャチ横丁」など、自由昼食をとって、10年かけて復元され、公開中の
「名古屋城本丸御殿」を各自払いで見学する。

a0052666_0361715.jpg

素足・ストッキングはそのままダメ、リュックは前に回す、撮影はフラッシュ
禁止など、他にもいろいろ禁止事項が厳しいが、今の世の中、それくらい
やっても良かろう!と思う。常識のない、心無い人間が増えているのは確かな事。

a0052666_0363817.jpg

昭和20年、敗戦の直前に爆撃を受け焼けてしまったという「本丸御殿」、
見事!豪華絢爛!!に復元されている。
日本の伝統技能は健在! 宮大工の皆さんも不滅!! 嬉しい限り!!

a0052666_0373537.jpg

5人でゆっくり見て回り満足したのだが、自由昼食時間も入れて2時間ほどしか
取ってもらえず、残念ながら天守閣に上がる時間が無くなってしまった。

あと、養老公園に移動して、ここもやはり桜は名残りの八重桜がすこし残って
いただけで、昔行ったことのある「滝」へは往復1時間かかるという事で、
ここの自由時間が1時間足らずで残念ながら「滝」へは行けず。

a0052666_056129.jpg

お年寄りのご婦人が一人で店番をする土産店で、珍しい「柿の缶ジュース」を
買って、果汁30%だが、しっかり柿の味もしておいしかった。

各出発地への帰着時間は20時から最終、宝塚には21時頃になる予定だった
のが、何と帰り着いた時間は19時前。

a0052666_0392780.jpg

渋滞の心配はあるかもしれないが、もう少し何とか自由時間を取っても良かった
のではなかろうか・・・と、ちょっと不満・・・

でも、最近は訪れることのなかったところが多いコースで、桜は少ししか
無かったけれど、天候にも恵まれ、コースとしては良かったな!と思う。

a0052666_0394938.jpg

今回は5名1室で、我ら高齢者ばかり、部屋へ案内して下さった方に、共用の
トイレの有無を聞くのも忘れなかったが、同じ階にあるトイレやロビーにある
トイレを有効に使わせていただいた。

私は自分でも鼾をかくのは認証していて、先日、ドラッグストアで見つけた
スウェーデン生まれという「イビキスト」といういびき防止のスプレー薬、
Y田さんと私使ってみたが、量が少なかったのか二人とも効力がなかった。

a0052666_040981.jpg

使っていない他の3人も気が付くとかいていて、「私はかかない」と思っている人
もいたが、見事に5人ともが“鼾”をかわるがわるかいていたということでみんな
で大笑いだった。

皆さん、お疲れ様でした。
次はいつ、どこへ行こうかね・・・

a0052666_0402542.jpg

by kokko48513 | 2018-04-14 00:41 | 旅のつれづれ | Comments(0)

読売旅行のバスツアーで4/9から1泊で、“2017年度お客様評価NO1の宿、
長良川温泉「十八楼」に滞在18時間とフォトジェニックな桜の名所&
話題の新名所めぐり!”のうたい文句にひかれて、いつもの病院ボラと
パソコンABCの仲間5人で参加した。

天気には二日間共恵まれたが、せっかくの「桜」が今年の日本は異常
気象で、前もってインターネットで調べて見頃を目指して申し込んだ
のだが、どこも名残りの枝垂れ桜や八重桜は若干残っていたものの、
盛大に「お花見!」とはいかなかった。
a0052666_23315699.jpg

自然のなせる業、致し方ない。
ただ、桜は終わっていたものの、色とりどりの「花水木」が、どこの
町でも咲き出していて、これがとても綺麗だった。

1日目、宝塚7:00出発で、川西、伊丹、尼崎の3か所に停車して、32名
の参加者と添乗員松本さんの総勢33名で、まずは犬山城に向かう。
a0052666_23324693.jpg

名神を走って草津で一回目のトイレ休憩、尾張一宮PAでも休憩をとったの
だが、ランチは犬山で自由昼食となっている。

自由時間に食事タイムを取っていたのでは散策タイムが大幅に削られて
しまうので、相談して、一宮で昼食を買い込んで走行中のバスの中で食べて
しまおう・・・と、私は「吉野家の牛丼」サラダとみそ汁も付いているのを
頼んだ。

一緒にいたA川さんとY原さんも同じ牛丼にしたが、A川さんが82才にして
初めての「吉野家の牛丼」を口にされるという。
a0052666_23332255.jpg

私は久しぶりだが食べたことはある。 美味しかった。

犬山に11:25について、木曽川河畔一帯に約400本の桜が咲き誇るらしいが、
すでに葉桜で、わずかな八重桜や枝垂れ桜が私たちを慰めてくれる。

ここは2時間ほどの自由散策で、犬山城の手前の、ハートの絵馬が可愛い
「三光稲荷神社」と「猿田彦神社」にお参りをして犬山城へ。

ここからはそれぞれ個々に見て回ろうという事で、ひとりでお城と城下町
散策を写真を撮りまくりながら歩くことにする。
a0052666_23352061.jpg

犬山城は昔、子供たちが小学生の頃に来ているが、天守閣への階段が
きつかったのを覚えている。

今回もA川さんとY原さんと私の3人が上り下りしたが、あとの二人、Y田さん
とK端さんは敬遠した。

やはり階段の一段一段が高くて狭いので、手すりを掴んで上がり降りした。

東南アジア系の方たちがここにも押し寄せている。
ウィークデーなのに日本人も多くてごった返していた。
a0052666_2336211.jpg

城下町の本町通散策で、奥の方の「昭和横丁・茶処くらや」で『恋小町
だんご』の食べ歩きがコースに付いていて有難くご馳走になる。

火の見櫓や4/6・7の両日行われた「犬山まつり」の車山の格納庫などもあり、
町の中程に登録有形文化財の「磯部邸」があって、見学させていただいたが、
豪勢な上に、昔懐かしいたたずまいのお家でとても癒されるひと時を過ごせた。
a0052666_23365287.jpg

あとはずい分早いチェックインとなるが、今日の宿、長良川温泉「十八楼」
へ約一時間移動して14:30に到着。

「蔵の湯」ほか立派なお風呂があるのだが、入浴は後回しにして、5人で
温泉街「川原町」を散策する。
a0052666_2338114.jpg

細かい格子造りの古い家が立ち並び独特の雰囲気で、ホッとして懐かしい。

一軒の家の軒屋根に「これは何やろね・・・?」と思う小さな家型のもの
が乗っていて、町の説明の高札に「屋根神様」と言って、町内を火災から
守る「秋葉様」とある。

町を迂回してせせらぎのほとりも歩き、小一時間、最後に宿の前にある
和菓子の「玉井屋」に寄って、珍しい「味噌松風(カステラ風)」を
みんながお土産に買って宿に戻り、入浴タイムとなった。
a0052666_23393196.jpg

薬草風呂やシルキー風呂、露天風呂など何種類もあって、ゆったり気持ちの
良いこと!

18時からの夕食は「和食膳」が用意され、飲み物一本付き(ただし、ビールは
二人で中瓶一本)で、献立は豪華で、ビールと共に美味しいこと!
a0052666_2340283.jpg

朝食のバイキングも品数が多くて豪勢で、その場で焼いてくださるホット
ケーキ」に行列ができて、ミッキーマウスやトトロ、アナ雪のオラフほか、
器用にマヨネーズを使って焼き色が付き、見事な個体が出来上がっていく。

この「十八楼」は、再び個人で来ても良いと思わせる宿だった。

明2日目は、多治見・名古屋・養老公園へ・・・

a0052666_23421527.jpg


a0052666_23444660.jpg


a0052666_2346862.jpg


a0052666_23465121.jpg

by kokko48513 | 2018-04-12 23:27 | 旅のつれづれ | Comments(0)

今、娘宅で「ケイ」と留守番をしながら、娘のノートパソコンを借りて打ち込んでいる。

一昨日、旅行から帰って、昨日のボランティアは「モン」の中学入学式の写真を撮りたい
ために休ませてもらった。

午後、旅行も一緒に行ったY田さんから携帯に電話が届いてビックリ!!

ボラの時、病院の玄関に立って仕事をしておられた一人の守衛さん(男性)が、数日前に
出先で倒れて亡くなられていたという。
a0052666_21461646.gif

なんとはかないことか。

ひとり暮らしをされていたのか、どなたにも連絡がつかず、昨日の時点でまだ身内の方は
誰も現れていないという。

知らなかったが、病院の守衛も既に退職されると言うことで、正式書面の提出が遅れていて
どこからどういう経緯で市立病院に辿りついたのか・・・だが。

78才の私もひとり暮らし、どこでどう倒れる事態になるやらしれない。

いつも財布には娘や息子、身内の連絡先を書いたものを入れているのだが・・・
a0052666_2147276.jpg

心からご冥福をお祈りして・・・合掌

by kokko48513 | 2018-04-12 17:01 | 病院ボランティア | Comments(0)

4/7(土)大阪・松竹座で25日まで公演中のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」
昼の部を観劇。

主役「ルフィ」は尾上右近さん、7日は昼の部1回だけの公演。

a0052666_0261255.jpg


余裕を見て家を出たつもりが劇場に着いたのが開演5分前。
急いで客席へ。

3幕目でやっと出てくる「白ひげ」の右團次さん、他の主要なメンバーの方たちは
多くが2役~4役を演じられる。

相変わらず1階正面の席は7~8列目まで水が飛んでくる。
2~3列目まではタップリ飛んできて、レインコートやビニールシートが配られて
いるのだが大きな悲鳴が起こっていた。
a0052666_040468.jpg


私の座る右側寄りの6列目は防備はなく、「冷た!」という程度の水が顔や洋服
に少し飛んできていた。

一昨年の公演に比べて、ミュージカル俳優のベテラン下村 青さんが新しく加わり、
今回は配役は4パターンあって、横内 謙介さん、猿之助さんの演出も初演時とは
違い、面白味も迫力も増している。

a0052666_0264962.jpg



お芝居を観た後は、難波・「蓬莱パンチャン551」に移動して、16:30から
「右團次さんと右近さん親子を囲む会」で弟子の右左次さん、右田六さん、右團次
さん夫人もご一緒に夕食をとりながら、大いに話が盛り上がり、お楽しみの福引は
台本や筋書き、目玉は7枚の押隈(隈取を晒木綿に押したもの)、質問タイムと
最後はサイン会。

a0052666_0273973.jpg

参加38名、狙い目の「押隈」は今回も当たらなかった・・・

いつもだと、夜の部が終わってからの21時前後から2時間余りという開催時間が
多いのだが、今回は4時間半タップリ、料理もいつもより多く、飲み放題もビール
をどれだけ頂いただろうか、ご機嫌で帰ってきた。

a0052666_028755.jpg

8日日曜は、朝から娘宅行き。


午前午後、法事が2件入っていて、「ブン」の『サイエンスラボ』の新年度4年生
コースの初日で、北口・アクタまでの送りは私、迎えは母親(娘)がやって夕方まで。

今日は通っていく道筋あちこちで、散ってしまって“葉桜”になった桜の木の下で、
町内会や会社仲間だろうか、肌寒い天候の中、「花まつり」をやっているグループ
がいくつもあった。

a0052666_0283958.jpg

私たち病院ボラ&パソコンABC仲間5人で、明9日から1泊で岐阜から愛知へバス旅行
の予定、これも桜目当てだったのだが今年はどこも大外れで仕方ない。

気候は暖かくなるという予報で、花はなくとも大いに楽しんでまいりましょう!!
by kokko48513 | 2018-04-08 23:29 | 映画・音楽・芝居 | Comments(0)

先週は「ブン&ケイ」のコンサートで休みをもらった“病院ボランティア”、
今日は忙しかった。

整形外科からレントゲンやCTへのストレッチャー輸送が3回、車いすの介助が4回
もあり、車いすで股関節治療の高齢のご婦人を運んでいた時、「ドクターハート、
ドクターハート、2階リハビリ室前」の院内アナウンスが轟いたらしい。
a0052666_21344164.png

搬送中の患者さんと話していてそれに気がつかず、レントゲンを終わって整形外科
外来に戻る2階コンコースの広い廊下の左端に、倒れたご主人に必死に「あなた
大丈夫よ!あなた大丈夫よ!病院にいるから・・・」と、上にのしかかるように
大声で叫んでいる70才前後のご婦人。

病院職員男女1名ずつ両サイドにいて、内科処置室の方から大きなベッドを押して
3名の看護師もかけつけてきた。
a0052666_2138412.gif

顔色は土気色、奥さんの呼びかけにも無反応、ピクともせず仰向けに横たわったまま。

通りかかった看護部長に見たままを報告して、そのまま通り過ぎたのでその後の状況は
どうなったのかわからなかった。

今日は定時のボラを12時に終わって15時まで、「折り紙教室」“端午の節句”の
こいのぼりや菖蒲の花、兜などをおる練習日で、入院患者さんや家族の方、通院の方を
対象にボランティアの一環として、季節季節に取り組んでいる。
a0052666_23105270.jpg

来週11日が本番の日で、入院病棟の談話室2か所で開催する。

終わって帰り際、看護部長Nさんが呼び止めて下さって、「あの患者さん大丈夫でしたよ。
お身体の調子、元に戻られましたから・・・」と知らせてくださった。

耳鼻科外来に来られていたそうで、2階にある中央検査室か放射線室にでも移動されて
いた時だったのかもしれない。
a0052666_21411037.jpg

もし、自宅でだったら、街中でだったら・・・どうなっていたことか。

良かった!! 
地域の病院の務めは大きい!!
by kokko48513 | 2018-04-04 21:41 | 病院ボランティア | Comments(0)

私の古い方の“コンデジ”、今までだと年長の「モン」に託していたが、
小学卒業を機に、本人待望の“スマホ”を待たせて貰った。
「モン」はその“スマホ”で撮りまくっていた。

今回は、写真を写すことに興味がある「ブン」に「おばあちゃんの古い
カメラ使う?」と前日に言ってみたら、喜色満面で飛びついてきた。
a0052666_1157263.jpg



自分の、玩具に毛が生えたような画面の小さいカメラ(?)を使うしか
ないか・・・と考えていたそうで、大喜び!!

小学4年生になるその「ブン」の写した写真148枚、トップに「モン&私」
のツーショットがちょっとピンボケで写っていたが、人物は4枚だけ。
a0052666_12385855.jpg


あとは風景ばかりだが結構うまく撮っている。

バスの中からの帯広から池田町に向かう積雪風景など私よりうまい!
a0052666_1156690.jpg

26日に帰ってきてすぐに「また北海道に行きたい!」といっていたが、
「坐禅会」の日に、次はどこに行きたい?と聞いてみたら、北海道か
沖縄にも行ってみたい…と言う。

a0052666_11541740.jpg


おばあちゃん、ハウステンボスなんかも良いな・・・と思っているんだ
けど、みんなが楽しめるコース考えてみるわね・・・

楽しみにしておいて!
  
a0052666_1205484.jpg


その「ブン」の写真を抜粋して編集したもののいくつかをアップ!

a0052666_122154.jpg




a0052666_1213143.jpg


a0052666_12141996.jpg

by kokko48513 | 2018-04-03 12:15 | 孫 5人 | Comments(0)